« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014/07/31

久しぶりの大阪街歩き。南堀江、ミナミ、中之島、グランフロント大阪「ナレッジキャピタル」

大阪の観光&ショッピング編です。

今回の宿泊先は天王寺だったので、主に南のほうを中心に回った。

まず南堀江は家具、雑貨、ファッション関係のお店が立ち並ぶ、若者に人気のエリアだ。

すぐ近くに心斎橋やミナミのショッピングエリアもあるが、そのあたりはショバ代も高いので、少し単価の高い商品が中心となってしまうが、南堀江のほうはまだまだそうでもなく、ゆったりとした気分で買い物を楽しむことが出来る。

219

こちらは「URBAN RESEARCH 堀江店」。妻の服を買い求めたのだが、何とびっくりしたのが、応対してくれた男性が小松市出身だったこと。

こんなところで、小松出身の人と会うとは驚いた。

そうそう、非常にタイムリーな話題!今日の朝刊にも出ていたが、URBAN RESEARCH(アーバンリサーチ)は今度、香林坊大和にもようやく出店する。このときに出店の話は聞いていた

220

こちらは大阪に住んでいたときに時々利用していた「TIMELESS COMFORT(タイムレスコンフォート)」という日用雑貨のお店。

Asoko221

ここは私たちが住んでいたときにまだなかった「雑貨 あそこ(ASOKO)」。

Asoko223

都会は色々なお店があって、見てまわるだけで楽しいですね。

128

ミナミには夜立ち寄り、久しぶりに見るネオン。グリコも元気でした。

中之島にある「オステリアレーブ(OsteriaLeb)」にランチしたときに立ち寄ったのが、国立国際美術館と大阪科学館。

020

国立国際美術館は、あべのハルカスの基本設計をおこなったシーザー・ベリが設計している。

023

いまは「ノスタルジー&ファンタジー」という展示をやっていた。

Glaf025

ちなみに、このすぐ近くにあった、家具・空間・プロダクト・グラフィックデザインのgraf(グラフ)は、すぐ西側の場所に移転していた。ここもいいお店です。

最後に、帰りに大阪駅でお土産を買うためにグランフロント大阪に。

247

少し時間もあったので、北館にある「ナレッジキャピタル(知的創造拠点)」ザ・ラボに立ち寄ってみた。

「The Lab.は、子どもから大人まで訪れた誰もが、先端技術に触れて、体験して、語り合う楽しい交流施設」となっているが、少しコンセプトと展示内容がわかりにくいというか、場所的にも厳しい気がするが……?

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/07/29

小松市「日本料理 わじま」は個人客から宴会にも気軽に使える和食の本道のお店

昔、ランチについて書いたことがある日の出町の「日本料理 わじま」。

001

今回は会社の人と夜にお邪魔してきた。夜に行くのは今回が初めてである。

お店とは直接関係ないが、小松市には人口の割には料亭・割烹・日本料理・寿司店が多く存在している。

これは、昭和25年以降30年台にかけての景気拡大期、いわゆる「ガチャマン景気(別名「糸ヘン景気」)」。つまりは織機をガチャンと一回織れば万の金が儲かるといわれた時期。繊維産業が盛んだった小松市においてもその恩恵を受けている。

そのため、儲かれば金を使うわけで、当時の小松市内の飲食店はどこも旦那衆で賑わっていたようである。

需要が増えれば供給も増えるわけで、多くの料亭・割烹・日本料理・寿司店が出来、その名残というか、いまでも小松市内にはその手のお店が多いのだと思う。

もちろん、日本海の幸が豊富で和食系のいい食材が手に入りやすかったこともある。
私も、そんな場所で育ったために、小さい頃は洋食のハイカラなお店もないので外食といえば和食。結果、自ずと和食がいまでも一番好きである。

さて、「日本料理 わじま」の話に戻そう。

今回は一人4,500円のコースでお願いしたので、紹介したい。

003

まず出されたのは、うなきゅうとお刺身。イカ、甘えび、カンパチ、サワラ。刺身は定番物のネタ。この時期、イカは甘くて美味しい。

うなぎも昨年の高値に比べたら少しは落ち着いてきたかな?

006

鮎の塩焼きは、じっくり焼かれていて、まだ若鮎で苦味も少なく頭からガブリ!骨まで食べることが出来た。タデ酢で食べると爽やか。

007

炊き合わせは、身欠きにしんとニンジン、ナス、大根。

008

夏にはぴったりの「冷製茶碗蒸しに、和風ジュレのせ」。

009

こちらは夏の定番の鱧。「冷たい鱧の湯引き梅肉添え」。

010

天ぷらは揚げたてサクサク。

011

最後のご飯は土鍋で炊き上げられた鮎ご飯。

012

これはほのかな香魚あゆの香りと味が上品で美味しかった。

013

004デザートはコーヒーのアイス。

これらを肴に飲んだのはキリッと冷えた神泉生酒や地元の冷酒を主体に色々飲んだ。

「日本料理 わじま」で出されたものは、日本料理の定番のものを中心としながらも、決して奇をてらうわけではなく、いい感じで夏の趣にアレンジされていて安心して食べられる料理ばかりだった。

カウンター席もあったり、テーブル、小上がり、個室など色々な場面で使えるお店で重宝しそうだ。

日本料理 わじま
TEL 0761-24-2275
石川県小松市日の出町3丁目177
火~金
11:30~13:30
17:00~22:30(L.O.)
土日祝
17:00~22:30(LO)
月曜休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/07/28

靱公園のバラと京町堀「Punto e Linea(プント エ リーネア)」でホッと一息カフェタイム

大阪に行った折りに、妻が顔を出すキャンドルセレクトショップ「ワンオーバーエフ」。

005

006このお店の近くには、私たちが大阪に住んでいたときに毎週のように通っていた靱(うつぼ)公園がある。

大阪は意外に緑が少ない街なのだが、この周辺は緑も多く、平日でも多くの人が訪れる憩いの場所になっている。

009

3月に来たときも少し散策したが、その頃はまだ開花している花も少なかったが、今回、6月末であったが、靱公園にある有名なバラ園には、まだ多くのバラが咲いていた。

008

バラ園は高低差が付いていて、上の方から水が流れている。

011

012最後にはプールのようになっていて、休日ということで多くの子供が水遊びをしていた。

そして、ここからほど近い場所にあるカフェ&バール「Punto e Linea(プント エ リーネア)」でいっぷくすることにした。

このお店には大阪在住のとき、私が出張などで不在のときなどに妻が時々お茶しに行っていたのですぐわかる場所なのだが、知らない通りがかりの客が入るような構えではなく、普通のビルの一階の少し奥まったところにあって、わかりにくいだろう?

016

オーナーは関西No.1バリスタになったこともある方で、内容なども意外にそっけないが、常連客のファンが多いお店なのである。

017

店内に入り、一通りの世間話をして、私が頼んだのは「エル&エル」というレモンとライムのスカッシュを頼んだ。そうしたら彼は、今の季節、いいオレンジがあるので、レモンの代わりにオレンジでどうですか?と聞いてきたので、それでお願いした。ということで、ネーミングはオレンジだから「エル&エル」ではなく「エル&オー」かな?

018

妻が頼んだ「カフェ フレッド シェケラート(550円)」は、シェーカーでエスプレッソをシェイクしたナポリスタイルのアイスコーヒー。

酒好きの妻はイタリアのリキュールのアマレットをブレンドしている。

私も一口飲んだが、アルコールの味はほとんどせず、甘みとコーヒーの苦味のバランスが絶品だった。

ちなみに、「Punto e Linea(プント エ リーネア)」とは、イタリア語で点と線の意味である。皆さんも是非行かれてみてはいかが?当然、エスプレッソも美味しいですよ!

198

あとそうそう!冒頭のキャンドルセレクトショップ「ワンオーバーエフ」では、妻はこんなキャンドル買い求めていました。長野の蜜蝋などももらってました。

Punto e Linea(プント エ リーネア)
大阪市西区京町堀2-2-11
TEL 06-6448-3456
10:00~23:30(L.O.23:00)
土曜12:00~
水曜休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/07/26

能美市寺井「焼き菓子 こびり」で焼き菓子を食べながらのほっこりカフェタイム

今日は能美市寺井に6月にオープンした焼き菓子とカフェのお店「こびり」を紹介したい。

私も小松の北の端の高堂町から寺井町に行く県道を十何年ぶりに通った。小松の市街地に住む人は普段はこのあたりを通らないだろう?

