« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015/03/31

2月未公開編,金沢片町「笑食酒処 くし家」小松の惣菜店「たじま屋」神泉にごり酒+小松から空の旅

月末恒例の未公開編、2月版です。

北陸新幹線が金沢まで開通して2週間が経過しました。

小松空港利用客もダウンしましたが、14日以降の小松羽田便の搭乗率はそこそこあるようです。

まぁ、手取川以南の石川県民にとっては、飛行機の値段が大幅に下がった今、まだまだ飛行機のほうが便利ですからね。

9_2

それに、天気がいい日は、ご覧のような富士山や、

10_2

羽田から見る夕日の染まる富士の景色なども楽しむことが出来ます。

私も出張や旅行で東京には、年に何度も行くので、その時々の場所や時間、料金などを考え適時空か新幹線かをチョイスしていきたいと思います。

まず最初は金沢片町に昨年新装移転した「笑食酒処 くし家」です。

2月に金沢にし茶屋街に行った後、前に紹介しました「ビストロ オリーヴ」に向かうために歩いていると、8年ぶりくらいお会いしていなかった某氏とばったり!

これから飲みに行くということで、少しだけお付き合いすることに。片町の「笑食酒処 くし家」に向かっている途中だったようです。

ちょうど5周年記念ということで、生ビール一杯が100円で飲めるということでした。

Photo_2

お店の前に到着すると、おや?見慣れた書体で看板が!私もよく存じ上げているアトリエ・カズ代表の森秀一さんの書体です。

7_2

ここでは「ビストロ オリーヴ」の予約時間もあったので、20分くらいでサクッと串カツと生ビールを飲んでお暇しました。こちらのお店は、いわゆるソース二度漬け禁止の串カツです。

6_2

こちらはアスパラの一本揚げです。これは一回だけの漬けでは食べきれませんので、別にソースが出されます。

4

あと食べたのは串カツとなんだったでしょうか?白身魚だったかな?^^;

Tさん、どうもご馳走様でした!

笑食酒処 くし家
石川県金沢市片町2-2-15
北国ビル1F
076-255-1948
平日
16:00~27:00
日曜日
16:00~24:00
年中無休

お次は小松の惣菜店「たじま屋」です。私も今回初めての利用でした。

3

小松ではお惣菜屋さんはあまりなく、どちらかといえばスーパーで買い求めるのが多いのです。

場所は「餃子菜館 勝ちゃん」の近くです。古民家を改装してお店にしています。

Photo_3

メニューは洋食系のものが多いようですが、大皿料理は和食系でした。最近はイートインも始められたようですね。またこの惣菜を使ったお弁当類も種類が豊富です。

やはり揚げ物は揚げ立てが美味しいので、注文だけして夕方に取りに行くことにしました。

4_2

買い求めたのは海老フライ、ミンチカツ。

5_2

そして、とんかつと

6_3

ポテトサラダ。

洋食惣菜の典型的なものばかりでした。タルタルソースがたっぷりサービスで付けてくれました。

やはりフライ物は揚げ立てが美味しいですね。

たじま屋
石川県小松市土居原町386-3
TEL 0761-46-6813
~20:00

最後は新酒の話題です。

毎年新酒が出来ると、小松の酒蔵「東酒造」でしぼりたてとたれくちを買い求めます。

今年は妻が最初に買ってきました。

Photo_4

写真はにごり酒のほうです。振るとキャップを開けるとき大変なので、そっと振ったら肝心のにごりがあまり出ませんでした。^^;

もう大吟醸もしぼりたてが飲めます。昨年は秋にはすでに大吟醸が品薄になってしまったようです。今年は早めに買い求めましょう!

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/03/29

白山市「まっとう 福喜寿司」の昼すしランチは平日と土曜限定のお得なセットです

最近、白山市のお店の紹介が多くなっています。

これまであまり紹介していなかったので、まだ私としての未開拓のお店が多くあるからです。

そこで今日は「まっとう 福喜寿司」という松任市街から少し離れたところにある寿司店を紹介したいと思います。

こちらのお店では、土曜を含む平日のお昼に、お得な「昼すし」というランチメニューがあるので、それを食べに出かけました。

Photo

お店は新しくて立派です。中も広くて、カウンター席にはネタケースもなくすっきりしています。漆のカウンターもきれいです。

8

金沢中央市場から仕入れた新鮮なネタ、お米や醤油にもこだわりの寿司店で、地元の人を中心に人気のお店です。

もちろん、お昼でも、おまかせやお好みで頼むことが出来ますし、私も基本的には寿司店ではそのように頼むことが多いのですが、この日は1,000円(税別)というリーズナブルな値段で食べることが出来る昼すしランチを食べるために出かけたので、初志貫徹で頼みました。

3

まずは茶碗蒸しが出されます。

4

そして握りが目の前に出されます。握り7貫とかっぱ巻きです。ネタも一般的なものばかりですが、値段的には贅沢はなしですね。

ご主人は、「つるぎ福喜寿司」で修業されていたようで、いわゆるのれん分けですね。ただ、「つるぎ福喜寿司」はいまのご主人の握る寿司は、いわゆる細工寿司なので、先代のころに修行されたのでしょうね?

5

味噌汁はあら汁です。エビの頭も入っています。

9

食後にはコーヒーも出されますよ。ビジネスマンのお昼に良さそうなランチです。

まっとう 福喜寿司
石川県白山市宮永市町471-1
TEL 076-276-4085
11:30~13:30
17:00~21:00
月曜、第3日曜休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/03/28

初乗車!北陸新幹線で東京日帰り。普通車とグランクラス両方乗ってきました

今週、東京に出張の機会があって、せっかくなので北陸新幹線を利用しました。

もちろん、乗車は今回が初めてです。

Photo

朝7:20、小松から新たに設定された特急ダイナスターで金沢まで向かいます。

旧はくたかの車両を回しているでしょうか?だいぶ古い車両でした。もちろん、ガラガラです。私の乗った車両には8名ほどしか乗っていませんでした。

金沢駅では乗り継ぎ時間10分で「かがやき」に接続しています。東京着は小松からジャスト3時間の10:20です。

11
13

金沢駅の新幹線待合室には、石川県の伝統工芸品が壁に埋め込まれています。

9

トイレの入り口付近の壁にも加賀友禅が使われています。

61

15また、ホームの柱の上部には、金沢が全国シェアの99%の生産量を占める金箔が豪勢に使われています。

さて、いよいよ北陸新幹線に乗り込みます。W7系は当然真新しい車両です。

アイボリーホワイトのベース色に群青色とゴールドにも見える銅色のラインが凛々しいです。かっこいいですね!?

コンセプトは「和の未来」だそうです。

16
18

普通車は5列シートで、赤を基調とした格子柄で明るくポップな感じです。まぁ、普通車はこれまで乗っている他の新幹線と同じと思っていいでしょうが、ヘッドレストが上下できるのが便利なのと、

27

洗面所なども新しい車両なので当然きれいです。

Photo_2

コンセントが全座席に付いています。これも便利ですね。

振動や揺れは東海道や山陽新幹線などよりは少ない気がします。

乗客は金沢駅を出発するときは4分の1くらいの乗車率でしょうか?座席数が2.5倍に増えたようなので、平日の金沢発のかがやきは、こんなものなのかもしれません。

左側の窓際の席を取りましたが、3分の2くらいはトンネルか遮音壁で景色を楽しむのには適していません。

24

この日は寒の戻りがあって天気も悪く、日本海もグレーな空と一体化していました。

私は海が見える側の席をとりましたが、山側の席のほうが立山連峰なども見られていいとのことでしたが、この日はあいにくの天候で山並みもまったく見えなかったようです。

5

長野市内を過ぎたあたりから天気が良くなりました。本当にひと山越えたら晴れ間が!

今回、初乗車ということもあって本当にあっという間に東京に着きました。都内の目的地もJRの沿線であれば、そのまま乗車料金に含まれているので飛行機に比べて有利な点です。

さて、小松以南に住む石川県人として悩ましいのは、小松からは飛行機という選択肢もあって、同じ時間に家を出て、場所にもよりますが都内到着時間では30分強ほど飛行機が早く着きますが、安いチケットの価格など含めて考えると、どっちを使うかは微妙です。金沢の方は当然新幹線のほうが便利ですね。

今回新幹線で移動してみて、意外にスムーズに移動できました。はてさて今後はどうするか!?悩ましいところです。

31

そして、帰りは思い切って最上級クラスのグランクラスにしました。もちろん自腹です。^^; 運賃と同じくらいの追加料金を払いました。

これは元を取るために、無料のアルコールをしこたま飲まねば!と思いました。^^; 昔、海外に行ったとき、アルコール無料だったのでしこたま飲んだら、上空で死ぬような思いをしたことがあります。新幹線は地上を走るので大丈夫でしょう?

まずは、社内や装備をカメラで撮影します。同じような人がたくさんいました。

56

グランクラスは金沢に向かう先頭車両一両に、たった18シートのみの設定です。この日も1席ほど空きがありましたが、途中長野からも乗車していたのでほぼ満席と言ってもいいでしょう。

普通車では5列ですが、グランクラスは3列です。それに前後のスペースを考えたらグランクラス1席で普通車2席分ぐらいのスペースを占有しているのでしょう?そりゃ2倍の金額になるでしょうね?

