« 小松市「秀寿司」は旬の地の食材を活かした料理と寿司を楽しめる人気のお店 | トップページ | 能美市寺井「焼き菓子 こびり」で焼き菓子を食べながらのほっこりカフェタイム »

2014/07/25

グランフロント大阪北館6F「憩酒屋 ひょうたんや&ビストロゴルデ」は凄いお店でした!

いつものようにサンダーバードで帰る前に大阪駅近辺で腹ごしらえ兼酒飲み。

今回のチョイスはグランフロント大阪北館6Fにある「憩酒屋 ひょうたんや」という立ち飲みのお店。ここは、旧店名「陽菜ひょうたんや」という名で新梅田食堂街にあったお店がグランドフロント大阪店をオープンされたところ。

257

グランフロント大阪店をオープンするにあたって、新梅田食堂街のお店は一旦休業していたようであるが、7月よりリニューアルして再開するそうだ。

240

「憩酒屋 ひょうたんや」は、隣の「ビストロゴルデ」と一体のお店となっている。同じ店舗のような感じで営業している。私も行くまでは知らなかったのだが、この手のお店は珍しいので一緒に行った妻は大喜び!

263

何せ、居酒屋とビストロ、両方のいいところをつまみ食いできるわけで、幅広いジャンルのお酒も一度の楽しむことが出来るのだから喜ぶのも無理はない。

そして、両方のお店あわせると料理の品数が半端ではない。もちろん、酒の種類も同じである。選ぶのに苦労した。

264

まずは、のどを潤すアルコール。私は白州のハイボール(550円)。妻はゴルデアンバー(500円)というハイネケン+スタウトの泡という組み合わせを楽しむことにした。

ゴルデアンバーのほうは、写真では少しわかりにくいかもしれないが、スタウトの茶色い泡が上部から降りてきているのがわかるだろうか?

では、食べたものを紹介していきたい。

266

まずは、ひょうたんやからは、日本海で獲れた生の本マグロを刺身で(1,500円)。

273

あと、「自家製 きずし(400円)」も頼んだ。〆具合がよかった。

267

「ビストロゴルデ」からは、前菜の盛り合わせの「ゴールデンプレート(1,500円)」。

内容はタコのアイオリソース、かぼちゃのマリネ、ナスのバルサミコマリネ、鴨のスモークハム、マカロニサラダ、ピクルス、フォアグラのテリーヌ、サラダ、バケット。1,500円で盛りだくさん。

271

「エスカルゴ ブルゴーニュ風(800円)」もお願いした。ニンニクの風味がきいている。

272

バケットにバジルソースをつけて食べると、これまた美味しい。

276

最後にはメニューに「〆の一品」と標記がしてあった「自家製ソーセージカレー(600円)」を頼んだ。こちらもバゲットにつけてつまみとして食べる。相当辛口のカレーで、ソーセージも美味しい。「〆の一品」だがライスは付いていない。

269

あと、飲み物は私は山崎のハイボールと、

274

275最後はお店の特製ブレンド「泡盛10年古酒(800円)」など頼んだ。

妻は洋酒系を頼んでいた。

締めて8,900円ほど。味も美味しいし、値段的にもリーズナブル。そして何せ、和洋両方とも同時に楽しむことが出来るお店として辛党の諸氏の胃袋を満足させてくれること間違いない!

憩酒屋 ひょうたんや
大阪府大阪市北区大深町3-1
グランフロント大阪 北館6F
TEL 06-6359-4545
月~土・祝前日
11:00~26:00
日・祝日
11:00~23:00
※翌日が平日の場合
不定休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 小松市「秀寿司」は旬の地の食材を活かした料理と寿司を楽しめる人気のお店 | トップページ | 能美市寺井「焼き菓子 こびり」で焼き菓子を食べながらのほっこりカフェタイム »

大阪(イタリアン・フレンチ)」カテゴリの記事

大阪(居酒屋)_」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/59917066

この記事へのトラックバック一覧です: グランフロント大阪北館6F「憩酒屋 ひょうたんや&ビストロゴルデ」は凄いお店でした!:

« 小松市「秀寿司」は旬の地の食材を活かした料理と寿司を楽しめる人気のお店 | トップページ | 能美市寺井「焼き菓子 こびり」で焼き菓子を食べながらのほっこりカフェタイム »