« 札幌駅そば「炭焼炉ばた くし路 NSSビル店」で北海道の味覚を堪能 | トップページ | 福岡中央区「高砂 まるや」は寿司酒場で福岡の友人と久しぶりの一献 »

2013/10/26

秋の奥能登周遊ドライブ観光編,輪島朝市,千枚田,窓岩,珠洲塩田,禄剛埼灯台,珠洲焼資料館,見附島,ギャラリー「舟あそび」

だいぶ遅めの夏休みをとり、車で奥能登を一周してきた。

これから、宿泊、ランチ、スイーツ、酒など何回かに分けてアップしていきたいと思う。今回は「観光編」。

012

今年から通行料金が無料となった里山海道を通り小松から輪島まで直行。まず向かったのはおなじみ輪島朝市。10月の平日10:30ごろであったがそこそこの人出であった。

011

輪島に来るのは8年半ぶり。前にはなかった「海の駅」や、

015

「永井豪記念館」などが出来ていた。

016

この日はまだ比較的暖かい日だったので、おばちゃんたちも大丈夫?ここ朝市ではわかめを買い求めた。

321

そして、ブラブラと歩きながら「輪島キリモト本町店」に移動。

005

桐本木工所の桐本さんの漆器はシンプルな造形で、普段使いの漆器が中心。比較的リーズナブルな値段だが、そうはいっても輪島塗である。なかなか買うことは出来ないが……。

006

なお、輪島については過去にも記事を書いているので、そちらも参考にして欲しい。

そして、珠洲に向けて車を走らせ、途中、千枚田を見学。

044

奥能登「能登の里山里海」は、一昨年、ユネスコの「世界農業遺産」に日本で始めて登録されている。

ここ「千枚田」はその象徴的な場所なのである。行ったときはちょうど駐車場周辺が整備中であった。

049

こちらは千枚田から車で少し走ったところにある「窓岩」。三角形の岩に小さな窓が開いている。

また、このあたり輪島の北部から珠洲にかけては塩作りが盛んで「塩街道」とも呼ばれている。

052

「奥能登塩田村」は道の駅も併設されているところで、塩つくりが行われている時期は「塩」の総合資料館として実際に塩作りを体験できるなど体験型施設となっている。

056

ここは珠洲の仁江海岸ではただ一ヵ所、昔ながらの製塩法として知られる「揚げ浜式製塩法」を続けているところで、手間暇かかるが美味しい塩が作られている。

059

10月はすでに塩作りはほぼ終わっており、今の時期はカン水(塩分濃度の高い水)を釜屋の桶に入れ水分を蒸発させる「釜焚き」のみやっていた。

061

この作業は夏の暑い時期は、部屋の温度は62度にまで達する重労働である。

066

売店で私が買い求めたのは「揚げ浜塩(100g入り550円)」と塩ラムネ。塩ラムネはその場で一本飲んだが、すっきりして美味しかった。

そして一路、目指したのは「禄剛埼灯台」。

087_2

能登半島最北端の岬にある灯台で、イギリス人の設計で明治16(1883)年に建てられたものだ。ちなみに「日本の灯台50選」にも選ばれていて、海からの朝日と夕日が同じ場所で見られることで有名な場所である。

その後、宿泊先に移動したが、宿泊場所の記事は後日アップしたい。

285

翌日宿泊先を出て向かったのが「珠洲市立珠洲焼資料館」。珠洲ビーチホテルの隣に建っている、珠洲の特産品のひとつである「珠洲焼」の歴史を紹介する資料館で、平安末から室町にかけての無釉・還元焔燻べ焼きで焼かれた珠洲古陶約100点や資料を一堂に見ることが出来る施設だ。

294

そこから妻のリクエストで、「舟あそび」というギャラリーに立ち寄ってみることにした。

293

「舟あそび」は、古民家を改装した古民家ギャラリーで、室礼も素晴らしく、とてもいい雰囲気のギャラリーだ。

295

女性オーナー舟見さんのご主人は、珠洲焼の作家なのだそうで、珠洲焼の作家の展示と、企画展として「矢野太昭ガラス展」が行われていた。とても繊細なガラス工芸で、まるで宝石のような輝きを見せてくれる。

304

「舟あそび」は週末の金土日のみの営業となっている。ただ、残念ながら営業は5~10月まで。我々が行ったときにやっていた「矢野太昭ガラス展」が今年最後であった。(明日27日まで開催)

318

上の写真の見附島は、見付海岸前にそびえる奇岩の島。軍艦のような姿から「軍艦島」とも呼ばれている。「見附島」とは、弘法大師が能登を訪れた際、最初に目に付いたことが名の由来だそうだ。

326

こちらは、見附島から近くの恋路海岸と、

343

帰りに立ち寄った九十九湾。

10月の平日ともなると、どちらも人が少なく静かでした。

372

写真の最後は「ボラ待ちやぐら」。やぐらの上でボラの群れを見張り網をたぐるという原始的な漁法で、昔から能登に伝わる漁法。ちなみにボラの卵は能登の名産であるカラスミで珍重されている。

今日のところはこれまで。

キリモト本町店
石川県輪島市河井町1-172
TEL 0768-22-7494
8:30~12:00
土日祝8:30~15:00
水曜休

珠洲塩田
http://www.notostyle.biz/SHOP/fo01-001.html
石川県珠洲市清水町1-58-1  0768-87-2040  通年(体験コーナーは5~9月)  無休  8:30~17:30(閉館、時期により異なる)

禄剛埼灯台
石川県珠洲市狼煙町イ-51
TEL 0767-53-7118
無休
見学自由(外観のみ)

珠洲市立珠洲焼資料館
石川県珠洲市蛸島町1-2-563
TEL 0768-82-6200
一般310円、団体(20名以上)210円
9時00分~17時00分
年末年始(12月29日~1月3日)
資料の展示替え、整理の期間休

ギャラリー舟あそび
石川県珠洲市若山町出田41-2
TEL 0768-82-3960
金土日10:00~18:00(10月は17:00まで)
冬季期間(11月~4月まで)は基本的に閉廊

見附島
石川県珠洲市宝立町鵜飼

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 札幌駅そば「炭焼炉ばた くし路 NSSビル店」で北海道の味覚を堪能 | トップページ | 福岡中央区「高砂 まるや」は寿司酒場で福岡の友人と久しぶりの一献 »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/58457552

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の奥能登周遊ドライブ観光編,輪島朝市,千枚田,窓岩,珠洲塩田,禄剛埼灯台,珠洲焼資料館,見附島,ギャラリー「舟あそび」:

» 2013 能登旅行 #4 東度の家 [出張先]
お越し頂きありがとうございます♪ ここ最近、本業が忙しくなかなかブログを更新出来ずにいます・・・^^; 前回に引き続き能登旅行を書きます。 初日「2013 能登旅行 #1」 2日目午前「2013 能登旅行 #2 輪島塗体験工房 塗太郎」 2日目の昼食「2013 能登旅行 #3 わ...... [続きを読む]

受信: 2013/11/08 14:35

« 札幌駅そば「炭焼炉ばた くし路 NSSビル店」で北海道の味覚を堪能 | トップページ | 福岡中央区「高砂 まるや」は寿司酒場で福岡の友人と久しぶりの一献 »