« 山代温泉はづちを楽堂内「はづちを茶店」でヘルシー野菜カレーをランチで食す | トップページ | 神保町の有名店!半ちゃんらーめん発祥の店「さぶちゃん」ご主人は超レジェンド! »

2015/02/09

冬の金沢散策「金沢城・兼六園ライトアップ冬の段」と安江金箔工芸館,文芸館,蓄音器館,中村記念美術館,ふるさと偉人館,室生犀星記念館

いい天気に恵まれましたね!一昨日は。そんな中、冬の金沢をぶらりと一人でまわってみました。

2

一応、一番の目的としては「金沢城・兼六園ライトアップ冬の段」を見ることでしたが、今回、これまでに紹介してこなかった金沢の観光施設についてもまわってきましたので書きたいと思います。

Photo

ちょうどこの日は、3月14日の北陸新幹線の金沢延伸まで35日となっていて一般の試乗会が行われていました。2800人の定員のところ、応募者は21万人超え!^^; 77倍の倍率でした。私もJR西日本のカード会員と県民枠で3口の権利を持っていたので応募しましたが残念ながら外れてしまいました。

まずはバスでひがし茶屋街へ。

金沢市内には非常にコンパクトに観光の見どころが点在しています。それらを効率よく巡るにはバスの利用が一番でしょう?

Photo_2

ちなみに、市内を周遊するするバスはいくつかの種類があって、私は利用する場合は北陸鉄道の一日乗車をいつも買い求めます。

一日500円で、循環するバスや北陸鉄道のバス路線も市内中心部は乗り放題なので、非常に便利です。

4

向かったのは、私も初めて行く「金沢市立安江金箔工芸館」。ここはその名の通り、石川県が全国シェア99%を誇る金箔工芸に焦点を絞った展示館で、金箔を使った輪島塗や九谷焼、屏風、掛軸などの工芸品美術品が数多く展示されています。

先ほど、バスの一日乗車券を紹介しましたが、金沢市が運営している市内の美術館などが多数、これまた点在しています。それらをフリーで巡ることが出来るチケットもありますから利用するのが賢いでしょう。

2_2

先ほどのバスの一日券でも一か所50円引きになったりするのですが、3か所以上見てまわるならば、こちらの一日券がお得です。私もこの日6か所ほどまわって、本来ならば1,600円ほどかかるのですが、何と!510円で済んでしまいます。そして5か所以上入ると記念品などもらえますのでおすすめですよ!

3

「金沢市立安江金箔工芸館」で、写真okの場所が、ここしかありませんでした。天井には一面金箔が貼られています。

金沢市立安江金箔工芸館
石川県金沢市東山1-3-10
TEL 076-251-8950
9:30~17:00
(入館は16:30まで)
年末年始休(12月29日~1月3日)
展示替え期間

この日は天気も良く、ひがし茶屋街も多くの人で賑わっていました。

Photo_3

6そして、ひがし茶屋街から浅野川を渡り橋場町へ。このあたりには「金沢文芸館」と「金沢蓄音器館」があります。

「金沢文芸館」は、数多くの文学者を輩出している金沢の文学作品に関する情報や、「泉鏡花文学賞」「市民文学賞」の全受賞作品が閲覧できます。

また、2階には五木寛之氏の「金沢五木寛之文庫」が常設されています。

5

この日行ったときは私ひとりだけだったので、ボランティアの方が丁寧に説明をしてくださいました。この方は小松製作所にお勤めされていて、小松市に勤務されていたときの話も聞くことが出来ました。

金沢文芸館
石川県金沢市尾張町1-7-10
TEL:076:263-2444
10:00~18:00
(入館は17:30まで)
火曜日、年末年始休(12月29日~1月3日)
※火曜日が祝日の場合はその翌日が休館

「金沢蓄音器館」は、これまで金沢でなんで蓄音器?ということで、行ったことがなかったのですが、時間帯によっては蓄音機の聞き比べが出来たりして意外に面白かったです。

Photo_4

もちろん、これまで私は蓄音機の音を聞いたことがあまりなかったのですが、100年ほど前に製作された蓄音機がいい音出していたのでびっくり。

3_2

当時では、今の時代のマンションが買えるほどの値段がしたものもあってさらにびっくり!勉強になりました。

金沢蓄音器館
石川県金沢市尾張町2-11-21
TEL:076-232-3066
10:00~17:00(入館17時まで)
年末年始休(12月29日~翌年1月3日)

