« 大阪西区新町のフランス料理「ラ・バレンヌ(La Baleine)」は女性シェフが腕を振るうプチメゾン | トップページ | セントレジスホテル大阪の朝食。イタリア料理「ラ ベデュータ」はやはり一流でした »

2013/07/28

小松市福乃宮「寿司 福助」で今度は夜のコースを楽しんできました

前に寿司ランチのことについて書いたことがある小松市福乃宮「寿司 福助」。

005

今回は、夜にお邪魔してコースを楽しんできたので書きたい。

ランチのときは1,500円という価格で、ネタも良く満足したというようなことを書いた。

10数年以上前は時々行ったことがあったが、夜に行くのは久しぶりなので、ランチのときのような驚きがあるか楽しみにして出かけた。。

コース料理は、4,200円、5,250円、6,300円、7,350円の4種類。4,200円には天ぷらが付かない。それ以上は素材の違いということだ。

今回は、とある送別会で行ったのだが、一番リーズナブルな4,200円のコースでお願いした。

006

まずは、「いわしのぬた」が出された。酢味噌がとても濃い味で酒がすすむ。

008

毛がには4分の一杯。身もみそも美味しい。

009

4,200円のコースだと、刺身が少し寂しいかな?甘えび、タイ、マグロが一切れ。ガンドが3切れ。

012

焼物は銀ダラ。

013

酢の物はもずく酢。これでつまみ系は終わり。

014

寿司は、握り4貫と鉄火巻2本。ネタも平凡で残念ながらランチのときのような感動はなかった。もっとも4,200円のコースではやむを得ないと思うが……?(^^;;

018

食べ終わった後、まだ酒が残っていたので追加で頼んだのは「へしこ」。身が厚く美味しかった。

011

016以上、これらをつまみに飲んだのは「赤霧島」と生ビールである。久しぶりの「赤霧島」であった。

あと、コースには味噌汁と、

フルーツが付いている。

017

この日はちょうど官公庁のボーナスの日だったので、広いお店も満席状態。儲かっているみたいですね。

寿司 福助
石川県小松市福乃宮町1-106
TEL 0761-22-2929
11:30~23:00
月曜休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 大阪西区新町のフランス料理「ラ・バレンヌ(La Baleine)」は女性シェフが腕を振るうプチメゾン | トップページ | セントレジスホテル大阪の朝食。イタリア料理「ラ ベデュータ」はやはり一流でした »

石川グルメ(鮨、寿司)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/57696007

この記事へのトラックバック一覧です: 小松市福乃宮「寿司 福助」で今度は夜のコースを楽しんできました:

« 大阪西区新町のフランス料理「ラ・バレンヌ(La Baleine)」は女性シェフが腕を振るうプチメゾン | トップページ | セントレジスホテル大阪の朝食。イタリア料理「ラ ベデュータ」はやはり一流でした »