« 小松「バー・エスメラルダ」主催「秋の大人の社会勉強」サントリー山崎蒸溜所,サントリー京都ビール工場,月桂冠大倉記念館 | トップページ | 静岡ランチ編。静岡駅アスティ「八丁蔵」で静岡名物が一通り入った弁当と駿河区の蕎麦屋「神楽」 »

2013/10/12

小松青路「和Cafe&Kitchen膳」という少し怪しい感じの隠れ家Cafeでランチ

色々、Webで、どこか良さげなお店がないかと探すことがある。

そんなときに、ふと見つけた穴場のお店に行くときは、どんなお店かと期待と不安が交錯しながら訪れる。

今日紹介する「和Cafe&Kitchen膳」はコマツの粟津工場のそば。青路町にあるのだが、Webで見つけた「鯖そーめん」というメニューが気になったので、さっそく行ってみることにした。

Cafekitchen_002_2

平日のランチに行ったのだが、最初見たときは少し心配になった。

古い市営住宅(50年ほどは経過していそう?)を改装したお店で、名前のモダンさ?とは違和感があったというのが正直な感想である。着いてから入るべきか少し迷ったほどである。(^^;;

勇気?を振り絞って中に入る。カウンターの中にはマスター?と思しき男性が「いらっしゃい!」と声をかけてくれる。優しそうな方で少し安心する。

壁にかけられていたホワイトボードに、この日のおすすめや日替り定食(950円)の内容が書かれていた。この日は青椒肉絲だったので、残念ながら私は食べられないので、他のメニューを探すと、壁にしゃもじ型の板に「鯖そーめん」の文字があり、初志貫徹でそれにすることにした。

ただ、微妙に不安だったのが、値段のところに「時価」と書かれていたことだ。鮨屋などでは「時価」という札を見たことはあるが、この手のお店で見るとは思わなかった。

まぁ、「鯖そーめん」に使われる食材に、そんな高価なものは使われていないと思い、清水の舞台から飛び降りたつもりで注文してみた。

出されたのが、こちら?

Cafekitchen_003

どうもホワイトボードに書かれていた「鯖の味噌煮定食」の鯖を使っているようだ。
来る前は冷たいソーメンをイメージしていたが、汁のない温かいソーメンで、鯖以外の具材は入っていない。

Cafekitchen_004

鯖は骨もとりやすく、ほとんど食べられるところばかりで、くどくなく煮られている。汁も鯖の煮汁がかけられていて少し臭みもあったが、山椒もたっぷりかけられて臭みを消していた。

気になる値段は700円でした。

和Cafe&Kitchen膳
石川県小松市青路町48-2
TEL 0761-48-5600
月水木
11:00~20:00
金~日
11:00~22:00
月水~日
ランチ11:00~14:00
火曜休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 小松「バー・エスメラルダ」主催「秋の大人の社会勉強」サントリー山崎蒸溜所,サントリー京都ビール工場,月桂冠大倉記念館 | トップページ | 静岡ランチ編。静岡駅アスティ「八丁蔵」で静岡名物が一通り入った弁当と駿河区の蕎麦屋「神楽」 »

石川グルメ(カフェ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/57924951

この記事へのトラックバック一覧です: 小松青路「和Cafe&Kitchen膳」という少し怪しい感じの隠れ家Cafeでランチ:

« 小松「バー・エスメラルダ」主催「秋の大人の社会勉強」サントリー山崎蒸溜所,サントリー京都ビール工場,月桂冠大倉記念館 | トップページ | 静岡ランチ編。静岡駅アスティ「八丁蔵」で静岡名物が一通り入った弁当と駿河区の蕎麦屋「神楽」 »