« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015/02/27

1月未公開編8番らーめん「野菜五目らーめん」ヤマト醤油味噌,手取川古古酒大吟醸,潮屋

恒例の1月に行ったところ、食べたり飲んだりしたものの未公開編です。

8

まずは、久しぶりに8番らーめんに行きました。

むかしは、月に一度ぐらい入っていた記憶がありますが、いまは1年に一回行くか行かないかぐらいに回数が減りました。^^;

石川県の人にとっては、ある意味ソウルフードの一つかもしれませんね!?8番らーめん。

今回はこれまでに食べたことがないメニューを食べてみたいと思い行くことにしました。

8_3

季節限定メニューの中から私が食べたことがないラーメンとして選んだのは、「野菜五目らーめん(820円税込)」です。味は醤油の一種類のみです。一般的な野菜らーめんが一杯540円で食べられることから考えますと、少し値段的にはお高いですね。

「10種の具材に特製あんがかかった具だくさん」でしたが、キャベツやモヤシは野菜らーめんのものと同じで、鍋で野菜らーめんのオーダーと一緒に炒められていました。他の高級食材は、あらかじめセントラルキッチンで作られ運ばれてきたレトルトパックのものを餡ごと乗せていると思われます。この味が醤油1種類しかないため、味も醤油しか設定がないのです。

キャベツとモヤシはシャキシャキ感が大事なのでお店で調理しているのでしょう?まぁ、これはこれで理にかなった方法だと思います。

8_2

麺は中太の縮れ麺で餡とよく絡んでよかったです。

4

お次は金沢市大野の「ヤマト醤油味噌」です。時々、同じ醤油の蔵元の「直源醤油」ともども時々醤油を買いに出かけます。

2

1今回は丸大豆生醤油の「ひしほ」などを買い求めました。

あと、おなじみの醤油のソフトクリームと玄米アイスクリームです。醤油ソフトはいまではおなじみとなりましたが、むかし最初食べた時はキャラメル味がして「えっ!?}と思ったことを覚えています。玄米ソフトはやさしい味です。

写真のは私が食べたものではありません。

2_2こちらは頂き物の「手取川古古酒大吟醸」です。

ご覧のように立派な木箱に入れられています。贈答向けの品ですね。

大吟醸を低温で3年熟成した酒で、一升で1万円でした。^^;

Photo手作りの手取川正宗の酒で、小仕込みで造られているのです。

古古酒ということで、飲む前はもう少し琥珀色したとろみのある日本酒かと想像していましたが、意外にさらっとしたまろやかな喉越しで、フルーティな味わいでした。これだと料理の素材の味を引き立ててくれそうな感じでした。

3

最後は、鰤のたたきで有名な「潮屋」です。

2_3

金沢に行った折に夕食のおかずを探しに「はくさん街道市場」に立ち寄り買い求めました。「鰤のたたき」のほうは値段はグラム単位で確か1700円ほどしたと思います。高いですね。

3_2

私も初めて買いましたが、いい値段します。一緒に「手造り昆布〆甘えび(1,080円)」も買い求めました。

感じの味のほうですが、鰤のたたきは脂はそこそこのって香ばしい味でしたが、値段と比較したらどうでしょうか?甘えびは上品な味でした。

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/02/26

明後日公開の映画「さいはてにて~やさしい香りと待ちながら~」の二三味珈琲を楽しめる小松「猫の芽工房」

Photo 2月28日公開の映画「さいはてにて~やさしい香りと待ちながら~」は珠洲の二三味珈琲がモデルです。

石川県珠洲ではすでに先行上映されましたが、私はまだ観に行っていません。

ロケは石川県の珠洲の海岸で行われました。一昨年に私もそのロケ地を、撮影終了後すぐに行ってきましたので、必ず映画は観に行きたいと思っています。

その時書いた記事は、いま検索サイトでも上位にランクされているので、アクセス数がめちゃ多くなっています。

さて今日は、そんな二三味珈琲を飲めるお店が小松市内にもありますので紹介したいと思います。

Photo_2

そこは、一昨年に私のブログでもロールケーキについて紹介したことがある小松吉竹町の洋菓子店「猫の芽工房」です。

5_2

こちらのお店は、国産や地元の材料をできるだけ使い心と体にやさしいお菓子づくりに努めているお店なのです。

2

二三味珈琲は我が家でもいつもコーヒー豆を取り寄せている定番コーヒーで、ちょうどお店に行った日も妻が注文した豆、二三味ブレンドが我が家に届いていました。

ランチを済ませてからお店に向かいました。前に行った記憶では、そんなに広くないスペースだったので、カフェスペースなどあったかな?と思いながら行ったのですが、お店の一角の狭いスペースにテーブルと椅子が置かれていました。

今回行ったきっかけは、金沢の情報誌「Clubism」の2月号に映画の公開記念のコラボ企画が掲載されていたから。

14

二三味珈琲とケーキのセットをオーダーすると、この小さな焼き菓子がサービスで付いてくるのです。チョコチップクッキーと、かりんとうのようなクッキーが入っていました。コーヒーのお供にはいいクッキーでした。この企画は3月14日までですよ。

13

コーヒーは二三味ブレンドです。

11_2

私はこの企画のセット(850円)をオーダーし、ケーキはフルーツのショートケーキをお願いしました。このショートケーキには能登の健康タマゴや、牛乳には小松の丸七牛乳を使われています。

8

妻は、朝、家で二三味珈琲を飲み、ランチでも珈琲を飲んだため、ここでは紅茶を!ということで、ダージリンティー(540円)と「芽ぐみミニチーズ(178円)」を一緒に頼んでいました。

9

芽ぐみミニチーズはレモングラスなどのハーブの味がほんのりとするミニケーキです。

ダージリンティーはインドのマカイバリ茶園のものだそうです。量もたっぷりです。

映画「さいはてにて~やさしい香りと待ちながら~」を観て、その後に二三味珈琲を楽しみに「猫の芽工房」に行ってみてはいかがでしょう!?

猫の芽工房
石川県小松市吉竹町レ172番地
TEL 0761-21-6215
10:00~19:00
火曜休(その他不定休…月曜休が多いです)

