« コーヒー界のAppleと称されるお店の日本1号店「ブルーボトルコーヒー清澄白河ロースタリー&カフェ」 | トップページ | 「銀座で北海道のおいしいを食す」というコンセプトのお店「十勝屋」で2次会締め »

2015/11/21

川北町の自家製地ビールが楽しめるわくわくブルワリー「ラ・プルーズ」でランチ

一時ほどの地ビールブームはなくなりましたが。全国色々な地ビールが飲める時代になってきました。

11

石川県でも、いくつか地ビールのブルワリーが存在していましたが、なかなか競争が厳しいようで、いまでは能登の日本海倶楽部と、今日紹介する「白山わくわくビール」の2か所だけとなっています。

日本酒の酒造メーカーなども参入していましたが、うまくいかなかったようです。

Photo

さて、石川県の加賀地方の自治体では唯一の町となった川北町。その行政機関や商工会議所などが集積しているエリアに、地ビールブルワリー「わくわく手づくりファーム川北」があります。

ここでは、ご当地ビールとして知られるようになった「金沢百万石ビール」や、今年3月14日に金沢まで延伸した北陸新幹線を祝って作られた「祝新幹線開業ビール グランアグリ 小麦のビール」などを製造販売しています。

さて、天気のいい日曜日に「わくわく手づくりファーム川北」に地ビールを買いに出かけたついでに、併設のレストラン「ラ・プルーズ」でランチを食べることにしました。

3

お昼10分ほど前にお店に入ると、先客は誰もいません。店内にはビール醸造のタンクも見えます。

メニューを見渡すと、ランチには平日と休日では違えど定食メニューもあります。そしてそのほかにも色々メニューはありましたが、意外と肉系メニューが多かったのです。日替わりも肉でした。

ほかに魚定食ってのもあったのですが、この日はカレイの煮付けで、前日が家で同じメニューだったためパス。

6

少し考えて頼んだのが、こちらの「加賀丸いもコロッケ定食」です。

加賀丸いもといえば、能美市を中心とする南加賀地方特産の山芋のことで、その名の通り丸い形をしていて、すりおろすと驚異的な粘りがある芋なのです。

これから冬の間のかけて収穫されますが、滋味あふれる加賀丸いもは私も大好きです。

コロッケは2個ついています。つけ汁につけて食べます。

5

揚げ立てホクホクでとても美味しいです。つけ汁には少しだけワサビも添えられていました。これも味を変えて楽しめてよかったです。

定食には、サラダとひじき煮と漬物が付いていました。サラダが付いているのはうれしいですね。

ご飯も意外と言っては失礼ですがご飯も美味しかったです。

8

14ちなみにランチにはコーヒーがセルフサービスで飲み放題でした。

この後、「ラ・プルーズ」の隣にある販売所で地ビールを当然買い求めましたよ!

わくわくブルワリー ラ・プルーズ
石川県能美郡川北町字壱ツ屋183-3
TEL 076-277-8989
11:30~14:00(L.O.)
17:30~20:00(L.O.)
火曜休(祝日の場合は翌日)

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« コーヒー界のAppleと称されるお店の日本1号店「ブルーボトルコーヒー清澄白河ロースタリー&カフェ」 | トップページ | 「銀座で北海道のおいしいを食す」というコンセプトのお店「十勝屋」で2次会締め »

石川グルメ(和食・割烹)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/62548176

この記事へのトラックバック一覧です: 川北町の自家製地ビールが楽しめるわくわくブルワリー「ラ・プルーズ」でランチ:

« コーヒー界のAppleと称されるお店の日本1号店「ブルーボトルコーヒー清澄白河ロースタリー&カフェ」 | トップページ | 「銀座で北海道のおいしいを食す」というコンセプトのお店「十勝屋」で2次会締め »