« 小松の人気鮨店「すし処 まる。」は地元の獲れたてのネタを楽しめるお店 | トップページ | 片山津「お福さんの店(旧店名集:つどい)」は蕎麦だけではなく素麺もメニュに加わる »

2014/05/31

大阪本町「滴(しずく)」で合鴨発祥の地で育つ「河内鴨」と愛媛県八幡浜港から空輸の「天然鯛」を愉しむ

私が大阪に住んでいたとき、毎週ウォーキングのために通っていた本町通。

今日紹介する「滴(しずく)」は、そんな本町通に面しており、私が石川に戻る間際にオープンしたお店だが、結局、大阪に居るときには行くことができなかったところだ。今回、やっと会社の人と4名で行くことができたので書きたい。

001

ここは、お店の前に下記のような文章がデカデカと書かれている。

「愛媛県八幡浜から空輸で直送 鮮度にこだわる旬の地魚」
「合鴨発祥の地 大阪松原直送の名物河内鴨」

よほど、自信があるのだろう?食べるのはこの2つは外せないな!?

カウンター席と個室が何室かあり、個室は人数が揃えば個室料金ナシで利用できるので、接待のときや仲間で静かに語りながら飲みたいときなどに重宝するだろう。

003

まずは生ビールと突き出し。突き出しは多くの種類が少量ずつ盛られている。

009

では、頼んだものを紹介したい。こちらは「手造り豆腐とくらげのサラダ(650円)」。くらげのコリッとした食感と大豆の味がうまい手造り豆腐のアクセントがいい。

011

「酒の肴の盛り合わせ(1,000円)」は酒がすすむものばかり。イカの塩辛、たこぬた、味のなめろう。

016

「愛媛のじゃこ天(500円)」。これはちょっと出されるまでに時間がかかった。自家製かな?

さてこのあたりで、最初に紹介したお店のお勧めの品の一つ。愛媛県八幡浜港から空輸の「天然鯛」を使用した料理を何品か頼むことにした。

014

まず「天然鯛の山椒焼き(1,200円)」は愛媛直送の天然鯛のカマを山椒のソースで焼いたもの。カマ自体は小さめのもの。でもいい塩梅で焼いてあった。野菜もサクッとしていて美味しかった。

012

こちらは「天然鯛の夏野菜煮込み(1,400円)」。この日は雨でこの時期としては少し寒い日だったので体も温まってよかった。

では、もう一つのウリの河内鴨のほうだが、「ツムラ本店産」ということだが有名なのかな?私は肉、特に鶏肉が苦手なのであまり興味がない。(^^;;

一応、調べたら合鴨とは鴨とあひるを交雑して作ったもので、実態は「あひる」なのだそうだ。

013

「河内鴨のたたき 玉葱ソース添え(1,600円)」は、お店のお勧めの一品である。表面だけを強火で炙り、たたきにしたもの。ポン酢のジュレと合わせ味噌、2種類の味で食べる。

020

こちらの「焼き河内鴨の香味あんかけ(800円)」は、炙り焼きにした河内鴨に香味野菜たっぷりの和風あんがかけられている。この「河内鴨」使った二品。食べたほかのメンバーは両方とも美味しいと言っていた。

017

あと頼んだのは「自家製ひろうすの煮物(850円)」。

021

そして最後は「鯛茶漬け(800円)」。個人的にはこれを食べたくて、こちらのお店をチョイスしたからだ。

福岡に住んでいるときに「鯛茶漬け」はよく食べに行った。ダシやそのままのお茶をかけて食べるものなど色々あったが、有名な天神の「割烹 よし田」など美味しいところがたくさんあった。

あと、鯛を使った「郷土めし」としては愛媛県が有名だ。

愛媛県で鯛を使ったご飯料理、いわゆる鯛めしは、愛媛の東予・中予・南予という3つの土地で特徴がある。

東予・中予ではいわゆる炊き込みご飯で、南予では生卵・ゴマ・きざみねぎなどの薬味を混ぜたものを特製のタレにまぜてご飯に乗せて食べるもので、これまた旨い!本場宇和島で食べたものは忘れられない。

さて、「滴(しずく)」の鯛茶漬けであるが、鯛の身もたっぷり乗せられていて、ダシが上品で美味しかった。

010

では、これらのものを食べながら飲んだ酒についても触れておく。こちらは山口県の旭酒造「獺祭(だっさい)」。珍しい純米吟醸のにごり酒のスパークリング50。

甘みと酸味がほどよくマッチして、すっきりして飲みやすかった。

左の徳利に入れられているのは、広島の「亀齢 純米酒」。すっきり辛口の酒で肴に合っていた。

015

あと、山崎のハイボールも頼んだ。

4名でこれらのものを飲み食いして締めて21,300円。思いのほか安かった気がする。
朝獲れた旬の地魚を愛媛県から空輸して、その日のうちにお店で出されるなど、新鮮な素材をリーズナブルな値段で楽しめる。

雨の肌寒い平日だったが、満席にもかかわらず何組も断っていたので人気のあるお店なのだと思う。また個室もあるのもうれしいところだ。お勧めである。

滴(しずく)
大阪市中央区本町橋6-16
シェーンブルン1F
TEL 06-6944-2726
月~金
11:30~13:30
17:00~24:00(L.O.23:30)
土17:00~24:00(L.O.23:30)
日祝休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 小松の人気鮨店「すし処 まる。」は地元の獲れたてのネタを楽しめるお店 | トップページ | 片山津「お福さんの店(旧店名集:つどい)」は蕎麦だけではなく素麺もメニュに加わる »

大阪( 和食・割烹)_」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/59720153

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪本町「滴(しずく)」で合鴨発祥の地で育つ「河内鴨」と愛媛県八幡浜港から空輸の「天然鯛」を愉しむ:

« 小松の人気鮨店「すし処 まる。」は地元の獲れたてのネタを楽しめるお店 | トップページ | 片山津「お福さんの店(旧店名集:つどい)」は蕎麦だけではなく素麺もメニュに加わる »