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/02/24

建屋も空間もメニューもユニーク?白山市の讃岐うどんのお店「タマリバ かんすけ」で湯掻きたてうどん

私も5年以上、四国を含む西日本を担当していたこともあるので、讃岐うどんの本場、香川県にも何度も行ったことがあります。
Photoただ、うどんについては、基本的に、私の故郷である小松の小松うどんや、私の住んでいた福岡や大阪のうどんのような柔らかなうどんが好きなのです。
柔らかなうどんが名物のところはどこもダシが命のところです。もちろん、讃岐うどんのイリコダシも美味しいのですが、やはり小さいころから慣れ親しんでいる昆布とかつおの味が恋しいのかもしれません。
さて、妻が出張で不在のとある日曜日のランチに行ってきました。
2
場所はJR松任駅の裏手で、もとは繊維関係かな?の工場跡だったところを、そのまま箱として使っています。
店中はシックな色調で、工場跡だったこともあり天井が高く大きな空間です。むかし一時流行った倉庫を改装したクラブやディスコなどの空間を思い出します。
5
オープン時間を少し過ぎたくらいの時間だったので先客は居ませんでした。
4
夜はやはりうどんだけでは厳しいのかもしれません。バーカウンターのようなコーナーもあります。
いずれにせよ、うどん屋の空気感ではないですね。(笑い)
さて、お店のメニューには創作系のうどんメニューもいろいろあり、何を食べようか少し時間がかかりました。幸い、最初の客だったので詳しい説明を聞きながら私が選んだのは、ランチセット(900円)です。
基本のうどん(5種類からチョイス)に、堅豆腐サラダ、おから、香の物、ご飯が付いてきます。ご飯は+50円で玄米に変更することが出来ます。私はそうしました。
15
地産地消にこだわっているようで、サラダにも白峰の堅豆腐を使っていたり、白山市の食材を使っていますね。
出されたセットがこちら。うどんは一杯でも注文を受けてから湯掻き始めるので、出されるまで若干時間がかかります。そのあと冷水で締めて再度お湯にくぐらせます。
9
待つ時間が長いからでしょうか?こちらのうどんを素揚げして塩を振り掛けた、ちょうどかっぱえびせんのようなお菓子を食べながら待ちます。
13
カレーうどんは、豆乳を使ってるそうで口当たりもよく非常にマイルドです。そんなに辛くありません。タイカレーのココナッツカレーの辛さを抜いたような味です。女性受けすると話していましたが、今の時代、女性のほうが辛味好きの人が多い気もします……。
16
しかし、逆にうどんの小麦の味を感じるくらいなので、まぁ、これもいいのかも?私も珍しく汁まで完食しましたから。最近は年を取ったせいか麺類などの汁を全部飲むことは珍しいんですよ。^^;
17
辛さは足りないと感じる方はカウンターに白山市のいま売出し中「剣崎なんば」が置かれていましたので、それをかけて食べるといいと思います。
14
玄米ご飯もいい感じで炊けていました。よく噛んで食べましょう!(笑い)
普段は小松うどんをお勧めしますが、たまには美味しい讃岐うどんもいいかもね!?
お勧めのお店ですよ。
石川県白山市相木町238
TEL 050-5890-3351(予約専用)
076-227-8931(問合せ専用)
11:30~14:00
17:00~22:00(フードラストオーダー)
※うどんなくなり次第終了 
月曜、第1・3火曜日休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/02/23

天ぷらの人気店「いもや」のライバル?神田神保町3丁目の「神田 天丼家」はランチのみ営業

石川では天ぷらの専門店はありますが、手ごろな値段で天丼を食べさせてくれるお店があまりありません。

むかしブログでも書きましたが、関西の文化の色を残す金沢でも天ぷらは和食のコースの一品というとらえ方がされているので、専門店自体の存在が少なかったようです。

さて本題です。神田神保町の人気店の代名詞ともなっています天ぷらのお店「いもや」。

私は前に一度行こうかと思って出かけたことがありますが、行列がひどかったのであきらめたことがあります。

「天丼てんや」の並盛天丼500円にはかなわないですが、ここは天丼1杯が600円という安さで、近くの明治大学の学生やサラリーマン諸氏に絶大な人気を誇っています。

Photo_2

いつかは食べに行こうと思っていましたが、「天丼いもや 一丁目天丼店」という店名で天丼をやっていたところが、たまたま近くに「神田 天丼家」と店名を変更して移転オープンしているということを聞き、先にこちらにお邪魔してみることにしました。

ちょうど正午にお店に到着。中に3名待っているお客がいましたが数分ほどで席が空きました。お店は新しくシンプル。カウンター席だけで10名ほどの小さなお店です。

男性が天ぷらを揚げたり丼にご飯を入れ盛り付け、女性二人がお茶と味噌汁を配ったりご飯を炊いたり、代金の受領などしていました。

品書きは「いもや」と同じ天丼とえび天丼の2種類のみで、値段も同じ600円と850円です。私はえび天丼を頼みました。

3

あとで調べて分かったのですが、天丼のほうが値段が安く種の種類が多くよかったみたいです。失敗しました。^^;

でも、エビが細めでしたが3本盛られていて、衣が揚げ立てサクサクで、少し濃いめのツユとの相性も抜群でした。私は東京のごま油で揚げる天ぷらのほうが好きです。ごま油の香ばしい香りがいいですね。ただ、もう少しツユがあったらご飯も食べ切れたのですが、エビ3本、小さな海苔、カボチャではご飯を食べきることが出来ませんでした。漬物も付いていませんでしたので。(漬物は別料金で100円!)

2_2

味噌汁は付いています。

営業が11時から16時までで、お昼の時間帯は次から次にお客さんが入ってきます。やはり人気のお店なのですね。

まぁ、行列があっても品数が2種類で、流れ作業のように手際よく調理されるので、待ち時間はそんなに長くはないのがうれしいです。

さて、次回は「いもや」に行って食べ比べと行きますか!?

神田 天丼家
東京都千代田区神田神保町3-1-14
TEL 03-6272-3306
11:00~16:00
日祝休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/02/21

金沢専光寺のコーヒー専門店「ニコ(nico25)」煎りたて挽きたての自家焙煎コーヒーと自家製ケーキ

週末に妻が仕事で県外に出張する機会が何度かあり、そんなときにはひとりでぶらりと車でランチを食べに出かけます。

普段は専光寺あたりを通ることがないのですが、最近、金沢の大野金石地区のお店に行くことが何度かあったので、帰りにいっぷくしに入りました。

Photo_3

ちょうど天気が回復している時間帯で、近くの海浜公園の日本海もこんな感じできれいでした。

Photo_2

そのお店の名前は「ニコ(nico25)」といいます。

2

一度目にお店の前を通ったときに気になっていたのですが、帰って調べたら煎りたて挽きたての自家焙煎コーヒーを飲ませてくれるお店だと知り、その次に通った時に行こうと思っていたお店です。

その機会はすぐにきました。先日紹介した金石の「福寿し」に行った後、小松に戻る途中に行くことができました。

12時半ごろお店に到着。私が行ったときはお客様は誰もいません。

6

店内はこんな感じです。普通に喫茶店って感じですね!?そして一番窓際の席に座り、メニューを見渡します。

コーヒー専門店なので、コーヒー以外のメニューはそれほど多くはないです。ブレンドが3種類。ストレートが5種類ほどでしたか?

ブレンドは浅煎りの「あっさりブレンド」。中煎り?の「25(ニコ)レンド」。深煎り?の「コク深ブレンド」。

私は、お店の名前が付けられているということで、たぶん一番自信があるのだなぁ?と勝手に思い込んで、「25(ニコ)レンド」を頼むことにしました。

5

一杯でもオーダーを受けてから豆を挽いてドリップしてくれます。

「25(ニコ)レンド」はコクもあって、ほど良い苦みと酸味のバランスがいいコーヒーでした。さすが専門店だけのことはありますね。

3_2

あと、自家製ケーキも頼みました。ケーキはこちらの5種類で、コーヒーとセットで700円とお得な設定です。

私はこの中から、ランチ後でお腹も膨れていたので、バナナシフォンをお願いしました。

4

当然ふわっとしたシフォンケーキで、すぐに胃袋に消えます。ほんのりとバナナの味がして、フェアトレードチョコレートが、これまたふわっとした生クリームとともにかけられています。

たぶん、市内にあれば正直そんなに気にならないお店かもしれませんが、それほど場所的にもよくないと思われる場所で営まれているコーヒー専門店。妙に興味が湧いた次第でした。

コーヒー豆はテイクアウトも可能です。皆さんもぜひどうぞ!