橋場町からバスで兼六園下へ移動。兼六園は土日祝日の開演時間中は石川県民は無料なのです。

この日は夜にライトアップが行われて、こちらも無料公開だったので、私が行った日中の時間帯は思ったより空いていました。

6_2

いいお天気で雪吊りが青空に映えます。

15

ちなみに、「金沢城・兼六園ライトアップ冬の段」の夜のライトアップでは、こんな感じになります。幻想的ですね。

7

この日は、真冬の北陸にしては珍しく風もほとんどなく、 霞ヶ池の水面も鏡のようでした。

24

夜のライトアップでは、ライトアップされた雪吊りが、ご覧のように水面に鏡のように写しだされていました。幻想的ですね。

「金沢城・兼六園ライトアップ冬の段」は、後半は2月14日(土)~22日(日)17:30~21:00に行われます。

このあと兼六園を少しまわってから、その足で金沢21世紀美術館の前を通って向かったのは、「金沢市立中村記念美術館」です。

2_3

旧家中村家収集の茶道具を主に金沢の伝統工芸などが展示されています。

今の期間は「企画展 吉祥の文様」というのをやっています。3月1日までです。

金沢市立中村記念美術館
石川県金沢市本多町3-2-29
TEL 076-221-0751
9:30~17:00
(受付は16:30分まで)
年末年始休(12月29日~1月3日)
展示替え期間

そして、「金沢市立中村記念美術館」の近くにあります「金沢ふるさと偉人館」へに徒歩で移動しました。

Photo_5

「金沢ふるさと偉人館」は金沢にゆかりのある20名の方々の業績を紹介しているところで、「近代日本を支えた偉人たち」として展示がされています。意外に見ごたえがあります。

2_4

屋外には偉人たちの胸像もあります。

金沢ふるさと偉人館
石川県金沢市下本多町6-18-4
TEL:076-220-2474
9:30~17:00
(入館は午後4時30分まで)
年末年始休(12月29日~1月3日)

この後バスで、にし茶屋街に移動してぶらり。ひがし茶屋街に比べると人出が少なく寂しい感じでした、一か所だけ行列が出来ていました。

Photo_6

昨年11月末にオープンしたスペイン王室御用達の「カカオ サンパカ 金沢店(CACAO SAMPAKA)」です。東京では丸の内と南青山、そして大阪に次いで国内4店目で地方出店が金沢が最初ということです。これも新幹線効果?

2_5

私も家へのお土産で買おうかな?と思ったいたのですが、順番ついてまで入る気がしなかったのでパスして向かったのは、ここから歩いて近い「室生犀星記念館」です。

2_6

金沢三文豪のひとり、室生犀星の生家跡に建つ記念館です。

6_3

これは、犀星の全著書の表紙パネルが年代順に並んで紹介されているコーナーです。ここだけ写真撮影がokでした。

室生犀星記念館
石川県金沢市千日町3番22号
TEL 076)245-1108
9:30~17:00
(入館は午後4時30分まで)
年末年始休(12月29日~1月3日)

このあとに夕食を食べ、再度兼六園に戻り「金沢城・兼六園ライトアップ冬の段」を見学、金沢城を通り金沢駅に戻りました。

5_2

なかなか充実した金沢周遊。でも、家に帰ったらさすがにぐったりでした。^^;

グルメ編は後日紹介します。

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 山代温泉はづちを楽堂内「はづちを茶店」でヘルシー野菜カレーをランチで食す | トップページ | 神保町の有名店!半ちゃんらーめん発祥の店「さぶちゃん」ご主人は超レジェンド! »

石川の美術館」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/61102954

この記事へのトラックバック一覧です: 冬の金沢散策「金沢城・兼六園ライトアップ冬の段」と安江金箔工芸館,文芸館,蓄音器館,中村記念美術館,ふるさと偉人館,室生犀星記念館:

« 山代温泉はづちを楽堂内「はづちを茶店」でヘルシー野菜カレーをランチで食す | トップページ | 神保町の有名店!半ちゃんらーめん発祥の店「さぶちゃん」ご主人は超レジェンド! »