そして、また、このお店の目立たないこと!車で行く場合、場所をよく確認して通らないと通り過ぎてしまう確率大だ。

オーナーの女性は加賀市の出身らしいが、なぜこの場所に……?という気もしないではない。

030

お店は、能美市のチャレンジショップ1号店の奥にある。たぶん、「焼き菓子 こびり」もチャレンジショップとしての位置付けなのかもしれない。

001

お店の前には、ご覧の「こびり」と小さく書かれた板?が置かれていて、緑の暖簾がかけられている。

028

中に入ると、通路が白くペンキで塗られていて、ぬいぐるみ作家のmukashiya 徳井綾さんの作品「蟻の巣」が展示されている。

029

また、オーナーの両親が作っているらしい野菜も置かれて売られていたりする。

007

ちなみに店名の「こびり」とは、加賀市のほうでは「小昼」と書き、野良仕事の合間に食べるおやつのことをいうのだそうだ。字もそのような意味合いを持っている。でも、小松の私はあまり聞かない言葉だ。

004

店内に入ると、手作り感満載の空間で、調べたらワークショップ形式で、壁を白く塗るなど、本当に手づくりで仕上げられた店内なのだそうだ。

015

家具類などの備品も、どこかから貰ってきたのか?年季の入った品々で、学校で生徒が使っていた机とイスも再利用している。

005

席に着く前に、焼き菓子と飲み物をオーダーする。

022

私は「バナナとクルミのマフィン(260円)」で、バナナとクルミという味も食感も違う組み合わせのマフィンだったが、甘さ控えめで美味しかった。

016

妻は「レモンのホットビスケット(200円)」。レモンが乗せられたビスケットで、温かくして食べる。

ここは粉類・油・豆乳などはずべて国産で、小麦は主には北海道産。米粉は地元能美市のものを使っている。甘味はきび砂糖とはちみつ。塩は珠洲の塩を使っている。安全な素材を使っているようだ。

023

018_2飲み物は私は丸八製茶の献上加賀棒茶。

飲み物にはご覧の「お茶うけクッキー(30円)」が付いてくる。小さいが甘みもしっかりで、まさにお茶請けにもってこいのクッキーだ。

妻はコーヒーで、同じ能美市にあるアグリスコーヒーのスペシャリティ豆を使っていた。

人数がそんなに多く入るスペースではないが、緑一杯の庭を眺めながらほっこりと出来る空間で、美味しい焼き菓子と飲み物を楽しむにはいいお店だと思う。

しかし最近、南加賀では色々新しいカフェが出来てきて、これまで私のブログでも順番に取り上げてきた。なかなか個性的なお店が多く、どこも末永く営業を続けていただきたいと願う。

焼き菓子 こびり
石川県能美市寺井町ウ18
TEL 0761-48-4345
11:00~16:00 
木・金曜休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/07/25

グランフロント大阪北館6F「憩酒屋 ひょうたんや&ビストロゴルデ」は凄いお店でした!

いつものようにサンダーバードで帰る前に大阪駅近辺で腹ごしらえ兼酒飲み。

今回のチョイスはグランフロント大阪北館6Fにある「憩酒屋 ひょうたんや」という立ち飲みのお店。ここは、旧店名「陽菜ひょうたんや」という名で新梅田食堂街にあったお店がグランドフロント大阪店をオープンされたところ。

257

グランフロント大阪店をオープンするにあたって、新梅田食堂街のお店は一旦休業していたようであるが、7月よりリニューアルして再開するそうだ。

240

「憩酒屋 ひょうたんや」は、隣の「ビストロゴルデ」と一体のお店となっている。同じ店舗のような感じで営業している。私も行くまでは知らなかったのだが、この手のお店は珍しいので一緒に行った妻は大喜び!

263

何せ、居酒屋とビストロ、両方のいいところをつまみ食いできるわけで、幅広いジャンルのお酒も一度の楽しむことが出来るのだから喜ぶのも無理はない。

そして、両方のお店あわせると料理の品数が半端ではない。もちろん、酒の種類も同じである。選ぶのに苦労した。

264

まずは、のどを潤すアルコール。私は白州のハイボール(550円)。妻はゴルデアンバー(500円)というハイネケン+スタウトの泡という組み合わせを楽しむことにした。

ゴルデアンバーのほうは、写真では少しわかりにくいかもしれないが、スタウトの茶色い泡が上部から降りてきているのがわかるだろうか?

では、食べたものを紹介していきたい。

266

まずは、ひょうたんやからは、日本海で獲れた生の本マグロを刺身で(1,500円)。

273

あと、「自家製 きずし(400円)」も頼んだ。〆具合がよかった。

267

「ビストロゴルデ」からは、前菜の盛り合わせの「ゴールデンプレート(1,500円)」。

内容はタコのアイオリソース、かぼちゃのマリネ、ナスのバルサミコマリネ、鴨のスモークハム、マカロニサラダ、ピクルス、フォアグラのテリーヌ、サラダ、バケット。1,500円で盛りだくさん。

271

「エスカルゴ ブルゴーニュ風(800円)」もお願いした。ニンニクの風味がきいている。

272

バケットにバジルソースをつけて食べると、これまた美味しい。

276

最後にはメニューに「〆の一品」と標記がしてあった「自家製ソーセージカレー(600円)」を頼んだ。こちらもバゲットにつけてつまみとして食べる。相当辛口のカレーで、ソーセージも美味しい。「〆の一品」だがライスは付いていない。

269

あと、飲み物は私は山崎のハイボールと、

274

275最後はお店の特製ブレンド「泡盛10年古酒(800円)」など頼んだ。

妻は洋酒系を頼んでいた。

締めて8,900円ほど。味も美味しいし、値段的にもリーズナブル。そして何せ、和洋両方とも同時に楽しむことが出来るお店として辛党の諸氏の胃袋を満足させてくれること間違いない!

憩酒屋 ひょうたんや
大阪府大阪市北区大深町3-1
グランフロント大阪 北館6F
TEL 06-6359-4545
月~土・祝前日
11:00~26:00
日・祝日
11:00~23:00
※翌日が平日の場合
不定休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/07/23

小松市「秀寿司」は旬の地の食材を活かした料理と寿司を楽しめる人気のお店

001小松市清水町にある「秀寿司」に行くのは約9年ぶりとなる。

私がこのブログを始めた最初のころに一度紹介したことがあるが、それ以来である。

ブログを書き始める前は年に何度か行っていたのだが、県外に出ていたこともあって少しご無沙汰となっていた。

「秀寿司」は、特に地元の人に人気があり、いつも地元のお客さん中心に賑わっている。お店はカウンター、小上がり、座敷など40人以上は入ることが出来る。

現在のご主人は二代目で、小松の会席・懐石料理の名店「つづら」で修行をされている。腕のほうは確かだ。そして「つづら」時代に培った創作料理を創り出す腕を生かして、多彩なメニューを生み出している。

今回は妻と母の3人で土曜の夜にお邪魔したのだが、私たちが18時前にお店に入ってからも次から次とお客さんがひっきりなしに店内に入ってくるではないか!?やはり人気のお店だけある。

この日私たちは入り口近くの小上がりに通された。

002

まずはお通しと生ビール。

あと食べたものを順番に紹介したい。

003_2

酢の物で岩もずく酢。しっかりとした食感で酸味もほどよく美味しい。

004

刺身の盛り合わせはこれで3人前。

005

一人前では、こんな感じで、甘えび、ノドグロ、ブリ、トロ、アジ、アカイカ、梅貝。

ノドグロは脂がのっていて美味しい。アカイカも甘みが最高。アジはわけぎを巻いて、梅貝はコリッとして美味しい。

009

サザエのつぼ焼きは久しぶりに食べた。肝も美味しかった。

006

ハマグリの塩焼きも久しぶりだったが、蛤の身が厚くてジューシーで旨い!