ニコ(nico25)
石川県金沢市専光寺町タ8-1
TEL 076-225-3725
7:00~17:00
月曜休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/02/20

石川県出身オーナーが経営。神保町「北陸 集らく」は輪島漁港直送の海鮮料理を楽しめる

東京でも石川県関係のお店が色々あることは過去にも書きました。

一応、私のブログを読んでいただいている人の三分の二は石川県以外に住んでいる方なので、個人的には、県外のお店についても、できるならばそのような石川県に関係のあるお店を紹介したいと思っています。

Photo

今日は神保町の駅から徒歩2~3分のところにある東京パークタワー1階の「北陸 集らく」という居酒屋さんを紹介したいと思います。しかし立派なビルにテナントとして入っていますね。賃料高そうです。^^;

オーナーは加賀市出身の方で、加賀市内で長い間飲食店を営んでいたとのことです。

行った日はめちゃ寒い日の夜。この日は珍しく一人で東京での宿泊となって、近くのホテルから歩いて移動しました。

念のために電話で空いているか確認の上、19:30ごろお店に到着。先客は一組だけ。

2この日はオーナーの方は不在でしたが、そのせいか「私も石川県から来ました」という一言でその話題は終わり…。^^;

メニューを見渡します。石川県の産地が色々書かれていました。もちろん、お店の名前の通り石川県以外の富山・福井の名物料理なども並んでいます。

まずは、生ビールとお通しです。お通しはカボチャの煮物。

で、まず頼んだのは、輪島漁港直送というフレーズにひかれて「本日のお刺身」です。1人前で980円です。

6

この日は、ホウボウ、カサゴ、ブリ、甘えびでした。

ただ残念ながら、やはり地元で食べるものに比べると鮮度は格段に落ちます。特にブリは……。なかなかこの値段では難しいのかもしれません。東京の人はこれで満足なのでしょうか?

8

そして頼んだのは「加賀 百万石 肉厚椎茸焼き」です。椎茸では能登115や能登てまりが有名ですが、これも単価が高いのと希少な品なのでメニューに常時書くのは難しいでしょうね?

9

こちらは「本日のぬた味噌和え(580円)」です。刺身で食べたホウボウ、カサゴが使われていました。

7

10「鯖のいしる干し(680円)」は、これはいしるの旨味が鯖に乗っていて美味しかったです。ただ添えられていたのはレモンでしたが、酢橘のほうがうれしかったかな?

これらを肴に飲んだ酒は、生ビールの後、手取川の純米吟醸と菊姫の米焼酎のお湯割りです。以上、締めて5,200円ほど。値段的にはまずまずだと思います。

居酒屋で、北陸から食材を、それも新鮮な魚介を取り寄せてウリにするのは、コストとのバランスを考えるとなかなか難しいものがあるのかもしれません。本当ならば加賀野菜や加工品ももう少し揃っているとうれしかったと思うのですが、贅沢は言えませんね。

お店がますます繁盛され、少しでも東京の方に北陸の良さを知っていただくためにも頑張ってほしいお店でした。

北陸 集らく
東京都千代田区神田神保町1-103
東京パークタワー
TEL 050-5890-6001(予約専用)
03-6273-7057(問合せ専用)
平日ランチ11:00~14:00
平日・土ディナー17:00~23:30(L.O.23:00)
土日曜休
※土曜日は要予約のみ

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/02/18

金沢市金石「福寿し」ランチのおまかせにぎりはネタもよくお得でした

この前、大野町の宝生寿司を紹介しました。

Photo

今日は、そこから車ですぐのところにあります金石町の「福寿し」を紹介したいと思います。

私は、鮨・寿司としては醤油を付けないで食べる、もしくは何らかの仕事がされている、いわゆる細工・創作系(江戸前)の握りが好きです。そのため、私のブログで紹介しているところは、ほとんどがそのようなお店ばかりです。

そして、このことも書いているのですが、石川県は新鮮な魚介の宝庫なので、お鮨屋さんは十分ネタだけで勝負ができるので、自ずとネタそのものをウリにするところが多くなります。

もちろん、それはそれで当然いいことなので何も文句のつけることではありません。でも一方ではネタの良し悪しが高級店と大衆店?を分けてしまいます。それに他店との差別化も難しくなります。

いま、石川県で他県からわざわざ食べに出かけてくるお店もありますが、そのお店の多くが先ほど書きました、何らかの仕事がされている握りをウリにしているところです。

まぁ、これは個人の好みの問題だということもありますし、新鮮なネタが手に入ることは大変すばらしいことなので一概にいい悪いということではありません。

また、最近では、ただ単に刺身のように切ったものを乗せただけのところは、少なくなってきたかもしれません。

だいぶ前置きが長くなりましたが、本題の「福寿し」について紹介していきます。

今回私は1月のとある土曜日に訪れました。お店は11時からということで11:30頃にお店に到着しましたが、暖簾はかかっているものの自動ドアが開かずに少し待ちましたが、なかなか開かなかったので、手で開けて中に入りました。

3

たぶん、普段はこんな早くお客さんが来ないのでしょう?板前さんもなかなか板場に出てこなかったので。(笑い)

最初から皮肉っぽく書いて申し訳なかったですが、結論から先に書きますと「福寿し」のランチで食べたおまかせにぎりは、お得感がありました。

ランチは、にぎり7貫,巻物1本,天ぷら,うどんが付いた「竜胆(りんどう)」。にぎり6貫,天ぷら,茶碗蒸し,味噌汁が付いた「桔梗(ききょう)」。おまかせにぎり12貫と味噌汁が付いた「撫子(なでしこ)」の3種類が設定されています。

私は鮨屋さんでは握りを食べるべし!ということから「桔梗」にしました。ちなみに、ランチタイムは11:00~14:00で日祝はやっていません。

10

おまかせにぎりは細工・創作系ではなく醤油を付けて食べる握りでした。ただ、一部、もみじおろしやショウガ、黒七味などなあらかじめ乗せられている握りもありました。

しゃりは若干固めに握られていました。ランチなのでネタそのものは厚く切られてはいないのですが、ネタ自体はいいものが使われていました。たぶん、このセットは夜に使われているネタと変えていないのでしょう?

握りの種類の説明が全くなかったので、若干ネタの種類に自信がありませんが、マグロは中トロで脂がのっていて美味しかったですよ。カツオは炙ってもみじおろしが乗せられていました。

8

他、こちら側はサワラ、金八、カニ、生だこ。

9

こちらはアジ、イカ、甘えび、タコには黒七味がかけられていました。鮨では珍しいかも?あと、ナメラかな?