36

また、デッキの部分は輪島塗が使われています。

42

41シートは「レクサス」などの自動車座席を手がけているトヨタ紡織が開発しているようです。本革(一部合皮)で電動で色々な部分が動きます。快適です。

荷物の収納も飛行機のような感じで、プライバシーが保たれます。

この日は2名のグランクラスアテンダントの女性が乗車していて、料理や飲み物のサーブをしてくれました。

動き出してほどなく、アテンダントの方が順番に軽食と飲み物を配ってくれます。

軽食のお弁当は和食か洋食が選べました。

私は和軽食でお願いしました。

43

下記が和軽食の内容です。

長野産鶏肉照焼、ぶなしめじ黒胡椒炒め、はすの実串薄衣揚、いわし磯辺焼き、二色パプリカ、豆腐田楽、桜麩、汁なしのっぺでした。確かに軽食のボリュームです。男性だとこれだと量が足りないですね。

45

金沢からの上りだと大友楼が調製した、石川の食材を使った加賀料理ベースの和軽食ですが、東京は東京駅の駅弁NRE大増による調製のようです。

ちなみに、メニューは月替わりで、今後は北陸新幹線の沿線のお弁当が順番に設定されるみたいです。

内容的にも全日空のプレミアムクラスの食事のほうに軍配が上がります。

そこで量的不足分はアルコールに頼ることになります。^^;

飲み物はアルコールを含めて何杯飲んでも無料です。

44

私はまず頼んだのは、白山市の「小堀酒造店」の加賀梅酒のスパークリング。アテンダントの方は人気だと言っていました。ほんのりとした甘さと梅酒の酸味がスパークリングとして合いますね。ただ、もう少し冷えているとよかったかも?

51その次に石川珠洲の酒「宗玄」の純米冷酒。世界農業遺産の奥能登産米100%の純米酒でグランクラス専用の酒だそうです。

いつもの宗玄さんの酒よりも、若干万人受けする味にしている気がしました。

おつまみには新潟の亀田製菓のおかきもあります。

583杯目が白ワインです。「五一わいん」ブランドの林農園がグランクラスのために作ったワインで、長野産のぶどうを使っているそうです。

ただ、ここでおつまみがなくなったので、もう一つもらおうと思いアテンダントに聞いたら、何と!おつまみも一人一つなのだそうです。う~ん、おつまみぐらいいいじゃない?

ということで、最後はハーブティーをいただきました。

55

デザートにはグランクラスオリジナルパウンドケーキで、加賀棒茶と能登大納言を使ったものでした。甘さ控えめで美味しかったですよ。

53

東京~金沢間のグランクラス料金は12,850円も追加が必要です。先ほども書きましたが普通席2人分の価値と思えば高くはないのですが、食事の質とかおつまみの追加サービスなど、細かいところでケチらないで欲しいと思いました。貧乏根性ですみません。^^;

皆さんも一度は贅沢な気持ちになってみませんか?

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/03/26

小松市矢崎に新規オープン「手打そば 信州戸隠 山桜」は蕎麦だけではなくおでんもありました

2月20日に小松にオープンしたそば店「手打そば 信州戸隠 山桜」に行ってきました。

Photo

小松はご存じ「うどん」の街です。その小松にそば店をオープンするには、私の知人の建築家、川畠くんの友人ということで、オープン翌週に母と一緒にお邪魔したのです。

場所は、小松百万石リゾートレーンの近くで、国道305号線(旧8号線)を挟んでちょうど対面あたりにあります。ただ、メイン道路沿いではないし国道305号線を走っていても全く見えません。場所的には難しいところだと思います。

予約も入れずに12時過ぎにお店に到着。オープン後一週間しか経っていないので当然満席でした。順番待ちはなかったのですが、ちょうど一回転目のお客様ばかりだったようで15分ほど待つことになりました。

2

お店の作りは居酒屋のようです。それにカウンター席は3席ほどつぶされていて蕎麦打ちの場に変わっていました。お店を作るときに設計に入っていなかったのでしょうか?それとも、最初はそばをメインにされるつもりがなかったのかな?

奥は小上がりの座席が10席ほどはあるみたいですが、我々はカウンター席に座り品書きを見ました。メニューの内容は、ざる・天ぷら・とろろ・おろしという基本のそばが主体でした。

そばメニュー以外にも「おでん」などもありました。このあたりは夜のことも考えてでしょうね。

そうそう!おでんはそばつゆで煮込んでいるようです。どんな味かな?

6

その中から頼んだのは、私はこちらの「山桜定食」を。

母は「おろしそば(850円)」を頼みました。

大体、そばの専門店は意外に量が少なかったりするのですが、こちらのお店は両方ともボリュームたっぷり。

9

ご覧のように私の頼んだ「山桜定食(1,500円)」には、ざるそばに、

7

山菜も入った野菜の天ぷら、

8

とろろご飯の組み合わせでした。

10

小皿と漬物も付いてきます。

もちろん天ぷらは揚げたてで美味しいし、とろろご飯もうれしいです。でも、そばも含めての量が多く、ご飯を残してしまいました。

肝心のそばは、お店の名前にも入っています信州戸隠のそばを使っているのでしょうか?そばの風味も感じられ美味しかったですが、年中通して信州戸隠のそばというわけにはいかないでしょうしね?

12

最後にはもちろんそば湯が出されます。

5

母のおろしそばも、紫大根を使っていて美味しそうでしたよ。こちらもそばの量は多めです。

さて、うどんの街「小松」にもそば店がだんだんと増えてきました。これから競争も激しくなるでしょう。ご繁盛を願っております。

手打そば 信州戸隠 山桜
石川県小松市矢崎町ネ58-1
TEL 0761-43-0675
11:00~14:30
17:30~21:00
木曜休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/03/25

魚にこだわり静岡「のへそ」のランチは新鮮な魚介を使った定食と丼がウリのお店です

Photo静岡に日帰りで出張に行ってきました。

その時にランチを食べたお店について書きたいと思います。

行ったのは静岡駅近くにあります「のへそ」という一風変わった名前のお店です。

これは「~のへそ」という意味なのだそうで、お店の前の表記には「魚のへそ」と書かれています。「のへそ」とは魚の心臓ともいえるところということで、「魚のいいところ、魚中心としてこだわり」を持っているとのことです。

そのため、毎朝市場で仕入れた新鮮な魚介を使った料理を食べさせてくれるお店として、県外からのお客はもちろん、地元の人にも人気のあるお店で、私が行った日も、お昼前の時間にもかかわらずほぼ満席のようでした。

静岡といえばカツオ、マグロ、シラス、桜えびなど、有名な魚介の宝庫です。楽しみです。

お店は細長い作りで、手前にカウンター席と板場があって、奥のほうに座敷があるようです。

お店の前に出ていた品書きには、ランチメニューとして5種類書かれていました。

Aは日替わりの定食(950円税別)で、こちらのお店では一番人気なようです。訪れる人の大部分がこれを頼んでいましたね。

あとの4種類は丼物で、基本は海鮮丼。一種類のみ天丼です。

Aの日替わりの定食にも魅力があったのですが、カツオの刺身がメインのようで、行ったときは、まだ時期としては早いと思ったので、今回は丼にしました。

私は、4種類ある丼の中でも、せっかく静岡に来たので、一番高い丼のC丼(1,500円税別)を頼むことにしました。生マグロ中トロ、炙り生サバ、炙りハタ、イクラが盛られています。

海鮮丼は、他のお店では比較的早く出されるメニューとして、ネタをあらかじめ切ってあって、オーダーが入ると盛り付けて出すところもありますが、こちらではオーダーが入ってからその都度切り分け、炙りが必要なものはそのあとで出す分だけ炙っていました。

そのため、意外と出されるまでに時間がかかりました。これはAの定食でも同じことが言え、比較的待っているお客さんが多かったような気がします。

その時間を待つ間に、前菜のような3種盛りが全員に出されます。

4

釜揚げシラス、もずく酢、ざる豆腐の3種でした。ただ、これはお昼だとビールを飲むこともないので、あっという間に平らげることが出来ます。^^;

出されたC丼がこちら。

5

炙り生サバが美味しかったです。炙られて香ばしさとより脂がうまみを増していました。
生マグロ中トロは脂は非常にあったのですが、部位があまりいいところではありませんでした。

8炙りハタのほうも脂はめちゃ乗りなのですが、皮が厚めでした。

どうでしょう?全体としては値段とつり合いが取れている感じです。

もちろん、お味噌汁も付いてきます。

のへそ
静岡県静岡市駿河区南町1-2
小泉ビル1F
TEL 054-260-7728
11:30~13:00
17:30~23:30
不定休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/03/23

松任駅近く「みつき庵」は昨年オープンの素材のこだわりの寿司と和食のお店でランチは最高!

いや~、久しぶりにランチで満足度のめちゃ高いお店に出会った気がします。

もちろん、お金をもっと出せば美味しいものを食べさせてくれるところはたくさんあると思いますが、コスパを含めての満足度は大変素晴らしいと思いました。

14

3場所は松任駅からほど近い千代尼通り沿いにあります。とても立派な新築のお店を昨年建てて独立されたようです。

中に入ると、杉玉が下げれれていました。新酒が入ったのでしょうか?

