« 北陸の美味い海の幸を直送!自分で目の前で囲炉裏で焼いて楽しめる「方舟 銀座インズ店」 | トップページ | 神保町にある焼きそばマニアの聖地とあがめる名店「みかさ」はさすがの味でした »

2015/01/10

金沢木倉町「てんぷら家 天むら」で旬の素材を使ったかきあげ丼と天茶のランチ

金沢は天ぷらの専門店が意外に少ないということを、前に片町の「小泉」を紹介した時に書いたことがあります。

3_2

しかし、近年は金沢の街にも人気の天ぷら専門店を見かけるようになってきました。今日紹介します木倉町の「てんぷら家 天むら」もその一つです。

2010年9月にこの場所にオープンしたのですが、ちょうど片町の「小泉」と同じような時期にオープンしていることになります。

私たちがお邪魔したのは11月のとある日曜日。こちらのお店ではランチにも営業をしているので、今回はランチを食べに出かけてきました。

私は、この手のお店では写真を写していいかお店の人に確認を取るのですが、今回、久しぶりに写真NGでした。^^;

そのため、今回の記事には料理写真はないことをあらかじめお断りしておきます。NGは2年半前に石川に戻ってきてからは初めてですね。

理由をお聞きすると、前、隣で写真を写している客がいたため、常連客が一人来なくなったということでした。

ただ、食べログとかを見ると、「了解済み」ということで写真を写している人もいたので、そのあたりは分け隔てなくやってほしいとも思うのですが……。

余談になりますが、昔、福岡でもNGのところがあり、その理由が「普段から来ていただいている常連の方を優先したいので、メディアを含めてPRはしない」という立派な理由だったのですが、あとで、雑誌には出てるわ、女性のブロガーには「どんどん写真を載せてください」と言っているわで、あとでだいぶ頭にきたことがあります。^^;

Photo_2

さて、我々が頼んだのは「かきあげ丼のコース(2,200円税込)」と、「天茶のコース(2,500円税込)」です。

妻が頼んだかきあげ丼のコースには、天ぷら5種(海老2尾、魚1種、野菜3種)と小鉢、サラダがついて、最後にかきあげ丼と香の物・味噌汁が出され、デザートにバニラアイスが付いてくるコース内容となっていました。

魚は海老2尾とふぐ。海老はサクッと。ふぐはほっこりと美味しかったです。

野菜はヤングコーン、しいたけ、カボチャ。

最近、天ぷら専門店でも見かける創作系の天ぷらではなく、オーソドックスな旬の素材の味をシンプルに楽しむタイプの天ぷらでした。

それをあら塩か天つゆで食べるのですが、揚げたての熱々の天ぷらは何もつけず食べても美味しかったですよ。ただ、慌てて食べると口の中がやけどするのでご注意を。

かきあげ丼は、なめこメインのかき揚げで妻は美味しいと言っていました。

私の天茶のコースには天ぷら8種(海老2尾、魚2種、野菜4種)と最後に天茶出てくる以外は、かきあげ丼のコースと同じ内容です。

かきあげ丼のコースに、魚はわかさぎがプラス。野菜はアスパラがプラスになっていました。

天茶コースにも、かきあげ丼と同じなめこのかき揚げでしたが、ご飯の量も少なく男性には少し物足りないかもしれません。

我々の隣に座っていた女性客は、天ぷらも一通り食べ、サツマイモの一本あげを食べ、最後のかきあげ丼を食べていました。凄い食欲でびっくり。

なお、ランチには、紹介したコースのほかにも単品も含めていくつかの種類があります。

てんぷら家 天むら
石川県金沢市木倉町1-5
TEL 076-222-0104
火~金11:45~13:30(L.O.)17:30~21:30(L.O.21:00)
土日祝11:45~13:30(L.O.)17:00~21:30(L.O.21:00)
月曜休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 北陸の美味い海の幸を直送!自分で目の前で囲炉裏で焼いて楽しめる「方舟 銀座インズ店」 | トップページ | 神保町にある焼きそばマニアの聖地とあがめる名店「みかさ」はさすがの味でした »

石川グルメ(その他)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/60732817

この記事へのトラックバック一覧です: 金沢木倉町「てんぷら家 天むら」で旬の素材を使ったかきあげ丼と天茶のランチ:

« 北陸の美味い海の幸を直送!自分で目の前で囲炉裏で焼いて楽しめる「方舟 銀座インズ店」 | トップページ | 神保町にある焼きそばマニアの聖地とあがめる名店「みかさ」はさすがの味でした »