« 「のみの美アートフェスタ 2015」で今日からデジタル掛け軸「神無月 新月の夜に。」開催 | トップページ | 白山市「エリーゼキッチン」はこだわりのハンバーグがウリの明るく開放的なお店でした »

2015/10/11

博多区「つぼみ屋」は福岡の地酒を立ち飲みのような気軽さでコスパよく飲めるお店

さて、久しぶりの福岡。鹿児島から夕方移動してきてホテルにチェックイン。

Photo_3

そして、まずは腹ごしらえということで向かったのは、博多駅前4丁目にある「つぼみ屋」という居酒屋です。グリーンビルという雑居ビルの地下にあります。

8_3

元々は立ち飲みのお店だったのですが、結局お客さんの「座りたい」といった要望が多かったため、立ち飲みのカウンターに合わせて背の高い椅子を置くようになったそうです。

そう話すご主人の経歴が少し変わっていて、元々はシステムエンジニアだったそうですが、思うことあって、気軽に飲める立ち飲みのお店を福岡に開きたく、最初はもっと博多駅周辺で探していたそうです。ちょうど、こちらの場所が居抜きで使えそうだということで、ここに決めオープンさせたと話しておられました。

ご主人お一人で切り盛りしています。そのため料理は少し時間がかかりました。

立ち飲みのお店は、東京や大阪のような大都市では大きなターミナル駅を中心に繁盛していますが、福岡のような地方でも大きな街でも、それほどニーズが大きいとは思いません。

また、この手のお店は天候によって客の入りが大きく影響するようです。

この日はあいにくの雨模様で、こんな日は営業的には厳しいようで、我々の予約時間18:30でも最初のお客さんでした。この後も、我々が1時間半ほどいた間に、一人だけパッと飲んで帰られたお客さんが居ましたが、それ以外は来ませんでした。

居酒屋と書きましたが、メインはお酒、日本酒で、特に福岡の地酒の種類が豊富です。

実は前日までに鹿児島でしこたま飲み過ぎた関係で、この日は日本酒の匂いに若干敏感になっていたこともあって、あまり酒&食欲が起こりませんでした。すみません、ご主人。

3_2

まずは生ビールを頼みます。お通しも出されます。カウンターには、いわゆるおばんざい料理の大皿料理が置かれていて、そちらのものが出されます。

9

そしてオーダーした料理は、まずは新鮮なサンマの刺身です。

なかなか、サンマの刺身は北陸でも食べることは少ないのですが、脂がのっていて美味しかったです。

12

これは、「ソーメンチャンプルー(400円)」です。

6_4

私は食べませんでしたが「牛すじの煮込み(500円)」。

15_2

「アサリと豆腐の酒蒸し(600円)」は意外と珍しい組み合わせかも?キャベツも入っていますね。

日本酒も2種類頼みました。

7_2

地酒は「国の寿 特別純米酒」と「寒北斗辛口純米酒 秋色」を飲みました。

「国の寿 特別純米酒」はちょうど冷やおろしの時期だったので、まろやかに出来上がっています。

13_2「寒北斗辛口純米酒 秋色」のほうがサラッとした感じです。

あと私は、これらの日本酒は少しだけ飲んで、ハイボールに。

料理は、それほどめちゃくちゃ美味しいわけではありませんが、気軽に福岡の日本酒を飲めてコスパもいいので使い勝手が良いお店でしたよ。

つぼみ屋
福岡県福岡市博多区博多駅前4-4-21
グリーンビルB1
TEL 092-441-6254
月~土18:00~23:00頃(お客次第)
日祝休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 「のみの美アートフェスタ 2015」で今日からデジタル掛け軸「神無月 新月の夜に。」開催 | トップページ | 白山市「エリーゼキッチン」はこだわりのハンバーグがウリの明るく開放的なお店でした »

福岡(居酒屋)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/62332546

この記事へのトラックバック一覧です: 博多区「つぼみ屋」は福岡の地酒を立ち飲みのような気軽さでコスパよく飲めるお店:

« 「のみの美アートフェスタ 2015」で今日からデジタル掛け軸「神無月 新月の夜に。」開催 | トップページ | 白山市「エリーゼキッチン」はこだわりのハンバーグがウリの明るく開放的なお店でした »