まだ新しいこともありますが内部も落ち着いた雰囲気で上品で清楚、落ち着いた空間です。

13

4私は一人だったのでカウンター席に通されました。個室や半個室も完備されているようです。

カウンターの中ではご主人の横山さんが寿司を握っていました。徳田八十吉の皿がまぶしいです。(笑い)

一応、寿司会席のお店ということですが、どこで修業されていたかは教えてくれませんでしたが、若いころは県外で修業され、あとは石川県内のホテルや日本料理店などで修業されたようです。寿司職人だったのですか?ともお聞きしましたが、決してそうではないようです。

また、独立されて最初のお店が立派なので「思い切りましたね?」と話したら、「大変です」と謙遜されておられましたが、お顔には自信の笑顔が。

お聞きしますと、ランチ時はお客様のうち女性の方が9割だそうです。

ランチメニューは寿司松花堂一種類で限定30食です。

5

まず茶碗蒸しが出されます。それを食べ終わる頃に、少し小ぶりな握り7貫と松花堂のおかず類9種がきれいに盛られているお弁当箱が出されました。

意外にすぐに出されました。これも一種類のメニューに限定しているからでしょう。

普通、松花堂弁当とは中に十字形の仕切りがあり、縁の高いかぶせ蓋のある弁当箱のことを言いますが、こちらのは4つどころか9つに区切られた中に、焼き物、煮物、酢の物、刺身などがすべて入っていて、温かいものは温かく、冷たいものは冷たい状態でちゃんと出されました。

時間もかからずに出されたので、作り置きかな?と思いましたがそうではなかったです。ただ、私が行った時間はオープン時間の11:30を10分ほど過ぎた比較的早めの時間だったからかもしれません。

7

握りは一般的なネタばかりでしたが、私にはちょうどいいボリュームです。

素晴らしいのは松花堂のほうです。

8

上の一番左から刺身、カニ酢にカニみそ、玉子。真ん中はサワラの西京焼、炊き合わせ、ホタルイカ酢味噌、下はふぐの唐揚げ、ニシンの甘煮・かまぼこ・わさび漬、上品な味の酢だこ・紫大根?甘酢漬けです。

参りました。これだけの種類の品を楽しめるだけでもうれしいのに、どれもが美味しく、ちゃんとした仕事がされている味でした。

私は最初に握りをすべて食べてから松花堂を食べたのですが、この松花堂のおかずを見て暖かいご飯が欲しくなりました。

もちろん、すべてきれいに完食!でも男の私でもお腹いっぱいになりました。

9

味噌汁はあら汁。あら汁といってもエビは頭だけでしたが、ブリの身もしっかり入ったものでした。

12

食後にはコーヒーが付いてきます。あと、デザート付の場合は200円(税別)プラスです。

冒頭にも書きましたが、とても素晴らしいです。これで1,800円(税別)です。満足度高いランチです。是非皆さんも行ってみてください。

ごちそうさまでした。

みつき庵
石川県白山市中町18-1
TEL 076-274-0102
11:30~13:30(L.O.)
17:00~22:00(L.O.21:30)
日曜,第3月曜休(不定休あり)
月曜祝日の場合は日曜営業

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015/03/22

新橋の洋菓子店「巴裡 小川軒」併設のカフェ「サロン・ド・テ」で小さな焼菓子をつまんでいっぷく

小川軒といえば最初洋食屋さんかな?と思っていましたが、洋菓子屋さんだったんですね!?^^;

__

過日、羽田空港で偶然売っていてお土産で買い求めたのが、鎌倉小川軒の「レイズン・ウィッチ」でした。

レイズン・ウィッチは、「洋酒にほどよく漬け込まれたレーズンと、生クリームに近い特製クリームがクッキーにサンドされたお菓子」のことです。

写真を撮り忘れたのですが、見た目も味も六花亭の「マルセイバターサンド」にそっくりです。

家に帰って調べると、全国的には六花亭の「マルセイバターサンド」のほうが有名ですが、元祖はこの小川軒なのだそうです。

そして、さらにややこしいのは、代官山にある小川軒や御茶ノ水にある小川軒、先ほど私が買い求めたレイズン・ウィッチの鎌倉の小川軒を含めて、いわゆる親族で別会社として個々にレイズン・ウィッチを作って販売しているようです。味も各店で若干違うようですね。

___3

___11ここへは、先日紹介しました新橋駅前ビルの「カフェテラス ポンヌフ(Pont Neuf)」に行ったときに、たまたまそばにある「巴裡 小川軒 新橋店」を見つけて、時間調整もあったので併設されていたカフェ「サロン・ド・テ」に入ることにしました。

これも前週に羽田空港でお土産に鎌倉小川軒の「レイズン・ウィッチ」を買わなかったら、スルーしてしまっていたでしょうが何とも奇遇です。

入ると小さなショーケースにケーキ類が並んでいます。どれも美味しそうです。

___4

席に座りメニューを見渡します。レイズン・ウィッチはカフェではメニューにありませんでした。少し残念です。

___6

そこで私はエスプレッソコーヒーと、

___7

こちらの「ダコワーズ(ダックワーズ)」という焼菓子を頼んでみました。どんなものかもわからずに頼んだのですが、出されたものを見るとむかし食べたことはありそうなお菓子でした。

家に帰って調べたら、「ダコワーズ(ダックワーズ)」はフランス、ダクス地方の地名が由来のお菓子で、アーモンドプードルとメレンゲを主原料としたフランスでは伝統的なお菓子なのだそうです。

基本的にはお菓子にはまったくといっていいほど疎いので、あまり味について云々書くのはやめますが、焼菓子ですが柔らかくてそれほど甘くなかったです。エスプレッソコーヒーにも合いました。

___8

カフェでは飲み物を頼むと、こちらのプチエクレアが付いてきます。

あと、先ほどのレイズン・ウィッチのことに戻りますが、これも帰ってから調べて分かったのですが、新橋と目黒の「巴裡 小川軒」のレイズン・ウィッチはデパートや空港・駅などでは売っていなくて、お店で買わないと手に入らないようですね。そのため「巴裡 小川軒」のレイズン・ウィッチは希少価値があるようです。今度はお店で買い求めたいと思います。

巴裡 小川軒 サロン・ド・テ
東京都港区新橋2-20-15
新橋駅前ビル1号館
巴裡 小川軒 新橋店1F
TEL 03-3571-7500
月~金・日9:30~19:00(L.O.18:00)
土9:30~17:00(L.O.16:30)
日祝休(不定休あり)

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/03/20

金沢せせらぎ通りの人気店「ビストロ オリーヴ」で気軽にワインと美味しい料理に舌鼓

前々から行こうと思っていましたが、なかなか行けなかったお店「ビストロ オリーヴ」に、やっと行ってきました。

16

オーナーの川嶋さんご夫妻が経営するこじんまりとしたお店で、ご主人は、先日小松で行われた東日本大震災チャリティー企画の「キャンドルナイト&Music」に出張参加されていました。

お店は最近新店オープンが続いている注目エリア「せせらぎ通り」にあります。夏には、鞍月用水沿いのせせらぎの音を聞きながら美味しい料理を楽しむことが出来ます。

この日のお客さまは意外と年配の方が多かったですが、その方たちはワインではなく、焼酎や日本酒のメニューがないかしきりに聞いていました。^^;

予約した時に、当日混んでいて料理が出されるのが遅くなるかもしれないと聞いていたので、オープン時間の18時に妻が先にお店に行って前菜の盛り合わせを、まずオーダーしてもらいました。

6

こちらがその前菜です。

7

ホウボウのカルパッチョ、サーモンとホタテのカルパッチョ、根菜のピクルス、魚介のマリネ、オリーブ、グリッシーニ生ハム巻など、盛り沢山でした。

8

これだけで相当飲めそうです。

10

5飲んだのは、最初は泡物で「クレマン・ド・ブルゴーニュ・ブリュット(Cremant De Bourgogne Brut)」です。なかなかいい香りで、スッキリとした辛口のスパークリングワインでした。

前菜でスパークリングワインは飲み干してしまい、2杯目もブルゴーニュの白。こちらもいい香りのするワインでした。「ビストロ オリーヴ」はワインの種類も豊富でした。

そしてメインは「白身魚(鯛)と万十(万寿)貝のグリル」を頼みました。ハマグリと野菜のソースです。魚介以外にもアスパラやこごみ、芽キャベツなどもたっぷりです。香草の香りも華やかに、飲んでいる白ワインに合いました。

4

ちなみに万十(万寿)貝は別名白貝とも呼ばれていて、最近は料理店でもよく出されるようになりましたね。

最後の締めはリゾットです。

お店のメニューにリゾットの種類が多かったので、たぶん自信があるのだろうと思って頼むことにしました。

2

「白子とゴボウのリゾット(1,600円)」を頼みました。あまりリゾットになじみのなさそうな食材を使っていたので珍しさも手伝ってです。

寺井のたけもと農園のイタリアのお米でカルナローリ種を使っているようです。これは日本のお米よりも長く、一回り大きな粒が特徴です。リゾットに最適なお米ですね。

Photo

アルデンテで芯の部分の歯ごたえを残していながら水分をしっかり保っていて、あまり経験したことのない食感で楽しませてくれました。

2人で締めて14,300円也。ほぼ予想通りの金額で満足度も高かったです。

混んでいるので料理が出てくるのが遅いと思っていましたが、グループのお客様が比較的ゆっくりと会話をしながら楽しまれるご年配の方々ばかりだったのが幸いしたのかもしれません。

また再訪したいお店の一つです。

ビストロ オリーヴ
石川県金沢市香林坊2-12-34
ニュー香林坊BD1F
TEL 076-231-0819
火~日18:00~22:00(L.O)
月曜休

http://www.b-olive.net/

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015/03/19

昔懐かしい昭和の味ナポリタンを楽しめる新橋駅前ビル「カフェテラス ポンヌフ(Pont Neuf)」

昭和の時代は、家で母が作るスパゲッティといえば、ケチャップで絡める「ナポリタン(イタリアン)」ばかりでしたね。

いまでこそパスタのレシピも、ネットで調べたり料理本なども多く出回っていますので、家でも色々な味のパスタを楽しむことが出来ますが、昭和50年代あたりまでは喫茶店などでも「ナポリタン(イタリアン)」か「ミートソース」がほとんどでした。

正直、現在、私としてケチャップベースのパスタを食べたいかといえばそうではありません。また、トマト味の料理を作る場合でも、我が家でも味付けとしてケチャップを使用することはほとんどなくなりました。

Photo

この日、新橋界隈で打合せを終え、お昼を食べる時間が午後2時少し前になったので、懐かしの新橋駅前ビルの飲食店街をぶらぶら探して、こちらのお店を見つけて入ることにしました。

店名の「ポンヌフ(Pont Neuf)」とは、フランスの首都パリのセーヌ川に架かる橋のことです。正直、店名とお店の雰囲気は合っていません。(笑い)

でも開店当時はモダンだったのでしょうね。もっとも、新橋駅前ビル自体が古く、地下にある飲食店街にはこのようなお店が多く残っています。

店構えや看板など、昭和の匂いのプンプンする雰囲気のお店です。もちろん、入る前にネットでサッと調べるのですが結構人気のお店で、ナポリタンが有名だということがわかったので入ることにしたのです。

店内もディープな感じで、カウンターやイスにしても年季が入っている感じがします。

私は一人だったのでカウンター席に座り、とりあえずメニューを見渡します。でも、ここは人気のナポリタンを頼まないわけにはいかないでしょう!

