« 東大阪「ラーメン坊也哲」は「麺哲グループ」で麺もスープも具も存在感たっぷりのラーメン | トップページ | 鶴来パーク獅子吼内「泰夢(たいむ)」は基本は甘味処だが、蕎麦もウリのお店 »

2013/09/18

JR品川駅のエキナカ「キャンプエクスプレス(camp express)品川店」一日分の野菜カレー

JR品川駅のエキナカには、多くのお店が入っている。

飲食店も多く、人気のお店もいくつかあり、お昼時はいつも行列が出来ている。

その中で、「野菜を食べるカレー キャンプ」という代々木にある人気店と、JR東日本グループの「日本レストランエンタプライズ」がコラボして作ったお店「キャンプエクスプレス」がある。

「野菜を食べるカレー キャンプ」は1日分の野菜が入っているカレーが有名。この日は、とりあえず移動の途中駅だったのでランチに食べてみることにした。

Camp_0367

着いたのは11時40分頃。ご覧のようにすでに行列が出来ていた。お店の前に出されているメニュー見ながら待つこと6分ほどで店内に案内された。

Camp_0360

ここはお店の名前が「キャンプ」。

Camp_0365

店員のユニフォームはボーイスカウト風?スプーンやナプキン入れは飯ごう。お変わりの水は水筒に入れられていたりとキャンプで食べる雰囲気を演出している。(内装はそうでもなかったが)

Camp_0361

そして、私は当然「一日分の野菜カレー」を頼んだ。注文ごとに具材と14種類以上のスパイスを使ったカレーソースを炒める姿を見ることが出来る。

Camp_0362

あと、お店の前に辛さの表示があって、野菜カレーは少し甘めだと書いてあったので辛さを1辛でお願いした。しかし、これが辛かった。(^^;;普通の辛さとはどんなものなのだろう?暑い日だったため、汗をかきながらしっかり完食。

Camp_0364

具材としての野菜は、確かに量はたくさん入っていたが、それほどびっくりするほどのものではない。ただ、トマト、ピーマン、キャベツ、ジャガイモ、サツマイモ、ニンジン、ほうれん草まど色々な種類の野菜が入っていて栄養価はネーミングの通り「一日分の野菜」がとれるのかもしれない。

カレールゥもとても美味しい。

990円という値段と内容のバランスは取れている。ちなみに辛さを一段階アップするごとに+20円である。

エキナカという立地で、移動の合間に食べられる利点もある。おすすめの一軒かな。

キャンプエクスプレス(camp express)品川店
東京都港区高輪3-26-27
エキュート品川サウス
JR品川駅1F
TEL 03-5421-8036
月~土7:00~22:30(L.O.)
日・祝8:00~21:30(L.O.)
無休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 東大阪「ラーメン坊也哲」は「麺哲グループ」で麺もスープも具も存在感たっぷりのラーメン | トップページ | 鶴来パーク獅子吼内「泰夢(たいむ)」は基本は甘味処だが、蕎麦もウリのお店 »

東京・横浜のグルメ(洋カテゴリー)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/57856924

この記事へのトラックバック一覧です: JR品川駅のエキナカ「キャンプエクスプレス(camp express)品川店」一日分の野菜カレー:

« 東大阪「ラーメン坊也哲」は「麺哲グループ」で麺もスープも具も存在感たっぷりのラーメン | トップページ | 鶴来パーク獅子吼内「泰夢(たいむ)」は基本は甘味処だが、蕎麦もウリのお店 »