« 東京飯田橋「悠讃(ゆうざん)」は珍しい「うどん居酒屋」で夜も楽しめる | トップページ | 小松市役所裏に新しくオープン「ビストロ&ワインバ-BARIN」はおすすめの一軒 »

2013/07/18

大阪夏の陣?大阪の夏はやはり熱い暑い!「あべのハルカス」「フェスティバルホール」他+セントレジスホテル大阪

大阪に3年間住んでいて、昨年春に石川に戻ってきて、今回初のプライベートでの大阪行き。

妻は所用で一日早く大阪入り。遅れて私も合流して色々食べ歩きと一部観光を楽しんできた。ただ、両日とも35度を超える猛暑日だったので熱い暑い旅行だった。

2日間でだいぶ歩いたが、熱中症になりそうで相当水分補給、いやアルコール補給をした。(^^;;

今日のところは観光編?ということで、大阪の新名所ほかを紹介したいと思う。グルメネタは後日順次紹介していきたい。

まぁ、3年間住んでいたので大阪のひと通りの観光地には行ったことがある。しかし、私が住んでいた昨年4月までと今の大阪とは北と南(天王寺)で大きな再開発があり、だいぶ変わっているところも多い。

028

027今年6月13日には、天王寺地区の阿倍野に「あべのハルカス」の近鉄百貨店がオープンした。そして、来年春には地上300mの「あべのハルカス」が全館完成するが、この「あべのハルカス」を中心に周辺地区も、さらに大きく変貌を遂げるだろう?

今回「あべのハルカスダイニング」にてランチを取ったのだが、お店の紹介については後日書きたい。しかし、日曜日だったので凄い人でした。

北のほうでは、グランフロント大阪が4月26日にオープンしている。グランフロント大阪については、お店の紹介も含めて過去に何度か書いているので、そちらも参考にしてほしい。

292

あと、中之島には、昨年秋に完成した「中之島フェスティバルタワー」に、新しくなったフェスティバルホールが4月10日開業している。

294

エントランスからホール入り口まで続く階段の赤いジュータンが目にまぶしい。

290

ツインタワーとなる西地区は2017年(平成29年)の春から夏に竣工の予定だそうだ。現在、取り壊しにかかっていてご覧のように囲いが出来ていた。

458

あと、アメリカ村にある、いま人気の「タイガーコペンハーゲン」にも立ち寄ったり、

396

住んでいたときに毎週ウォーキングやジョギングをしていた懐かしの大阪城と大阪城公園にもぶらり足を延ばした。

393

最後に、宿泊したホテルについて触れておきたい。

St_regis_278

そのホテルは、スターウッド・ホテル&リゾートの最高級ブランド「セントレジスホテル大阪」である。

St_regis_285

スターウッド・ホテル&リゾートといえば、「ウェスティン」や「ル・メリディアン」「シェラトン」など9つのブランドを展開するホテルチェーンで、日本でも多数のホテルがある。ただし、そのどれもが日本のパートナー企業が運営するもので、日本に直接スターウッド・ホテル&リゾートとして進出した第1号のホテルなのだ。2010年10月に開業している。

ホテルは本町ガーデンシティの1階、11階~27階にあるが、私は大阪在住時はこの近くのマンションに住んでいて、完成までとオープン後もずっと毎日のように眺めて暮らしていた。そのため、いつか「セントレジスホテル大阪」に泊まりたいと思っていたのだ。

休前日に宿泊すると、一人一泊3万円以上はする超高級ホテルである。ただ、今回は休前日ではなかったので、ビジネスホテルの倍までいかないくらいの値段で宿泊できた。

St_regis_319

宿泊しての結論!やはり世界でも超一流ホテルと言われるところは違うということである。

インテリアはイギリスの「GAデザイン」が担当。モダニズムとラグジュアリー感を出しながら風格あるインテリアデザインに仕上がっている。

St_regis_427

ウエルカムドリンクはもちろん。

これは、文字ではなかなか表現できないし、泊まってみないとわからないのだが、施設だけの問題ではなくホスピタリティが素晴らしいのだ。

ホテルのウリとして、バトラー(執事)のサービスを24時間、宿泊客全員が利用できるのが特徴だが、残念ながら今回は利用することはなかった。

St_regis_442

客室の天井もとても高く、天井から床近くまでの大きな窓により明るく開放的。

St_regis_347

26階からの眺めも素晴らしい。ちょうど北向きで、ホテルから御堂筋沿いに梅田側を見ることができる。私が大阪に住んでいたときも25階で同じ向きに住んでいたので、懐かしい景色である。

St_regis_406

タオル類も何種類もあり、また途中で何度も取り替えてくれるし、インテリアや備品、アメニティ類もいい。(ブラシは普通だったが)

St_regis_407

クローゼットも広く、何泊しても衣装類の収納には困らない。(笑い)

St_regis_431

妻は、このホームバーと冷蔵庫が入っていた金箔張りの調度品がお気に入りだった。
中には高級そうなワイングラスが整然として並べられて収納されていた。

St_regis_412

まぁ、我々のような者には不釣合いかな?(^^;;

St_regis_320

12階の低層階の屋上には枯山水の日本庭園がある。

こちらは、セントレジスバーとなっている。こちらの方は前にも紹介したことがある

レストランのサービスのクオリティもさすがだ。なお、レストランの紹介については後日書きたいと思う。

開業当初は1泊69,000円からの宿泊料金設定で話題をよんだが、さすがにこの料金は高すぎるということで、曜日やシーズンによっては意外に安く宿泊することが出来るようになった。

皆さんも一度利用してみてはいかがだろう?きっと納得できると思う。

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 東京飯田橋「悠讃(ゆうざん)」は珍しい「うどん居酒屋」で夜も楽しめる | トップページ | 小松市役所裏に新しくオープン「ビストロ&ワインバ-BARIN」はおすすめの一軒 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/57764438

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪夏の陣?大阪の夏はやはり熱い暑い!「あべのハルカス」「フェスティバルホール」他+セントレジスホテル大阪:

« 東京飯田橋「悠讃(ゆうざん)」は珍しい「うどん居酒屋」で夜も楽しめる | トップページ | 小松市役所裏に新しくオープン「ビストロ&ワインバ-BARIN」はおすすめの一軒 »