« 東京富士見「Bistro UO-ZA」は気軽にリーズナブルに楽しめるお店でした | トップページ | ミシュラン2つ星,大阪北浜「与太呂本店(よたろほんてん)」で有名な「鯛ごはん」をやっと食す »

2013/07/22

金沢も夏本番!?金沢21世紀美術館,ひがし茶屋街&月天心の「おとなのかき氷」

今年の石川県の梅雨は、そんなに雨が降っていない気がするし、前日に雨の予報でも(小松では)あまり雨にならないことが多く、モヤモヤした梅雨である。

001

そんな中、先週後半は比較的すごしやすい気温だったため、土曜の朝、木場潟をウォーキングのあと、久しぶりに金沢の街を散策することにした。

私としては、ネタとして書くのは久しぶりの感がある「金沢21世紀美術館」。いつ来ても大勢の来館者で賑わっている。

049

館内から外を眺めると、すでに夏の光である。

046

045館内の中庭では「小池博史 創作体験ワークショップ~銀河の旅にでる~」というのをやっていた。これは、宮沢賢治原作「銀河鉄道の夜」をモチーフにした作品だそうだが、翌日の新聞でこのことを知ったのであって、少しの見学時間ではわからなかった。(^^;;

美術館のそばにある「モノトヒト」では、奈良の人気カフェ「くるみの木」が心地よい暮らしを提案する「くるみの木 金沢の旅」という展示販売をやっていた。

025

そして、「ひがしの茶屋街」。こちらも多くの観光客で賑わっていた。

さて、この日は過ごしやすかったとはいえ、ずっと外にいるとさすがにのどが渇く。

028

ということで、金沢の花屋さん「アトリエ こすもす」の角島さんに紹介いただいた和菓子屋さん「月天心」に行き「おとなのかき氷」をいただくことにした。

031

ここ「月天心」は、三重県出身のご主人が、金沢大学に在学中にほれ込んだ金沢と金沢の和菓子。各地での修業のあと結果的に金沢でお店を出すことにしたようである。「氷」の文字が涼を感じさせてくれる。

033

「月天心」は基本は和菓子屋さんなのだが、客席数4席の小さなカフェスペースがある。ここで、夏限定のカキ氷を食べることが出来るのだ。

036

お店も狭いがホッとする空間である。

しかし、ネーミングがいいですね~!?「おとなのかき氷」。

「おとなのかき氷」は「濃茶金時」「生メロン」「紫蘇みるく」の3種類。

038

私は「紫蘇みるく」頼んだが、見た目も「やわらかな」カキ氷ではないか!?

氷は、ご主人が手作業でかいているのだ。一気に食べてもツーンとこないのだ。それに甘さ控えめで、素材も紫蘇という体に良さようなもので、「おとなのかき氷」というネーミングの意味がわかるような気がする。

042

099妻は、「生メロン」を頼んでいたが、こちらも上品なメロン味で美味しかったそうである。

このあたりの場所は茶屋街とは大通りをはさんで反対の方角なので、知らないとなかなか行かないところだ。「出版と古本とカフェのあうん堂本舗」の近くなので、一度皆さんもどうぞ。

帰りに家への土産に「くるみわる」を買い求めた。

くるみの木 金沢の旅
石川県金沢市広坂1丁目2-20
TEL 076-255-0086
2013年7月5日(金)~10月6日(日)
11:00~18:00
月曜休

月天心(つきてんしん)
石川県金沢市東山3-10-2
TEL 076-252-0287
10:00~19:00
※売り切れ次第終了
火曜休
水曜不定休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 東京富士見「Bistro UO-ZA」は気軽にリーズナブルに楽しめるお店でした | トップページ | ミシュラン2つ星,大阪北浜「与太呂本店(よたろほんてん)」で有名な「鯛ごはん」をやっと食す »

石川の美術館」カテゴリの記事

石川グルメ(カフェ)」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/57835222

この記事へのトラックバック一覧です: 金沢も夏本番!?金沢21世紀美術館,ひがし茶屋街&月天心の「おとなのかき氷」:

« 東京富士見「Bistro UO-ZA」は気軽にリーズナブルに楽しめるお店でした | トップページ | ミシュラン2つ星,大阪北浜「与太呂本店(よたろほんてん)」で有名な「鯛ごはん」をやっと食す »