« 箱根強羅の旅館「強羅 花扇」の夕食は秋の味覚と飛騨牛のステーキなどあって楽しめました | トップページ | 映画「さいはてにて」の中で永作博美さんが営んでいた「ヨダカ珈琲」が彼女のプロデュースで原宿「ヨダか珈琲」に生まれ変わり »

2015/11/26

箱根の純和風旅館「強羅 花扇」の紹介の最後は朝食編です。神奈川と近県の食材満載

さて、「施設サービス編」「夕食編」と続いた「強羅 花扇」の最後は朝食編です。

朝食も夕食と同じ場所で取ることになります。

朝食の時間は決まっていて、8時が一番早く、あとは8:30、9:00となっていました。我々は、あとの時間を有効に活用するために、一番早い時間でお願いしました。

朝風呂を浴びてから朝食場所に移動します。

朝食はご飯かおかゆを選ぶことができますが、私はおかゆでお願いしました。

90

こちらは、小田原名物のかまぼこにわさび漬けが添えられています。右は焼きナスだったかな?^^;

93

これは、朴葉味噌を敷いた陶板の上で厚揚げ、豚肉、ブロッコリーを焼いて食べます。

96

こちらは炊き合わせと自家製玉子豆腐。玉子豆腐は絹のように滑らか、餡も上品でした。

99

焼き魚は幽庵焼きで、鮭とサワラ。きゃらぶきが添えられています。

あと味付け海苔もありました。

97

椀はアサリの味噌汁。おかゆは飛騨産コシヒカリを使って、体にしみいる感じでした。

92

香の物の梅干しも自家製です。

100

デザートはフルーツ。

派手さはありませんが、日本の朝食はこれでなくては!と思わせてくれる内容だったと思います。

朝から元気をもらえました。

こちらは帰る前にお土産で購入した「燻製たまご」です。大涌谷が立ち入り禁止なので名物の「黒たまご」は手に入りません。たぶん、別な方法で作っているのでしょう?

Photo

「黒たまご」のほうは、遠い昔に本物は食べたことがありますが、どんな味だったかの記憶が全くないので、コメントは控えます。

以上、箱根の温泉旅館「強羅 花扇」について、施設サービスから食事までの紹介を終わりたいと思います。

強羅 花扇
神奈川県足柄下郡箱根町強羅1300-681
TEL 0460-87-7715
完全予約制
無休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 箱根強羅の旅館「強羅 花扇」の夕食は秋の味覚と飛騨牛のステーキなどあって楽しめました | トップページ | 映画「さいはてにて」の中で永作博美さんが営んでいた「ヨダカ珈琲」が彼女のプロデュースで原宿「ヨダか珈琲」に生まれ変わり »

関東のグルメ(東京・横浜除く)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/62665236

この記事へのトラックバック一覧です: 箱根の純和風旅館「強羅 花扇」の紹介の最後は朝食編です。神奈川と近県の食材満載:

« 箱根強羅の旅館「強羅 花扇」の夕食は秋の味覚と飛騨牛のステーキなどあって楽しめました | トップページ | 映画「さいはてにて」の中で永作博美さんが営んでいた「ヨダカ珈琲」が彼女のプロデュースで原宿「ヨダか珈琲」に生まれ変わり »