« 金沢で歴史とアートを楽しんできました「石川県立歴史博物館」「石川県立美術館」「金沢21世紀美術館」 | トップページ | 3月未公開編「金澤笹寿しプレミアム」「とり野菜みそカップ麺」「金沢21世紀美術館」山中温泉「山海堂」 »

2015/04/28

能美市湯屋「二兎(にと)」に8年ぶり訪問。「とんかつ」と「とんてき」が有名です

とある日曜日に妻と二人で能美市方面にぶらり。

ランチのお店の候補が2~3軒あって迷いましたが、結局入ったのは能美市湯屋の「二兎」です。

Photo

こちらのお店を知ったのは「二兎」がオープンした早々のこと。設計を担当した建築家の由田徹さんが知り合いだったため、知っていたのでした。

その後しばらくして行った時のことは、こちらに書いています

ただ、オープン当時から「とんかつ」と「とんてき」が有名だとは知っていましたので、いくら名代乃ぼるの「とんかつ」「とんてき」だと言われても、肉が苦手な私は、そんなには食べに行くわけにはいかなかったのです。

ということで久しぶりの「二兎」。お昼10分前ぐらいにお店に到着しましたが、お店の前の駐車場には車が並んでいました。相変わらず繁盛しています。

3

室内はカウンター席、大きなテーブル席、小上がりや座敷もあって、色々な場面で使えるお店になっています。オープンキッチンで調理の様子が手に取るようにわかります。見られていると手が抜けないですよね?それに、お店が出来てから9年ほど経過していると思いますが、油ものを多く使うお店としては調理場はきれいに維持されています。これもオープンキッチンだからでしょうか?

さて、我々はカウンター席に座ってメニューを見渡します。8年前とそんなに変化はありません。それだけ「とんかつ」と「とんてき」の二枚看板の基本メニューがしっかりしているのでしょう?

前は、もっと安いランチの定食セットがありましたが、いまは「二兎和定食」も1,580円という設定でした。^^;

そこで私は「おっきな海老フライセット(1,480円税込)」を頼みました。

頼んでからスマホで前回行った時の内容を確認したら、前も同じものを頼んでいました。肉が苦手だと、こちらのお店ではなかなか選択肢が少なくなってしまいます。^^;

4

私の「おっきな海老フライセット」がこちらです。前の写真と見比べてみると、ほとんど同じです。これはある意味素晴らしいです。揚げ物定番のキャベツ、それにレタス、ポテトの3種類のサラダもドレッシングが変えられています。

5

もちろんメインの海老フライも、揚げたてでサクッとした衣の食感と、ジューシーな海老のうま味が素晴らしいですね。海老の値段も上がっているので、8年間で消費税含めて100円しかアップしていないのはありがたいです。

ただ揚げ物は、8年間という月日が経つと、こちらの年齢上昇のせいか、さすがにお腹がいっぱいになりました。

またご飯は、サンゴウ会が作った地元辰口の山間ので採れたお米を使っていて、これまた美味しいです。

妻は「名代乃ぼるのとんてきセット(1,580円)」を頼んでいました。分厚い豚のステーキでニンニク醤油のソースで食べさせてくれます。最初はラードで焼いて、その後バターとにんにくでさらに焼くというこだわりの「とんてき」です。

6

妻は脂身は除けていましたが、あとは完食でした。美味しいと言っていました。

自慢のメニューがあるお店は強いです。

二兎(にと)
石川県能美市湯屋町3
TEL 0761-51-2061
火~日
11:30~14:00(L.O.13:30)
17:30~22:00(L.O.21:30)
月曜休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 金沢で歴史とアートを楽しんできました「石川県立歴史博物館」「石川県立美術館」「金沢21世紀美術館」 | トップページ | 3月未公開編「金澤笹寿しプレミアム」「とり野菜みそカップ麺」「金沢21世紀美術館」山中温泉「山海堂」 »

石川グルメ(和食・割烹)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/61400637

この記事へのトラックバック一覧です: 能美市湯屋「二兎(にと)」に8年ぶり訪問。「とんかつ」と「とんてき」が有名です:

« 金沢で歴史とアートを楽しんできました「石川県立歴史博物館」「石川県立美術館」「金沢21世紀美術館」 | トップページ | 3月未公開編「金澤笹寿しプレミアム」「とり野菜みそカップ麺」「金沢21世紀美術館」山中温泉「山海堂」 »