12

ランチには岩のりのみそ汁も付いていました。

小ぶりな握りでお腹的にもちょうどいい具合で食べることが出来ました。おすすめです。

福寿し
石川県金沢市金石西3-4-6
TEL 076-267-0877
平日
11:00~14:30
17:00~23:00
日・祝
11:00~22:30
水曜休(祝日の場合は営業)

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/02/17

ニューオープン!アパホテル神田神保町駅東と朝食を食べた「おむすび権米衛 神保町」

ちょうど1月28日オープンしたアパホテル神田神保町駅東にオープン初日に宿泊しました。

5_3

めったなことでオープンした当日のホテルに泊まることなどないと思い予約しました。

アパホテルの元谷会長が小松市出身ということもあって、同郷ということでアパホテルにはよく宿泊します。

4_2

7_4ご覧のように入り口付近には多くの花が飾られていました。

オープン当日だったので何か記念品でももらえるかと思ったのですが、何にもなかったです。^^;

話は変わりますが、いま東京や大阪のホテルはどこもめちゃ高くなっています。

Photo_4海外からの観光客やビジネス客が増えているということもあるでしょうし、この季節は受験シーズンでもあるというとでしょうが、それにしても昨年と比べても3~4割ほどは確実に値段が高くなっています。なかなか大変です。

さて、オープンしたばかりのアパホテル神田神保町駅東ですが、さすがに誰も使ったことがない(もしかしたらプレオープンで誰かが使っているかもしれませんが)部屋とベット、洗面所、新しくて気持ちがいいですね。

8_4余談ですが、アパホテルのバスタブ。オリジナルデザインだそうですが、このR形状が曲者で、カーテンをうまくしていないと、シャワーを勢いよく浴びると、後ろのR形状のところからバスタブ外にお湯が流れてしまうのです。

最近は慣れてきましたが、最初使ったころは足ふきタオルなども水浸しになってしまったことがよくありました。

5_4とりあえずグルメブログなのでグルメネタも書きます。

ホテルの1階に「おむすび権米衛 アパホテル神田神保町駅東店」というお店が入っています。ここで朝食をとることが出来ます。

600円の和食プレートセットのみで、おむすび2個におかずが3品、みそ汁、漬物が付いています。

Photo_5

おむすびは米プロ・ゆきむすびという米を使用していて、一つ一つ店舗で作られています。

20種類ほどあるメニューから2個を選びますが、私は「さけ玄米」と「梅ひじき玄米」をチョイスしました。

玄米は普段家ではあまり食べないので、こんな時には食べるようにしています。よく噛んで。

大きさは一般的なおむすびに比べて1.5倍ほどあります。にぎりが柔らかく、持ち上げて食べることは出来ず、お箸で食べます。

甲州刻み梅としそひじきを混ぜ込んでありました。両方ともなかなか美味しかったですよ。

ホテルの朝食は1,000円ほどするところが多いと思いますが、600円で栄養のある出来立てのおむすびを食べることが出来るのでうれしいですね。

アパホテル神田神保町駅東店
おむすび権米衛 神保町
千代田区神田小川町3-1-22
アパホテル神田神保町駅東店 1F
TEL 03-3259-1022
7:00~20:00
無休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015/02/15

はくさん街道市場「キッチンユキ 浪漫」のカレーは金沢ブラックカレー

キッチンユキといえば、白山市にある老舗の洋食店です。

私のブログでも10年ほど前に紹介したことがあります。カレー、ミートスパ、ベーキライス(焼きメシ)から二つ選ぶ組み合わせのハーフ&ハーフが有名です。

しかし私も最近はあまり行っていません。^^;

Photo_2今回紹介するのは、同じ白山市の北陸自動車道「はくさん街道市場(旧まっとう車遊館)」内にあります支店です。

店名は「キッチンユキ 浪漫」で、本店と同じようなメニューですが、先ほど書きましたハーフ&ハーフはメニュー設定がありません。

少し前までは、ハーフ&ハーフどころかベーキライスや玉子野菜スパの設定もつい最近までなかったのです。その理由はわかりませんが、設定になったのは嬉しいことですね。

3_2

今回、「キッチンユキ 浪漫」に行くことになった理由は、金沢カレーが食べたくなったからです。

ときどき無性に食べたくなる金沢カレー。キッチンユキの金沢カレーは「金沢ブラックカレー」と呼んでいるようです。色が黒に近いということですが、見た目は他の金沢カレーと同じように見えます。

10キッチンユキといえば、金沢カレーの系譜を語る上では重要な位置づけを占めています。つまりルーツの一つのカレーとして有名ですが、色々あります金沢カレーの中でも濃厚な部類のカレーだと思います。

さて、妻と二人で日曜日のランチに伺いました。

入り口にあります食券機で食券を買い求めると、自動的に厨房にオーダーが通る仕組みになっています。

9テーブルにもそのむね書かれていますが、「コーピー」と書かれていたのには少し笑えました。

店内はセルフサービスになっています。

私が頼んだのは、ハンバーグカレーです。お皿は金沢カレーの特徴のステンレス製のものでしたが、カレー用の底が深いタイプではなく、洋食に用いられる浅めのものでした。

4_2

カレーの味は、確かに濃厚でしたが、途中で飽きることなく食べることが出来ました。

ハンバーグのほうは、この手のお店の中では普通の味でした。

6_2

妻はカツカレーを頼んでいました。サクッとした揚げたてのカツが美味しかったそうです。このあたりは洋食屋さんがメインのお店だけあります。

8

飲み物が一杯無料で飲むことができます。

さて、「キッチンユキ 浪漫」でもぜひハーフ&ハーフの設定してほしいと思いますが、いかがでしょうか?

キッチンユキ 浪漫
石川県白山市徳光町2398-1
はくさん街道市場2F
(旧まっとう車遊館)
TEL 076-274-9753
11:00~21:30 (L.O.21:30)
不定休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015/02/14

東京銀座の石川県アンテナショップ「いしかわ百万石物語・江戸本店」B1イートイン「花嫁のれん」

北陸新幹線が金沢まで延伸する一か月前となりました。

来月のその日は、私は仕事なので、その雄姿をその日は見ることが出来ません。残念です。

さて、そんな首都圏と石川県がぐっと近くなる一か月前のこの日に紹介しますのは、昨年末に少し紹介したことがあります銀座の石川県アンテナショップ「いしかわ百万石物語・江戸本店」です。

14

この前に少しだけ紹介したことがありますが、前回紹介した時は、地下一階のイートインが満席で入ることが出来ませんでした。正式な店名については定かではありませんが、一番奥に花嫁のれんがかかっている奥がイートインコーナーになっています。

11

2階にもカフェがありますが、この日はまったくお客様がいませんでした。平日の夕方で物販には多くのお客様が来ていました。

このアンテナショップ自体は、シダックスという食や物販のアウトソーシングをビジネスにしている会社が運営しています。ここはカラオケの店舗を展開していることでも知られています。

さて、私は17時過ぎにお店に入りました。オープン時間すぐだったので先客は居ません。
少し体の調子が思わしくなかったのですが、とりあえずブログネタのために、何か食べないといけないと思いメニューの中から2品頼みました。

8_2

まずは石川の冬の味覚の一つ「ぶり大根(400円)」です。脂ののったぶりでこれは美味しかったです。

6_3

もう一品のほうは棒寿司で、お店ではサバとその日の棒寿司があり、私はこの日が穴子の棒寿司だったのでそちらにしました。

9_2

器には九谷焼が使われていますし、また今回食べたものには使われていませんでしたが、輪島塗なども使われているようです。

あと、百万石ビールも一缶もらいました。500円です。

5_2

百万石ビールは3種類ありますが、私はコシヒカリエールです。川北町でとれたコシヒカリ米を使った珍しいビールです。

私も初めて飲みましたが、のどごしがよくすっきり爽やかな感じのビールでしたよ。

Photo_3私は体調がイマイチだったために、この日はこれで帰ることにしましたが、少し気になったのは店員の方同士のおしゃべりです。私がいる間にもカウンタ内と外の女性の店員とずっと話していました。

