« 祝!いよいよ3月に北陸新幹線金沢延伸。シリーズ?「石川・金沢という街」Vol.4「金沢の食文化」 | トップページ | 金沢カレーの一翼「ゴールドカレー」が小松に進出。南加賀でもカレー戦争勃発? »

2015/01/06

御茶ノ水「細打ちうどん 竹や」はうどん屋だが夜はつまみ系も豊富で一杯やるには適しているしカレーうどんが旨い

東京出張時に夜食べたお店について書きたいと思います。

東京といえば、うどんより蕎麦でしょう!?

確かに、東京でうどん屋さんには昔から何度も入っていますが、汁が蕎麦の汁と同じものを使っているところが多く、それも鰹出汁に濃口醤油の組み合わせは、昆布出汁に薄口醤油に慣れている身としてはあまり好みでないこともあります。

17

18この日、たまたまお店の近くに泊まったこともあり、さらには大雨の夜だったので近場で済まそうと飛び込んだのが、今日紹介する「竹や」です。

18:45頃お店に入りましたが。テーブル席は予約客で一杯でした。、丸い大きなテーブルは空いていたので、あとで相席になるという条件で座ることが出来ました。

9_2

思ったより広い店内で、働いている店員も多かったです。その店員さんの多くは中国の方のようでした。

2

さて、まずは生ビールで乾杯の後、すぐできそうなとりあえずの品として頼んだのは、こちらの「トマトポテトサラダ(700円)」と、

3

「コーンビーフとキャベツ炒め(600円)」です。

両方とも予想通りすぐ出てきました。こちらのお店は他のものもスピードよく出されるので気持ちがよかったですね。コーンビーフも久しぶりの味でした。

4

そのあと頼んだのは「出し巻き玉子」と、

5

「自家製さつま揚げ(750円)」。

そば屋の出し巻き玉子も美味しいのですが、うどん屋のもなかなかイケました。

11

「まぐろユッケ(700円)」。

8

「岩だこの唐揚げ(750円)」は大きめのタコのぶつ切りでしたが、ちょっと歯ごたえがあり過ぎた気もします。

12

こちらは、私は食べませんでしたが「鴨の南蛮風(750円)」。いい風味がしました。

6

「カキフライ(880円)」はジューシーでした。

そして最後の締めはやはり「うどん」でしょう!こちらのお店では、夜飲んだ後にいいのは、ハーフサイズがメニューにあることです。

13

そして事前の調査では、ここの「カレーうどん」が美味しいということで、私は「えび天カレーハーフ(730円)」を頼みました。

14

お店の名前に「細打ちうどん」という文字を冠しているように、こちらのうどんは細打ちです。そして細打ちながら微妙な弾力があるうどんで他にはないタイプのうどんでした。

カツオと昆布ダシで、とろみも比較的少なくさっぱり系。牛乳でしょうか?少しマイルドにされたカレーでしたが、カレーの辛さも十分感じる汁でなかなか美味しかったです。

7

えび天もぷりんとした食感でカレーの汁との相性もよかったです。日本酒飲みながらチビチビやるにもよく、升にはみ出るように注いでくれます。

15

一緒に行った2人は「鴨南蛮ハーフ(680円)」を頼んでいました。こちらも美味しかったそうです。

東京のうどんは云々を最初書きましたが、いや、「細打ちうどん 竹や」も侮れないお店でした。

細打ちうどん 竹や
東京都文京区湯島1-9-15
茶州ビル1F
TEL 03-5684-0159
月~金
11:00~15:00
17:00~23:00(LO.22:30)

11:00~15:00
17:00~21:00
日祝休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 祝!いよいよ3月に北陸新幹線金沢延伸。シリーズ?「石川・金沢という街」Vol.4「金沢の食文化」 | トップページ | 金沢カレーの一翼「ゴールドカレー」が小松に進出。南加賀でもカレー戦争勃発? »

東京・横浜のグルメ(和カテゴリー)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/60835056

この記事へのトラックバック一覧です: 御茶ノ水「細打ちうどん 竹や」はうどん屋だが夜はつまみ系も豊富で一杯やるには適しているしカレーうどんが旨い:

« 祝!いよいよ3月に北陸新幹線金沢延伸。シリーズ?「石川・金沢という街」Vol.4「金沢の食文化」 | トップページ | 金沢カレーの一翼「ゴールドカレー」が小松に進出。南加賀でもカレー戦争勃発? »