011

こちらは、お店の人気メニューの一つで「ライスコロッケ」。中のライスも酢飯を使っているところが寿司店らしいところ。海老も入っていて美味しい。

010_2

これらをアテに飲んだのは、前に私のブログでも紹介したことがある、農口酒造の「山廃吟醸 農口」。レジェンドの造った酒はやはり美味しい。あと、吉田蔵の大吟醸を頼んだ。

このあたりに握りに移る。いつもなら寿司はカウンターで食べることがほとんどなのだが、この日は小上がりだったので、握りはまとめて出された。

特上握り(2,500円)とお好みを見繕って頼んだ。

015

出されたのがこちら。長ロングな器に盛られて出された。

そこで、分割して写真を写す。

012_2

こちら側が特上握り。

013

10貫でノドグロ、中トロ、ウニ、イクラ、アブトロなどの高級ネタが中心である。

014_2

お好みでは、貝割れの昆布締め1貫と、まぐろ、赤貝、ノドグロの炙りを2貫ずつお願いした。

貝割れの昆布締めは昆布で包んで一晩寝かせたもので、これは妻の口に。ノドグロも炙られると一段と旨みが増す。

016_2

あと、へしこの握りも追加で頼んでみた。

大根と一緒に海苔で巻いてある。鯖の糠漬けの塩辛さを大根が和らげてくれる。大根のサクッとした食感も合う。

017_2

テーブルには、小松ちりめんで作られた寿司の飾り。可愛い。

以上飲み食いして3人で2万円弱。大体思ったとおりの値段だったが満足度は高いと思う。

秀寿司
石川県小松市清水町7
TEL 0761-22-3066
17:00~02:00
日曜休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014/07/22

大阪南堀江のビル1階にひっそりとある「山茶花(さざんか)」の三段重は和の玉手箱

南堀江は私が住んでいる前から、家具、ファッションや雑貨店が立ち並ぶオシャレな街として若者に人気だった。

226飲食店も、カフェやイタリアン、ビストロなどが似合う雰囲気を持っている。

今日紹介する「山茶花(さざんか)」は、ひと頃流行ったダイアパレスの赤レンガの一階が店舗となっている複合マンションの1F一番奥にひっそりとある、いわゆる小料理屋さんである。

隣の中華屋さんが人気なのか、しょっちゅう客が出入りしていたが、ここは静かなお店だ。

両方とも南堀江の雰囲気とは似合っていないかもしれないが、美味しければ客は来るわけで、そんか感想はどうでもいい?

227

店内にBGMもなく、カウンターの中には、ご夫婦だろうか?調理の担当が女性の方で運ぶのが男性だったが、大阪のお店としては珍しくお二人の会話もあまりなく、余計静かに感じた。

カウンター7席。4人がけのテーブル席が2つの小さなお店で、ランチメニューは1,800円の三段重のみ。この1,800円という値段はランチとしてはサラリーマン諸氏にはとと高いかな?

実際は私たちが行った日は、私以外は全員女性客。自分へのご褒美は女性の特権??
しかしながら、この三段重が侮れない!中を開けると玉手箱のように何が出てくるか楽しみな内容だった。

まずはお通しが出される。

228

229何とか豆腐と言われたが忘れてしまった。(^^;; 上に乗せられているクラゲのコリッとした食感が印象に残っている。

さて、出されました三段重!玉手箱のような塗りの重箱が三段重ねられて出される。まずは全体を写真でお見せします。

230

上段にはお造りで鯛とイカ。茄子の浅漬けも添えられている。イカのねっとりとした食感。鯛はいい歯ごたえでした。

231

中段には八寸的な料理の数々。焼物と焚物が中心で、枝豆 出し巻 塩昆布、ポテトの甘煮、ホタテ、大根、厚揚げ、ゴボウ、とうもろこしなど、多品種少量。少し濃い目の味付けで、なんだか酒が欲しくなる。

233

下段には、揚げ物として、タラの身だと思うが、すり身のフライ、磯辺揚げ、しし唐。磯辺揚げの魚は何だっただろう?(^^;;酢の物はタコとキュウリ。セロリと人参のマリネ。

232

色々な種類の食材を色々な調理法で、かつ和食の王道が詰まっている三段重。味も美味しくて満足。

235

ご飯に味噌汁。ご飯はちりめん山椒が乗せられている。お代わり自由がうれしい。

236

デザートには白玉ぜんざいが付く。

237

そして、お抹茶も付く。

1,800円で本格和食一通りのコースを楽しめる内容だ。お昼からちょっとした贅沢なかな?

山茶花(さざんか)
大阪市西区南堀江1-20-23
ダイアパレス堀江公園1F
TEL 06-6536-7500
12:00~14:00
18:00~22:00
水曜休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/07/20

梅雨明け間近の金沢は夏の装いでオープンやイベント花盛り「百番街あんと」「21美」「金沢ナイトミュージアム」

昨日、梅雨明け間近?の金沢に出かけてきた。

金沢の芸術創造財団と文化振興財団の共催による「金沢ナイトミュージアム2014」を見に行くというのが主目的だった。

3

金沢駅の降り立つと大勢の人だかり。17日に金沢駅のショッピング&飲食店街「百番街あんと」がリニューアルオープンしたのだが、そのオープンイベントを盛り上げるために「くまモン」が来店していたのだ。

いや~、凄い人気ですね!?「くまモン」おそるべし!

ちなみに、石川県のゆるきゃら「ひゃくまんさん」は東京に出張中とのこと。東京のイベントでも「くまモン」が出演していたようで何体いるのかな??

「ひゃくまんさん」は制作費高そうだから一体だけなようで……。

5

その後、諸々用事を済ませて、立ち寄ったのは金澤神社と、

1

その脇にある「金城霊澤」。ここは昔、金沢近郊で芋を掘っていた芋掘藤五郎が砂金を見つけ、ここで洗ったため金洗い沢という名前が付いたということで、いまの「金沢」の地名の由来だといわれている。

その足で金沢21世紀美術館へ。ここで別な用事で金沢にきていた妻と合流。

069

開館10周年記念展示として、5月3日(土) から8月31日(日)まで展示されている「レアンドロ・エルリッヒ ーありきたりの?」を見た。

フラッシュ撮影はダメだったが、写真撮影ok。こちらの写真は展示の一部「見えない庭2014」という作品。

074

展示の公式Webにも出ていて、かつ、これは実際に見ないと良さがわからないと思うのでアップするが、なかなか面白かった。というか、わかるまで不思議な感覚だった。

055

ちなみに、レアンドロ・エルリッヒ氏は金沢21世紀美術館でも一番有名?な「スイミング・プール2004(いわゆるレアンドロのプール)」の作者としても知られている。

さて、この後、夕飯を済ませてから向かったのは、「金沢ナイトミュージアム2014」の会場である「鈴木大拙館」。

109

「アジアの詩情 in 鈴木大拙館」は、この日は雨が降るかもしれないという予報だったため思索空間棟の中で行われた。

114

フルートの木埜下大祐氏、ヴァイオリンの中澤沙央里さん、二胡の呉淑亮氏の3名の演奏を幻想的な空間で聞くことが出来たので満足。

実は、この演奏が30分ということで、もう一つ会場のすぐそばの旧中村邸で行われていた「金沢ナイトミュージアム旧中村邸プロジェクションマッピング 2014」を見る予定だったのだが、演奏が50分以上もあり、終了後早足で旧中村邸に向かったものの、結局終わっていて見ることが出来なかった。

演奏中も30数分過ぎたあたりから気もそぞろになってしまった。私たちは「アジアの詩情 in 鈴木大拙館」の20時からの演奏を聞いたのだが、旧中村邸プロジェクションマッピングも20:00,20:15,20:30,20:45 の計4回だったため、20時からの演奏を聞きに来た人は物理的に旧中村邸プロジェクションマッピングを見ることは無理だったということになる。

あと、鈴木大拙館と旧中村邸が近いこともあり、鈴木大拙館の静かな空間でいい音楽を聴いているのだが、旧中村邸プロジェクションマッピングで使われている音が意外に聞こえてくるのだ。鈴木大拙館のまわりが静かなので若干気になった。

無料のイベントなのでぜいたくは言うなということかもしれないが、せっかく楽しみにしていたのでこのあたりは是非配慮をしていただければありがたいと思う。

でも、ボランティアの皆さんもたくさん頑張っておられ、本当に感謝です。

「金沢ナイトミュージアム2014」はこのあとも10月まで色々な催しが計画されている。スケジュールはこちらを

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/07/19

水道橋「横浜家系ラーメン 田中」は醤油豚骨の食べやすいラーメン

とある日の東京でのランチの話題。それも久しぶりのラーメンネタです。

ラーメンには、各地方の味のご当地ラーメンがある。東京を中心とする関東の場合、需要が大きいこともあり色々な味の系統が存在している。

そのため、単に地域名を冠した名前ではなく、その味を作ったラーメン店の名前を付けた~系というネーミングになっているのではないかと思う。

4

今日紹介する「横浜家系ラーメン 田中」は、横浜の「吉村家」というお店の味がルーツ。名前に「家」が付いていることから「家系」と呼ばれている。

味の基本は豚骨と鶏ガラを使った濃い醤油味のスープが特徴で、他にはストレートの極太の麺や大きな海苔が付いてくることも特徴となっている。そうそう!ほうれん草も定番か!?