私以外お客さんが居なかったので暇だったのでしょうが、石川県のイメージアップのためのアンテナショップです。好ましい場面ではなかったですね。

夜のメニューにはミニコースもあって、石川の郷土料理などを楽しむこともできます。値段も手ごろでした。気軽に石川の味覚を楽しむにはいいところだと思いました。

いしかわ百万石物語 江戸本店
東京都中央区銀座2-2-18 TH銀座ビルB1~2F
TEL 03-6228-7177
2Fカフェ10:00~20:00
B1イートイン
ランチ 11:00~15:00
ディナー17:00~21:00(L.O.20:30)
無休(年末年始除)

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/02/12

山代温泉「カフェ ルバート(Cafe Rubato)」で深煎りコーヒーと自家製シフォンケーキ

山代温泉に美味しいコーヒーと紅茶を飲ませてくれるお店があると聞いて行ってきました。

お店は少しわかりにくい場所にあります。車のナビに住所を入力して行くと、最初裏側の道を示して、一度ぐるぐるしました。お店の方にお聞きすると私と同じような人が過去にもいたそうです。

お店を作って9年目になるようですが、コーヒーはマスターの独学で始められたようです。

Photo_2

ちなみに店名の「ルバート(Rubato)」の意味は音楽の「テンポを自由に動かしながら演奏すること」なのだそうです。

4_3

中に入ると、店内はこんな感じです。少しRの付いたカウンター席と、2人掛けのテーブル席が2つだけの小さなお店です。

店内は明るくアットホームな感じです。ご夫婦でやっているようですが、少し服装が気になりました。カジュアルさを出そうとしているのかもしれませんが、本当に普段着・部屋着のような感じでした。^^;

そしてメニューを見渡します。コーヒー・紅茶・エスプレッソ・カプチーノ、それぞれにこだわりがあるようで、ホームページを見ても色々書いてあります。

コーヒーはストレート豆も何種類かありました。豆は群馬から取り寄せているようです。

スイーツ関係も何種類かあって、すべて奥さまの手作りです。

私は本当はイタリア製のマシンで抽出しているようなので、エスプレッソが飲みたかったのですが、メニューにはエスプレッソの飲み方が書いてありまして、そこには角砂糖を2個入れて云々と書かれていました。

甘いのがそれほど好きではないので、いつもコーヒーに限らず紅茶も無糖で飲むので、オーダーするのを少し遠慮してしまいました。^^;

6_2

そこで頼んだのは、深煎りのブレンドコーヒー「こがねブレンド(420円)」です。マンデリンを使っているようで、マンデリンの特徴の酸味が少なく、苦味成分が強いコーヒでした。もちろん、コクもあって美味しかったですよ。

5_2

一緒に頼んだシフォンケーキ(400円)は他のスイーツより若干高めでしたが、本当にふわふわな感じで、添えられている生クリームもそれほど甘くなく、シロップの甘さがほんのりと効いていました。

紅茶にはスコーンも合わせることもできます。

もし行かれる場合は、お店の都合で開店時間がばらつくので、ツイッターで営業時間を確認されてから行かれたほうがいいかと思います。

カフェ ルバート(Cafe Rubato)
石川県加賀市山代温泉22-52番地1
TEL 0761-77-1875
10:00~20:00
日祝~18:00
毎週木曜日 第一金曜日

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/02/11

神保町の有名店!半ちゃんらーめん発祥の店「さぶちゃん」ご主人は超レジェンド!

Photo「半ちゃんらーめん」発祥の店「さぶちゃん」は超有名店です。

そしてテレビや雑誌などでもおなじみのお店です。私も何度かテレビでお店の紹介を観たことがあります。

「さぶちゃん」には、東京出張時の雨の平日にランチを食べに行きました。普段が行列ができるお店として有名ですが、ちょうどたまたま一席空きがあり、すんなり入ることが出来ました。

6テレビで見た時にはもう少し広いお店かと思っていましたが、カウンター7席だけの狭いお店でした。

メニューはこのとおりで、基本はラーメンとチャーハンのみです。その組み合わせの中に半ちゃんらーめんの設定があると思ったほうがいいですね。まぁ、半ちゃんらーめん発祥は必然的だったのかもしれません。

5

私も当然、半ちゃんらーめんを頼みましたが、他の人も全員が半ちゃんらーめんを頼んでいました。^^;

ご主人のさぶちゃんは、まずラーメンの麺を茹ではじめます。その合間にラーメン丼に醤油ダレを入れ準備をし、おもむろに丼の中へ、麺の湯切りをして入れていきます。そしてアルバイトの若い男性がメンマとチャーシューを乗せ出来上がりです。

大体、4人分を一度に作るようです。配り終えるとさんぶちゃんはチャーハンを作り出すのですが、チャーハンはどうでしょう?10人分ぐらいは一度に作っているのでしょうか?

私のときは前の作り置きに卵を落として再度炒めなおされたものが出されました。

2

ところでラーメンのほうですが、私の分に麺を入れているときに一本、麺がチャーハンの鍋のところに落ちたのですが、さぶちゃんはおもむろにそれを手で拾い、丼に入れなおすではないですか!?ははは。^^;

3

麺は黄色さが際立つたまご麺です。非常に柔らかいです。ほとんどそのまま噛まずに飲み込めそうな柔らかさでした。

チャーシューは噛みごたえがありました。メンマは甘めで量は多めでした。スープは醤油ベースの東京ラーメンですが、若干甘めで生姜の味も感じられましたよ。

4

チャーハンは醤油をたっぷりかけて炒められているもので、まぁ、味的にはそれほど美味しいわけではありませんが、醤油ラーメンとの相性はばっちりでした。

ご主人のお歳はいくつくらいなのでしょう?この業界でも超レジェンドの一人なのでしょうが、同じメニューを何十年も同じように作り続けている姿には感動さえ覚えるのでありました。

さぶちゃん
東京都千代田区神田神保町2-24
木下ビル1F
TEL 03-3230-1252
11:30~15:00
16:30~19:30
日祝休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/02/09

冬の金沢散策「金沢城・兼六園ライトアップ冬の段」と安江金箔工芸館,文芸館,蓄音器館,中村記念美術館,ふるさと偉人館,室生犀星記念館

いい天気に恵まれましたね!一昨日は。そんな中、冬の金沢をぶらりと一人でまわってみました。

2

一応、一番の目的としては「金沢城・兼六園ライトアップ冬の段」を見ることでしたが、今回、これまでに紹介してこなかった金沢の観光施設についてもまわってきましたので書きたいと思います。

Photo

ちょうどこの日は、3月14日の北陸新幹線の金沢延伸まで35日となっていて一般の試乗会が行われていました。2800人の定員のところ、応募者は21万人超え!^^; 77倍の倍率でした。私もJR西日本のカード会員と県民枠で3口の権利を持っていたので応募しましたが残念ながら外れてしまいました。

まずはバスでひがし茶屋街へ。

金沢市内には非常にコンパクトに観光の見どころが点在しています。それらを効率よく巡るにはバスの利用が一番でしょう?

Photo_2

ちなみに、市内を周遊するするバスはいくつかの種類があって、私は利用する場合は北陸鉄道の一日乗車をいつも買い求めます。

一日500円で、循環するバスや北陸鉄道のバス路線も市内中心部は乗り放題なので、非常に便利です。

4

向かったのは、私も初めて行く「金沢市立安江金箔工芸館」。ここはその名の通り、石川県が全国シェア99%を誇る金箔工芸に焦点を絞った展示館で、金箔を使った輪島塗や九谷焼、屏風、掛軸などの工芸品美術品が数多く展示されています。

先ほど、バスの一日乗車券を紹介しましたが、金沢市が運営している市内の美術館などが多数、これまた点在しています。それらをフリーで巡ることが出来るチケットもありますから利用するのが賢いでしょう。

2_2

先ほどのバスの一日券でも一か所50円引きになったりするのですが、3か所以上見てまわるならば、こちらの一日券がお得です。私もこの日6か所ほどまわって、本来ならば1,600円ほどかかるのですが、何と!510円で済んでしまいます。そして5か所以上入ると記念品などもらえますのでおすすめですよ!

