« 能美市寺井「割烹ふるた」のランチは手頃な値段で割烹の味を楽しめる | トップページ | 金沢カレーの重要な系譜。今渡さんのお店「カレーの市民アルバ 小松本店」は加賀カレー »

2014/09/14

能美市「手取川 竹やぶ」再訪。今回は「冷しにしんそば」「納豆そば」「とろろそば」

2年少し前に紹介したことがある能美市の「手取川 竹やぶ」に再訪してきた。

_8487
今回、お盆の休みに、帰省中の息子夫婦、それと母を連れて5名でお昼に再訪してきた。
念のために11:30に予約を入れ向かう。しかし、この日は私たちが食べ終わるまでにほかの客は来なかった。逆にお盆時期は狙い目?

_8477
前回のを読み返してみると、蕎麦の味についてはさておき、サービス面で少し辛口のコメントも書いていた。
その時、接客してくれた外国人の女性を店員だと思っていたが、今回、一緒に息子さんだろうか、開店時に暖簾を出しに出てきた子供がいた。ということは、彼女はご主人の奥さま??^^;
お店に入り品書きを見ると、値段は2年前と変わっていないようだった。消費税も上がったのに値上げしていないのは良心的?
息子夫婦は、前回我々が食べた石臼挽きの蕎麦を頼んでいたが、私は今回は少し変わったそばを食べたくなった。

_8482
そこで私は、本当に久しぶりに「冷しにしんそば」を頼むことにした。値段が1,680円と少し高めだが、これは値段相応の美味しさだった。

_8483
特に身欠きにしんがよかった。一週間かけて昆布の出汁で煮込んだにしんで、硬いところが一つもなく、いい塩梅で食べることができる逸品。江戸そばのかえしのきいた冷たい汁との相性もいい。とろとろの煮昆布も添えられている。

_8480
妻は、こちらの「納豆そば(1,050円)」を頼んだ。そばが見えないほどの具をかき混ぜて食べる。

_8481
母は「とろろそば(1,260円)」。写真はとろろだけで、別に出されるせいろそばをつけて食べる。

_8485
息子は、「石挽きせいろそば(945円)」。きれいに切り揃えられた蕎麦はつやがありいかにもおいしそうだ。
_8486
そば湯は、最初の客だったからか薄めだった。
「手取川 竹やぶ」。「竹やぶ」という屋号は、本家が特別に認めたお店だけがつけられるようで、ここご主人はどうも竹やぶ本店でも相当重要なポジションをしめていた方らしい。
前はシンプルなそばを食べて、確かに美味しかったのだが、食べ方やサービス面でハテナがあった。しかし、今回別のそばを食べてみて、素直に素晴らしいお店だということがわかった。
また、再度調べると、民芸風の建屋にステンドグラス、洋風の椅子など異国情緒が入った内装は、柏の竹やぶ本店の系譜なのだそうだ。
今回は誠にお見それしました。
手取川 竹やぶ
石川県能美市三ツ屋町イ12
TEL 0761-51-7313
11:30~15:00(L.O)
お昼の営業以外は完全予約制
水曜休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 能美市寺井「割烹ふるた」のランチは手頃な値段で割烹の味を楽しめる | トップページ | 金沢カレーの重要な系譜。今渡さんのお店「カレーの市民アルバ 小松本店」は加賀カレー »

石川グルメ(そば、麺類その他)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/60164136

この記事へのトラックバック一覧です: 能美市「手取川 竹やぶ」再訪。今回は「冷しにしんそば」「納豆そば」「とろろそば」:

« 能美市寺井「割烹ふるた」のランチは手頃な値段で割烹の味を楽しめる | トップページ | 金沢カレーの重要な系譜。今渡さんのお店「カレーの市民アルバ 小松本店」は加賀カレー »