こちらの「ハンバーグスパゲッティ(850円)」を頼みました。

4_2

メニューに「ボリュームたっぷり」と書いてありましたが、本当にボリュームたっぷりです。^^; これは食べきれないなぁ?と心配でしたが、やはり無理でした。残してしまいました。申し訳ございません。歳は取りたくないものです。

6_2

麺は、アルデンテなどという言葉はどこ吹く風!?まぁ、昔のスパゲッティはどこもこんな感じだったかな?と妙に自分自身で納得しながら食べました。

具材は玉ねぎ、ハム、マッシュルームのシンプルな構成で、大量のケチャップが使われていました。味はケチャップ味そのもので、この量だとやはり途中で飽きてきます。そのためタバスコや粉チーズを適時振りかけて味を変えるのですが、やはり食べきれませんでした。

もっとも若い人にとっては苦にはならないでしょう。隣の同じころにオーダーした30代ぐらいのサラリーマンの方はあっという間に平らげていましたから。

それを見て、自分も昔はそうだったのかな?と思い出にふけり、妙に納得して自分を慰めていました。^^;

5_2

おっと!ハンバーグは美味しかったですよ!肉汁がジュッと出てくるわけではありませんが、玉ねぎのシャキッとした食感も残っていて食べ応えのあるハンバーグでした。こちらのハンバーグはケチャップに合っていました。

こういうお店がいまなお残っている東京は素晴らしいですね!?

カフェテラス ポンヌフ(Pont Neuf)
東京都港区新橋2-20-15
新橋駅前ビル1号館1F
TEL 03-3572-5346
月~金
11:15~15:30
17:30~20:00
土日祝休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/03/17

町家を改装した「和かふぇぎゃるり 安穏(あんのん)」は昼はギャラリー&カフェ、夜はおばんざいで一杯

小松市にも昔ながらの町屋(住まいの場合は町家と表記)づくりの古民家が多く存在しています。

金沢のように集積してないのが残念なところではありますが、市街中心部を歩くと「こまつ町家認定」の木札が掲げられている民家や商店を多く見かけることができます。

現在、小松市では約1,100軒の伝統的な建築様式を持つ「こまつ町家」が存在していますが、小松の町家の特徴は、市街地が昭和の初期に二度の大火に見舞われたために同時期に建てられた町家が多く、屋根は切妻平入りの構造で通りに面して格子戸が作られています。また、大火に見舞われた経験から、各家々に袖壁を設けていることなどがあげられます。

ちなみにこの袖壁のことを「うだつ」ともいいますが、「うだつがあがらない」という言葉はここから来ています。「うだつ」を設けるにはそれなりの財力がなければ出来なかったからです。

Photo

さて、今日紹介します「和かふぇぎゃるり 安穏」も、その町家を全面的に改装していて、平成25年度に「小松市まちなみ景観補助事業」として認定を受けています。

この認定を受けると最大500万円まで補助が出るのです。もっとも、500万円は大きな補助ですが、築年数が80年以上経過している改装するだけでもそれ以上大幅にかかりますが。
一昨年、昨年紹介しました大文字町の「町屋ダイニング がじゅまる」や「町屋ばる 山水悠」などもそうで、小松のまちなかにこの手のお店が増えてくるのはうれしいですね。

女性オーナーの山岸さんは埼玉県川越市出身ですが、縁あって小松市に移り住んで小松の街の良さを知ってから、小松で商売をはじめられたそうです。

意外と小松に生まれ育った我々よりも、県外から移ってこられた方のほうが小松の良さをわかっているのかもしれません。

22「和かふぇぎゃるり 安穏」は、昼はギャラリー&カフェ、夜はおばんざいを肴に酒を飲むことが出来るお店です。今回、私は休日のお昼にお邪魔しました。

店名が「安穏(あんのん)」。1970年代中期から1980年代にかけて流行したアンノン世代の方なのでしょうか??

内部は昔居間だったところは天井の吹き抜けが高いですね。小松の町家は金沢の町家に比べて天井が高いのも特徴の一つです。

23奥には座敷があって、群青の壁が鮮やかです。

土間のところのテーブル席に我々は座りましたが、格子越しに眺める外の景色が柔らかく感じます。

壁面はミニギャラリーとして使えるように棚が設置されていました。時々作家さんの作品が展示されるようですが、この日は何もなかったです。

4

さてランチは、日替わりランチ、安穏カレー、鮭チャーハンの3種類でどれも800円でした。

日替わりランチは肉か魚、その日によって違うようです。この日は魚でしたので私は日替わりランチを頼みました。魚は赤魚か鯖の2つよりチョイス出来ましたので赤魚をお願いしました。

17

出されたのがこちらです。

ご飯は白米か、+50円で雑穀米も選ぶことが出来ます。この日、雑穀米は人気があって私が頼んだが量が足りないので半分だけになってしまいました。^^;

12

赤魚は大きめのサイズで食べ応えがありましたし、他に小鉢が2つ付いていました。

14

この日は、きんぴらと

13

大根と鶏ひき肉のそぼろあんかけ。

こちらは私の苦手な肉系でした。^^;このあたりは夜にはおばんざいとしてカウンターに並ぶのかな?

一緒に行った妻が頼んだのは、安穏カレーです。ライスとパスタが選べます。

9

小松特産のトマトとショウガがたっぷり使われたヘルシーカレーで、私も一口食べましたが、トマトのほどよい酸味とショウガのピリッとした辛味のバランスがいいカレーでした。

18

カレーにはみそ汁ではなくスープが付きますが、具はみそ汁と同じでした。

食後の飲み物はランチを食べたお客は半額になります。

19

お抹茶もありました。これは妻が頼み、

20

私は普通に食後のコーヒーです。

これらをセットで二人で2,000円。飲み物付ランチとしてはちょうどいい値段だと思います。

「町屋ばる 山水悠」もそうでしたが、こちらのお店も女性の方が頑張っています。小松の男性も負けてはいられませんね。夜にも行きたいお店でした。

和かふぇぎゃるり 安穏
石川県小松市西町43番地
TEL 0761-22-8802
10:00~15:00
18:00~23:00
不定休(Facebookで毎日お知らせあり)

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/03/16

小腹が空いたとき東京新橋の立ち食いうどんの人気店「おにやんま 新橋店」でサクッと食べる

何度も書いているかもしれませんが、東京ではあまりうどんを食べません。

ダシが西日本とは違うのと、東京のうどん屋さんは、それなりにちゃんとしたお店は意外に値段が高いのです。

かといって、立ち食いのお店だと、カツオと醤油の真っ黒な蕎麦と共有のツユで出されるので、イマイチなのです。

しかしこの日、ちょうど新橋に用事があって、小腹が空いたいたため、サクッと美味しいうどんを食べました。

2

3お店の名前は「おにやんま」。都内に何店舗かあるようです。おにやんま?トンボの名前ですね。何か意味があるのでしょうか?

お店の前に出されている看板を見ますと、どうも讃岐系のようです。

入口と出口がわけられていて、お店の前に食券の発券機があるのでセルフ形式のお店です。

セルフ形式のお店は讃岐の本場香川では当たり前ですが、東京だと立ち食いのお店の代名詞のような感じで「安い・早い・味は?」のところが多いのですが、香川だとセルフ系は製麺所直営で「安い・早い・うまい」ところが多いのです。

5

この日は小腹の空きを満たすためと、めちゃめちゃ寒かったこともあって、一番ベーシックな「かけうどん(温)」を頼みました。

6

ただ、何もトッピングなしだと寂しいので、こちらの「ちくわ天(120円)」も追加しました。

発券機で購入と同時にオーダーが通るようで、チケットは店内のチケットボックスに入れます。

4

受け渡しのカウンターにはネギと天かす、そいれに生姜が置かれていて、どれも入れ放題です。

店内はこの手のお店としては明るくきれいです。カウンター内部の店員さんも女性の方が2人いました。

そんなに混んでいる時間帯ではなかったので、天ぷらは揚げ立て、うどんは湯がいて冷水で締めて熱々のダシをかけた、こちらも出来立てでした。なので2~3分カウンターの前で待ちました。

8

ダシは澄んだ色でイリコの香りが立ち、うまみもとてもします。東京では珍しい本場讃岐並みの本格派のうどんです。

うどんそのものもコシがありエッヂがきいていて美味しいですね。

ちくわ天も揚げたてでサクッとしていて半分はすぐに食べ、あとは汁にひたして食べました。

東京で食べるうどんとしては値段の安さも含めておすすめではないでしょうか?