3

「金沢市立安江金箔工芸館」で、写真okの場所が、ここしかありませんでした。天井には一面金箔が貼られています。

金沢市立安江金箔工芸館
石川県金沢市東山1-3-10
TEL 076-251-8950
9:30~17:00
(入館は16:30まで)
年末年始休(12月29日~1月3日)
展示替え期間

この日は天気も良く、ひがし茶屋街も多くの人で賑わっていました。

Photo_3

6そして、ひがし茶屋街から浅野川を渡り橋場町へ。このあたりには「金沢文芸館」と「金沢蓄音器館」があります。

「金沢文芸館」は、数多くの文学者を輩出している金沢の文学作品に関する情報や、「泉鏡花文学賞」「市民文学賞」の全受賞作品が閲覧できます。

また、2階には五木寛之氏の「金沢五木寛之文庫」が常設されています。

5

この日行ったときは私ひとりだけだったので、ボランティアの方が丁寧に説明をしてくださいました。この方は小松製作所にお勤めされていて、小松市に勤務されていたときの話も聞くことが出来ました。

金沢文芸館
石川県金沢市尾張町1-7-10
TEL:076:263-2444
10:00~18:00
(入館は17:30まで)
火曜日、年末年始休(12月29日~1月3日)
※火曜日が祝日の場合はその翌日が休館

「金沢蓄音器館」は、これまで金沢でなんで蓄音器?ということで、行ったことがなかったのですが、時間帯によっては蓄音機の聞き比べが出来たりして意外に面白かったです。

Photo_4

もちろん、これまで私は蓄音機の音を聞いたことがあまりなかったのですが、100年ほど前に製作された蓄音機がいい音出していたのでびっくり。

3_2

当時では、今の時代のマンションが買えるほどの値段がしたものもあってさらにびっくり!勉強になりました。

金沢蓄音器館
石川県金沢市尾張町2-11-21
TEL:076-232-3066
10:00~17:00(入館17時まで)
年末年始休(12月29日~翌年1月3日)

橋場町からバスで兼六園下へ移動。兼六園は土日祝日の開演時間中は石川県民は無料なのです。

この日は夜にライトアップが行われて、こちらも無料公開だったので、私が行った日中の時間帯は思ったより空いていました。

6_2

いいお天気で雪吊りが青空に映えます。

15

ちなみに、「金沢城・兼六園ライトアップ冬の段」の夜のライトアップでは、こんな感じになります。幻想的ですね。

7

この日は、真冬の北陸にしては珍しく風もほとんどなく、 霞ヶ池の水面も鏡のようでした。

24

夜のライトアップでは、ライトアップされた雪吊りが、ご覧のように水面に鏡のように写しだされていました。幻想的ですね。

「金沢城・兼六園ライトアップ冬の段」は、後半は2月14日(土)~22日(日)17:30~21:00に行われます。

このあと兼六園を少しまわってから、その足で金沢21世紀美術館の前を通って向かったのは、「金沢市立中村記念美術館」です。

2_3

旧家中村家収集の茶道具を主に金沢の伝統工芸などが展示されています。

今の期間は「企画展 吉祥の文様」というのをやっています。3月1日までです。

金沢市立中村記念美術館
石川県金沢市本多町3-2-29
TEL 076-221-0751
9:30~17:00
(受付は16:30分まで)
年末年始休(12月29日~1月3日)
展示替え期間

そして、「金沢市立中村記念美術館」の近くにあります「金沢ふるさと偉人館」へに徒歩で移動しました。

Photo_5

「金沢ふるさと偉人館」は金沢にゆかりのある20名の方々の業績を紹介しているところで、「近代日本を支えた偉人たち」として展示がされています。意外に見ごたえがあります。

2_4

屋外には偉人たちの胸像もあります。

金沢ふるさと偉人館
石川県金沢市下本多町6-18-4
TEL:076-220-2474
9:30~17:00
(入館は午後4時30分まで)
年末年始休(12月29日~1月3日)

この後バスで、にし茶屋街に移動してぶらり。ひがし茶屋街に比べると人出が少なく寂しい感じでした、一か所だけ行列が出来ていました。

Photo_6

昨年11月末にオープンしたスペイン王室御用達の「カカオ サンパカ 金沢店(CACAO SAMPAKA)」です。東京では丸の内と南青山、そして大阪に次いで国内4店目で地方出店が金沢が最初ということです。これも新幹線効果?

2_5

私も家へのお土産で買おうかな?と思ったいたのですが、順番ついてまで入る気がしなかったのでパスして向かったのは、ここから歩いて近い「室生犀星記念館」です。

2_6

金沢三文豪のひとり、室生犀星の生家跡に建つ記念館です。

6_3

これは、犀星の全著書の表紙パネルが年代順に並んで紹介されているコーナーです。ここだけ写真撮影がokでした。

室生犀星記念館
石川県金沢市千日町3番22号
TEL 076)245-1108
9:30~17:00
(入館は午後4時30分まで)
年末年始休(12月29日~1月3日)

このあとに夕食を食べ、再度兼六園に戻り「金沢城・兼六園ライトアップ冬の段」を見学、金沢城を通り金沢駅に戻りました。

5_2

なかなか充実した金沢周遊。でも、家に帰ったらさすがにぐったりでした。^^;

グルメ編は後日紹介します。

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/02/08

山代温泉はづちを楽堂内「はづちを茶店」でヘルシー野菜カレーをランチで食す

山代温泉は、石川県の中でも一番訪れる人が多い温泉街だったことがあります。

行基による開湯伝説があり1300年以上の歴史を誇り、むかしは団体客がバスで大挙して訪れることによりおおいに賑わいました。

美食家であり芸術家としても知られています北大路魯山人も逗留していたこともあって、彼が陶芸家としての道を歩みだしたのも、ここ山代温泉での九谷焼との出会いが大きかったということなど、由緒ある温泉地なのです。

しかしバブルがはじけて以降は、団体客がめっきり減り多くの旅館が廃業に追い込まれました。日本でも有数の巨大旅館だった「ホテル百万石」「山下家」などの有名旅館が廃業になったほどです。

もちろんこのことは何も山代温泉に限ったことではありませんが、団体客向けの大箱の旅館が多かった山代温泉への影響が多かったと思います。

現在は、温泉客は家族連れが多く、ここ山代温泉でも家族連れのお客様向けの施設などを湯の曲輪という山代温泉の中心地に整備しています。

4

こちらは、総湯です。

5

そして、むかしの総湯の趣を再現した古総湯もあります。

12

そして、今日紹介するはづちを楽堂内にあります「はづちを茶店」も、この古総湯に隣接する施設として、湯上りや食事の後にふらっと街を散策する温泉客のために作られたものです。

Photo

2私のブログでも大昔にカフェとしての「はづちを茶店」を紹介したことがありますが、今回は朝食のときに訪れたときのものです。いまは朝食はやっていないようですね?

