« 3月に行ったところ,食べたもの1大阪編「1/f(ワンオーバーエフ)」「ジャン=ポール・エヴァン」他 | トップページ | 西神田の人気店,新博多とんこつラーメン「めんめん かめぞう」は魚介系のとんこつでした »

2014/04/02

小松市鵜川町「手打ち そば処」はご主人の趣味が高じて蕎麦店に!本格手打蕎麦を楽しめる

3月は比較的寒かったが、4月に入り、いよいよ春本番である。

さて、3月の、夕方まで久しぶりの晴天に恵まれた、とある日曜日。

妻が名古屋マラソンに出場で不在だったため、母を連れて蕎麦を食べに出かけた。

場所は小松市の山のほう、鵜川町という、昔、北陸鉄道の終着駅「鵜川遊泉寺」があったところである。こんなところに蕎麦店があるとは、つい最近まで知らなかったが、妹が時々行っているようだ。

014

お店の名前は「手打ち そば処」。お店の名前なのか一般名称なのかよくわからない店名だが、どうもご主人が定年退職後の趣味で打っていた蕎麦が評判で、それを食べさせてくれるようになった、いわゆる趣味が高じて云々、というやつですな。

013

お店自体は普通の民家である。前にあるご覧の建物は、お店ではなくご主人が蕎麦を打つところである。

001_2

食べるところは客間で、立派な庭を見ながら食べることが出来る。

002

品書きはご覧のよう。

003_2

打っている蕎麦は、おそらく二八で、更科まではいかないが上品な蕎麦であった。

005_2

そこで私が頼んだのは、こちらの「(温)いなりつけめん(700円)」。

009_2

温かく濃い蕎麦つゆにつけて食べるつけ蕎麦。そばの量は蕎麦専門店のように少なめ。薄揚げは甘く濃く味付けられていて、存在感がある。

010

そのため、別途「おし寿司(150円)」を頼んだ。押し寿司の種は、小松では一般的にはマスやシイラ、油揚げなどが使われるが、ここでは珍しいゴボウが使われていた。

008_2

個人的にはラーメン店でもあまり「つけ麺」を食べない。それはつけ汁が食べるうちにぬるくなるからである。やはり蕎麦においても同様であった。

しかし、蕎麦そのものの味は良かったと思う。

007_2

こちらは母が頼んだ「おろしそば(700円)」。やはり蕎麦は冷たい蕎麦いいかな?(^^;;

011

そば湯はさっぱり系で一人一人にたっぷり入れられて最初から付いてきた。

こちらのお店はお昼しかやっていないし、時々臨時休業もあるようなので、行く前に電話をして行ったほうがよいだろう。

手打ち そば処
小松市鵜川町へ160
0761-47-3646
11:00~14:00
水曜定休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 3月に行ったところ,食べたもの1大阪編「1/f(ワンオーバーエフ)」「ジャン=ポール・エヴァン」他 | トップページ | 西神田の人気店,新博多とんこつラーメン「めんめん かめぞう」は魚介系のとんこつでした »

石川グルメ(そば、麺類その他)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3月に行ったところ,食べたもの1大阪編「1/f(ワンオーバーエフ)」「ジャン=ポール・エヴァン」他 | トップページ | 西神田の人気店,新博多とんこつラーメン「めんめん かめぞう」は魚介系のとんこつでした »