« 大聖寺のカフェ&ケーキのお店「koffe(コッフェ)」で食後のデザート&コーヒータイム | トップページ | 秋と冬の味覚を堪能「あかめ寿司」は明朗会計で安心して楽しむことができる人気の大箱寿司店 »

2015/11/10

たまには変わったネタでホテルの朝食編「西鉄ホテル心斎橋」「札幌JRホテル」「お茶の水イン」

仕事や旅行で他の土地に行けば、ホテルや旅館などを利用します。

特に仕事では、ほとんどがビジネスホテルの利用となります。

当然、夜は街に出て飲食店で食べるわけですが、朝食についてはやはりホテルで取ることが多くなります。

私のブログでは、あまりホテルの朝食を取り上げていませんし、普段はホテルの朝食の写真もあまり写すことはないのですが、今回はたまには、ということで少し取り上げたいと思います。

ホテルの朝食にはいくつかのパターンがあります。

ホテル自体が朝食を無料で全宿泊者を対象に提供するパターンで、東横インやR&Bホテル、ルートインなどの全国ネットの低価格ビジネスホテルが主にしているサービスです。
同じくホテル自前の飲食店が同じホテル内にあって、追加料金を払って朝食をとるホテルもあります。こちらは一昔前までは一般的な形式でした。バイキング形式のところが多いですね。

あと、同じ建物に別資本の飲食店がテナントで入っていて、そこを朝食時は利用しているパターンで、言ってみれば朝食サービスをアウトソースしている形でもあります。APAホテルなどが昨今取り入れている形式です。

この場合は、ホテル側も業者側も両方にメリットがあるので、最近増えてきているようです。

Photo

まず紹介するのは大阪の「西鉄ホテル心斎橋」です。ここはフレッシュネスバーガーが朝食の場所になっていました。先ほどの例では3番目のパターンですね。

もちろん、普通のフレッシュネスバーガーのお店と同じなので、外部のお客様も入ってきますが、朝食時はホテルのお客様がほとんどのような感じでした。

「西鉄ホテル心斎橋」の朝食付プランには700円のセットメニューが組み込まれていましたので、私はこちらのホットドックセットを頼みました。

2

ホットドッグ・チリビーンズドッグ・チーズドッグの3種類からチョイスできたので、私はチリビーンズドッグを。

久しぶりにホットドッグを食べました。

あと、ベーコンエッグとサラダがワンプレートで提供されます。また、ドリンクバーも利用できました。

お次は札幌で泊まった「札幌JRホテル」です。

こちらは、前述の1番目のパターンで、ホテル自体が朝食のサービスを提供しているパターンで、パンが中心の簡単な朝食になっています。

2_2

パンとジュース、枝豆だったかのポタージュスープ、そして北海道のヨーグルト。

Photo_2

更にはサラダがついているシンプルな構成でした。もちろん、食べ放題です。

最後は東京の「お茶の水イン」です。

こちらは地下にある「知夢仁」という居酒屋が朝食場所になっていました。

和食か洋食か選んで、セットで出されるパターンです。

In_2

2泊したので、1日目は和食。2日目は洋食にしました。

In

和食も普通のご飯と朝粥がチョイス出来たと思います。

まぁ、ホテルの朝食も大体千円以上するところが多いと思いますが、まぁ、バカにならない値段ですよね?

だからこそ、ホテルの側も美味しい料理と、良いサービスを提供してもらいたいと思います。

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 大聖寺のカフェ&ケーキのお店「koffe(コッフェ)」で食後のデザート&コーヒータイム | トップページ | 秋と冬の味覚を堪能「あかめ寿司」は明朗会計で安心して楽しむことができる人気の大箱寿司店 »

全国共通グルメ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/62228030

この記事へのトラックバック一覧です: たまには変わったネタでホテルの朝食編「西鉄ホテル心斎橋」「札幌JRホテル」「お茶の水イン」:

« 大聖寺のカフェ&ケーキのお店「koffe(コッフェ)」で食後のデザート&コーヒータイム | トップページ | 秋と冬の味覚を堪能「あかめ寿司」は明朗会計で安心して楽しむことができる人気の大箱寿司店 »