私は醤油豚骨の味自体は好きなのだが、背脂がこってりかかっているなど、あまりに濃い味の豚骨ラーメンは苦手である。

その点、ここのラーメンは味、脂など多目、少なめなど好みに応じてオーダーが出来るのがうれしい。ただ、味は醤油豚骨のみ。つけ麺もある。

5

お店では常時、ライスが大・中・小とも無料で、お代わりも自由。テーブルにある漬物類も無料で食べ放題だ。まさに量を多く食べる人向きのお店である。

2

私は、味玉ラーメン(700円)で麺は固め、脂少なめでお願いした。

1

無料のライスは小。

出されたラーメンは、ご覧の通り家系の特徴の一つである大きな海苔が3枚。ほうれん草も多目だ。チャーシューは1枚であまり特徴の無い味だった。

3

麺はストレートの太麺。スープはクセが少ない味で私にはいいのだが、家系ファンには物足りないかな?もっとも私は脂少なめでお願いしたので、好みで多くすれば良いだけだろう?

4_2

味玉も見た目と違って味が染みていた。

横浜家系ラーメン 田中
東京都千代田区三崎町3-1-10
水道橋ビル 1F
TEL 03-3221-6522
11:00~23:00
無休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/07/17

山代温泉街「寿司処 平八」でランチは女性に人気の「小さな懐石膳」で決まり!

山代温泉の旅館にも最近泊まりにいっていない。

まぁ昔ほどは温泉旅館に宿泊して、まったり温泉気分に浸りたいという欲求が少なくなったことが大きい。

また、温泉旅館だと、それなりに料理にこだわったところだと、一人3万円以上は覚悟しないといけないので、それならば3~4回、割烹やレストランなどで美味しい料理を食べたほうがいいと思うようになってきたからかな?

でも、たまには温泉でゆったりしたいのも本心かも?

さて話は変わるが、全国の温泉地もバブルがはじけて以来、接待需要や団体客の減少により、いわゆる大箱の温泉旅館の廃業が相次いでいるが、山代温泉も例外ではなく、多くの旅館が廃業したり湯快リゾートや大江戸温泉物語などの傘下に入ったりしている。

たとえば、全国的にも有名だったホテル百万石は結局倒産(一応、廃業となっている)してしまったし、山下屋は大江戸温泉物語傘下でリ・スタートしている。

山代温泉としても「湯の曲輪」を再整備したりして観光客を呼び戻そうとしているが、これは他の温泉地でも同じだろうが、なかなか昔のような賑わいを取り戻すことは出来ないでいる。

024前置きが長くなってしまったが、今日の話題は温泉旅館ではありません。(笑い)

山代温泉街にある寿司店「寿司処 平八」についてである。

「湯の曲輪」のロータリーから少し入ったところにあり、今のご主人で4代目の老舗寿司店なのだ。

029

お店に入ると、カウンター席がずらり。奥には座敷の部屋があるようだ。中庭もある。

028

この日はランチを食べにお邪魔した。ランチメニューはにぎりと海鮮ちらしなどを組み合わせたものが何種類か設定されていた。

030

私はその中から、女性に人気という「小さな懐石膳」を選んだ。このセットは普通のご飯茶碗のような大きさの茶碗に盛られた海鮮ちらしに、お造り、茶碗蒸し、酢の物が付いて税抜き1,500円のメニューとなっている。

032

しかし、この海鮮ちらしは侮れない!器は小さいのだが、ネタはフルバージョン!ご飯の量が少ないのだが、最近はこの程度で十分満足できるようになった年齢なので腹八分でちょうど良い。

もちそん、一般的男性にとっては量的には物足りないかもしれないが、女性には満足出来る量だと思う。

マグロ、コハダ、海老、穴子、タイ、ヒラメ、タコなどの魚がきれいに盛られていて、見た目も美味しそう。

031

お造りは、カンパチ、甘えび、イカ。カンパチの脂ののりが凄かった。

033

もずく酢と茶碗蒸しも美味しかった。1,500円の価値は十分あったと思う。

寿司処 平八
石川県加賀市山代温泉18-55-1
TEL 0761-76-1014
11:30~14:00(L.O.13:30)
17:00~24:00
月曜休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/07/16

大阪にもワイン醸造所があるのです!島之内フジマル醸造所で作られたワインを併設ワイン食堂で愉しむ

ワイン醸造所(ワイナリー)といえば、田舎で広大なブドウ畑が併設されている、のどかな風景の場所にあるイメージがある。

363

私の住む石川にも、能登ワインというワイナリーがあり、ご覧のような広大なブドウ畑の中に醸造所がある。

361

しかし、何と大都会大阪のど真ん中にもワイナリーがあるのだ。

110

今日紹介する島之内の「フジマル醸造所」は、もともと、ワインショップを経営していたフジマルが新展開を図る目的で始めたワイナリーとワイン食堂。

115

112醸造所とワイン食堂が併設されていて、自社の畑で収穫されたブドウで造られたワインを飲みながら、美味しい料理も楽しめるうれしいところとなっている。

ワイン食堂は2階にある、眼下に醸造所を見下ろしながら飲むことが出来る。ただ、この時期は仕込み前で、発酵タンクの中は空っぽだった。

シェフはポンテベッキオ出身で、ココット料理などを得意としている。料理も楽しみだ。

我々は、一ヶ月ほど前に予約を入れ万全の体制でお邪魔する予定だったが、宿泊ホテルの無料ラウンジでのカクテルタイムに我慢しきれなくなり相当量を飲食してきた関係もありすでに二人とも満腹状態。残念ながら軽めの飲食となってしまった。

117

118まず頼んだのは、もちろん、ここフジマル醸造所で作られたワイン。

工場タンク直送の「生樽ワイン(Draft Wine)」。ここでしか楽しめないワインだ。

私は白で、シャルドネ(370円)。フレッシュそのもの。ほどよい酸味とフルーティな香りと味を楽しめる。

妻は赤で、マスカットベイリー2013(400円)。

122

2杯目は、私はカベルネソービニヨンの赤。妻はお次も赤で、トスカーナのアンテオ。

121

そして頼んだ料理は、こちらは「緑野菜のテリーヌ、黄色のソース(1,000円)」。

何せ、お腹が満腹状態だったので胃に優しそうな料理ということで頼んだ。

緑野菜は豆類、キュウリ、アスパラ、キャベツ、ほうれん草、そして椎茸がきれいに並べられて切られていて見た目にも食欲をそそる。ソースはオレンジのさっぱりとした味付けでとても美味しかった。

123

お次は、飛鳥ワイン・デラウエアを使った、「自家製ソーセージのシュークルート(900円)」。小さなココット鍋で煮込まれたソーセージがとても美味しかった。

煮込まれたザワークラウトとポテトにも、旨みが乗り移っていた。

このあたりでマジに満腹になったので、お勘定をしてもらったが、二人で5千円未満。

あと帰りに、予約時にお願いしてあったフジマル醸造所の見学をお願いした。

126

127この搾り機は日本製の特注なのだそうだ。

こちらもまだ未使用の樽。

今年も8月のデラウエアの収穫時期以降、ワインの仕込みに入るようである。楽しみだ。

フジマル醸造所
大阪府大阪市中央区島之内1-1-14
三和ビル1・2F
TEL 06-4704-6666
13:00~22:00
水曜,第3木曜休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014/07/14

6月に行ったところ、食べたもの。加賀市編「実性院」「NEUTRAL」「ルイドール」

恒例の6月の未公開編です。6月は加賀市に関して書きたいと思う。

005_2

まずは、通称「萩の寺」として親しまれている曹洞宗の寺院「実性院」。

004

大聖寺初代藩主前田利治公の戒名「実性院殿機雲宗用大居士」に因んで実性院と称している寺で、大聖寺藩歴代藩主(初代~14代)のお墓とお位牌げ境内にある。

「萩の寺」というだけあって、一面、萩が茂っている。秋の開花時期には花が咲いてきれいだろう?

