« ミシュラン観光版で星が2つ以上ついた金沢の観光施設「兼六園」「金沢21世紀美術館」「武家屋敷跡 野村家」 | トップページ | 今日5月3日の小松は藤が見頃「宮本三郎美術館」カフェキャトルセゾン「本陣美術館」 »

2014/05/02

金沢観光案内も少し。ひがし茶屋街「志摩」長町武家屋敷跡「足軽資料館」「長町研修塾 匠心庵」

昨日に引き続き金沢観光案内を少し。

金沢に初めて観光のため来る人をとりあえず案内するところといえば、昨日紹介した「兼六園」「金沢21世紀美術館」「長町武家屋敷」。それに「ひがし茶屋街」であろう。

今日は昨日のミシュランのテーマに漏れてしまったために紹介できなかったところを2ヶ所書きたい。

190

まずはひがし茶屋街にあるお茶屋さん「志摩」。ここは文政三年(1820)に建てられたお茶屋さんで、江戸時代に建てられたときのほぼそのまま残っている建築物で、学術的にも貴重な文化遺産として高く評価されているようだ。国の重要文化財にも指定されている。

189

ちなみに、お茶屋の建物で重要文化財に指定されているのは、ここ「志摩」だけということである。

3

お茶屋は2階が客間となっていて、そのため押し入れや物入れなどは作らず、お客が床の間を背にして座ると、その正面が必ず控えの間となり、襖を開いて舞や遊芸が披露される。

2

そのようなお茶屋独特の建築様式を垣間見ることが出来る貴重な施設なのである。

志摩
石川県金沢市東山1丁目13-21
9:00~18:00
入館料 大人400円 中学生以下300円
無休

お次は、長町武家屋敷跡にある「足軽資料館」。

056

ここは金沢市内にあった江戸時代の下級武士、高西家と清水家という足軽の屋敷2棟を1997年に移築再現した施設。加賀藩の足軽の生活に関するを資料を展示していて、無料で見ることが出来る。2棟とも1990年代まで実際に使用されていたというから驚きだ。

051

足軽屋敷は木造平屋建て、石置き板葺の平入り切妻造。加賀藩の足軽屋敷は一戸建てに住んでいたこともびっくりする。何となくイメージとして長屋に住んでいたような気がしていたからだ。

053

当時の庶民に近い下級武士の暮らしを垣間見ることが出来る施設は珍しいのではないだろうか?

金沢市足軽資料館
石川県金沢市長町1丁目9番3号
9:30~17:00
無料

最後は同じく長町武家屋敷にある「長町研修塾 匠心庵」。

117

114ここは、金沢市民芸術村にある金沢職人大学校の長町研修塾となっている施設である。

金沢職人大学校は、木造建築伝統技術の保全・継承と、熟練技術者の育成を目的に設立されたもので、藩政期末から明治初期に建てられた母屋はその総合学習の一環として修復され、また裏にある茶室「匠心庵」は母屋の修復と平行して大学校で3年間学んだ集大成として建てられたものなのだそうだ。

116

金沢職人大学校のことは知っていたが、こんなところに同校の施設があり、立派な庭を含めて匠心庵」など公開されていたことは知らなかった。

長町研修塾 匠心庵
金沢市長町1丁目3番7号
見学時間 9:00~16:00
火曜、年末年始休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« ミシュラン観光版で星が2つ以上ついた金沢の観光施設「兼六園」「金沢21世紀美術館」「武家屋敷跡 野村家」 | トップページ | 今日5月3日の小松は藤が見頃「宮本三郎美術館」カフェキャトルセゾン「本陣美術館」 »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/59559540

この記事へのトラックバック一覧です: 金沢観光案内も少し。ひがし茶屋街「志摩」長町武家屋敷跡「足軽資料館」「長町研修塾 匠心庵」:

« ミシュラン観光版で星が2つ以上ついた金沢の観光施設「兼六園」「金沢21世紀美術館」「武家屋敷跡 野村家」 | トップページ | 今日5月3日の小松は藤が見頃「宮本三郎美術館」カフェキャトルセゾン「本陣美術館」 »