« 北陸新幹線金沢延伸後の小松市の未来を考える(食と観光を中心に)その4「食材と料理としての個性」 | トップページ | 本当に久しぶりに能美市「会津喜多方ラーメン蔵」に行きました »

2015/02/03

海が間近に見えるカフェ。金沢金石「カフェドレヴェリー(Cafe de Reverie)」で潮風を感じながらいっぷく

私もそれほどコーヒーの飲むためにカフェ巡りをするわけではないのですが、たまにはゆっくりとお茶でもしながら過ごします。

今回、一人で金沢の海岸沿いに車で移動した折に、少しゆっくりとお茶をしたくなり、前から気になっていました「カフェドレヴェリー(Cafe de Reverie)」に立ち寄ることにしました。

海を見ながら過ごすことが出来るカフェは、どこにでも色々あると思いますが、普通はこぎれいな建屋で、おしゃれなカフェのイメージが多い気がしますね!?海のそばのカフェは。

22

ところが今日紹介します「カフェドレヴェリー」は、外壁がスレート波板を使っていて、一見、納屋か工場のような外観です。知らない人は多分カフェをは思わないでしょう。

3_2

私も最初探すときに多少迷いました。

外観は質素?ですが、中はおしゃれ空間です。入り口を入ると、海に向かって階段があり、一番奥が一番高い場所になっています。

8_2

上からキッチンカウンターのほうを眺めるとこんな感じです。

19

これはお客様が一番いいビューのところでゆっくりしてほしいと思うことからでしょうか?この内装もそれを意識して作られたのでしょうか?なかなか面白いし素晴らしいと思います。

私は窓際の一人掛けの席に座りました。

あいにくの冬空でしたので、景色はイマイチでしたが、晴れた日は素晴らしい景色なのでしょう?

21

途中で晴れ間も見えたので写真を写しました。

さて、私が頼んだのは、軽井沢にある丸山珈琲のコーヒーですです。丸山珈琲はコーヒー豆を世界中の農家から直接豆を買い付けています。スペシャルティ専門の自家焙煎豆を作っていて、星野リゾートなどでも使われているのです。

14

頼んだのは深煎りのブレンドコーヒーで、フレンチプレスで煎れてくれます。

日本では一般的には紅茶で使われるフレンチプレスですが、元々はコーヒー用の抽出器具として開発されました。これを使用すると金網フィルターで濾すのでコーヒーの油分まで余すことなく抽出できます!ということらしいです。

ということで、コーヒーは2杯を超える量が出されます。味は深煎りということでしたがフレンチプレスのせいでしょうか、コーヒーのきめが細かで、オイリーで柔らか舌触りです。香もよくとても美味しいコーヒーでした。

12_2

あと私は、こちらの「きまぐれ自家製ケーキ(360円)」も一緒に頼みました。生地はしっかり目で抹茶のほんのりとした味がして甘くなく美味しかったですよ。

いや~!これは穴場というか、いいカフェですね。再訪したいお店でした。

カフェドレヴェリー
(Cafe de Reverie)
石川県金沢市金石西1-1-8
TEL 076-254-0234
11:00~SUNSET
日曜月曜休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 北陸新幹線金沢延伸後の小松市の未来を考える(食と観光を中心に)その4「食材と料理としての個性」 | トップページ | 本当に久しぶりに能美市「会津喜多方ラーメン蔵」に行きました »

石川グルメ(カフェ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/60956615

この記事へのトラックバック一覧です: 海が間近に見えるカフェ。金沢金石「カフェドレヴェリー(Cafe de Reverie)」で潮風を感じながらいっぷく:

« 北陸新幹線金沢延伸後の小松市の未来を考える(食と観光を中心に)その4「食材と料理としての個性」 | トップページ | 本当に久しぶりに能美市「会津喜多方ラーメン蔵」に行きました »