福岡(カレー・洋食系)

2013/05/26

今回の三都市物語シリーズ?は「カレー」。大阪・福岡・石川とも特徴があり面白い

さて、恒例となった感がある三都市物語シリーズは「カレー」である。

「カレー」はいまや、老若男女に愛されている国民食的メニューではないだろうか?そのため、全国どの土地に行っても名物カレーや美味しいカレーをウリにしているお店が多い。私のブログでも過去、多くのカレー店について書いてきたが、私の住んだ大阪・福岡・石川は、何れも特徴ある、いわゆる郷土カレーと呼ぶべき味があったと思う。

今日は、そんな三都市のカレーについて書いてみたい。

まずは、大阪。大阪のカレーの特徴は、最初は口の中に甘い味が広がり、そのあとほどなくしてから辛味が一気にくることだ(もちろん大阪の全てのカレーがそうではないが)。

Indiancurry_007

これがなかなかクセになるのだ。その大阪カレーの代表格はインデアンカレーだろう?ここのカレーは一口目だけがそのように感じるのではなく、二口目も三口目も同じ感じを受ける不思議なカレーだ。

石川にも同じ名前の「インデアンカレー」が昔あったが、それとはまったく別物である。

写真は「インデアンカレー南店」で食べたレギュラーカレー。カレーメニューはこれ一本である。

それに、他のカレーでも一口目に甘みを感じて、その後辛さを感じるカレーはあるが、インデアンカレーのは、二口目も三口目も同じ感じを受けるのは、私は初めての経験である。いや!なかなかクセになる味かもしれない?

こちらは大阪カレーとは違うが、私が大阪で一番美味しいと思ったカレー屋さん「梨花食堂」である。

Photo_7

食べたのは常時あるメニューではないが、「あらびきソーセージカレー」。さっと焼いたあらびきソーセージと粉チーズがたっぷりかかっている。

上品なカレーかな?と思いきや、非常にスパイシーでコクがあり美味しい。あらびきソーセージもいい具合に焼かれていてとても美味しかった。

個性派カレー店の代表格として紹介するのは西本町のインドカレーのお店「バンブルビー」。

スパイスたっぷりのインドカレーを食べさせてくれるお店で、関西ウォーカーで準グランプリをとったこともある有名店だ。キーマカレーがウリで、キーマだけで6種類もあった。

Photo_8

頼んだのは「野菜カレー」。玄米かタコのビリアニがチョイス出来る(ビリアニは追加料金が必要)。ちなみにビリアニとは、南アジア地方の「炊き込みごはん」のことである。

見た目、イカスミリゾットのようである。味も一般的な野菜カレーと大違いで、スパイスを原型のまま焙煎していることから、濃厚でかつスパイシーな味に仕上がっている。

最後はチェーン店で、大阪では手広くお店を展開している「船場カリー」。2007年閉館した新横浜にあった横濱カレーミュージアムにも出店していたので知っている方も多いだろう?

Photo_9

「船場カリー」のカレーには、すべてイカスミが加えられている。そのため、一般的なカレーよりは黒い。ルーの見た目は、金沢のゴーゴーカレーに似ていなくもない。こちらが、私の食べた「カニクリームコロッケとほうれん草のカリー」。中辛でイカスミを加えることによるコクが増していて、クセになる味かもしれない。

Photo_10

福岡に話題を移そう。福岡でも、昔から親しまれてきた、いわばご当地カレーといえるようなカレーがあったようだ。ただ、だんだんとお店の数は縮小されていって、「ナイルカレー」だけが存在している(ここも一旦無くなったが復活した)。

お次は、博多駅の地下にある博多デイトスの「印度カレー」というお店である。

印度カレーの人気No.1メニューは「インデアンカレー」。インデアンカレーといえば、先ほども書いた大阪のカレーだし、自由軒でも同じ名前のカレーがメニューにあるほど、カレーとしては一般的なネーミングとなっているようである。

001_2

ドライカレーの上にハンバーグが乗せられ、さらにカレールウがかけられているものである。ドライカレーだけを取れば大阪の自由軒のインデアンカレーに似ていると言えなくもない。

