« ホテルの朝食も最近は色とりどり名古屋西鉄イン,水道橋ホテル聚楽,サンルートプラザ新宿,プリヴェ静岡ステーション | トップページ | 滋賀県南草津のトラットリア「サルティンボッカ」は近江牛がウリでボリュールたっぷりのランチがおすすめ »

2014/11/24

金沢城・兼六園紅葉秋のライトアップと「鞍月舎」キリモト。21美「ジャパン・アーキテクツ」「柳宗理記念デザイン研究所」東山「酒楽」

さて、3連休は皆さん、どのようにお過ごしだっただろうか?

2

私は、北陸新幹線の金沢延伸まであと111日なった昨日、秋真っ盛りの金沢で、紅葉と芸術、そして食欲の秋を満喫してきた。

16_2
18

今回は兼六園と金沢城でライトアップ「秋の段」が行われていたので、それに合わせて金沢に行くことにしたのだが、秋の行楽シーズンのおそらく最後であろう3連休。どこも混雑していた。

主目的は、金沢21世紀美術館で開催されている「ジャパン・アーキテクツ」の展示を見るためと、「金沢城・兼六園ライトアップ~秋の段~」を見ることだったが、他に回ったところについてもあわせて書きたいと思う。

Photo

まず向かったは、築40年の木造アパートをリノベーションした店舗+住居の複合アパート「鞍月舎」。タテマチストリートや新竪商店街にほど近い場所にある。

2_2

Photo_2目の前を鞍月用水が流れていて、この界隈ではここだけが妙に目立つ。

私が訪れたのは、その1Fに入っている「輪島キリモト・金沢店」。

輪島市で江戸時代後期から続く漆器の製造販売元であり、普段づかいできる漆器や漆を使ったインテリア小物や家具など、今の暮らしの中に溶け込む漆製品を提案する桐本木工所の金沢のショップである。

2_3

三代目のご主人のことは私も存じ上げているが、いま輪島塗の世界でも注目されているお一人で、日本橋三越にもお店を出している。彼は全国飛び歩いて輪島塗の魅力を発信しているのだ。

金沢店は桐本さんの妹さんが店長。食器類はもちろん、ボールペンや名刺入れなどの文房具、お弁当箱、置時計などを実際の物を見ながら買い求めることが出来る。

7_3

今回、私たちは輪島塗の箸を二膳買い求めた。男女とも一膳5,400円である。

昔ながらの輪島塗の箸の形状である楕円形をした箸で、人間工学的にも持ち易く、手にしっくりと馴染み使いやすい。

輪島キリモト・金沢店
石川県金沢市茨木町56-3
鞍月舎C-1
TEL 076-254-0058
11:00~18:00
水曜休

そして、買い物を済ませて向かったのは、近くにある「鈴木大拙館」。

Photo_3

ここは私のブログでも過去に紹介したことがあるが、金沢出身で日本の禅文化を海外に広くしらしめた仏教学者(文学博士)である鈴木大拙の考えや足跡を広く伝える文化施設である。

4

この周りは緑が多いところで、秋には紅葉できれいだ。

12

今回は館内には入らずに周辺の紅葉をカメラでパチリ。

16

紅葉もイチョウは終わりに近づき、もみじが最後の見ごろ。落ち葉のじゅうたんがあたり一面を染めていた。

鈴木大拙館
石川県金沢市本多町3丁目4-20
9:00~17:00
月曜休(休日の場合はその翌日)
年末年始※12月29日~1月3日

そして、今回の目的の一つである金沢21世紀美術館で開催されている「ジャパン・アーキテクツ」という建築をテーマにした展覧会。

6

「ジャパン・アーキテクツ1945~2010」と、

7

「3.11以後の建築」の2部構成となっている。

「ジャパン・アーキテクツ1945~2010」はフランス、ポンピドゥー・センター パリ国立近代美術館副館長のフレデリック・ミゲルー氏が監修・キュレーターを務めている。

私も建築のことには興味があったので見に行ったが、少し専門性が強い展示で、全国の建築家はこぞって見に来ると思われる内容だったが、普通の人には少ししんどい内容かもしれない。

4_2

写真は、最初の一部屋のみ撮影可能であった。

金沢21世紀美術館
ジャパン・アーキテクツ1945~2010
2014年11月1日(土)~2015年3月15日(日)
3.11以後の建築
2014年11月1日(土)~2015年5月10日(日)

そして、ライトアップまでの時間を過ごすために向かったのは「柳宗理記念デザイン研究所」。

Photo_4

お菓子の森八本店のあとを改装して作られた研究所で、金沢美術工芸大学により今年3月に開設されている。

プロダクトデザイナーとして有名な故柳宗理氏。彼は金沢美術工芸大学の教授だったこともある。

3

ここでは彼のデザインした家具やキッチンツールなどを見学することが出来る。

柳宗理記念デザイン研究所
石川県金沢市尾張町2丁目12番1号
TEL 076-201-8003
9:30~17:00
月曜休館(但し祝祭日は開所)
入場料無料

Photo_5

あと、そのままひがし茶屋街に移動して、こちらも今年6月にオープンした「ひがしやま酒楽」にも立ち寄った。

2_4

ここは金箔の箔一がプロデュースしたお店で、石川の地酒120種が揃っていて、試飲コーナーでは一杯500円から味わうことができる。

7_2

ちなみに、店内に張られていたサイン色紙。これが誰かを当てたら一杯無料で飲める。(11月30日まで)

ひがしやま酒楽
石川県金沢市東山1-25-5
TEL 076-251-1139
9:00~17:00
無休

さて、いよいよ17:30に近くなり、金沢城・兼六園のタイトアップを見に行った。

55

今年は11月の3連休3日間とも比較的暖かく天候にも恵まれ、ライトアップにも本当に多くの人が来ていた。

39

紅葉は最終段階の様相で、空気が澄んで凛とした空間の中、ライトアップされたスポット。本格的な写真ではないので、あまりいい写りではないが、これは徽軫灯籠(ことじとうろう)。

50

雪吊りも幾何学的なフォルムがクローズアップされてきれいだ。

9
10

そして、一通り園内を回り、そのまま金沢城の中を通って食事をするお店に向かったのである。グルメ編は後日アップするのでお楽しみに。

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« ホテルの朝食も最近は色とりどり名古屋西鉄イン,水道橋ホテル聚楽,サンルートプラザ新宿,プリヴェ静岡ステーション | トップページ | 滋賀県南草津のトラットリア「サルティンボッカ」は近江牛がウリでボリュールたっぷりのランチがおすすめ »

石川の美術館」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/60706251

この記事へのトラックバック一覧です: 金沢城・兼六園紅葉秋のライトアップと「鞍月舎」キリモト。21美「ジャパン・アーキテクツ」「柳宗理記念デザイン研究所」東山「酒楽」:

« ホテルの朝食も最近は色とりどり名古屋西鉄イン,水道橋ホテル聚楽,サンルートプラザ新宿,プリヴェ静岡ステーション | トップページ | 滋賀県南草津のトラットリア「サルティンボッカ」は近江牛がウリでボリュールたっぷりのランチがおすすめ »