おにやんま 新橋店
東京都港区新橋3-16-23
TEL 非公開
月~金7:00~23:00
土日祝7:00~15:00
年中無休(臨時休業あり)

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/03/14

祝!北陸新幹線「鮨 みつ川」のセカンドブランド「鮨 歴々 近江町店」で気軽に美味しい石川の鮨を楽しんでください

今日、3月14日は北陸の人が待ちに待った北陸新幹線が金沢まで延伸した記念すべき日です。

私は残念ながら今日は仕事で見に行けません。

これからはその新幹線を使って石川の美味しいお寿司(鮨)を食べに来られる方も多くなるでしょうね。ということで今日は石川の寿司(鮨)ネタです。

さて、ひがし茶屋街の「鮨 みつ川」は、金沢でも人気があり有名な鮨店の一つです。

その「鮨 みつ川」の光川さんがセカンドブランドとして立ち上げたのが「鮨 歴々」なのです。

29

私のブログでも前に金沢駅の百番街にあるお店について書いたことがありますが、今日は2号店である近江町店を紹介したいと思います。

8_2

近江町市場は金沢の市民の台所として、多くの買い物客でにぎわいます。また昔から観光名所としても有名です。

この日も多くの観光客や金沢市民が訪れていました。

7_2

市場内には多くの鮨店や海鮮丼のお店があり、テレビ番組などでも取り上げられているところも多いのです。でも私は、あまりにメディアで取り上げられるところには行かないようにしています。

人気なのはいいのですが、落ち着いて食べることが出来ないし、最近は魚介を切って乗せただけの海鮮丼にもあまり興味がわかなくなってきました。

そうそう!この日も「鮨 歴々 近江町店」や近江町の取材で、日本テレビの夕方の情報番組「news every.」のローカル枠の取材クルーが来ていました。

さて、話を戻します。「鮨 歴々 近江町店」はその近江町市場の一角にお店を構えていて、「鮨 みつ川」直伝の握りを堪能できます。

場所柄か飛び込みの観光客も多いのですが、新幹線開業後は休日はなかなかすぐに入ることはできなくなるかもしれませんね。

メニューは、基本は握り主体の1,800円と3,000円の「おまかせ握り」と、おつまみが付いた5,000円と7,000円のコースがあります。

22

我々は握り10貫と巻物、そして、こちらの茶碗蒸しか、

23

吸物のどちらかが付いてきます3,000円の「おまかせ握り」にしました。

27

こちらはネタケースです。

26

お昼でしたが生ビールの小を飲みながら握りを愉しみました。

25

まず出されたのはヒラメです。歴々も「鮨 みつ川」と同じく私の好きな自分で醤油を付けないで食べる鮨です。

24_2

イカは、大葉をはさみ細く刻んであります。ねっとりと口の中に絡み付いてくる感じです。

21

アジ。

20_2

ガスエビもねっとりと舌に絡み付きます。いまや全国区の人気になりました。

17

ブリも上品な脂で美味しかったです。

16

金沢の鮨ネタの代表格になりました梅貝。こりっとした食感です。

17_2

カツオは皮目を軽く炙ってたたきで出されます。ほんのりと

11_2

こちらはマグロの漬け。

9

白エビもねっとりとした食感で甘みもいい具合でした。

8_3

甘えびも名前の通り甘かったです。少し小ぶりでした。

7_3

煮はまぐりは、江戸前の代表格ですが、石川ではあまり出てこないネタです。ツメもちょうどいい甘さです。

4

最後に出されるのは巻物で、のどぐろを炙って手巻きで出されます。「鮨 みつ川」と同じく下のほうは海苔でカバーしてあります。端から食べても下のほうからシャリがはみ出てくることがないのでいいですね。

3_2

のどぐろは、石川県に県外から上物が集まってくるようで、石川ブランドとして大事に育てたいものです。

とてもコスパのよく、美味しい握りを堪能できるので、観光客に限らず地元の人にもお勧めですよ。

北陸新幹線で是非石川県にお越しください!

鮨 歴々 近江町店
石川県金沢市十間町27-1
TEL 076-254-5067
11:30~14:30
17:00~20:00
水曜休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/03/13

金沢にし茶屋街スペイン王室御用達「カカオ サンパカ(CACAO SAMPAKA)金沢店」カフェでで高級カカオのジェラートとケーキ

明日はホワイトデーですが、皆さん、バレンタインのお返しはもうすでに買い求めたでしょうか?

さて私は基本的には甘いものがそれほど好きではないので、あまりチョコレートには詳しくはありません。

しかし、「スペイン王室御用達」と聞けば一度は行ってみたいと思うのが人情です。^^;

20

今日紹介します「カカオ サンパカ(CACAO SAMPAKA)金沢店」へは、実はバレンタインデーの一週間前の土曜日にも行ったのですが、その時はさすがに行列で入ることすらできませんでした。^^;

19

そこで、バレンタインをやり過ごした後日、予約を入れて出かけました。ちなみに現在カフェは予約制となっています。

「サンパカ」という店名の由来は、かつて世界最高のカカオを栽培していたという、アフリカの赤道ギニアにある古いカカオ農園の名を冠しているようです。

本店はスペインのバルセロナです。1920年創業のスペイン最大のカカオ豆の輸入・チョコレート原材料の製造会社「Nederland(ネダーランド)」グループの子会社だそうです。

日本では東京・大阪に次いで、地方都市としては初出店となります。東京・大阪に次いで金沢を選ぶとはお目が高い!(笑い)

今年の初めに「金沢の食文化」について触れたことがありますが、金沢は人口あたりのチョコレートの消費量が全国一位なのです。

そしてお店を構えたのが、金沢の3大茶屋街の一つ「にし茶屋街」です。この手のお店だと、観光客の多い「ひがし茶屋街」にお店を構えるか、もしくは百貨店などの商業施設にテナントとして入ることが多い気がするのですが、にし茶屋街に構えるとは素晴らしいではないですか?気に入りました。(笑い)

やはり金沢のブランドイメージと重ね合わせて、どこが「カカオ サンパカ」のブランドイメージをより高められるかを考えたのでしょうね。それに、町家のべんがら格子はチョコレート色だし……。(笑い)

この日はとても天気のいい日でした。予約した時間の15分ほど前にお店に到着したので、席が空いていれば入れてもらおうとお店の人にお聞きしたら、片付が終わったらokということですぐに入ることが出来ました。ただ、入ったのはよかったのですが、席に座って待てど暮らせどメニューやお水が運ばれてきません。^^;

10分ほど待って痺れを切らせたので確認すると、カフェスペースのそれなりに広いスペースに、サーブをする男性が一人だけでちょうど忙しいとのことでした。^^;

14

そして、運ばれてきたメニュー?は、こちらのチラシです。ん?マジで??正式なメニューはないの??

それにお店を出る前にお土産を買ったのですが、その時も対応したのは男性の方一人で、私の後に何組も買い求めるお客さんが多く順番を待っていました。

この日は、夜にイベントがあるようだったので、その準備で忙しかったのかもしれませんが、少しオペレーションに課題があるようでした。

待っている間に少し写真撮影。

3

カフェは2階で、たぶん、昔はお茶屋さんで使われていたのでしょうか?

12

11窓の外にはにし茶屋街の街並みを見ることが出来ます。

室礼も和を感じさせてくれます。

2階のお客さんは私以外は全員女性です。^^;

15

また、行ったのが夕方だったので、カフェのメニューも相当売り切れがありました。

7

限られたメニューの中から我々が選んだのは、ジェラッツ(ジェラート)です。こちらの「ジェラッツカカオ(500円)」は、厳選された最高級カカオパウダーを使用したカカオソフトクリームで、お店でしか味わえないソフトクリームです。まぁ、こちらは確かにシルクのように滑らかで美味しいのですが、それほど感動はありませんでした。

10

あと、ケーキセットは、せっかくなのでメニューのケーキの中で一番高かったチョコレートケーキを頼みました。ちなみにセットは300円プラスで何種類かの中から選ぶことが出来ます。

かつて王しか食べることのできなかった伝説のカカオのレアルクリオロ種のカカオ「ショコヌスコ」を使用したチョコレートケーキで、めちゃ濃厚でしたが後口がしつこくなく、さすが貫録の逸品でした。しかしこれ一個で1,000円もするので、なかなか食べることが出来ないですね。^^;

8

飲み物は、「加賀の紅茶」を頼みました。ポットサービスで出されますので2人でシェアできるからです。

加賀の紅茶は濃厚なチョコレートケーキにも合いましたよ。

36

帰りにお土産として買い求めたのは、まずは「ブラッソ デ ショコラタ」というチョコレートロールケーキで価格は1,620円(税込)です。

31

「ブラッソ デ ショコラタ」はガナッシュクリームのロールケーキです。先ほど紹介しました高級チョコレートと同じ、かつて王しか食べることのできなかった伝説のカカオのレアルクリオロ種のカカオ分65%のダークチョコレートクーベルチュールを使用して作られています。別添のカカオニブをまぶして食べると、カカオの豊かな風味と食感をより楽しむことができました。

24

あと、こちらはボンボンチョコの「ロサ(390円)」で、レバノン産のローズ水を使用したダークチョコレートトリュフと、「セサモ(390円)」のゴマとピュアココアのプラリネ。ローストしたゴマをトッピングしたチョコレートを買い求めました。

もうバレンタインデーは終わりましたが、明日のホワイトデーのお返しなどで買い求めるのもいいかもしれませんね。倍返しは確実です。(笑い)

カカオ サンパカ(CACAO SAMPAKA)金沢店
石川県金沢市野町2-24-2
TEL 076-256-3338
カフェ予約専用090-9444-6638
11:00~22:00
不定休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/03/11

日曜日に開かれたキャンドルの灯りと音楽で被災地を想う夜「キャンドルナイト&Music 2015」に行ってきました

今日で東日本大震災から丸4年経過しました。
まだまだ記憶に新しい大震災ですが、月日が経つほど記憶が薄れていくことは否めないですね。
復興への道のりは、やっと緒についたばかりです。被災された方々が一日も早く物理的にも精神的にも安定した生活が送れるようになることを心から願っております。
Music_2015_32
さて、8日の日曜日の夕方から、小松市の三日市商店街のアーケードで、大震災の翌年から毎年開催されている「キャンドルナイト&Music 2015」が開かれました。
Music_2015_45
栗蒸し羊羹の「月よみ山路」で有名な松葉屋の那谷くんとかが中心となって、キャンドルの灯りと音楽で被災地を想う夜ということで、キャンドルアート、ワークショップ、様々な音楽や東北の事を想って作られたダンス、飲食ブースや物販ブースなど盛り沢山に開催されました。
Music_2015_3
被災地での活動記録や写真、現地の広報誌も展示されていて、あの日を風化させない催し物として、今後も開催していくようです。
私も今年は参加しました。行って物を買うことで、ワークショップやブースの収益、義援金が東北での復興支援活動(初夏に被災地で開催する夏祭り)に使われるからです。
Music_2015_11
会場では色々なパフォーマンスが行われていました。
Music_2015_49
もちろん、音楽も。
Music_2015_15
私もよく存じ上げているKazuさんの墨絵アートも!
Music_2015_17
こんなのを書いていただきました。
Music_2015_13
すみげんのご主人は趣味の蕎麦を食べさせてくれますが、残念ながら私が行った時にはすでに売り切れでした。そこでいつもよく買うニシンを買い求めました。
Music_2015_46
ラミティエ風花舎さんもショップを出していました。私も新作の手作り石けんを買い求めました。
Music_2015_21
イベントのネーミングのキャンドルが、至るところに灯されていて幻想的な雰囲気とともに、鎮魂の灯りとなっていましたよ!
Music_2015_43