Photo_11

同じブログ記事で紹介しているぶあいそ博多住吉通り店という居酒屋で食べた黒いカレーも前述のナイルカレーの流れをくむカレーである。

お次は北九州の門司が発祥のカレーとして有名な「焼きカレー」である。一般的には焼きカレーは「カレーとチーズがかかっていること」と「焼いていること」が条件ということである。

Photo_12

写真は、博多駅の交通センターにある「伽哩本舗」というお店で食べたもの。焼かれることによりカレーの香ばしさが際立つ。

最後は地元、石川の金沢カレーである。金沢カレーについては、何度も私のブログで取り上げてきたので、いまさらといった感もあるが、おさらいの意味で軽く触れたい。

050422_124525

金沢カレーといえば、ステンレスのお皿に、先割れスプーン、キャベツの千切りなどが定番で、ドロッとしたカレールーでおなじみので、「チャンピオン」「アルバ」「ゴーゴー」「ターバン」などのカレーが一般的には金沢カレーに属するのではないだろうか?

近年はマスコミに取り上げられるケースも増え、全国的な認知度も上がり、さらには各社ともレトルトのカレーも作っていて、気軽に家庭でも食べることが出来ようになってきたのはうれしい変化だ。

今後、どのような展開になっていくのかが注目される。

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/11/25

博多駅とその近くで食べたカレー2題「ぶあいそ博多住吉通り店」と「印度カレー」のインデアンカレー

福岡出張のときに食べたカレーを2つ紹介したいと思う。

出張時に時間が無いときは、ファーストフォード店かコンビニで食べるものを買って移動中に食べるのがいいのかもしれないが、個人的にはしっかり座って食事をしたいと思っている。そんなとき手っ取り早く食べるものは、カレーかラーメンと決まっている。

今回はそのカレーを博多駅のそばで食べたときのことについて書きたい。

_0006

まずは、駅前4丁目にある「ぶあいそ博多住吉通り店」。前にもランチを紹介したことがある。基本は居酒屋だが、ランチメニューも豊富だ。

0004

頼んだのは「ブラックビーフカレー(600円)」。

福岡のカレーについては過去にもいろいろ紹介したことがあるが、昔人気のあったナイルカレーというカレーを引き継いで作られた黒カレーを食べさせてくれる「博多黒伽哩堂」というお店もあった。いまもあるのかな?

0005

ご覧のように、まさに黒いカレーである。欧風のカレーでコクがあってまずまず美味しい。値段も手頃である。

ぶあいそ博多住吉通り店
福岡市博多区博多駅前4-3-18 1F
TEL 050-5834-4395
11:30~14:00(ランチ月~金)
17:00~24:00(L.O.23:00)
金土17:00~27:00(L.O.26:00)


お次は、新しくなった博多駅の地下にある「博多デイトス」の印度カレーというお店である。元々、前の博多デイトスにも入っていた。

004

鹿児島へ移動するときにランチを手っ取り早く食べる必要があった時に入ってみた。

印度カレーの人気No.1メニューは「インデアンカレー(820円)」という。インデアンカレーといえば、大阪にはその名の通りのカレー店があるし、自由軒でも同じ名前のカレーがメニューにあるほど、カレーとしては一般的なネーミングとなっているようである。

001_2

ご覧のように印度カレーのインデアンカレーは、ドライカレーの上にハンバーグが乗せられ、さらにカレールウがかけられているものである。ドライカレーだけを取れば自由軒のインデアンカレーに似ていると言えなくもない。

いや、これが私の好みに合っていた。とてもいい感じである。量も見た目よりはたっぷりで、最後のほうはお腹が一杯になってしまったぐらいである。

002_2

ハンバーグはミンチから味付をしているカレーに合う味。値段は新しいお店になって少し高くなったようだが、お勧めのカレーだと思う。

印度カレー
福岡市博多区博多駅中央街1-1
博多デイトスB1
TEL 092-441-7856
10:00~23:00(L.O.22:00)
無休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/06/04