「はづちを楽堂」の由来などについては、その時に書いていますので、そちらを参考に願います

「はづちを茶店」の食事メニューは「はづちを野菜カレー」の一種類です。乳製品(牛乳、バター、ヨーグルト)は使わずにヘルシーなカレーなのです。

休日のちょうど正午ぐらいに到着して中に入りました。先客は3組ほどいました。

4_2

最初、適当なところに着席してしばらく待っていましたが、お店の人が来ないので周りを見渡すと、調理場のカウンターのところに「代金前払いとなっています。カウンターにてご注文をお願いします」の張り紙がしてありました。

う~ん、このあたりは少し改善の余地がありそうです。

まず、私が入ってからお店の方は、「カウンターで注文をお願いします」と声を発しなかったこともありますし、またテーブルに何らか書かれたものがあればわかったのですがそれもありませんでした。

あと根本的なことを書きますと、当日3名お店の方がいらっしゃったのですが、この広さのお店でしたら、オーダーを窓口先払いにする必要があるのかとも思いました。いまでもNPO法人が運営しているのでしょうか?何せ、いまは「おもてなし」の時代ですからね!?(^_-)

ということで、目的の「はづちを野菜カレー(880円)」をオーダーしお金を払って10分ほど待ちました。

8

出されたのがこちらです。ご飯の上に素揚げされた野菜がたっぷり乗せられています。

6

ルゥは別に盛られています。野菜はサッと素揚げされていて熱々で、シャキッとした食感やジャガイモとカボチャのホクホク感も増してよかったのですが、肝心のルゥがなぜか熱々ではないのです??

7

もちろんカレーの味は甘さと辛さのバランスもよく非常に美味しいのです。そして全体的にヘルシーな感じでよかったのですが、そのあたりが残念でした。私のときだけ?それともこれが標準でしょうか?

9

前の朝食の時は、玄米などもチョイス出来た気がしますが、カレーにもそのような選択ができるとヘルシーさがより出てよかったのではないかとも思いました。

すみません。少し辛めの内容になってしまいましたが、私のブログではサービス面のことは書くようにしています。サービス改善はすぐできるからです。

全国の温泉地は厳しいところが多いかもしれませんが、うまくやっていて多くのリピーターが訪れる温泉地や温泉旅館も色々ありますね。

山代温泉が、これから昔みたいに多くのお客様が訪れる温泉地になってほしいと願います。

はづちを楽堂内「はづちを茶店」
石川県加賀市山代温泉18-59番地1
TEL 0761-77-8270
9:30~18:00
夜間イベント開催時は
9:30~18:00,19:00~22:00
水曜休(祝日は営業)

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015/02/06

めちゃ久しぶりに金沢市大野町「宝生寿し」でランチのおまかせコースを愉しみました

金沢市大野町「宝生寿し」はむかし一度紹介したことがありましたが、いまから9年半も前のことでした。^^;

本当に久しぶりに再訪してきましたので書きたいと思います。

この日は妻が仕事で東京に行っていたので、私一人で金沢の港町をぶらりしてきました。
真冬の寒さだったのですが、幸い雪ではなく雨の3連休の土曜日。予約もしていなかったのですが幸いすぐに入ることが出来ました。

「宝生寿し」は非常に大きなお店で最大100名も入ることが出来るのです。

Photo

外観もご覧のように立派なお店です。

5

中も大きい吹き抜けがあったりして、金沢の「こまちなみ保存建造物」として金沢店づくり大賞を受賞していますし、その年のグッドデザイン賞なども受賞しているのです。

6

4こちらは小上がりです。

カウンター席はこんな感じです。

前の紹介は確か平日のランチでしたが、今回は土曜日ということで平日よりは少しお高くつくコースしかありませんでした。

マスターコース(4,000円税抜)は、おまかせにぎり9貫と付き出し・料理3品・汁物・デザートが付いてきます。

おまかせコース(3,000円税抜)は、おまかせにぎり(1,5人前)12貫と付き出しもしくはデザート・汁物が付いてきます。

3

私はおまかせコースを頼みました。デザートはいらなかったので付き出しにしました。この日の付き出しは「バイ貝煮付」。小ぶりなバイ貝でした。ビールが欲しくなりましたが車なので我慢。^^;

この後は握りに移ります。前の時は全貫一度に出されましたが、今回は数貫ずつ出されました。今回握っていただくのは若手の方の担当のようです。

7

まずは左からヒラメ、マグロ、イカ、甘エビです。昔のことなので記憶があやふやですが、少し小さくなったような気がします。

「宝生寿し」では、ネタに一仕事した、いわゆる江戸前、もしくは創作系の握りではなく醤油を付けて食べる握りです。個人的には前にも書きましたが一仕事した握りが好きです。

9

お次は上がバイ貝、下がアジです。バイ貝は小ぶりですが、コリッとした食感と噛むと甘みが感じられるのがいいですよね。

11

こちらは上がクジラです。下のほうは鯛ですね。クジラはいまでは寿司ネタとしては今は珍しいかもしれません。まぁ、寿司ネタとしての味はそれほど美味しいとは思いませんでした。

12

こちらは上がガスエビと生サバ。北陸では生サバを出す寿司店は珍しいです。

また、ガスエビはこの頃注目されてきていますが、石川ではクロザコエビ・トゲザコエビなどがガスエビと言われています。いずれにせよ、いわゆる「足がはやい」。つまりは鮮度が落ちるのが早いので、なかなか他の地域では食べることが少ないエビです。

13

最後は上がブリトロ、下がクエです。クエは福岡ではアラ。高級食材ですね。でも寿司ネタとしては少し淡白かな?これはフグも同じかもしれませんが。

ブリトロも脂がのっていました。

以上、12貫で全部です。1.5人前ということですが、握り自体が小さめなので男性にとってはちょうどいいくらいでした。

8

汁物はメギスだんごの味噌汁でした。

金沢港にも近いので、イメージ的には新鮮なネタというウリもあるので、税抜で3,000円はランチとしては少し高めだと思いますが、ネタ的には高級ネタも多く、県外からの観光客にはいいかもしれません。

そうそう!昼前から地元のお客さんでしょうか?お酒を飲みながら寿司をつまんでいる人がかなりいました。うらやましいです。^^;

宝生寿し
石川県金沢市大野町4-72
TEL 050-5890-0308(予約専用)
076-267-0323(問合せ専用)
11:00~22:00
水曜休(祝日の場合翌日休)

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/02/05

本当に久しぶりに能美市「会津喜多方ラーメン蔵」に行きました

大むかし、喜多方ラーメンネタのうちの一軒として紹介したことがある「会津喜多方ラーメン蔵」に久しぶりに行ってきました。

7_2

その時にも書きましたが、「会津喜多方ラーメン蔵」は小松に本社があるエージグループのお店です。ブランドは新潟に本部があるところのFC店の位置付けとなっていて、エージグループのホームページにも記載されていません。なぜ、こちらのお店が掲載されていないのかはわかりません。FC店の位置付けだからでしょうか?

はくさん街道市場(旧:まっとう車遊館)にもお店が昔ありましたが閉店になったようですね?

