« 北浜「旬食和心 志(しゅんしょくわしんこころ)」の定番丼はまぐろのユッケ丼温玉のっけ盛り | トップページ | 意外に全国チェーンも捨てがたい!杵屋グループ「穂の香 天王寺Mio店」で夏のうどん »

2014/08/16

白山市旧鳥越「蕎麦ごゝろ 唐変木(とうへんぼく)」後にも先にも「そば」しか有りません

前に紹介した白山市の「手打蕎麦じょんがら」

そこは「とうへんぼくな仲間」という蕎麦の店の集まりの一員と書いたが、その「とうへんぼく」という名称は、実は今日紹介する蕎麦店のことを指している。

どうも、唐変木の蕎麦の影響を受けたお店が石川県内に9店舗あり、唐変木を含めて10店舗でスタンプラリーなんかもやっているそうで、全店制覇すると素敵なプレゼントがもらえるようだ。

私も前回、「手打蕎麦じょんがら」に行ったので、言ってみれば「とうへんぼくな仲間」の総元締め?である「唐変木」の蕎麦を是非食べてみたいと思い、妻と母を連れ出し行ってきた。

001

場所は白山市の旧鳥越にあるが、私も過去あまり通ったことがない手取キャニオンロード沿い、そして蕎麦屋らしからぬログハウスのお店、それも自体が少し奥まったところにあるので少しわかりにくいだろう。

014

ご覧のように、蕎麦を挽き手打ちする場所もある。

003

お店はログハウスつくり。中は窓が大きく明るい。テーブルやイスも木で作られていて温かみのあるお店だ。

お店に置いてあったちらしを見ると、唐変木のご主人は福井の池田町「そば打ち道場」に感動し、四年間道場へ毎週200Kmを通って技術を習得したようだ。

そば粉は石臼による自家製粉で、3基の石臼で3種類の麺を手打ちで提供している。

メニューには本当に蕎麦しかない。品書きにも「後にも先にも『そば』しか有りません」と書かれている通りである。

011

ということで、私と母が頼んだのは「手挽き超粗粉(9割5分)」のざる(1,050円)。

010

手挽きは高速回転で超粗く挽いた粉を使用した蕎麦であり、蕎麦本来の香りと味を楽しむには最適な蕎麦だと思う。

008

妻は「特上そば(十割)」と「馬方そば(十割)」の重ねそば(1,300円)を頼んでいた。

特上は細麺の一般的な十割蕎麦で、馬方は割り箸ほどの太さがある田舎蕎麦のことだ。

009

写真ではわかりにくいかもしれないが、下のほうに馬方、その上に特上を乗せてある。

そばつゆは少量。蕎麦本来の風味を楽しむためにそうしているのかな?

私も、まずはそばつゆに付けずに食べる。いや、これがなかなかいい!蕎麦の風味がダイレクトに楽しめる。そのあとつゆに付けて食べ、最後に添えられていた辛み大根の絞り汁を加え食べる。味の変化を楽しめてよかった。

妻の食べた馬方そばを一本もらって食べたが、「手打蕎麦じょんがら」で食べた十割の太打ちの蕎麦の味がフラッシュバックした感じ。弾力のある蕎麦もいい。

013

そば湯は、私好みのとろみのあるタイプだった。

来てみて食べてみてわかるのは、ご主人の蕎麦に対する愛情というか、こだわりが随所に感じられるいいお店でした。

蕎麦ごゝろ 唐変木
石川県白山市若原町甲100-1
TEL 076-254-2281
11:00~16:00
木・金曜休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 北浜「旬食和心 志(しゅんしょくわしんこころ)」の定番丼はまぐろのユッケ丼温玉のっけ盛り | トップページ | 意外に全国チェーンも捨てがたい!杵屋グループ「穂の香 天王寺Mio店」で夏のうどん »

石川グルメ(そば、麺類その他)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/60020267

この記事へのトラックバック一覧です: 白山市旧鳥越「蕎麦ごゝろ 唐変木(とうへんぼく)」後にも先にも「そば」しか有りません:

« 北浜「旬食和心 志(しゅんしょくわしんこころ)」の定番丼はまぐろのユッケ丼温玉のっけ盛り | トップページ | 意外に全国チェーンも捨てがたい!杵屋グループ「穂の香 天王寺Mio店」で夏のうどん »