博多中洲川端「カレー&ハンバーグの店 バークレー」のハンバーグカレー

私が福岡に住んでいたときのも、中洲川端あたりにはめったに行かなかったところだ。

そのため地理的にも疎いところがあって、あまり飲食店の紹介も出来ないでいた。

今回、fukuさんの結婚式のとき近くにあるお店を検索して見つけたお店「カレー&ハンバーグの店 バークレー」を紹介したいと思う。

002

オープン時間後すぐに到着。ハンバーグカレーが名物で「ハンカレー(800円)」と略した呼び方で通っている。当然それをオーダーした。

003

こちらがそうであるが、約150gの合挽きミンチを使ったハンバーグが乗せられている。カレーの見た目は濃い感じ。

004

玉ねぎの食感も残っていていい感じのハンバーグ。カレーのルーにも合っている。

ルーは国産牛骨スープをベースに、タマネギやニンニクを加えて煮込んでいるそうだ。欧風カレー系かな?上品なコクがある。辛さはそれほどでもない。食べた感想は思ったよりオーソドックスな味だと思う。

カレー&ハンバーグの店 バークレー
福岡市博多区上川端町11-8
TEL 092-271-6640 
11:00~20:00(L.O.19:45)
不定休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/25

福岡での最後のランチ、赤坂SUNNY地下の「ポカラキッチン」はネパール料理初体験でした

福岡からの荷物もすべて積み込み、引越しも一段落。福岡での最後のランチをどこにしようかとしばし考える。

結局、妻のリクエストに応えて、赤坂のSUNNY地下にあるネパール料理専門店「ポカラキッチン」に行くことにした。

Gokurakusyoutengai_003

「ポカラキッチン」は福岡で唯一のネパール料理専門店だそうだ!?私もたぶんネパール料理は初体験だと思う。このお店は米子三中さんに紹介していただいたお店。最初、インド料理のお店だと思っていたのだが、ネパール料理のお店であった。

ちなみに、「ポカラキッチン」は渡辺通りにあるエベレストキッチンという、同じネパール料理のお店の2号店である。エベレストキッチンは、中尾彬さんもご贔屓のお店ということで、「ポカラキッチン」 の入り口にも中尾彬氏来店の折の写真も掲示されていた。

ネパール料理は初めてなので、どんな料理があるのかわからなかったが、ランチは基本的にはカレーがベースなようだ。で、二人が頼んだのは「カリーランチ」。

「カリーランチ(850円)」は20種類以上あるカレーの中から日替わりで、4種類設定されている中から選ぶようになっている。

Pokharkitchen_008

あとの3種類は肉が入っていたので、私が選んだのは唯一肉が入っていない「やさい」(写真上)。妻は「シンキムラ」(写真下)という切干大根と豚肉のカレーを頼むことにした。

Pokharkitchen_011

カレーは辛さもAからFまで選ぶことが出来る。Aはいわゆる辛さ0で、お子様向き。Bでも日本のカレーで中辛程度の辛さがあるようである。で、私はBをチョイス。妻はBの3倍辛いDをチョイス。

Pokharkitchen_007

最初に「ズーズーダウ」というネパールヨーグルトと、何故か高菜、それに切干大根の酢漬けが出された。カレーの辛さを和らげるものかな?

そして各々、ライスか、釜焼きパン「ゲン」、もしくは中尾彬氏にも人気の揚げパン「シェルパゲン」から選ぶことが出来る。

Pokharkitchen_009

揚げパン「シェルパゲン」はなかなかイケル!これで思い出したのがカレーパン。「シェルパゲン」にカレーを入れて食べると、まさにカレーパンそのもの。なかなか美味しい。

Pokharkitchen_i_012

ランチ後にはチャ(チャイ)が100円で頼むことが出来る。

ネパール料理もランチだけでは本当のところを知ることが出来ない。カレー以外の料理も体験したくなった。

ネパールレストラン ポカラキッチン
(Pokhara Kitchen)
福岡市中央区赤坂1-9-1 サニー地下
TEL 092-714-3898
月~土11:00~15:00
17:30~22:00
祝]12:00~15:00
17:30~21:00
日曜休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/08/01

博多駅前ランチ事情14「博多ハンバーグ こが」はグルメブロガーにも人気のお店

Koga_016 今日紹介する「博多ハンバーグ こが」は人気のお店で、ランチ時は大勢の人で賑わう。

福岡のグルメブロガーの人たちも、こぞって取り上げていることを見ても人気のほどが伺われる。実際、一度ランチ時に行ったが、順番待ちの列にあきらめて別な店にしたことがあったほどだ。

