« 店名に妙に魅かれて行ってきました!大阪中之島ダイビル「世界一暇なラーメン屋」社長はミスチルファン | トップページ | 自家製ハンバーグががめちゃ美味しいのです!京都「とくら 新堀川店」は人気のお店でした »

2015/04/10

金沢市六枚「町家懐石 六花」は旬の食材を使い上質の器で楽しませてくれるお店でした

金沢に行っても、あまり六枚の交差点あたりを通ることはありません。

私が金沢に行く時に利用する金沢駅から、観光地や繁華街に向かう通り沿いではないからです。

もちろん、今日紹介する「町家懐石 六花」は、テレビや雑誌などでも取り上げられているので知ってはいました。

Photo_2

4_2建屋は昔は旧酒蔵だったところで、その面影はお店の2階の軒先に吊り下げられている造り酒屋の証「杉玉(酒林)」に残っています。

オーナーは嵐山吉兆の料理長もされていた方で、腕前は折り紙付なのです。さらには料理だけではなく、お店の室礼や器類も「おもてなし」の心が一杯詰まっていました。

ということで、初訪問の今回はお昼のランチでお邪魔しました。中に入るとカウンター席に通されました。

27

奥には小上がりや、ミニギャラリーなどがあります。

ランチと言っても4,000円と6,000円の2つのコースのみの高価格設定のお店です。なかなかしょっちゅう行けるわけではありませんね。

とりあえず、新幹線開業で混雑が予想されたため、1か月ほど前に予約を入れましたが、その時にどちらのコースにするか聞かれたため、初回だったのでベーシックな4,000円のコースでお願いしました。

結論を先に書きますと、満足度いっぱいのコースだったと思います。さすが、嵐山吉兆の料理長まで務められた方です。

4,000円のコースには、それほど値段の張る食材は使われていないのですが、季節の山菜をうまく使っていたり、他の食材とダシとの相性が素晴らしかったですね。

6

まずは、春キャベツと梅貝のヌタ、山菜の白和え、新竹の子と椎茸が出されます。

5

これはビールを飲まずにはいられません。^^;

10_2
11_2

椀物は「フキノトウの真丈」で、ほんのりとした苦みとダシのうまさが舌にダイレクトに沁みます。

13

お造りはヒラメで、大根おろしとカイワレの辛味でアクセント。

20_2

焼き物と揚げ物がミックスで出されたのは「サワラの玄米あげ、玉ねぎのすり流し」です。

16_2
17

蒸し物は「かぶらむし」でした。餡が良かったですね。中に入っている竹の子の食感と相まっていい塩梅でした。

25

食事は「やまうどの炊き込みご飯」でした。

21_2

ご覧のように、我々2人分を土鍋で炊き上げてくれます。

24

これがまたいい味の炊き込みご飯で、お代わりを3杯。二人で全部平らげてしまいました。

22

香の物も付いています。

26

15_2デザートは富山の酒蔵「満寿泉」の大吟醸の酒粕で作られたジュレです。これは変わっていますね。

器類には輪島塗や九谷焼の作家ものがさりげなく使われています。

湯飲み茶わんは大樋焼でした。

何とも贅沢な気分を味わえるお店ですね。次回は夜に行きたいと思います。

町家懐石 六花
石川県金沢市六枚町2-7
TEL 076-221-6166
11:30~15:00(L.O.13:30)
17:30~22:00(L.O20:30)
水曜日、火曜日(不定休)

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 店名に妙に魅かれて行ってきました!大阪中之島ダイビル「世界一暇なラーメン屋」社長はミスチルファン | トップページ | 自家製ハンバーグががめちゃ美味しいのです!京都「とくら 新堀川店」は人気のお店でした »

石川グルメ(和食・割烹)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/61367844

この記事へのトラックバック一覧です: 金沢市六枚「町家懐石 六花」は旬の食材を使い上質の器で楽しませてくれるお店でした:

« 店名に妙に魅かれて行ってきました!大阪中之島ダイビル「世界一暇なラーメン屋」社長はミスチルファン | トップページ | 自家製ハンバーグががめちゃ美味しいのです!京都「とくら 新堀川店」は人気のお店でした »