喜多方ラーメンの特徴は醤油ベースで平打ち熟成多加水麺を使用していることですが、私の好みのラーメンの味で、これまた大昔に喜多方まで食べに行ったこともあります。その時は確か「坂内食堂」だったと思います。

2さて、「会津喜多方ラーメン蔵」へは、お正月のおせち料理にも飽きた4日のお昼に、妻と母を連れだって食べに行きました。

12時半ごろ到着したら満席でしたが、ちょうどテーブル席が空いて、すぐに座ることが出来ました。

メニューを見渡しましたが、昔、どんなメニューがあったかどうかもすでに記憶になかったのですが、前に来たときにはランチにおにぎりが無料で付くサービスがあったのは覚えていました。しかし、いまはおにぎりではなくライスになっていましたね。ここのおにぎりがよかったのに残念です。

そして、正月の暴飲暴食明けだったこともあり、炭水化物を極力食べないようにしようと、その無料ライスも遠慮して、私が頼んだのは、昔ながらのラーメン(600円)です。

5_2

むかし食べたような懐かしい醤油ベースのラーメンで、具もナルト、チャーシュー、半熟タマゴ、メンマ、味付け海苔、ほうれん草という懐かしい味の品々でした。

6_2

麺は中太の多加水麺でタマゴの割合も多めの黄色い麺。ツルツル腰も適度にありましたが、少し茹ですぎ?まぁ、昔は確かにこんな感じの食感のラーメンが多かったような記憶があります。

4_2

辛党の妻が頼んだのは、こちらの「うま辛味味噌野菜ラーメン(850円)」でした。ラー油の香ばしい香りと辛さがよかったみたいですよ。

3

母はオーソドックスな喜多方ラーメン(600円)を頼んでいました。

エージグループのラーメン店にも久しぶりに訪れましたが、味のほうは相変わらず安定しています。長年営業が続いているのは地元に評価されているからでしょう。

会津喜多方ラーメン蔵 寺井店
石川県能美市大長野町リ29-1
TEL 0761-57-2750
11:00~24:00(L.O.23:45)
無休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/02/03

海が間近に見えるカフェ。金沢金石「カフェドレヴェリー(Cafe de Reverie)」で潮風を感じながらいっぷく

私もそれほどコーヒーの飲むためにカフェ巡りをするわけではないのですが、たまにはゆっくりとお茶でもしながら過ごします。

今回、一人で金沢の海岸沿いに車で移動した折に、少しゆっくりとお茶をしたくなり、前から気になっていました「カフェドレヴェリー(Cafe de Reverie)」に立ち寄ることにしました。

海を見ながら過ごすことが出来るカフェは、どこにでも色々あると思いますが、普通はこぎれいな建屋で、おしゃれなカフェのイメージが多い気がしますね!?海のそばのカフェは。

22

ところが今日紹介します「カフェドレヴェリー」は、外壁がスレート波板を使っていて、一見、納屋か工場のような外観です。知らない人は多分カフェをは思わないでしょう。

3_2

私も最初探すときに多少迷いました。

外観は質素?ですが、中はおしゃれ空間です。入り口を入ると、海に向かって階段があり、一番奥が一番高い場所になっています。

8_2

上からキッチンカウンターのほうを眺めるとこんな感じです。

19

これはお客様が一番いいビューのところでゆっくりしてほしいと思うことからでしょうか?この内装もそれを意識して作られたのでしょうか?なかなか面白いし素晴らしいと思います。

私は窓際の一人掛けの席に座りました。

あいにくの冬空でしたので、景色はイマイチでしたが、晴れた日は素晴らしい景色なのでしょう?

21

途中で晴れ間も見えたので写真を写しました。

さて、私が頼んだのは、軽井沢にある丸山珈琲のコーヒーですです。丸山珈琲はコーヒー豆を世界中の農家から直接豆を買い付けています。スペシャルティ専門の自家焙煎豆を作っていて、星野リゾートなどでも使われているのです。

14

頼んだのは深煎りのブレンドコーヒーで、フレンチプレスで煎れてくれます。

日本では一般的には紅茶で使われるフレンチプレスですが、元々はコーヒー用の抽出器具として開発されました。これを使用すると金網フィルターで濾すのでコーヒーの油分まで余すことなく抽出できます!ということらしいです。

ということで、コーヒーは2杯を超える量が出されます。味は深煎りということでしたがフレンチプレスのせいでしょうか、コーヒーのきめが細かで、オイリーで柔らか舌触りです。香もよくとても美味しいコーヒーでした。

12_2

あと私は、こちらの「きまぐれ自家製ケーキ(360円)」も一緒に頼みました。生地はしっかり目で抹茶のほんのりとした味がして甘くなく美味しかったですよ。

いや~!これは穴場というか、いいカフェですね。再訪したいお店でした。

カフェドレヴェリー
(Cafe de Reverie)
石川県金沢市金石西1-1-8
TEL 076-254-0234
11:00~SUNSET
日曜月曜休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/02/02

北陸新幹線金沢延伸後の小松市の未来を考える(食と観光を中心に)その4「食材と料理としての個性」

いま小松市が力を入れている分野は「歌舞伎のまち」「乗りもののまち」「環境王国こまつ」「科学と交流のまち」というものです。

Ataka_078

これはこれで重要な要素なのですが、小松市のホームページには、小松の「食」に関しての紹介も少し掲載されているのですが通り一辺倒の内容となっていて、残念ながらあまり力を入れているとは思えません。

14_2

_4819近年、小松のご当地グルメとして、小松うどんと塩焼きそばが注目されはじめてきています。ただ、このあたりをもう少し盛り上げる工夫があってもいいと思うのですが、市のホームページにもあまり大きな取り上げかたがされていません。

さらに言えば、他の自治体では、飲食分野で著名なお店や料理人を誘致したり、様々な取り組みがされています。

前回、加賀市の鴨について書きました。一方小松では「こまつ地美絵」なども行政の関与がどのくらいあるのか知りませんが、そろそろ小松市でも、そのような「食」の分野にもう少し政策として目を向けるとこが必要ではないでしょうか?

さて、話は変わります。素材だけではなく料理についてももちろんきらりと光るものも必要です。

ニンジン、トマト、加賀丸いもなどの小松特産の農産物や、安宅漁港で上がる海の幸、白山の伏流水とおいしい米で作られる地酒、茶道文化が盛んな土地柄に伝わる伝統の和菓子、また郷土料理として伝えられる柿の葉寿司なども挙げられます。

Dojou_001

う~ん、まぁ、これらは個人的な好みですが、大根寿司(かぶら寿司)、どじょうのかば焼き、小松うどん、塩焼きそばなど、魚介では赤いか、アジ、岩魚。このあたりが好きです。加賀丸いももありますが、これは能美市との共同戦線が必要でしょう?

ジビエの話も書きましたが、このあたりは鴨の加賀市とも連携し、いまや小松だ加賀だという単一自治体での取組では限界がありますし、とても北陸新幹線で南加賀まで観光客を呼び込むことなどできないと思います。

「南加賀」として協力し、名より実ををとることも必要かもしれません。

そして、単一の料理だけでは難しいので、組み合わせや新しいレシピの開発など何らかの工夫が必要でしょうが、日本海の海の幸、白山の恵みの山の幸など食材の候補には事欠かないので、知恵を出せばいいのです。これらの食材を使った美味しい押し寿しなどもいいと思います。

蓮蒸しをうまくアレンジしたような料理もいいかもしれません。

この辺になると、私もそんなにレシピの知識がないので残念ながらよくわからないのです。ははは。少し取り留めのない話になってきました。^^;

今日のところはこれまでです。なお、この内容は私の独断と偏見かもしれませんので、そのあたりはご容赦を。

5回目の次回は「観光について考える」をアップする予定ですが、しばらくは間をあけます。

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »