« 「チーたこの店・お好み焼き ぴえろ」で人気メニュー!外はカリッと中はとり~りの「チーたこ」のランチ | トップページ | 金沢駅百番街あんとに石川県内酒蔵の地酒が楽しめる「金沢地酒蔵」バーカウンターで軽く一杯 »

2014/11/17

東京赤坂「北の旬菜 茶茶」は北海道から直送の旬の食材を使った料理を楽しめるお店でした

北海道上川郡東川町は「写真甲子園」で有名な町である。

また、旭川の東側に位置し、北海道最高峰の旭岳など自然豊かなところで道内随一の米どころとしても知られている。ただ私も北海道へは仕事やプライベートで何度も行ったことがあるが、残念ながら東川町は行ったことがない。

その東川町出身の女将が経営しているお店が、今日紹介する東京赤坂の「北の旬菜 茶茶」というお店だ。赤坂駅より徒歩2分。赤坂見附や溜池山王からも近い便利な場所にあるのだが、小さな雑居ビルの4階にあるので少しわかりづらいかもしれない。

ここは、北海道から直送の旬の食材を使った料理を楽しめるところとして、北海道民も多く行くお店で、今回は北海道栗山町出身の、昔、とある会合でいろいろお世話になった方、他2名と一緒に初めて訪問した。

さて、平日の夜、店内で待ち合わせをして合流。お二人の方とはほぼ1年ぶり、もうお一人とは10年ぶりくらいの再会だった。

懐かしい話や北海道や東川町の話で盛り上がりながら、美味しい北海道の味覚に舌鼓をうった。

Photo_3

まずは北海道ということでサッポロビールで乾杯!

2

そして出されたのは刺身の盛り合わせ。大トロ子持ちしめ鯖(900円)、いわし(780円)、サーモンの大トロ、猿払産のホタテの4種類。すべて北海道から直送されたものばかり。

その中でも大トロ子持ちしめ鯖は、大トロの脂ののった鯖を使い、ししゃもの卵が付着した子持ち昆布で締められている高級品。いや、マジで美味しかった。鯖も昆布もよくないと、なかなかこの味は出せないし、私の地元石川では食べることのできないものだ。

サーモンも脂ノリノリ!ホタテは甘みたっぷり。素晴らしいラインナップだった。

3_2

こちらは「昔ながらのポテトサラダ(680円)」。ホクホクのじゃがいもを使い、同じく北海道産の玉ねぎやりんごも入った懐かしい味のポテトサラダだった。

4_2

こちらの大きな焼カレイはナメタ(滑多)カレイ。北海道ではババカレイと呼ばれている。
西日本ではそうでもないが東日本では高級魚として流通している。煮付けがおいしいそうだが、今回は塩焼で。サイズが大きいので身もホクホクしてとても美味しかった。写真では大きさがわかりにくいが40cmを超える大きさだった。

ビールの後、私は北海道の白糠町特産しそ仕立ての焼酎「鍛高譚(たんたかたん)」を頼んだ。この鍛高譚は私も夏の間、ほぼ毎日家で飲んでいる焼酎である。

そして肴は「松前三品盛り」。

11

ニシンの切り込み。

12

函館の塩辛。

13

松前漬けの3種類である。酒がすすむ。^_^;

「切り込み」とは、北海道や東北で食べられる発酵食品の郷土料理。いまや一般的となった塩麹を使えば、意外に簡単にできそうな気もする。これは美味しかった。

10

こちらは、かぼちゃの煮物。栗山町産「とことんかぼちゃ」 通称“栗かぼちゃ”は甘くてホクホクでした。

14

揚げ物は「カキ・ホッケ・いももちの3種フライ盛(1,500円)」。北海道民はフライが大好きである。カキの身は大振りでジューシー。いももち(いも餅)とは北海道の手軽なファストフードとして人気で、すりつぶしたじゃがいもを餅状にして焼くおやつのようなもの。それをされに素揚げしている。

中にチーズが入っているものもあった。

15_2

こちらは「スルメイカ(函館)沖漬けのルイベ」。半分凍っているルイベ状態で、内臓まで一緒に漬けこまれてうまみが口の中で溶け出してくる。酒の肴に最高!

そして、最後のご飯ものはミニイクラ丼。

17

昔と違って、いまは北海道は美味しいお米の産地としても有名で、その中でも東川町で採れる東川米は、近年美味しいと評判の「ゆめぴりか」。美味しいお米として有名だ。東川町は水道水も旭岳の伏流水を使っているほどの水がおいしい土地で、ミネラル豊富な水によって育てられた米は美味しくないわけがない。

19

イクラも、いまが美味しい季節。小さなみそ汁用の椀に入れられて出された。赤いダイヤのような輝きでえぐみもなく美味しかった。

22

最後のデザートに出してくれたのは、余市産ナイヤガラという品種のぶどう。完熟でとても甘かった。

23

さて、お酒のほうは鍛高譚のあとは国士無双という、これまた北海道の日本酒を飲み、最後はニッカ「余市」をロックで締めた。

酒まで北海道尽くしだった。

北海道の酒と料理を楽しみたかったら、ここ「北の旬菜 茶茶」はお勧めのお店だ。ぜひ皆さんもどうぞ!

北の旬菜 茶茶
東京都港区赤坂3-6-10
桝よしビル4F
TEL 03-3587-1606
11:30~14:00
17:30~23:30(L.O.22:30)
土日祝休(10名様以上の場合営業)

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 「チーたこの店・お好み焼き ぴえろ」で人気メニュー!外はカリッと中はとり~りの「チーたこ」のランチ | トップページ | 金沢駅百番街あんとに石川県内酒蔵の地酒が楽しめる「金沢地酒蔵」バーカウンターで軽く一杯 »

東京・横浜のグルメ(和カテゴリー)」カテゴリの記事

コメント

道銀の坂本さんから情報をいただきました。本町出身者のお店を紹介いただきありがとうございます。

投稿: 松岡 市郎 | 2014/11/21 12:16

松岡様
はじめまして。
いえいえ、私も北海道出身の方と一緒に行きました。
北海道民の北海道愛!素晴らしいですね。
おいしかったですよ。

投稿: あさぴー | 2014/11/21 19:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/60532620

この記事へのトラックバック一覧です: 東京赤坂「北の旬菜 茶茶」は北海道から直送の旬の食材を使った料理を楽しめるお店でした:

» ケノーベルからリンクのご案内(2014/11/18 08:45) [ケノーベル エージェント]
上川郡東川町エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2014/11/18 08:45

« 「チーたこの店・お好み焼き ぴえろ」で人気メニュー!外はカリッと中はとり~りの「チーたこ」のランチ | トップページ | 金沢駅百番街あんとに石川県内酒蔵の地酒が楽しめる「金沢地酒蔵」バーカウンターで軽く一杯 »