« 七尾と和倉温泉観光の見どころ紹介「和倉昭和博物館とおもちゃ館」「なまこや」「ギャラリー葦」「能登食祭市場」 | トップページ | 日本酒好きにはたまらない「おかやまの酒ばあ さかばやし」で岡山の地元料理を肴に飲む »

2014/10/19

町屋を再生したお店「町屋ばる 山水悠」は女性ばかりが働いている明るいお店

昨年2月にオープン以来、すでに人気のお店になっている「町屋ばる 山水悠」に再訪してきた。

9_2

今回は、少し前に紹介した「酒房 うさぎ」のあとの2軒目に伺ったので、そんなに飲み食いしていないが紹介したい。前回訪問した時のことはこちらで書いているので参考にしてほしい

「町屋ばる 山水悠」で働いている方は全員女性。そのためかどうかはわからないが、我々が行った夜は女性客が8割ほど占めていた。

7_2

町屋つくりの「ほっこりとした空間」でおばんざいを肴に一杯。女性受けする「場」であることは間違いないだろう。

Photo_3

2軒目だったので最初から日本酒を頼む。神泉の純米大吟醸。お通しはあずき貝(バイ貝)。

あとはおばんざいから見繕って出してもらった。

2

こちらは「かすべ(エイ)の煮付け」。エイの煮付けを食べるのは久しぶり。プリンプリンの身でコラーゲンたっぷりである。女性受けするだろう。

3_2

「豚肉とししとうとなすの甘辛炒め」はしっかりとした味付け。酒の肴にうってつけ。

4_2

これは長ネギと豚肉などを煮込んだもの。

6_2

あと、「ヘルシーな冬瓜を使った豚ひき肉のあんかけ煮」も出された。

意外に煮物が多かったが、まぁ、おばんざいとはそういうものかな?

8_2

追加でオーダーしたのは、「揚げ焼き」。日本酒に合いますね~!

お酒は何杯飲んだか覚えていないが、お勘定は一人2,500円ほどだった。

女性らしい気配りを感じさせてくれる空間と料理の数々。女性客が多いのもうなづけるお店である。

町屋ばる 山水悠
石川県小松市東町111
TEL 070-5149-1110
11:00~23:00
月曜休(不定休あり)

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 七尾と和倉温泉観光の見どころ紹介「和倉昭和博物館とおもちゃ館」「なまこや」「ギャラリー葦」「能登食祭市場」 | トップページ | 日本酒好きにはたまらない「おかやまの酒ばあ さかばやし」で岡山の地元料理を肴に飲む »

石川グルメ(居酒屋)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/60342024

この記事へのトラックバック一覧です: 町屋を再生したお店「町屋ばる 山水悠」は女性ばかりが働いている明るいお店:

« 七尾と和倉温泉観光の見どころ紹介「和倉昭和博物館とおもちゃ館」「なまこや」「ギャラリー葦」「能登食祭市場」 | トップページ | 日本酒好きにはたまらない「おかやまの酒ばあ さかばやし」で岡山の地元料理を肴に飲む »