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/03/10

金沢野町「KUPPI(クッピ)」北欧のヴィンテージテーブルウェアと生活雑貨に囲まれてまったりカフェタイム

金沢にも色々個性的なカフェが多くあります。

私の妻の友人の中にも、北欧のインテリア用品や雑貨などを直接輸入している女性がいますが、日本人には北欧デザインを好きな人が意外に多いですね。

北陸の気候も何となく北欧のような、暗い長い冬のイメージでしょうか?行ったことがありませんが似ているから意外と人気があるようです。

Photo_8

さて、2月に金沢を散策した時に、途中疲れたのでお茶しようと思い行ったのが、今日紹介します、野町にある「KUPPI(クッピ)」というお店です。

こちらは、北欧のヴィンテージテーブルウェアと生活雑貨を扱っているお店に、カフェが併設されているのです。

7_3

お店の半分はテーブルウェアと生活雑貨などが置かれていて、後は本当に5~6名ほど座るスペースがある小さなカフェですが、手作りのお菓子や北欧のお茶などを北欧の器で、ヴィンテージ家具に腰かけながら楽しめる人気のお店です。

8_3

犀川のほとりにあり、ちょうどお店のカウンター席に座ると、真正面に犀川や雪化粧した山並みを見ることが出来ますね。落ち着きます。しかし、こうやって見ると景観上は電柱や電線が邪魔です。^^;

私も一人だったのでカウンター席に座ってメニューを見渡しました。お菓子はクリスマス明けからイースターごろまで食べられるスウェーデンの伝統菓子「セラム」を食べたかったのですが、残念ながら売り切れでした。

4_3

そこで頼んだのは、こちらのチーズケーキです。濃厚ですがそれほど甘くなく美味しかったですよ。

飲み物はカフェラテをお願いしました。

3_5

カフェラテが入れられたカップは、コペンハーゲン出身のデンマーク人デザイナーのイェンス・クイストゴーのレリーフシリーズのカップ&ソーサーです。

カフェラテと色合い的にもマッチしています。

飲み物とお菓子類を一緒に頼むと、50円引きになっていました。両方セットで770円です。

小さなお店でしたが、暖かい空気感が流れていて、景色を眺めながらぼーとしていたい気分になりました。ごちそうさまでした。

KUPPI(クッピ)
TEL 076-241-3043
石川県金沢市野町1-1-5
パレス桜通り1F
12:00~18:00(L.O.)
水・木曜休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/03/09

東京では、やはりうどんより蕎麦?「九段一茶庵 本店」は蕎麦名人直伝の技を受け継ぐお店

蕎麦は体を温めるという、麺類の中では唯一と言っていいほどの食べ物なのだそうです。

北のほうで採れる作物や、色が濃い食べ物は基本的に体を温め、逆に南で採れる作物や色が薄い(白い)食べ物は体を冷やすということなのです。

考えれば、どちらかといえば寒いところが多い東日本では蕎麦が、暖かいところが多い西日本ではうどんが好まれるというのは納得が出来ます。

でも、本当は寒い時期に食べるのが理にかなっているのですが、何となく、蕎麦は暑い時期に食べることが多いような気もしますね。

_

さて、東京で蕎麦を食べるのも何となく久しぶりな気がします。今日紹介します「九段一茶庵 本店」は、蕎麦名人といわれる片倉康雄氏の流れを汲むお店なのだそうです。

私は、その片倉康雄氏という方が蕎麦の名人だったということも今回初めて知りましたが、人気のお店という評判を聞きつけランチに行ってきました。

実は手打ちの蕎麦は意外と手間暇かかるため、料金は高めの設定のところが多いと思います。

この「九段一茶庵 本店」は店構えも立派で、内部もゆったりと座って落ち着いて食べることが出来る空間です。

__11

写真ではわかりにくいですが、外に面した一角には石臼挽きのスペースもありました。

品書きには特にランチメニューとしての設定もなく、それなりの値段でした。私がその中から選んだのは「おすすめメニュー」の表記がしてあった何品の中の一つ「三色そば(1,230円)」です。

__7

こちらは、せいろ、田舎、そして季節の変わり蕎麦の3つの味が楽しめる蕎麦で、この日の季節の変わり蕎麦は青のり蕎麦でした。

せいろは普通に食べる蕎麦そのものでしたが、田舎蕎麦は一般のお店よりは太いものでした。一般に「挽きぐるみ」と呼ばれている蕎麦ですが、こちらのお店の太い蕎麦を見て思い出したのが、石川県内にあります「とうへんぼくな仲間」という蕎麦のお店の田舎蕎麦です。

割り箸よりも太い蕎麦を食べさせてくれるところもありました。ここ「九段一茶庵 本店」のはそこよりは少し細いのですが、とても「のど越し」で食べるというわけにはいかなくて、よくしっかり噛んで食べました。

青のり蕎麦のほうは、青のりの香りと味がしっかり出ていて、これは美味しかったですよ。

__6

ちなみに、私は一緒に行った人が「おろしそば」を頼んでいたので、大根おろしを少し分けてもらい田舎蕎麦のほうを食べてみましたが、辛味大根との相性がよかったです。

__10

そば湯はとろみも適度にあってよかったです。

違った3つの味を楽しめる「三色そば」は、お店の中でも手ごろな値段なので人気のようです。一番おすすめかもしれません。

九段一茶庵 本店
東京都千代田区神田神保町3-6-6
九段アビタシオン1F
TEL 03-3239-0889
月~金11:30~21:00(L.O.20:30)
土11:30~19:00(L.O.18:30)
日祝休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/03/08

金沢片町「おでん 高砂」は金沢おでんの代表格ですが関東風のおでんが楽しめます

昨今、金沢おでんが「秘密のケンミンSHOW」などでも取り上げられて全国区となってきました。

「秘密のケンミンSHOW」で紹介された後、数日間は私の金沢おでんネタのページのアクセス数がとんでもなく多くなりました。

ただ、「金沢おでん」といういわゆるブランドとして括られていますが、統一した定義はありません。

金沢の居酒屋さんにも、おでんをメニューとして置いているお店は意外に多いのですが、味やタネの種類も各店バラバラです。

味的には関西風の澄んだダシのところが多い気がしますが、関東風の濃い目のツユを使っているところなどもあります。

今日紹介します「おでん 高砂」もその関東風の味のお店の一つです。「おでん 高砂」は、金沢おでんのお店の中でも人気店の一つで、白みそにショウガを混ぜたオリジナルの味噌で食べるのです。

Photo_7さて、行ったのが2月の最初の3連休の日。「秘密のケンミンSHOW」で紹介された直後だったので、念のため予約を入れておきました。

普段は、この手のお店に行くときは、ふらりとお店に入るのですが、今回、嫌な予感がしたので予約を入れて行ったのが正解でした。

予約した時間の17時にお店に行くと、すでにすごい行列が出来ていました。^^;

石川の人は、基本的には行列を見ると並ぶのをあきらめるので、並んでいるのは多分旅行などで金沢を訪れた人たちでしょう?

2_7とりあえずお店の中に入りカウンター席に座ります。

いつものように生ビールをオーダーして、おでんを頼みます。

美味しそうなおでんがきれいに並べられていますね。

まずは、「秘密のケンミンSHOW」でも取り上げられていた車麩と梅貝を頼みます。しかし何と!両方とも売れすぎて、すぐに食べられる「もの」がないということ。^^;

3_4

とりあえず、出来たらお願い!と伝えておいて、見つくろいで出されたおでんが、こちらの豆腐・さつま揚げ・大根です。

5_3

私は高砂へは大昔一度行った記憶が無きにしも非ずですが、入って食べてみると関東風のおでんということですが、それほど醤油とかつおだしが強くはなかったです。

追加で頼んだのは、つみれと赤巻です。

6_4

赤巻は「秘密のケンミンSHOW」でも紹介されていましたが、小松ではこのかまぼこを赤巻と呼んでいたのかわかりません。おでん種としても小松ではあまり見かけませんね。

同時に紹介されていた「どて焼き」も多くのお客さんが注文していて、明らかに作るのが追い付かない様子でした。「秘密のケンミンSHOW」恐るべしです。

7_2つみれも人気ですが、こちらも多く出るのか、まだ若干煮込み不足の感もありました。

お酒のほうを焼酎の芋のお湯割りに変更して、車麩と梅貝が出来上がるのを、ちびちび飲みながら待つことにしました。

そうこうしているうちに、車麩がokということで玉子と一緒に出してもらいました。

8_2

車麩!美味しさを全部吸い込んでます。(笑い)

そして、後から来た人が注文した梅貝が先に出されます。間髪入れずに「私が前から頼んであったので梅貝お願い!」と伝えて、やっと出されたのがこちら。

9

本当は貝が付いたまま出してもらったほうがビジュアル的にはいいのですが、なぜかご丁寧に貝から出してから出されます。

とても大きな梅貝ですね。味もシュンでいます。

この日は、めちゃめちゃ混んでいておでんも次から次へとオーダーが入り、作るのが追い付かない様子でした、じっくり飲み食いするのもはばかれる感じでしたので、私はこれで打ち止めにしました。締めて4,300円です。焼酎は2杯頼んでいます。

たぶん梅貝が大きいので値段が高かったのだと思います。

「秘密のケンミンSHOW」で一気に全国区の人気になった金沢おでん。地元の人がゆっくりと食べることが出来るのはいつになるでしょうか?