実性院
石川県加賀市大聖寺下屋敷町
TEL 0761-72-1104
9:00~16:00
入場料400円


そして、その足で向かったのは先日紹介したカフェ「ほうきぼし」。

040

その2階にあるのが、オーダーメイド家具のギャラリー&ショップ「NEUTRAL」。

032

お店の名前の通り、自然派の家具で、木のぬくもりを感じさせてくれる家具類、食器、インテリア小物などが展示販売されている。

036

我々がお邪魔した6月は、人手不足のため、予約客のみOKだったのだが、偶然、オーナーの濱田さんがランチ時にお店に来ていたため、運良くお店を見させていただくことが出来た。ラッキー!

ちなみに、7月からは開店時間通りの営業となっている。

インテリアコーディネーターの妻は、この手のテイストの家具も好きなようで、じっくり見入っていた。私もイスのデザインが好みであった。

ギャラリー&ショップ「NEUTRAL」
加賀市大聖寺南町ト40-1
TEL 0761-72-1766 
11:00~18:30
火曜、第1・3水曜休

最後は山代温泉にある人気のパン屋さん「ルイドール」。

025

「ルイドール」は私もこれまで知らなかったのだが、創業60年以上の老舗パン屋さんなのだそうだ。

前述の「NEUTRAL」に行った帰りに翌日の朝食べるパンを買い求めるため、スマホで検索して見つけたお店だ。

026

妻に聞くと、JA小松の運営しているアグリにも一部のパンを納入しているようで、加賀市では人気のお店である。

大きな工場が併設されていて、店内にも数多くの種類のパンが並んでいた。

029惣菜パン、デニッシュ、豆パンなどを何個か買い求めた。

私はチーズチョリソを食べたが、なかなか濃い味で美味しかったですよ。

お店では他にも菓子パン、サンドイッチ類、ハード系など選ぶのが苦労するほどの多くのパンが並んでいるので、毎日食べても飽きないかな?

ルイドール
石川県加賀市山代温泉山背台2-2-1
TEL・予約 0761-77-3322
7:00~19:00
水曜休


この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/07/13

秋葉原で北陸の魚介に舌鼓「北陸旬菜 杉のあかり」で郷土の味を楽しむ夜

001私も北陸人として、行った先々ではご当地の名物もさることながら、北陸の食材や料理などを楽しめるお店についても出来る限り紹介していきたいと考えている。

今日紹介するお店も、東京で北陸の味覚を味わうことが出来るところである。場所はJR秋葉原駅昭和通口からすぐにあるビルの地下一階。

ご主人が富山の出身ということで、特に富山の食材や料理が多くメニューには載せられていた。

東京の居酒屋としては、比較的個室形式に仕切られた席が多く、隣を気にせずに会話できるのがうれしい。

ただ、デザインがなぜか「かまくら」を模していた。北陸がウリなのに??前、秋田関係の飲食店だったのかな?

さて今回、我々は3名で利用した。

004

まずはクーポン利用で生ビールの小を無料でいただいた。それと、お通し。

では注文したものを紹介したい。

007

これからの季節、まずは枝豆。「茹でたて塩茹で枝豆(480円)」で本当に熱々で最初熱くて火傷しそうだった。(^^;;

006

「自家製そら豆豆腐(580円)」はそら豆をペースト状に吉野葛で練り上げたもので少し甘めの味付け。

010

こちらの刺身の盛り合わせ「能登盛り(2,415円)」は3~4人前で、〆鯖、カンパチ、生ダコ、イカ、梅貝。能登から直送?

008

ちょっと変わったメニューだが「焼き〆帆立貝とパパイヤの酢味噌和え(650円)」。

014

これからの季節にはいい「鱧じゅんさい酢(680円)」。じゅんさいも最近あまり食べなくなってきた。

015

その名も「自慢の玉子焼き(580円)」。自慢だけあって美味しい。

016

ついつい石川の関係のある品を頼んでしまう。「能登のおこぜの唐揚げ(700円)」。カラッと揚がって、おこぜの身のプリンとした感じがいい。

017

私は食べなかったが「名水豚アスパラ巻き(630円)」。富山の名水で育てられた豚肉だそうで旨みが濃く肉そのものの味がしっかりと味わえたようだ。

018

最後は「ジャンボ油揚げ葱味噌焼(600円)」。最初、福井の有名な「竹田の油揚げ」みたいなのが出てくるかと思ったが、薄あげの2枚重ねだった。削り節がたっぷりかけられていて、醤油をかけ熱々で食べると美味しい。

009

さて、これらの料理を肴に飲んだのは、夏季限定の「みぞれ酒(650円)」。福光屋の氷室酒にも似ている。

011

そして写真の3種が並んでいるのは「杉のあかり厳選の純米酒」3種類の飲み比べが出来て735円である。。富山の「幻の瀧」と「よしのもと」。福井の「黒龍」の3種類であった。

以上で締めて一人5千円弱の値段。同じ北陸人としては応援したくなるお店であった。

そうそう。今回は頼まなかったが、富山でしか獲れない白えびも味わうことが出来る。

杉のあかり
東京都千代田区神田平河町1 第三東ビルB1F
TEL 03-3866-9715
JR線「秋葉原」駅、昭和通口徒歩1分
月~金
11:30~14:00(L.O.13:30)
17:00~23:00(L.O.22:30)

17:00~22:00(L.O.21:30)
日祝休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/07/11

小松市「toRcafe(トアルカフェ)」ナチュラルな空間でホッとする「とあるごはん」

前々から小松市沖町の粋庵の前に、新しいカフェがオープンしていたのは知っていた。

001

しかし、調べると基本は土日がお休みということで、なかなか行くことが出来なかった。

6月末の土曜日にお店がオープンしていると聞き、さっそく出かけてきた。

003

新築で建てられたお店は、昨年オープンしたばかり。真新しいお店は内外装ともナチュラルなトーンでまとめられている。

005

009お店の家具は、加賀市にあるオーダーメイド家具のギャラリー&ショップ「NEUTRAL」のもの。

この前の週に「NEUTRAL」に行ってきたばかりだったので、これも何かのご縁かな?

店内にピアノも置かれていて、時々音楽会がお店で催されているようである。

ランチは、月変わりなのかな?「とあるごはん(1,350円)」という定食と、パスタ、カレーの3種類。

「本日のパスタセット(1,250円)」は本日と書いてあるので日替り?カレーはビーフカレーで1,100円。すべてドリンク付きのセットメニューとなっている。

013

私は、「とあるごはん」のメインが鶏肉だったので、こちらの「本日のパスタセット」にした。セットにはサラダも付いてくる。

015

この日のパスタは「海老と色とりどりの野菜パスタ」で、トマトバジルソース味。野菜がたっぷりでトマトの酸味とバジルの香りがほどよくよかった。

010

妻は「とあるごはん」を頼んだが、内容は、月見つくね、枝豆ベーコンひじき和え、マカロニ芋アンチョビソース、梅と大葉のビネガーライス、自家製ごま豆腐、サラダ、パセリと玉ねぎのスープ。

011

特に使われている素材についてのこだわりがメニューに書かれているわけではないが、食材は体に良さそうなものばかり。値段は少し高めだが、数多くの種類のおかずを楽しめるのはうれしい。

016

セットの飲み物は、私は自家製ジンジャーエール、妻はザクロ酢を頼んだ。素材の味がダイレクトに感じられた。お勧めのカフェである。

toRcafe(トアルカフェ)
小松市園町ニ75-1
TEL 0761-58-1035
10:30~14:30(L.O 13:30)
15:30~LAST
営業曜日
月、火、木、金曜+ときどき土曜

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/07/10

大阪中之島「オステリアレーブ(Osteria Leb)」で地中海Sundayランチはシチリアの薫り

大阪にプライベートで行ったときにランチを食べに行ったお店を紹介したい。

妻がこのお店のことをよく知っているのだそうで、その関係もあり、だいぶ前にランチを予約を完了、ちょうど大阪に行った機会に妻と一緒にお邪魔したのだ。

027

こちらのお店は、この3月までは「クッカーニャ」というシチリア料理のお店があり、今日紹介する「オステリアレーブ(Osteria Leb)」のオーナーシェフがセコンドとして働いていた。「クッカーニャ」が靱公園に新しいお店として移転するにあたり、彼が引継ぎ独立。ほぼ居抜きでオープンさせたのである。

「オステリアレーブ」となってからは、シチリア料理をベースとしながらも、地中海料理全般を食べさせてくれるオステリアとしてすでに人気の店となっている。

場所は、京阪中之島線「中之島」駅から徒歩1分。

032

中はオープンキッチンで、カウンター席とテラス席もあって明るくいい雰囲気。

オーナーシェフもフレンドリーでホスピタリティ満点。

さて、シチリア料理といえば、前にグランフロント大阪にある「タオルミーナ」というお店を紹介したことがある。シチリア料理として有名なのは海水を使った料理や、魚介のうまみを最大限生かした料理、そして柑橘系!かな?

