« 能美市三道山、和食のお店「こわろ」のランチは美味しくてお得でした | トップページ | 小松の歴史を探る「小松市埋蔵文化財センター」「仏御前」「浅井畷古戦場」「コマツ発祥の地遊泉寺銅山跡」 »

2014/04/09

今までありそうでなかった缶詰バー「mr.kanso(ミスターカンソ) 小松店」に話のタネに行ってきた

いまテレビや雑誌で取り上げられている「缶詰とお酒が楽しめるお店」がある。

Mrkanso_011

小松や金沢にもお店があることは知っていた。缶詰?ということでそんなに興味をそそられるわけではなかったので行かなかったが、たまたま先日紹介した「みんなの咲来楽(さくら)」に1軒目行った後の2軒目、ぶらり歩いていて見つけて話のタネに入ってみることにした。

その缶詰バーのお店の名前は「mr.kanso(ミスターカンソ)」。場所は小松グランドホテルのまん前。前は喫茶店だったかな?ちなみに小松の「mr.kanso」が県内一号店である。

Mrkanso_014

お店は小ぎれいに改装されていて、カウンター席とテーブル席が少しある。15人ほど入ると一杯になる小さなお店だ。

Mrkanso_013

オリジナル缶詰や世界各国の珍しい缶詰など200種類以上取り揃えていることをウリにしていて、ご覧のように壁一面に缶詰が並べられている。

スーパーやコンビニなどでもよく見かける缶詰や、変わった缶詰、さらにはmr.kansoオリジナル缶などが所狭しと並べられている。

Mrkanso_015システムは、自分で食べたい缶詰を選び、お店の人に渡すと、暖められて缶にご丁寧にも戻されて出されるのだ。値段も缶詰の裏に色々な色のシールが張られていて明朗会計。

うれしいのはチャージがないことで、飲み物の価格もリーズナブルなこと。もちろん缶詰がつまみなのでそちらもそんなに高くなく。安く飲めるのがウリである。

私はハイボールを頼んで、やおらつまみの缶詰を選んだ。たくさんあり意外に迷う。

016

そして我々が頼んだのは、こちらのmr.kansoオリジナル缶の「たこやき」である。削り節がかけられて出てきた。

見た目美味しそうだが、お店の人には申し訳ないが、この「たこやき」は美味しくなかった。個人的な感想ではあるが、少し改善の余地ありだと思う。

Mrkanso_017

こちらは「さんまの味噌山椒」。メーカーもので味は無難だった。

Mrkanso_019

最後に頼んだのは、前にこちらのお店が地元のテレビ番組で紹介されていたときに出ていた激辛カレーの缶詰。

Mrkanso_020

バケットはありますか?と聞いたらあるということで、カレーをつまみに飲むことにした。

しかし、さすがに激辛とうたうだけあって、確かに辛い!これで何杯も酒が飲めそうだ。バケットをお代わりしてしまった。(^^;;

アルコール2杯ずつのんで締めて3,200円!

1軒では少し物足りなかったり、時間の空き間に軽く飲むときには重宝しそうなお店である。

まぁ、最初は物珍しいので行くが、それだけでは長続きしないかもしれない。この後の話題づくりや、核となるオリジナル缶詰の開発にかかっているのではないかと個人的には思う。

mr.kanso(ミスターカンソ) 小松店
石川県小松市龍助町149-2
TEL 0761-22-7255
19:00~26:00
日曜休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 能美市三道山、和食のお店「こわろ」のランチは美味しくてお得でした | トップページ | 小松の歴史を探る「小松市埋蔵文化財センター」「仏御前」「浅井畷古戦場」「コマツ発祥の地遊泉寺銅山跡」 »

石川グルメ(お酒)」カテゴリの記事

石川グルメ(その他)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/59270823

この記事へのトラックバック一覧です: 今までありそうでなかった缶詰バー「mr.kanso(ミスターカンソ) 小松店」に話のタネに行ってきた:

« 能美市三道山、和食のお店「こわろ」のランチは美味しくてお得でした | トップページ | 小松の歴史を探る「小松市埋蔵文化財センター」「仏御前」「浅井畷古戦場」「コマツ発祥の地遊泉寺銅山跡」 »