PS:この原稿を書いた後、地元新聞やTVの報道番組でも、同じような内容が伝えられていました。

おでん 高砂
TEL 076-231-1018
石川県金沢市片町1-3-29
16:00~22:30
日曜

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015/03/07

神保町の超有名店「天丼いもや 二丁目天丼店」は「神田 天丼家」とどう違うのか?

先週紹介したばかりの「神田 天丼家」は旧の店名が「天丼いもや 一丁目天丼店」でした。

3

その一週間後に東京に出張の機会があって、今度はお昼に「天丼いもや 二丁目天丼店」に行くことが出来ましたので書きたいと思います。

実はこの「いもや」さんは、近くで「天ぷら いもや」「とんかつ いもや」というお店もあり、これが同じ経営なのかは私も知りませんが、どれも人気店でいつも大勢のお客さんが訪れています。

次回、機会があれば、私はとんかつはだめなので「天ぷら いもや」には行ってみたいと思います。

さて、「天丼いもや 二丁目天丼店」に話を戻しますが、こちらも「神田 天丼家」と同じく、天丼の専門店でメニュー構成も値段も全く同じになっています。

でも、メニューが2種類しかないというのはいいですね。悩まないですから。前述の天ぷらやとんかつなども一緒にやっていたら悩んでいたかも?そういう意味では専門店化して多店舗にしてしまうというのはいいアイデアかもしれません。

4

白木のカウンター席だけの内部の作りや働いている人の人数、役割などは「神田 天丼家」と同じような感じです。でも、「神田 天丼家」はなぜ「天丼いもや 一丁目天丼店」から店名を変えたのでしょうか?気になります。

さて、私たちは12時少し前にお店に到着しました、運よく2名分空きがあってすぐに座ることが出来ました。

先週お邪魔した「神田 天丼家」ではえび天丼を注文したので、同じえび天丼(850円)に最初しようかと思いましたが、えび天丼はえびの本数が多いけれどもタネの種類が少なかったので、こちらでは天丼(600円)を注文することにしました。

2

タネは海老・キス・イカ・海苔です。ご飯の量が大盛りです。^^; 食べきれずに残してしまいました。

味的には、「神田 天丼家」より揚げ時間が長いからでしょうか?若干、衣が油を吸い過ぎている感じでした。

Photo

味噌汁は赤みそベースで具はしじみでした。この手のお店としてはしじみが味噌汁の具材なのは珍しいですね。

5

「神田 天丼家」では別途料金だったおしんこも、ここでは紅しょうがも含めて無料でカウンターに置かれていました。ご飯の量が多く天ぷらだけではご飯が余ってしまいますが、おしんこと紅しょうがあれば完食することが出来るでしょう。

600円の値段にしては天ぷらで満足感を得られる内容なので、これは人気が出来ると思いました。

「神田 天丼家」との比較では、味的には「神田 天丼家」で、ボリュームとお得感で「天丼いもや 二丁目天丼店」に軍配が上がる感じがします。皆さんはいかがでしょう?

天丼いもや 二丁目天丼店
東京都千代田区神田神保町2-16
TEL 03-3265-0921
11:00~20:00
日祝休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/03/05

ホテル日航金沢「弁慶」の寿司カウンターは太平寿しの寿司が楽しめる

24_2JR金沢駅の目の前にあるホテル日航金沢は金沢では一番背の高いビルです。

その和食のメインダイニングが「弁慶」という和食と寿司のお店で、人気があります。

弁慶とは、勧進帳で有名な安宅関を抱える石川県内の小松市にもゆかりがありますね。

4_2

ホテル日航金沢の6階に位置するお店は、テーブル席、お座敷、寿司カウンター席があって、ご覧のように寿司カウンターからは日本庭園を眺めながら料理を楽しむことが出来ます。

8

一方、テーブル席やお座敷では和食のコース料理が主体。カウンター席は寿司を目の前で握られてからすぐに食べることが出来るので、景色とあいまって、こちらのほうが寿司を楽しみたいのであればおすすめです。

ちなみに私は、寿司はカウンター席で!がモットーなので、予約時には必ずカウンター席をお願いしています。

あと、普段は寿司は専門の寿司屋さんで食べるのですが、こちらの「弁慶」は石川県では有名な寿司店「太平寿し」の寿司職人さんが握っているということで、ほぼ太平寿しの味を楽しむことが出来るのです。

「太平寿し」は言わずと知れた高級店で、行けば必ず一人1万円以上は覚悟しないといけませんが、「弁慶」では「太平寿し」の寿司をリーズナブルに食べることが出来るので、隠れた穴場のお店です。ただし、あの陽気な大将が握ってくれるわけではありませんが……。

この日11:30のお店のオープン時間に予約を入れて行きました。もちろん一番乗りで、カウンター席のほぼセンターという特等席。ネタケースも目の前、庭も全部眺められます。そして寿司を握るのも目の前で眺めることが出来ました。

お相手していただいたは、先ほども書きましたがれっきとした太平寿しの社員の飛地さん(寿司料理長)。太平寿しに入って23年ほど経つベテランの方です。「八や」さんや「あいじ」さんなどとよく麻雀などして色々遊んだそうです。(笑い)

飛地さんと色々話をしながら美味しい寿司を目の前にすると、ついつい写真を撮り忘れること一度ではなく三度も。^^; それも特に本当は紹介したかったネタばかり。

ということで今回は一部歯抜けの紹介になりますことをお許しください。

カウンター席で食べるランチは握り寿司がメインで4種類のメニューがありました。「極旨彩り寿司(3,800円)」「冬の味覚寿司(4,500円)」「楓(5,800円)」「雅(8,500円)」です。

違いは握りの個数です。ただし一番高い「雅」には蒸し寿司がプラスされます。この値段から推測しますと、たぶん、太平寿し名物の「のどぐろの蒸し寿司」が付いてくると思います。

私はその中から「冬の味覚寿司」を頼みました。「冬の味覚寿司」には、突出し、握り8貫、巻き寿司1本、玉子、みそ汁、デザートが付いています。

飛地さんにお聞きすると、仕入れは太平寿しと同じところだそうです。太平寿しの大将と一緒に買付け、マグロやブリは、それを2店で分けるそうです。つまり、「弁慶」はネタ的には、ほぼ太平寿しなお店なのです。

ランチでも太平寿しはおまかせが基本でそれなりの値段がしますが、ここ「弁慶」ではホテルのメインダイニングで数寄屋を配した佇まいの落ち着いて食べられる空間と相まって、ほぼ太平寿し握りを堪能できるとあっておすすめかもしれません。

12

10
突出しは赤いかです。

思わず生ビールを頼んでしまいました。

そして握りが始まります。まず出されたのは「アラ」。クエですね。いまや高級魚です。(あとで考えると2貫目だったようですが)

13

当然太平寿しと同じく、あらかじめ何らかの味付けがされた状態で出されるので、しょう油を付けずに食べる握りです。

14

こちらはヤリイカです。一部のみ網で炙ってあって、塩とレモンをかけて出されます。

この後、11kgの少し小ぶりの寒ブリということでしたが、脂が乗っていて美味しかったですよ。写真は撮り忘れです。^^;

そしてガスエビも写真なし!^^;

15_2

朱塗りの椀に入れられて出されたのは、ズワイガニの蒸し寿司です。上にはミソが乗せられています。シャリの酢の加減が太平寿しの「のどぐろの蒸し寿司」を思い出させてくれました。ズワイガニのもいい塩梅です。ちなみに、太平寿しでは大将が握りのような形で出されました。

18

こちらは、能登沖で獲れた80kgのマグロです。中トロですが大トロみたいな脂の乗りで、かつ上品な脂身でした。

この後には、のどぐろの皮目のところを炙った握りが出されました。これも出されたとたんに食べたさ一心で写真も撮らずに胃の中に消えて行きました。いやはや太平寿しの魅力はブロガー魂をも溶かしてしまいますね!

あと一貫、なにか出されたはずなのですが記憶にありません。後から来た人に出されるのを聞くとどうも「ハタ」らしいのですが…?

19

こちらの玉子は熱々出来立てでした。

21

そして最後に出されたのが巻物で、きゅうりとおしんこを細く切って中には胡麻をふりかけて軽く手巻にしてあります。

22

以上で握りは終わりましたが、デザートが出される前にもう一貫、隣の奥さま方に出されていた鯖の棒寿司が美味しそうだったので、それを追加でお願いしました。

こちらの酢の締め塩梅も最高でした。

20

もちろん、お味噌汁と、

23

デザートも付いてきます。アイスは塩豆が入っていました。

いや~、満足ですね。太平寿しの味をリーズナブルに楽しめるランチ。また再訪したいですね。

弁慶(ほぼ太平寿し)
石川県金沢市本町2-15-11
 ホテル日航金沢6階
TEL 076-234-1111
朝食7:00~10:00(土・日・祝のみ)
ランチ11:30~14:00
ディナー17:30~21:30
無休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/03/04

つけ麺の元祖「お茶の水 大勝軒」初体験。期待以上の美味しさ、中でも麺が秀逸でした

私はつけ麺があまり好きではないことは、ブログでむかし書いたことがあります。

その理由の一つは、食べていくと「つけ汁が冷めてくる」ということでした。しかしながら、今回、つけ麺発祥のお店「大勝軒」に行って元祖の力を見せつけられました。

最近はあまりTVなどでもお姿をお見かけしなくなりましたが、「つけ麺」の考案者の山岸一雄氏。いまではお歳も相当いっているでしょう?