「タオルミーナ」でも食べた、海水ウニのパスタなどが名物料理である。

土日祝のランチ(Pranzo di vacanza)は2,000円。前菜、パスタ、メイン、ドルチェ、飲み物が付いている。

035

前菜は野菜中心で、ご覧のパンも添えられている。

前菜の中にあるシチリアの揚げパン「ゼッポレ」はモチモチして美味しい。妻はワインを飲みたいと言っていたが無視。(^^;;

プリモでパスタが出されるかと思ったら、次はメインでした。

036

メニューに書かれていたセコンド(メイン料理)は、「鶏とオレンジのマルサラソテー」。こちらは妻が食べたもの。オレンジの爽やかなソースがよかったようである。

037

私は鶏がNGなので、無理を言って魚に変えてもらった。こらは「鯛のアクアディマーレ」という料理で、ようは「丸ごと魚の海水煮」のこと。

039

イタリア料理で有名でよく聞くことがある「アクアパッツァ」は、水から魚介を煮たもので、「アクアディマーレ」は海水で煮るということらしいが、厳密には「アクアディマーレ」も海水で煮るわけではなく、塩やアンチョビの塩味でスープにしっかりと味付けするということなのだそうだ。

最後のパスタは2種類からチョイスすることが出来る。我々は「ララウンマッシュルームとパルメジャーノのリングイネ」「フルーツトマトとバジルペーストのタリオリーニ」両方とも頼み、二人でシェアすることにした。

041

「ララウンマッシュルームとパルメジャーノのリングイネ」はマッシュルームをコクが出るまで炒めてパルメジャーノにあわせてあるのだが、このリングイネが秀逸。アルデンテでとても美味しかった。もちろん、ソースも美味しい。

040

「フルーツトマトとバジルペーストのタリオリーニ」のほうも、山中さんのフルーツトマトの甘みと酸味。それにバジルの香りが、細い柔らかいタリオリーニと絡み合って最高!

042

食後のジェラートは、マンゴー・パイナップルとヨーグルトとリンゴ。さっぱりとした甘みでよかった。

043

飲み物はエスプレッソが付いてきた。

どれも美味しくて、2,000円の満足度がとても高く、またディナーに来て見たいと素直に思わせてくれるお店でした。

オステリアレーブ (Osteria Leb)
大阪府大阪市北区中之島4-3-36
玉江橋ビル1F
TEL 06-6443-2014
12:00~14:00(L.O)
18:00~24:00(L.O.23:00)
月曜休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/07/08

大聖寺「ほうきぼし」NEUTRALの心地いい家具に囲まれ有機野菜と玄米のヘルシーランチ

「NEUTRAL」というオーダーメイド家具を作るところのギャラリー&ショップが大聖寺駅の近くにある。

「NEUTRAL」は、山中温泉の東山ボヌールに家具を納めていたりする、知る人ぞ知る家具屋さんである。「NEUTRAL」については、後日、改めて紹介するとして、今日は、この2階に今年2月にオープンしたカフェ「ほうきぼし」を紹介したい。

010「NEUTRAL」が作っているも自然派の家具なら、この「ほうきぼし」も、国産の有機野菜や玄米などを使った、自然派の食事と飲み物を提供してくれるお店。オープン以来、特に女性客に人気で週末はいつも一杯で、予約必須のカフェとなっている。

6月のとある土曜日に行こうと思い念のため予約の電話を入れるも、あいにくこの日は満席ということで、急きょ、翌日のランチに予約変更して出かけてきた。予約は12:30からだったが、12時お店前に到着し、少し周辺をぶらりしてから中に入った。

006

「NEUTRAL」のオーナー濱田さんにお聞きすると、この建物は昔は時計店だったらしく、2階には大きな時計が掲げられている。

011

10年以上空き家だったところを、「NEUTRAL」のオーナー濱田さんが改装して、2階を「NEUTRAL」が使用。1階を「ほうきぼし」に貸しているということ。当然、使われている家具類は「NEUTRAL」の家具である。

さて、中に入ってメニューを見る。ランチメニューは「週替りのランチプレート(1,080円)」「ほうきぼしオリジナルキーマカレー(920円)」「日替りキッシュプレート(780円)」の3種が基本となっている。あと、週末はぐーぐーベーカリーのベーグルを使ったベーグルサンドやベーグルサンドプレートなどもあるのだが、今回は私たち2人は「週替りのランチプレート」を頼むことにした。

026

この日の内容は、ピーマンの肉詰め、ゴーヤチャンプル、きゅうりとわかめとじゃこの酢漬け、生春巻き、有機サラダ。

023

ご飯と味噌汁もちろん付いてくる。ご飯は玄米ご飯。お味噌汁の具ははあぶら揚げだった。

味付けはいたって上品。体に良さそうな食材と調味料を使っていて、カロリーも少なめの構成でとてもヘルシー。また味的にも十分満足できる内容だった。

025

食後の飲み物はランチを食べた客は+200円で頼むことが出来る。私たちはせっかくヘルシーなランチを食べた後だったので、飲み物もヘルシーにグリーンジュースを頼むことにした。

8種類の野菜と果物で作られていて、キウイ、リンゴ、緑黄色野菜、柑橘系などがいい具合にミックスされていて美味しかった。

夕飯 の時間帯には営業が終わっているので、是非、ランチタームに必ず予約を入れて出かけて欲しい。お勧めのお店ですよ!

ほうきぼし
石川県加賀市大聖寺南町ト40-1
TEL 0761-72-7144
11:00~18:00(L.O.17:00)
火曜,第1・3水曜休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/07/07

「大阪マリオット都ホテル」食事編クラブラウンジでカクテルタイム&朝食

前回に引き続き「大阪マリオット都ホテル」ネタが続きます。

049

先日、クラブフロアの客室については詳しく書いたが、今回はクラブラウンジでのカクテルタイムと朝食について書きたい。

クラブフロアに宿泊の客は、専用のクラブラウンジを利用することが出来、朝食や午後のティータイム、そして夕方からのカクテルタイムもすべて無料で利用することが出来るのがうれしい。

050

クラブラウンジは38階にあって、入るにはクラブフロアのルームキーの提示が必要だ。

内部は10m以上はあろうかと思われる天井高で開放感一杯。一般的なビルの3階分くらいは使っている高さだ。

6:00~ 7:00 コンチネンタルブッフェ
7:00~10:30 アメリカンブッフェ
10:30~14:30 ティータイム
14:30~17:00 アフタヌーンティー
17:30~21:30 カクテルタイム
21:30~24:00 ティータイム 

上記のようになっていて。うまく利用すれば、軽食類も豊富なので、3食ともここで無料で済ますことも可能だ。

056

チェックインを済ませて、少しアフタヌーンティーを楽しんでから部屋に入ることにした。

058

アフタヌーンティータイムはスコーンやケーキ、一口サンドイッチなどもあり、飲み物も豊富に準備されている。

その後、部屋で一服してからふただびクラブラウンジに向かう。夜に行く予定のワイン食堂の前に、軽く、カクテルタイムを楽しむことにした。

091

カクテルタイムには、前菜や軽食系メニューが主体だが、種類もそこそこあり、ここだけで十分胃袋を満足させられる。

090

飲み物もノンアルコール系はもちろん、アルコールもビール、日本酒、ワイン、ウイスキーなど種類も豊富。ビールは缶だがプレミアムビールなどいろいろあった。

097

099私たちは、まずはスパークリングを飲むことにした。

席は窓際の明るい場所を確保。38階だが景色を楽しむことは出来ない。

料理について少し紹介したい。

092

左はタイ料理のガパオ。右はバーニャカウダー。

094

唐揚げに串カツ。

096

スティック野菜。

095

サラダ類とハム。

100

サーモンやオリーブもある。

101

スープはガスパッチョ。一通りの料理を楽しむことが出来る。味のほうもホテルなので安心。

いや~、貧乏根性で思わず食べすぎ。お腹一杯になってしまった。(^^;;

139

あと、夜10時前にも行ってみたが、ほとんど利用客がいなく。キャンドルの灯りで静かに飲むことも出来る。

お次は朝食。

196

朝も窓際の席がいいですね。ここは38階なのだが、なぜかバッタが一匹。どこから入ってきたんだろう?38階、たぶん200m近くはあるだろうが、バッタって、そんなに跳躍能力高いのかな?まぁ、これもほほえましいが。

180

パン類も豊富。

181

サラダにチーズ類。

182

ゆで卵に左はたこ焼き!大阪らしいですね。

183

ソーセージにベーコン、ベーコンはカリカリベーコンもありました。

ほかには和食系の料理も少しあった。

187

あとオムレツは、手前のトッピングを自分で選んで渡すと、オリジナルのオムレツをその場で作ってくれる。

189

ここでも貧乏根性丸出しで、多くの種類を入れたら作りにくそうでした。ごめんなさい。(^^;;

190

中はとろ~り。やっぱ出来立ては美味しい!

193

フルーツやジュース類も充実。朝の光を浴びて美味しい朝食を食べると、今日も一日やる気全開モードになれる。

195

食後はカプチーノでホッと。

クラブラウンジは、ホテルの朝食でもありがちな、混雑状態で慌しく朝食を済ませるようなこともなく、広々とした空間でゆったりとした朝食を楽しむことが出来る。

クラブフロアに宿泊するには、通常の部屋にプラス6~7千円ほどの追加料金が発生するが、上層階の景観、チェックイン・アウトの混雑なし、朝食無料で夕食も済まそうと思えば出来るなど、付加価値分が追加料金を上回っている気がする。とてもお勧めだ。

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/07/05

加賀市のログハウスレストラン「CUNTRY LOG CAFE アルピニスト」はピッツァとカレーが美味しい

私も、このお店の前の道は山中温泉に行くときにはよく通るのだが、いまは旧道となった通りに面しているので、今まで気が付かなかった。

009

013それに、あまり雑誌などにPRもしていないのかな?私も知らなかった。

外観はログハウスのロッジ?山小屋?風と言ったほうがいいのかな?

それもそのはず、ご主人は長野白馬で山に関する仕事をされてきたそうだ。その後、故郷で「アルピニスト」をオープンさせた。

外には色々な草花が植えられていて、中から見ても緑が一杯。

012

内部もまさに山小屋か高原のペンションのような趣である。お店は、ご年配のご夫婦が切り盛りされている。

すべて木で作られたテーブルとイス。イスに座りメニューを、見渡す。基本はピッツァとパスタで、最初、そうしようかな?とも思ったが、カレーの文字が目に飛び込んできた。最近、また外でカレーを食べてなかったな?と思い、妻と二人でピッツァとカレーを頼みシェアすることにした。

016 

ピッツァは「マルゲリータ(1,200円)」。ピッツァの定番である。トマトソースとモッツァレラチーズのシンプルな味が余計生地のうまさを引き立ててくれる。

ナポリピッツァの「マルゲリータ」は生地もナポリピッツァのモチモチのでないと美味しくない!特にランチには、ある程度腹持ちがいいほうがいいので。お店の生地は、小麦粉と水と塩、イースト菌。混ぜ手ごねで作っている。

逆に夜は、アルコール片手に食べるにはクリスピーなローマピッツァがいい。

石窯で高温で焼いているのか、意外に早く出された。モチモチでありながら生地のおいしさとモッツァレラのうまみを感じさせてくれるピッツァだった。

ただ、少しはバジルが乗っけてあるとうれしかったかな?

020

こちらが「アルピニスト 焼きチーズカレー(1,300円)」。熱々の焼きカレーになっているが、チーズのコクが加わってカレーの辛さがマイルドになっている。

021

上に乗せられているのは、ブロッコリーとポテト。ご飯の量は少なめ。

食べた2品は金額も少し高めではあるが、木のぬくもりを感じさせてくれる店内でほっこりとランチを食べるにはいいだろう?

CUNTRY LOG CAFE アルピニスト
加賀市加賀市横北町ワ44
山代ゴルフ場入口近く
TEL 0761-77-5506
11:00~21:00
土日祝は10:00~
水曜休(祝日の場合営業)

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/07/04

関西初マリオットブランド「大阪マリオット都ホテル」施設編&展望台「ハルカス300」&「あべのハルカス美術館」

今年3月に全館オープンしたあべのハルカス。

035

ご存知、いまの日本で一番背が高い超高層複合ビルである。近鉄百貨店、オフィス棟、そしてその上層階に入っているのが「大阪マリオット都ホテル」である。

外観デザインは、ペリ・クラーク・ペリ・アーキテクツ代表のシーザー・ペリが監修している。シーザー・ペリは大阪では過去に国立国際美術館、大阪歴史博物館などを設計している。

関西初のマリオットブランドのホテルで、近鉄グループの都ホテルと組んでのダブルブランド展開。日本一の高さを誇る「あべのハルカス」の強みを活かした展開を図っている。

今回、旅行券を頂いたので、ちょっと贅沢をして「大阪マリオット都ホテル」の53~55階のクラブフロアの部屋に宿泊することにした。

ブログでは、今日は「大阪マリオット都ホテル」のクラブフロアの部屋と施設、ならびにあべのハルカス16階にある「あべのハルカス美術館」と最上階の展望台「ハルカス300」について書きたい。

036

「大阪マリオット都ホテル」は地下鉄御堂筋線天王寺駅の改札口に直結したエレベーターから19階に上がるとメインロビーがある。ちなみに天王寺にはJR、近鉄(大阪阿部野橋駅)、地下鉄御堂筋線と谷町線、そして阪堺電気(天王寺駅前)が乗り入れており、大阪梅田に次ぐ便利なターミナル駅となっている。

239

地下の御堂筋線改札口からも直結で結ばれているのでとても便利である。ホテルの一階のエントランスはきわめて質素。

175

19階の受付ロビーは天井が高く、床から天井まで全面がガラスで、とても明るく開放感がある。

176

我々が宿泊したクラブフロアのゲストは38階のクラブフロアでもチェックインが可能。クラブフロアは料金も高く設定されているが、ホテルの50階以上の最上層に部屋があり、眺めも最高。

066

ちなみに私たちが宿泊した部屋は54階。55階はスイートルーム主体なので、その真下のフロアである。まさに地上260mの天空のホテル泊となる。

069

部屋のランクは一番多くあるスーペリア。部屋はそんなに広くはないが、ここも床から天井まで全面ガラスで明るく開放感がある。

070

内装も落ち着いたトーンでまとめられている。

081

大阪マリオット都ホテルは宴会や結婚式などの営業はなく、どちらかというと、宿泊ユースに絞った機能性を重視した作りとなっている。

078

アメニティ類も充実していた。

215

冷蔵庫にはビリケンサイダーも!これは有料。

067 

部屋からの眺めはこんな感じ。部屋は北向きなので、眺めは難波から梅田の高層ビル群。ただ、梅田までは遠いので、ここからは小さく見えるだけ。

144

夜はこんな感じ。一番真ん中に光り輝く帯のように見えるのは谷町筋。

私が大阪に住んでいたときも本町のマンションの25階に住んでいたので、眺めと夜景については、距離的な感覚もあるが甲乙付けがたかい。

また、後日改めて書くが、クラブフロアに宿泊したゲストは、専用のクラブラウンジの利用が可能で、そこではカフェから軽食まで、朝6時から夜中12時まで無料で利用することが出来る。

172

あと、うれしいのは、ホテルに宿泊したゲストは無料で一般客のオープン前の時間帯に最上階の展望台「ハルカス300」に登ることが出来るのだ。一般入場料金は大人1,500円となっている。

166

少し朝早いが、この日は7時から8時までの時間帯で、2つのグループに分かれて展望階にのぼる。お勧めは7時からの最初のグループ。人数的にも少ないし、だれもいない展望階に入ることが出来る。

