« 10年半ぶりの小松「中佐本店」。中佐の屋号の本家は相変わらずの人気でした | トップページ | 初体験清澄白河駅界隈散策「東京都現代美術館」東京アートミーティングⅥ「清澄庭園」「深川江戸資料館」 »

2015/11/15

神田神保町「海蔵(うみくら)」は築地直送の新鮮な海の幸を楽しめる人気の居酒屋です

北陸に住むものとしては、何もわざわざ東京まで来て魚介を食べることはないと思っています。

ただ、私は肉が苦手なので、あまりに肉メニューばかりのところへは足が遠のきます。

そこで、ついつい男のグループで夜に行くお店というのは、どうしても居酒屋が中心となってしまいます。

17

さて、今日紹介する「海蔵(うみくら)」は、地下鉄神保町の駅からほど近い場所にあります。神保町あたりは気軽に入れる居酒屋が多くあって、いわゆる激戦地の一つではないでしょうか?

ここは築地直送の新鮮な海の幸を楽しめる人気の居酒屋ということで、この日の仕事を終え、仲間と3人で晩飯を食べることにしました。

人気のお店だということで、前もって予約を入れてありましたが、18時半ごろお店に到着すると、すでに大勢のお客さんで賑わっていますね。

そして、お店自体も2か所に分かれていて、我々が通されたのが別館の2階。

3

まずは生ビールで乾杯!ただ、お通しのこんにゃくとワカメの酢味噌和え?味が薄かったです。^^;

10

お刺身3点盛りは1,480円で、6種類の刺身が付いてきます。最初、3人なので3切れでちょうどいいな、と思っていましたが、出てきたのを見ると、一概に3切れではありませんでした。

この日は、タイ、タコ、コハダ、マグロ、ワラサ、アジの6種類が盛られています。ボリュームもあり1,480円の値段を考えるとお得な設定です。これは頼まないと損でしょう!?

6

海蔵サラダ(880円)は魚介もたっぷり入りボリュームもありました。

7

高級産地として名高い三陸赤崎産の生牡蠣は、ワンピース380円で3ピース頼みました。

12

白糠産の本ししゃも焼きは4本で580円。最近、そういえばししゃもを食べる機会がめっきり減りました。

タコの唐揚げ(580円)は揚げ立てで、量もたっぷりで美味しかったです。

この後いくつか頼んだのですが、メニューに書いてあったものでも、なかった品が何種類かありました。

15

そこで頼んだのは「やみつきキュウリ(380円)」。

14

あと、鴨ねぎ串(1本280円)とマグロほほ肉ネギマ串(1本280円)。

16

9最後の締めに頼んだのは、イカスミ焼飯(680円)です。イカスミの焼飯とは変わっていると思ってついつい興味本位で頼んでみました。3人で食べてもいいほどの量でしたよ。

まぁ、味のほうはイカスミと焼飯との相性は、思ったほどでも無いような気がしました。

お酒は、こちらのお店おすすめの広島の酒蔵、相原酒造の酒「雨後の月」と、青森県の田酒(でんしゅ)を飲んでみました。

あとは焼酎を2杯ほどたのんで、締めて15,000円強。まずまずのコスパじゃないでしょうか?。

海蔵(うみくら)
東京都千代田区神田神保町1-2-3
水野ビル1F
TEL 03-5283-1888
月~金17:00~22:40(L.O.)
土16:30~22:10(L.O.)
日祝16:30~21:40(L.O.)
無休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 10年半ぶりの小松「中佐本店」。中佐の屋号の本家は相変わらずの人気でした | トップページ | 初体験清澄白河駅界隈散策「東京都現代美術館」東京アートミーティングⅥ「清澄庭園」「深川江戸資料館」 »

東京・横浜のグルメ(和カテゴリー)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/62573540

この記事へのトラックバック一覧です: 神田神保町「海蔵(うみくら)」は築地直送の新鮮な海の幸を楽しめる人気の居酒屋です:

« 10年半ぶりの小松「中佐本店」。中佐の屋号の本家は相変わらずの人気でした | トップページ | 初体験清澄白河駅界隈散策「東京都現代美術館」東京アートミーティングⅥ「清澄庭園」「深川江戸資料館」 »