« つけ麺の元祖「お茶の水 大勝軒」初体験。期待以上の美味しさ、中でも麺が秀逸でした | トップページ | 神保町の超有名店「天丼いもや 二丁目天丼店」は「神田 天丼家」とどう違うのか? »

2015/03/05

ホテル日航金沢「弁慶」の寿司カウンターは太平寿しの寿司が楽しめる

24_2JR金沢駅の目の前にあるホテル日航金沢は金沢では一番背の高いビルです。

その和食のメインダイニングが「弁慶」という和食と寿司のお店で、人気があります。

弁慶とは、勧進帳で有名な安宅関を抱える石川県内の小松市にもゆかりがありますね。

4_2

ホテル日航金沢の6階に位置するお店は、テーブル席、お座敷、寿司カウンター席があって、ご覧のように寿司カウンターからは日本庭園を眺めながら料理を楽しむことが出来ます。

8

一方、テーブル席やお座敷では和食のコース料理が主体。カウンター席は寿司を目の前で握られてからすぐに食べることが出来るので、景色とあいまって、こちらのほうが寿司を楽しみたいのであればおすすめです。

ちなみに私は、寿司はカウンター席で!がモットーなので、予約時には必ずカウンター席をお願いしています。

あと、普段は寿司は専門の寿司屋さんで食べるのですが、こちらの「弁慶」は石川県では有名な寿司店「太平寿し」の寿司職人さんが握っているということで、ほぼ太平寿しの味を楽しむことが出来るのです。

「太平寿し」は言わずと知れた高級店で、行けば必ず一人1万円以上は覚悟しないといけませんが、「弁慶」では「太平寿し」の寿司をリーズナブルに食べることが出来るので、隠れた穴場のお店です。ただし、あの陽気な大将が握ってくれるわけではありませんが……。

この日11:30のお店のオープン時間に予約を入れて行きました。もちろん一番乗りで、カウンター席のほぼセンターという特等席。ネタケースも目の前、庭も全部眺められます。そして寿司を握るのも目の前で眺めることが出来ました。

お相手していただいたは、先ほども書きましたがれっきとした太平寿しの社員の飛地さん(寿司料理長)。太平寿しに入って23年ほど経つベテランの方です。「八や」さんや「あいじ」さんなどとよく麻雀などして色々遊んだそうです。(笑い)

飛地さんと色々話をしながら美味しい寿司を目の前にすると、ついつい写真を撮り忘れること一度ではなく三度も。^^; それも特に本当は紹介したかったネタばかり。

ということで今回は一部歯抜けの紹介になりますことをお許しください。

カウンター席で食べるランチは握り寿司がメインで4種類のメニューがありました。「極旨彩り寿司(3,800円)」「冬の味覚寿司(4,500円)」「楓(5,800円)」「雅(8,500円)」です。

違いは握りの個数です。ただし一番高い「雅」には蒸し寿司がプラスされます。この値段から推測しますと、たぶん、太平寿し名物の「のどぐろの蒸し寿司」が付いてくると思います。

私はその中から「冬の味覚寿司」を頼みました。「冬の味覚寿司」には、突出し、握り8貫、巻き寿司1本、玉子、みそ汁、デザートが付いています。

飛地さんにお聞きすると、仕入れは太平寿しと同じところだそうです。太平寿しの大将と一緒に買付け、マグロやブリは、それを2店で分けるそうです。つまり、「弁慶」はネタ的には、ほぼ太平寿しなお店なのです。

ランチでも太平寿しはおまかせが基本でそれなりの値段がしますが、ここ「弁慶」ではホテルのメインダイニングで数寄屋を配した佇まいの落ち着いて食べられる空間と相まって、ほぼ太平寿し握りを堪能できるとあっておすすめかもしれません。

12

10
突出しは赤いかです。

思わず生ビールを頼んでしまいました。

そして握りが始まります。まず出されたのは「アラ」。クエですね。いまや高級魚です。(あとで考えると2貫目だったようですが)

13

当然太平寿しと同じく、あらかじめ何らかの味付けがされた状態で出されるので、しょう油を付けずに食べる握りです。

14

こちらはヤリイカです。一部のみ網で炙ってあって、塩とレモンをかけて出されます。

この後、11kgの少し小ぶりの寒ブリということでしたが、脂が乗っていて美味しかったですよ。写真は撮り忘れです。^^;

そしてガスエビも写真なし!^^;

15_2

朱塗りの椀に入れられて出されたのは、ズワイガニの蒸し寿司です。上にはミソが乗せられています。シャリの酢の加減が太平寿しの「のどぐろの蒸し寿司」を思い出させてくれました。ズワイガニのもいい塩梅です。ちなみに、太平寿しでは大将が握りのような形で出されました。

18

こちらは、能登沖で獲れた80kgのマグロです。中トロですが大トロみたいな脂の乗りで、かつ上品な脂身でした。

この後には、のどぐろの皮目のところを炙った握りが出されました。これも出されたとたんに食べたさ一心で写真も撮らずに胃の中に消えて行きました。いやはや太平寿しの魅力はブロガー魂をも溶かしてしまいますね!

あと一貫、なにか出されたはずなのですが記憶にありません。後から来た人に出されるのを聞くとどうも「ハタ」らしいのですが…?

19

こちらの玉子は熱々出来立てでした。

21

そして最後に出されたのが巻物で、きゅうりとおしんこを細く切って中には胡麻をふりかけて軽く手巻にしてあります。

22

以上で握りは終わりましたが、デザートが出される前にもう一貫、隣の奥さま方に出されていた鯖の棒寿司が美味しそうだったので、それを追加でお願いしました。

こちらの酢の締め塩梅も最高でした。

20

もちろん、お味噌汁と、

23

デザートも付いてきます。アイスは塩豆が入っていました。

いや~、満足ですね。太平寿しの味をリーズナブルに楽しめるランチ。また再訪したいですね。

弁慶(ほぼ太平寿し)
石川県金沢市本町2-15-11
 ホテル日航金沢6階
TEL 076-234-1111
朝食7:00~10:00(土・日・祝のみ)
ランチ11:30~14:00
ディナー17:30~21:30
無休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« つけ麺の元祖「お茶の水 大勝軒」初体験。期待以上の美味しさ、中でも麺が秀逸でした | トップページ | 神保町の超有名店「天丼いもや 二丁目天丼店」は「神田 天丼家」とどう違うのか? »

石川グルメ(鮨、寿司)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/61105413

この記事へのトラックバック一覧です: ホテル日航金沢「弁慶」の寿司カウンターは太平寿しの寿司が楽しめる:

« つけ麺の元祖「お茶の水 大勝軒」初体験。期待以上の美味しさ、中でも麺が秀逸でした | トップページ | 神保町の超有名店「天丼いもや 二丁目天丼店」は「神田 天丼家」とどう違うのか? »