この日は12時少し過ぎにお店に到着。私が入ってちょうど満席になった。ラッキー!
メニューを見ると、ハンバーグの専門店だが、ハンバーグ以外にも色々メニューが揃っている。おまかせ(850円)などは、ハンバーグ、スパゲティ、サイコロステーキがセットになっていて人気のメニューのようだ。

ハンバーグは100g~400gまで選ぶことができ、ベーシックな100gでご飯・味噌汁・サラダがついて600円。それ以上は50g刻みで選ぶことが出来る。ご飯は白米を玄米に変更でたり、目玉焼き(150g以上に付いている)をウインナーに変更したり出来るなど、なかなか良心的なお店だ。

また、ソースもオリジナル、おろしポン酢、デミグラス、トマトの4種類から選べる。私は今回は150gにおろしポン酢の組み合わせで注文。680円也!

Koga_015

お箸で食べるのだが、ハンバーグそのものは柔らかい。私的には少し柔らかすぎるかもしれないが、おろしポン酢との相性もいい。

男性の私でも150gで十分満腹感があり、これで670円はお得だ!人気の秘密がわかった気がした。

博多ハンバーグ こが
福岡市博多区博多駅前3-18-1 曽根崎ビル
TEL 092-451-7435
11:00~21:00
不定休

大きな地図で見る

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/22

天神「おむや」のオムライスは具材がシーフードでうれしい

私は基本的にはオムライスが好きであるが、ただ、具材に鶏肉が使われているのが、たまにキズである。

石川県にいるときは、なじみのお店で、肉抜き(シーフード)オムライスを注文していたのを思い出す。さて、福岡に来て初めてのオムライスのお店「おむや」に行ってきたので書きたい。

Omuya_006_2

「おむや」は天神の西通りから少し入ったところにあり、まぁ、色々な人がブログなどで書いているので、いまさらの感もあるが……。

実は、お店に入る前に、鶏肉がたくさん入ってたらどうしようと、若干心配であった。

お店の名前を見てもわかるとおり、オムライスがウリのお店だが、チャーハンやオム焼きなどもメニューにある。

私はお店の看板メニュー?である「おむライス(750円)」を注文。出されたのがこちら。ドミグラスソースがたっぷりとかけられていて、見た目はとても美味しそう!?

Omuya_003

中はエビやイカなどシーフードが入った炊き込み風のご飯で、若干ベチャとしている感もあるが、ドミグラスソースを絡めて食べると美味しい。

Omuya_004

何が一番うれしいといえば、具材がシーフードなこと。(笑い)

Omuya_005

こちらは、妻が注文した「オム焼きそば」。トッピングにチーズを追加(100円)。こちらにはお肉がたっぷり!

おむや
福岡市中央区天神2-4-20 
TEL 092-732-4812
11:00~23:00
土・日~21:00
月(祝の場合翌日)

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/04/25

福岡にもご当地カレーが色々あるようです。博多駅地下「ナイルカレー」

石川県ではご当地カレーといえば、ステンレスのお皿に、先割れスプーン、キャベツの千切りなどが定番で、ドロッとしたカレールーでおなじみの「チャンピオン」「アルバ」「ゴーゴー」「ターバン」などがある。

ここ福岡でも、昔から親しまれてきた、いわばご当地カレーといえるようなカレーがあるそうだ。

ただ、石川県と違うのは、石川のカレーは進歩発展してきて、石川のみならず東京やニューヨークにもお店を出すまでになってきたのだが、福岡のほうは逆に縮小していったようだ。

調べてみると、「湖月」「サムソン」「ナイル」などが有名だったようだが、「サムソン」はすでになく、「湖月」は味を引き継いだお店があるとのことだったが、今回賞開始する「ナイルカレー」だけが、そのまま経営を継続しているようである。ただ、昔の「ナイルカレー」の味はいったん途切れ、近年復活したようであるが……?

