« 七尾市の人気鮨店「幸寿し 本店」は、七尾湾の新鮮な素材の旨みを生かした仕事と明朗会計が素晴らしい | トップページ | 「ル ミュゼ ドゥ アッシュ」で辻口パティシエのスイーツでホッと一休み&「辻口博啓美術館」「角偉三郎美術館」 »

2013/07/05

「中華そば 青葉 学芸大学店」は「東京」と「九州」を合体したダブルスープ発祥のお店

東京中野に本店がある「青葉」は、「青葉インスパイア」という言葉まで生み出したほどのダブルスープ発祥の店として有名である。

最近はダブルスープのお店も相当多くなって名前も埋没の感もあるが、当時は九州の豚骨の濃厚なコクのあるスープと、東京の香り高い和風の魚介ダシのスープを組み合わせた画期的なスープであった。

067

東京にプライベートで行ったとき、たまたま東急東横線の学芸大駅に行く機会があり、駅の広告を見て行こうと思って中途半端な15時半という時間であったが、ちょうど小腹も空いていたので直行した。

場所は学芸大横丁という東急線のガード下にある。

このあと、18:30から、これもすでにアップしたイタリア料理店で会食の予定だったので、とりあえず一番ベーシックなラーメン(650円)をオーダーすることにした。

068

ほどなくして出されたのがこちら。まずはスープを一口。とてもマイルドで豚骨の臭みもない。魚介の存在も確かに感じられる味で後口もよい。

070

麺は青葉自家製で、青葉のホームページを見ると「うどん」と「中華麺」の良さを合わせたものらしい。確かに食感が一般的なラーメンのものよりは、モチッとした弾力がありよかった。

具材はチャーシュー1枚とメンマ、ナルト。

総合点は高いし納得できる味だが、他のお店が進化している中、更なるインスパイアを起こせるか興味深々というところかな。

中華そば 青葉 学芸大学店
TEL 03-3716-5663
東京都目黒区鷹番2-21-14
学大横丁113号
11:00?23:00(売り切れ次第終了)
無休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 七尾市の人気鮨店「幸寿し 本店」は、七尾湾の新鮮な素材の旨みを生かした仕事と明朗会計が素晴らしい | トップページ | 「ル ミュゼ ドゥ アッシュ」で辻口パティシエのスイーツでホッと一休み&「辻口博啓美術館」「角偉三郎美術館」 »

東京・横浜のグルメ(中華・ラーメンカテゴリー)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/57483604

この記事へのトラックバック一覧です: 「中華そば 青葉 学芸大学店」は「東京」と「九州」を合体したダブルスープ発祥のお店:

« 七尾市の人気鮨店「幸寿し 本店」は、七尾湾の新鮮な素材の旨みを生かした仕事と明朗会計が素晴らしい | トップページ | 「ル ミュゼ ドゥ アッシュ」で辻口パティシエのスイーツでホッと一休み&「辻口博啓美術館」「角偉三郎美術館」 »