170

16階からエレベーターで60階まで一気に到着。

155
158 

この日は、梅雨真っ只中だったが雨は降っていない。ただ残念ながら曇り空で、遠くは霞がかかっていた。天気がいいと京都や神戸、淡路島まで眺めることが出来る。

084

あと、同じあべのハルカス16階に「あべのハルカス美術館」がある。ここではいま、「ミラノ ポルディ・ペッツォーリ美術館 華麗なる貴族コレクション展」という展示会をやっている。

2

実は、ミラノにあるポルディ・ペッツォーリ美術館には、私たち夫婦も7年半前に行ったことがある。

4

その当時、どんな美術品を見たかあまり覚えてないのだが、そのときにブログに書いた内容を読み返すと、たまたま通りかかったところにこの美術館があって、飛び込みで入ったようだ。

Photo

絵画以外にも装飾品や武具のコレクションも豊富に展示されていた。展示物をみていくと、だんだん記憶が蘇ってきた。

3

今回、ミラノのポルディ・ペッツォーリ美術館で写した未公開写真も公開する。(ポルディ・ペッツォーリ美術館はフラッシュ撮影しなければ撮影可能だった)

「華麗なる貴族コレクション展」は7月21日まで開催されている。

ミラノでは、ポッライウォーロの「若い貴婦人の肖像」、ボッティチェリの「聖母子」「キリストの死への哀悼」、ラファエロの「行列用の十字架」など見ることが出来た。今回は、ポッライウォーロの「若い貴婦人の肖像」がメイン展示となっていたが、他の展示品も日本初公開品ばかり。

イタリアの歴史的芸術品に間近に触れることが出来る。

あべのハルカスの各施設
大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43

大阪マリオット都ホテル
チェックイン15:00
チェックアウト12:00
TEL 06-6628-6111

ハルカス300の料金、営業時間などはこちらを
TEL 06-6621-0300(インフォメーション)

あべのハルカス美術館
火~金10:00~20:00
土日祝10:00~18:00
月曜休館(祝日は営業10時~18時)
年末年始、展示替え期間休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/07/02

金沢駅近く「テーブルナナ」は熟成庫を備えたシャルキュトリーをリーズナブルに楽しめる人気店

最近、「シャルキュトリー」という聞きなれない名称も、こちらでは時々聞かれるようになってきた。

123

石川では、前に紹介したことがある能美市の「ガリビエ(GALIBIER)」というソーセージ、ハム、ベーコンなどを自家製造販売しているお店なども出来ていて、本物の肉の加工食品を気軽に楽しめるようになってきたのではないだろうか。

「シャルキュトリー」とは、「主に豚肉や豚の内臓から作ったソーセージ、ハム、テリーヌ、リエット、パテなどの加工食品の総称」。家族からはおかしいといわれているが、肉そのものが苦手な私も加工食品はok!今日紹介する「テーブルナナ」に行っても大丈夫なのだ。(^^;;

行った日は、もうだいぶ前になってしまったが、金沢百万石まつりがあった日。そのときに妻の友人がちょうど金沢に家族旅行に来ていたのだ。

我々は夜は木倉町の「八十八(はとは)」で美味しいものをたらふく食べていたのだが、せっかく金沢に来ていただいているので、21時ごろから少しの時間飲むことにした。ちなみに彼女も夕飯は美味しい鮨を堪能していた。

ということで、友人の宿泊先が金沢駅のすぐそばだったこともあり、前々から一度行ってみたかった「テーブルナナ」に電話を入れ、空いていることを確認してから向かった。

125

「テーブルナナ」は昨年10月にオープンした比較的新しいお店。1階がバル形式で、カウンター9席と立ち飲みが出来るコーナー。2階がテーブル席で30名ほどが入ることが出来る、思っていたより大きなお店である。

124

1階にはご覧の熟成庫が置かれていて、ソーセージなどがぶら下げられ熟成されている。

128

我々は2階席に通されたが、一階の立ち飲みスペースを除いて満席。

130

まず私はハイボール。女性二人はビールなどを飲んだ。

135

全員、満腹状態だったので、軽くおつまみとして頼んだのは、当然、シャルキュトリー!

こちらの「本日のおすすめソーセージの盛り合わせ(1,000円)」を頼むことにした。

132

説明がなかったのでわからないが、たぶん「nanaソーセージ」というスパイシーなオリジナルソーセージと、サルシッチャ、白い太いのはブータン・ブランかな?

お腹いっぱいでも、美味しく食べることができた。これで1,000円は意外にお得かも?

夏に冷えた生ビールにも合いそうなソーセージで、今度は一軒目で利用したい気にさせられた。

ピッツァやパスタなど、イタリア料理などもメニューにはあるので、軽く飲むことから、しっかりと満腹になるまで楽しむことが出来るなど、ビストロ、バールなど幅広い利用が可能だ。

131

帰りの電車の時間もあり、この日は小1時間ほどで店を出たが、3人でアルコール5杯に、このお通しが付いて、締めて5千円強!お手軽に飲めて、美味しいシャルキュトリーも楽しめるとあってうれしいお店だと思う。

テーブルナナ(Table 7 nana)
石川県金沢市堀川町5-4
TEL 076-225-7001(問合せ専用)
050-5890-2214(予約専用)
月~木17:00~25:00(L.O.24:00)
金~土17:00~26:00(L.O.25:00)
日曜休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014/07/01

釜玉発祥のお店「山越うどん」出身の「うどん 丸香(まるか)」は神保町の超人気店

さぬきうどんは本場香川で食べるのがいいと思っているが、なかなか香川県まで行くことが出来ない。

001_2個人的には地元小松や福岡・大阪の柔らかいうどんも好きなのだが、さぬきの小麦粉の味がダイレクトに感じるうどんも、時には食べたくなる。

さて、今日紹介する神保町「うどん 丸香」は、ご主人が、あの香川の名店「山越うどん」出身ということで、いま東京でも1,2を争う争う人気店である。

香川の「山越うどん」には私も行ったことがあるが、ランチ時は100人以上が行列が出来るほどの超人気店。それもそのはず、あの釜玉(かまたま)うどん発祥のお店なのである。

行ったときのことはこちらを見て欲しい

009_2

さて、「うどん 丸香」も「山越うどん」に負けず劣らずの行列店で、この写真は12時15分頃の様子である。写真に写っていないが40名ぐらいは並んでいただろう?

ただ、うどんなので回転は早く、我々が着いたときもも20名ほど並んでいたが、十数分で店内に入ることが出来た。

2

メニューは、かけ、つけ、釜揚げ、醤油ぶっかけが基本。あとは具材のトッピングによりメニューが構成されている。もちろん、天ぷら類もある。

私は、当然、釜玉(かまたま)うどんを頼んだ。

006_2

こちらが出されたうどんで、ネギがたっぷり乗せられている。

008_2

ダシ醤油をかけ、下に隠れている卵とうどんをかき混ぜる。

ただ、「山越うどん」の釜玉とは少し違う感じだ。特に茹で上げたうどんが熱々でないのか、水分が多いのか、玉子がいい塩梅にうどんに絡まない。

味のほうはとても美味しい。特に、うどんは小麦粉の香りと味そのものを楽しむことが出来る。もちっとした食感と意外にのど越しのいいうどんで楽しめる。ダシ醤油も秀逸だ。

007_2

私は野菜天ぷらも頼んだ。なす、玉ねぎ、かぼちゃの3個が盛られていたが、一つ一つが大きく食べ応えがある。あら塩とか天つゆが付いてこないので、そのまま食べるか、ダシ醤油をかけて食べる。ダシ醤油かけも美味しかった。

004_3

こちらは一緒に行った人が頼んだ「おろしぶっかけ」と、

005

ちくわの天ぷら。このちく天は海老のすり身を使った珍しいものだった。

超人気店だけあって待ち時間覚悟で並び食べる必要があるが、うどんそのものがこれだけ美味しいお店はなかなかないと思う。並んで食べる価値があるお店だ。

次回は、イリコダシのかけうどんを食べてみたい。

うどん 丸香(まるか)
東京都千代田区神田小川町3-16-1
ニュー駿河台ビル 1F
TEL 非公開
月~金
11:00~19:30(L.O.)(うどん玉がなくなり次第閉店)

11:00~14:30(L.O.)(うどん玉がなくなり次第閉店)
日祝、年末年始休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »