« 醤油の町金沢市大野にあるフレンチ洋食「メゾン・ド・ミュゲ」で海を眺めながらのランチ | トップページ | 金沢柿木畠のそばの名店「更科藤井」で粋なつまみで酔っ払い2人のダメ出し呑み »

2015/06/03

小松の茶室「仙叟屋敷ならびに玄庵」一般公開で呈茶会&「こまつ青空マーケット」

5月末の31日に開かれた小松市の催し物2つについて書きたいと思います。

まずは、「仙叟屋敷ならびに玄庵」の一般公開と呈茶(ていちゃ)会について。

Photo

小松市の芦城公園内に、千玄室大宗匠(前千宗室)が1997年に四世仙叟宗室居士300年遠忌を記念して、小松市に茶室を寄贈しているのです。

2

それが「仙叟屋敷ならびに玄庵」で、地元の小松畳表や小松瓦、京都の北山杉を用いた数奇屋造りで、茶室は千玄室大宗匠自ら設計されたものです。

22

今年は4回、一般公開される予定で、今回は同時に呈茶会も催されていました。

10

私は、仙叟屋敷に入るのは今回が初めてです。少し緊張です。

6

中から見る庭もいいですね。

19

21お茶の道具です。説明聞いたけど記憶にありません。^^;

お花も季節感が出ています。

この日の呈茶料は500円。

主菓子(おもがし)は小松行松旭松堂の「夕蛍」とか説明を受けましたが、名前合っているかな?

8

こちらがお茶室です。

23

千家の和敬清寂の心を汲み取る場として、凛とした空気感がありました。

2_2

その足で、近くの市役所広場で開かれている「こまつ青空マーケット」に向かいました。
お昼前の時間に着きましたが、昨年にも増してすごい人です。

3

いいお天気に恵まれ家族連れで訪れている人が多かったですね。

食べ物のお店にはどこも順番待ちの列が出来ています。そして人気店のは長蛇の列になっていました。

まぁ、お昼はやはりお店で食べたほうが美味しいと思っているので、ここでは食べ物は買い求めません。

私もブログでも紹介したところが何店も出店していましたよ。

6_2

鳥越のカフェ「Detza(デッツァ) 」。

5

能美市の人気シャルキュトリー「ガリビエ(GALIBIER)」。

4

大聖寺の人気のカフェ「ほうきぼし」。すでに売り切れで、12:30に追加されるという案内が出ていました。人気です。

7

橋立の「Glass Studio Cullet(カレット)」秋友さんも毎年出店されています。

ランチを食べて戻ってきたら、ほとんどのお店が売り切れになっていました。^^;

8_2

結局、HUG mitten WORKS のオートミールクッキーを買い求めて終わりでした。ナッツ&ベリーとココア&ホワイトチョコで1枚200円でした。美味しかったですよ!

毎年開催されている「こまつ青空マーケット」。定番イベントになってきていますね。

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 醤油の町金沢市大野にあるフレンチ洋食「メゾン・ド・ミュゲ」で海を眺めながらのランチ | トップページ | 金沢柿木畠のそばの名店「更科藤井」で粋なつまみで酔っ払い2人のダメ出し呑み »

石川グルメ(お酒以外の飲料)」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/61675075

この記事へのトラックバック一覧です: 小松の茶室「仙叟屋敷ならびに玄庵」一般公開で呈茶会&「こまつ青空マーケット」:

« 醤油の町金沢市大野にあるフレンチ洋食「メゾン・ド・ミュゲ」で海を眺めながらのランチ | トップページ | 金沢柿木畠のそばの名店「更科藤井」で粋なつまみで酔っ払い2人のダメ出し呑み »