Nairu_003

私が行ったのは、博多駅の地下街にあるお店で、食べたのは、こちらの「いろいろ野菜カレー」で680円。

Nairu002

野菜は煮込んであるタイプではなく、具材は、さっと湯通ししてある、ブロッコリー、ニンジン、かぼちゃ、シシトウ、たまねぎに、なぜか空揚げしてあるジャガイモ。ベースはポークカレーで、辛さが甘口・中辛・辛口(あれ?それ以上の辛さあったかな?)。

ここは当然辛口を注文。しかし、辛くない!(^^;;

はっきり言って、「CoCo壱番屋」の一辛より辛くないかも?

ナイルカレー
福岡市博多区博多駅中央街
博多駅地下街
TEL 092-431-1874
10:00~20:30
L.O.20:00

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008/04/21

博多駅前ランチ事情9、「キッチン グローリー」のドライカレーは辛かったです

Drycurry_002 福岡に限らず、そこそこ都会では、昔懐かしい洋食を食べさせてくれるところが多いのではないだろうか?

オムライスやピラフ、ハヤシライス、コロッケ、イタスパなど、小さいころ母親が作ってくれた、これらの味を懐かしむように足が吸い寄せられる人も多いと思う。

私もランチのときに、時々洋食を食べたくなる。そんな時、会社のそばにある洋食屋さん「キッチン グローリー」にお邪魔する。

ただ、残念なのは、このお店、ランチメニューに肉系のメニューが多く、ランチメニューではなく、カレーやピラフ系のメニューを頼むことが多い。(^^;;

この日もそうで、頼んだのが、こちらの「ドライカレー」。ところが、お店が混んでいると、ランチメニュー優先になってしまい、別注?ものは結構時間がかかるのが玉に瑕(きず)??

出されたのがこちら。

Drycurry_001

思ったより辛かったです。味的には本当にドライでした。

キッチングローリ
福岡市博多区博多駅前4丁目8-3
TEL 092-441-7867
11:00~21:00
日曜休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/04

薬院のインド料理のお店「ミラン」。ドライカレーでとんだ勘違い(^^;;

薬院の六つ角にあるインド料理のお店「ミラン」は黄色い建物と相まって、とても目立つ。

Ree_001

当然、このお店は有名なので、私も福岡に来たときから知ってはいたのだが、インド料理は肉系の料理が多いので、これまで敬遠していた。

Milan_005

先日、他のお店に行こうと思ったら、もう閉店していたり休みだったりして、雨の日ということもあって結局「ミラン」に行くことになった。

私もカレーそのものは大好きな食べ物だが、ヒンズーは牛がダメなので必然的に私の嫌いな鶏系の肉を使うことが多いのと、カレーはライス!と決めている私にとって、ナンはイマイチなこともあって、これまで足が遠ざかっていた。

入ってメニューを見ると、案外種類が多いのに驚く。カレーの辛さは50倍まで選ぶことができる。そして、私にとってうれしいのは野菜やシーフードカレーなども揃っていたことである。(今回は最初なので、辛さは5倍。そんなには辛くなかった)

ランチメニューは、カレーのセットで、ミランランチ(790円)、スペシャルランチ(990円)、ベジタブルランチ(990円)など。

私は当然、ベジタブルランチを注文することに。カレーは野菜系のカレー4種類の中からチョイス出来る。

で、私が選んだのは「野菜ドライカレー」。ドライカレーという文字に目が釘付け!それというのも、その日「炒飯」にするか「カレー」にするかで妻と悩んでいたからである。

Milan_002

ドライカレーであれば、その両方とも満足できると思って注文したのだが、出てきたのは私がイメージしていたドライカレーとは程遠く、インドカレーにとってはドライ系のカレーの意味らしい。(^^;;

ちなみに、ベジタブルランチには、ミニライス(サフランライスではない)&ナン、パーパルという豆の薄焼せんべい、野菜サラダ、サモサ(カレー粉と香辛料でジャガイモとグリーンピースを味付けして揚げたもの)、そして飲み物が付いてくる。

パーパルという豆の薄焼せんべいはなかなか美味しかったが、サモサは水分が無くノドに詰まる感じで全部食べられなかった。肝心のカレーは味は良かったが量が少なく、ナンを食べ残してしまった。

Milan_003

妻は「ポテトとナスとほうれん草のセミドライカレー」を注文。

Milan_004

こちらは最後のチャイ。

う~ん、どうだろう?他のカレーを食べてみないと、個人的な評価は控えたほうがよさそうだが、やっぱりインド料理は私には合わないかも??(^^;;

