« 小松インター近くのお食事処「丁字家」で久しぶりに食べる丼物で満腹 | トップページ | 「のみの美アートフェスタ 2015」で今日からデジタル掛け軸「神無月 新月の夜に。」開催 »

2015/10/09

鹿児島かごっまふるさと屋台村「ぶえんもゆかり」は新鮮な魚介料理を堪能できる人気店

「かごっまふるさと屋台村」については2年前にも一度紹介しました。その時は「籠ノ島(かごのしま)」というお店だったと思います。

24

3ここはかごっまふるさと屋台村の中でも人気上位のお店でした。

今回は、再度、鹿児島の仲間たちと一緒に6名で、これまた人気のお店「ぶえんもゆかり」に行ってみることに。

魚介・海鮮料理専門店です。肉料理はありません。私にとってはもってこいのお店です。

6_2行ったのは19時少し前。かごっまふるさと屋台村もだいぶ混雑していました。ラッキーにも「ぶえんもゆかり」の狭いスペースに何とか6人、窮屈でしたが座ることができました。

アルコールは、最初はお決まりの生ビール。

おつまみは、まずは刺身の「ごっ魂盛り2人前(1,500円)」を4人前お願いします。「ごっ魂」とは鹿児島弁で「すごいたくさん」という意味らしいです。写真は2人前です。

8_3

鹿児島枕崎のカツオ、首折れ鯖、ウニ、川内産真鯛、カンパチ、赤海老です。

11首折れ鯖は鹿児島県屋久島で水揚げされるゴマサバの現地名のことで、鮮度を保つために漁獲後すぐに首を折ることから名付けられています。サバは鮮度が大事で、引き締まった身で美味しいですね。

「きびなご」は昔ながらの食べ方らしく、骨切して酢味噌であえてあります。

そして、赤海老は食べた後、頭を唐揚げにしてくれました。うれしいサービスです。

そのあとの飲み物は、「たんかん角ハイボール(450円)」というのを頼んでみました。甘めのハイボールでしたね。個人的にはちょっと苦手でした。

ちなみに「たんかん」とは、ポンカンとネーブルオレンジのあいのこの柑橘系のフルーツで、種子島以南で栽培されています。

13

「海鮮サラダ(500円)」は魚介もたっぷり。

10

「チャンジャ(300円)」は焼酎に合います。

17

「さつま揚げ(480円)」はもちろん自家製の揚げたて熱々。美味しいです。

18

「エビマヨ(800円)」は、こちらのお店では少し値段が高めだったのですが、普通のエビマヨではなく、大きな海老を頭ごと唐揚げにしたもので作られた一品。石川県から行った人も喜んでいました。

20

「鰹の腹皮焼(500円)」。「腹皮」と言っても「腹の皮」のことではなく、枕崎では、一番脂ののったところをこう呼ぶらしいのです。確かに脂がのっていてシンプルな塩焼きでも最高!焼酎に合いました。

22_2

こちらは「ハマグリのオイル蒸し(500円)」。

23_2

この揚げ物はなんだったかな?^^;

21

アルコールは、焼酎を何種類かロックで頼んだのですが、知らず知らずのうちにだいぶ飲んだようで、久しぶりに酔っ払い状態に。この後、料理をいくつか頼んだのですが、写真を撮ることも、何を飲んだかも忘れてしまいました。^^;

これで6人で飲み食いして27,000円強。満足度高しです。「かごっまふるさと屋台村」は、2年前のお店もよかったですが、ここも素晴らしかったです。

「かごっまふるさと屋台村」のお店をはしごする客も多いようで、さらにはお店の位置なども前に来た時とは変わっていたりして変化がありました。面白い屋台村です。

ぶえんもゆかり
魚介料理・海鮮料理
TEL 099-255-1588
鹿児島県鹿児島市中央町6-4
かごっまふるさと屋台村
12:00~14:00
17:00~24:00
水曜休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 小松インター近くのお食事処「丁字家」で久しぶりに食べる丼物で満腹 | トップページ | 「のみの美アートフェスタ 2015」で今日からデジタル掛け軸「神無月 新月の夜に。」開催 »

九州(福岡除く)のグルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/62300091

この記事へのトラックバック一覧です: 鹿児島かごっまふるさと屋台村「ぶえんもゆかり」は新鮮な魚介料理を堪能できる人気店:

« 小松インター近くのお食事処「丁字家」で久しぶりに食べる丼物で満腹 | トップページ | 「のみの美アートフェスタ 2015」で今日からデジタル掛け軸「神無月 新月の夜に。」開催 »