« たまにはスイーツ&フルーツの話題!加賀橋立「スイーツ屋 ハレルヤ」と石川県産高級ぶどう「ルビーロマン」 | トップページ | JR品川駅のエキナカ「キャンプエクスプレス(camp express)品川店」一日分の野菜カレー »

2013/09/16

東大阪「ラーメン坊也哲」は「麺哲グループ」で麺もスープも具も存在感たっぷりのラーメン

今日紹介する「ラーメン坊也哲」の場所は、「長浜ラーメン夢街道」→「麺屋 兆良」とお店が変わっている。

「長浜ラーメン夢街道」と「麺屋 兆良」は経営が同じであったが、違う場所に移転して、そこにほぼ居抜きでお店をオープンしたのが「ラーメン坊也哲」なのである。

001

場所は、中央環状線沿いのスーパー銭湯があるビルの一階。麺屋 兆良のときはお店は赤色がメインだったが、「ラーメン坊也哲」は黒色がベースのデザインである。

調べると、豊中に本店を置く「麺哲グループ」の支店にあたるようだが、私は、「麺哲グループ」のお店に行くのは初めてである。

さて、お店に入り品書きを見渡すと、基本はラーメンとつけ麺である。チャーシュー類を使った丼はあるが、炒飯はメニューにはない。そして大阪でよくあるキムチ類の無料コーナーもなく、ラーメンの味で勝負しているようだ。

ということで、お店の人におすすめを聞くと、やはり「醤油」ということであったので、そのおすすめに従うことにした。

出されたのが、こちら。

003

ビジュアルを見れば、美味しいラーメンかそうでないかはわかる。見た目がきれいで丁寧な仕事がされているラーメンだということは一目でわかった。

透き通ったスープは、濁りがなく浮いている脂もきれいだ。乗せられている笹切りネギも食欲をそそる。鶏の旨みをしっかり出し切った感じのする、少し醤油の味も強めのスープだが、バランスも素晴らしいし、かと言ってくどくなく美味しい。

具材は、他にはメンマ、チャーシュー、海苔。

チャーシューは写真では少ししか見えないが、厚切りのしっかりとした食感が残るタイプであった。

005

麺は中ストレート。「麺野郎」というこれまた有名なところのもののようだが、少し黄色の表面が滑らかでツルツルしている麺である。コシもあって弾力もいい、スープの存在に負けない麺となっている。

値段は700円と納得の一杯となっている。

ラーメン坊也哲
大阪府東大阪市西岩田4-4-46
TEL 06-4307-5659
11:30~14:30
17:30~21:30
月曜休
月曜祝日の場合は月火連休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« たまにはスイーツ&フルーツの話題!加賀橋立「スイーツ屋 ハレルヤ」と石川県産高級ぶどう「ルビーロマン」 | トップページ | JR品川駅のエキナカ「キャンプエクスプレス(camp express)品川店」一日分の野菜カレー »

大阪(ラーメン)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/57968908

この記事へのトラックバック一覧です: 東大阪「ラーメン坊也哲」は「麺哲グループ」で麺もスープも具も存在感たっぷりのラーメン:

« たまにはスイーツ&フルーツの話題!加賀橋立「スイーツ屋 ハレルヤ」と石川県産高級ぶどう「ルビーロマン」 | トップページ | JR品川駅のエキナカ「キャンプエクスプレス(camp express)品川店」一日分の野菜カレー »