インド料理「ミラン」
福岡市中央区薬院1-11-11
TEL 092-713-0733
11:00~14:30 17:30~23:00
土・日17:00~22:00
無休
 

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/02/15

焼肉屋直営の肉の定食屋さん「泰元 食堂」で食べた「ハンバーグ定食」は美味しくてお得

警固の交差点に焼肉屋さんが直営しているお店があることは前から知っていたが、焼肉屋さんと聞いてしり込みしていた。

Taigen_002

まぁ、ハンバーグであれば私も食べられるのだが、意識的に避けていたのかもしれない?

とある日曜日のお昼にふらりと入ってみると、まだ12時前だというのに、店内はほぼ満席。なかなか人気のあるお店みたいだ。

見回すと、男性客ばかりではなく、女性一人のお客さんも見かける。店内もなかなかスタイリッシュな雰囲気だからかな?

メニューを見ると、やっぱり焼肉屋さんの直営らしく、肉料理のメニューが並ぶ。肉が嫌いな私はやっぱり「ハンバーグ定食(780円)」しか選択肢がなさそうである。(^^;;

で、頼んで出てきたのがこちら。

Taigen_001

ソースは、和風おろしソースかデミグラスソースのどちらかをチョイスできる。私は和風おろしソースを選んだ。

味のほうは、780円以上の価値は十分あったと思う。ハンバーグもしっかりとした感じで和風おろしソースとの相性もよく美味しかったし、サラダも付いていた。

もっと早く来ればよかったと、若干後悔した次第である。

泰元 食堂 
福岡市中央区赤坂1-1-5
TEL 092-752-5589
11:30~15:00
17:00~24:00(L.O.23時30分)
不定休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

石川の美術館 | 石川グルメ(うどん) | 石川グルメ(お酒以外の飲料) | 石川グルメ(お酒) | 石川グルメ(その他) | 石川グルメ(そば、麺類その他) | 石川グルメ(イタリアン) | 石川グルメ(カフェ) | 石川グルメ(カレー・エスニック) | 石川グルメ(パーティ) | 石川グルメ(フレンチ・ビストロ) | 石川グルメ(ラーメン) | 石川グルメ(中華) | 石川グルメ(和食・割烹) | 石川グルメ(居酒屋) | 石川グルメ(洋食) | 石川グルメ(温泉旅館) | 石川グルメ(珍味) | 石川グルメ(菓子・スイーツ) | 石川グルメ(鮨、寿司) | 大阪( 和食・割烹)_ | 大阪( 鮨・寿司)_ | 大阪(うどん・そば) | 大阪(その他) | 大阪(イタリアン・フレンチ) | 大阪(カフェ) | 大阪(カレー・洋食系)_ | 大阪(バー・お酒)_ | 大阪(ラーメン) | 大阪(中華)_ | 大阪(串かつ) | 大阪(居酒屋)_ | 大阪(鉄板焼き・粉物) | 大阪(韓国・エスニック・沖縄) | 福岡( 和食・割烹) | 福岡( 鮨・寿司) | 福岡(うどん・そば) | 福岡(カフェ・その他飲料系) | 福岡(カレー・洋食系) | 福岡(バー・お酒) | 福岡(フレンチ・イタリアン) | 福岡(ラーメン・ちゃんぽん・皿うどん) | 福岡(中華) | 福岡(居酒屋) | 福岡(屋台・エスニック・その他) | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | スポーツ | ニュース | ミラノのグルメ | 中部のグルメ(北陸除く) | 九州(福岡除く)のグルメ | 京都のグルメ | 住まい・インテリア | 全国共通グルメ | 北海道・東北のグルメ | 四国のグルメ | 富山・福井のグルメ | 山陽・山陰地方のグルメ | 携帯・デジカメ | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 東京・横浜のグルメ(中華・ラーメンカテゴリー) | 東京・横浜のグルメ(和カテゴリー) | 東京・横浜のグルメ(洋カテゴリー) | 美容・コスメ | 関東のグルメ(東京・横浜除く) | 関西の美術館・博物館) | 関西(大阪・京都除く)のグルメ