店に置いてあったチラシに書かれていた彼の言葉に深く感銘を覚えました。

(引用)「二~三回、漬け汁に浸して食べたらスープが冷めるから嫌い、という意見があるけど、これは全然わかってないね。私に言わせれば、冷めていく過程でさらに味が変わっていく。これを自分の舌で確かめるのが上手な食べ方なんだね。そういう味の変化を出すために工夫したのが、大勝軒の「もりそば」なんだよ。

漬け汁が冷めるほどに旨さが出て来る、薄くなったなって感じた時に、さらに真の味が出てくるんだよ。スープ割りというのもあるけど、うちではやらない。スープを新しく入れると、また味がたっちゃう。最後、そば丼に残った水を入れて薄めて飲む。栄養があるしうまい。麺の湯切りもギューと絞って一滴も残さないというのもあるけれど、丼の下に少し水があった方が麺もくっつかないし、最後に余った水をつけ汁に入れて飲める。これが理想の食べ方なんだ。(以下略)」

一言!凄いと思いました。極めるということは。

冒頭書きました理由により、私はそれほどつけ麺専門店には行きません。そのため、「大勝軒」に行くのも今回が初めてでした。

この「大勝軒」にもっと早く行っていれば、つけ麺のお店のイメージが変わっていたかもしれません。

8_2

この日、一軒目で居酒屋に行って飲み食いしてきてからホテルに帰ってきたら、ホテルの隣に「大勝軒」を見つけました。

お腹もそこそこ膨れていましたが、何となく行ってみたい気になり入ることにしました。これが正解でした。ホテルに帰ってHPなどを見ますと、このお茶の水店が「旧東池袋の味」を忠実に再現している、旧来の常連が通う真の後継店!なのだそうです。

6_2

お品書きには意外と多くのメニューが並んでいました。その中から私は「あつもり(750円)」を頼みました。先ほど紹介した文章を読む前に。(笑い)

5

この夜は東京にしては、体の芯から冷え込むほどの寒い夜だったので、さすがに「あつもり」が恋しかったのです。

麺は、少し黄みがかったたまご麺。冷水でしめた麺を再び湯にくぐらせてあります。しかし、量が多いですね。^^;

7_2

コシのある麺でモチモチ感とつるっとした食感が合わさった不思議な食感の麺でした。そのまま食べても小麦の香りがほのかに感じる美味しい麺で、甘酢の効いたほどよい酸味とコクのあるスープと絡まって、2軒目でほぼ満杯の胃袋にはちと多かった量の「あつもり」でしたが完食することが出来ました。

食べ終えて外に出て寒さを感じると、この日は「あつもり」で正解だと思いました。(笑い)

暖かくなったら再度、普通の「つけ麺」を食べに訪れたいですね。ごちそうさまでした。

お茶の水 大勝軒
東京都千代田区神田小川町3-1-5
須田ビル2F
TEL 050-5872-2869(予約専用)
03-3233-9911(問合わ専用)
11:00~22:00
月曜休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/03/03

小松幸町の正統派フレンチ「PLAT de CHER(プラ・ド・シェール)」で久しぶりのランチ

「プラ・ド・シェール」については大昔に紹介したことがありますが、小松でフレンチのお店を紹介するのも久しぶりです。

Photo

旧東京ストア(現アルビス幸町店)の裏手にひっそり佇むお店で、派手さはないが堅実な路線で勝負しているフレンチのお店です。

私も、8年ほど前に行ってからすっかりご無沙汰ですが、これまでに3度ほどお邪魔したことがあります。

今回久しぶりにお邪魔してランチを楽しみましたが、基本的には昔のメニュー通りで、味も変わらずにリーズナブルかつスピーディな仕事ぶりに、何と言いますか懐かしさがこみ上げてきました。

ランチはA(1,500円)~C(2,900円)の3種類とコース(3,900円)の設定があります。

この日のAランチはメインが肉料理だったので、こちらは妻が頼みました。

私は魚料理がチョイスできるBランチ(2,300円)を頼むことにしました。

AランチとBランチの違いはデザートが付いていないかいるかだけです。もちろんメイン料理の内容が違うことは言うまでもありませんが、設定としてはAランチのほうがお得になっています。

ちなみにCランチにはメインが魚と肉の両方が付きます。

また、ランチにはスープとサラダ、コーヒーが付いてきますが、これはA~Cとも同じです。この構成は昔から変わらずですね。

スープも前と同じように2種類から選ぶことが可能で、この日はカボチャと紫いもでした。

4

私はカボチャ。

3

妻は紫いもを選びました。

6

そしてミニサラダと

5

パンが運ばれてきます。

この日のメインの魚は車鯛でした。家に帰って過去の内容をみたら、むかし食べた時も車鯛でした。^^;

8

ソースはバター系でした。香ばしい皮目と大きめの鯛の味と合っていて美味しかったですよ。

9

妻のほうは「ポークヒレ肉パン粉焼き」で、こちらは和風のソースで美味しかったようです。

10

11そしてBランチのデザートは、この日は「ホワイトチョコレートと紅茶のムース」。ホワイトチョコレートが使われていましたが、それほど甘くなく口の中で溶けるムースで、私にも大丈夫な甘さでした。

コーヒーはデミカップです。

いつもこちらのお店で感心するのは、それなりにお客様が入っていても料理が出てくるタイミングがいいのです。フレンチのお店では混んでいたりすると、ランチでも料理など出される時間が空いたりするのですが、プラ・ド・シェールで私はそのような経験をすることがありません。

意外と、男ってスピーディじゃないとイライラすることがありますが、ここではそんな心配はなさそうです。

意外性はありませんが安心してフレンチ本来の味を楽しめるお店として重宝します。

プラ・ド・シェール
石川県小松市幸町3-117
TEL 0761-23-3924
11:30~14:00(L.O.)
17:30~21:00(L.O.)
月曜休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/03/02

キャンドルの灯りと音楽で被災地を想う夜「キャンドルナイト&Music 2015」in小松市三日市商店街アーケード

東日本大震災から4年。今年も小松市三日市商店街アーケードで開かれます「キャンドルナイト&Music 2015」。

13154_805893886160019_4486670260833

キャンドルの灯りと音楽で被災地を想う夜ということで、日時は3月8日(日)16:00~20:00です。

_0321

11045294_805893989493342_5165900237アーケード内での開催なので、雨や雪の心配もありません。無料駐車場も3か所ありますよ。

キャンドルアート、ワークショップ、様々な音楽や東北の事を想って作られたダンス、飲食ブースや物販ブースなど盛り沢山です。被災地での活動記録や写真、現地の広報誌も展示されていて、あの日を風化させない催し物です。

今回で4回目ですが、私は昨年は所用があって行けませんでした。一昨年の模様はこちらに書いています

なお、ワークショップやブースの収益、義援金は東北での復興支援活動(初夏に被災地で開催する夏祭り)に使われます。

是非、皆さんもご家族全員で来てください。詳しくはHPをご覧ください

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/03/01

「ボンディ 神保町本店(Bondy)」は1973年創業の欧風カレーの老舗で人気のお店

一口に「カレー」と言っても色々な味のカレーがあります。

近年はご当地カレーと銘打って、特徴ある味のカレーも多く見受けられるようになってきました。

石川県でも近年「金沢カレー」というネーミングで全国的にも知られるようになってきましたし、私が住んだことがある大阪や福岡などについても、いわゆるご当地カレーとして各々のカレーに特徴がありました。このことは前にブログでも書いたことがあります

Photo_3今日紹介します「ボンディ」は、欧風カレーとしては日本で元祖と言われているところです。1973年の創業以来、欧風カレーをウリにしているお店なのです。

私も前々からお店の存在は知っていたのですが、今回初めて行くことが出来ました。

お店自体は神田古書センターの2階にあるのですが、最初正面の階段から入ろうとしたら「南口」から行ってくださいと注意書きが貼られていました。

さて、先ほど「欧風カレー」と書きましたが、フォン・ド・ヴォーやグレイビーソースを使うカレーのことのように思ったりしますが、欧風カレーの定義というものはあまりないようです。ようは今日紹介します「ボンディ」が作った言葉のようです。だから「ボンディ」元祖なのです。(笑い)

「ボンディ 神保町本店」はお店の名前に本店という文字が付いています。そしてここ本店以外には主に東京都内や関東に9店舗展開しています。

5_2ボンディの欧風カレーの特徴は、お店のHPによりますと「秘蔵のスパイスブレンドがかもし出す絶妙な風味。 豊富な乳製品と何種類もの野菜・フルーツをたくみにすり合わせひき出した、とろけるような旨味。」ということらしいです。

人気店なので、ランチタイム前の少し早目の時間に伺いましたが、そこそこ広い店内は8割ぐらいの席がすでに埋まっていました。私は一番奥のほうの6人掛けのテーブル席に相席で座りました。

メニューを見渡します。ビーフ、ポーク、チキンの肉系からエビ、アサリなどの魚介系まで10数種類のカレーメニューが並んでいます。ルゥのほうは辛口・中辛・甘口は選べますが基本は一種類のようです。

私はその中からエビの辛口(1,480円)をお願いしました。

4

まず出されるのは、「皮付きジャガイモのふかしいも」です。バターが添えれれています。熱々でガブリとやると火傷しそうです。

皮をむくか悩みましたが、めんどくさそうだったのでそのまま食べました。^^;

7_3

そしておもむろにご飯とカレールゥが別々に盛られたカレーが運ばれてきました。ご飯の上にはチーズがあらかじめかけられています。

ルゥのほうはそれほど熱々ではありません。具はエビ以外にはマッシュルームが入っていました。

8_3

味のほうは辛口ですが、それほど辛いとは思いません。たぶん、辛口以外ではスパイシーというほどではなく、むしろマイルドさを感じるのではないでしょうか?

このあたりは個人個人の好みの問題なので私がとやかく言うことはありません。いずれにせよ人気店なので東京の人にとってはお口に合うカレーなのでしょう?

1,480円という値段を考えると、個人的にはそう何度も行くことはないなぁ?と思いましたが、カレーの歴史を知る上では貴重な体験だったと思います。

ボンディ 神保町本店(Bondy)
東京都千代田区神田神保町2-3
神田古書センター2F
TEL 03-3234-2080
11:00~22:30(LO.22:00)
年末年始・夏期休業有

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »