« 石川県のギャラリーショップ,片山津「CALORE」橋立「Cullet」金沢「モノトヒト」 | トップページ | パン屋さん紹介シリーズは小松「ブーランジェリーカナエ」と金沢松村「こくう」 »

2013/06/09

能登半島の中核七尾市の見所紹介「能登食祭市場」「高澤ろうそく」「七尾美術館」「のとじま水族館」「石川県能登島ガラス美術館」

北陸地方は今日6月9日現在、まだ梅雨入りしていない。

昨日、そんな梅雨入り前の晴れの日、久しぶりに能登をドライブしてきたので書きたい。

002

今年3月31日から、これまでの能登有料道路が無料化。新しく「ふるさと紀行 のと里山海道」という愛称で完全無料化となった。

004

途中の「道の駅・高松」もそれにあわせてリニューアル。海に向かって明るく開放感あふれる内部となっていた。

038

まず向かったのは和倉温泉。昨日、今日と「能登よさこい祭り」というイベントが催されていたが、10時過ぎに到着したときは、まだ開催前だったのでスムーズに「辻口博啓美術館」と「ル ミュゼ ドゥ アッシュ」に入ることが出来た。

この2つについては後日改めて書きたい。

さて、その後に七尾市の中心部に向かい、「能登食祭市場」に立ち寄った。

042

ここは、正式名称は「七尾フィッシャーマンズ・ワーフ・能登食祭市場」という長い名前である。

047

今年、4月20日にリニューアルオープンしたばかりで、それ以前に比べて明るくなり、浜焼きコーナーなども出来ていた。

能登食祭市場
七尾市府中町員外13番地1
TEL 0767-52-7071
8:30~18:00
火曜休(祝日の場合は営業)
ただし、7~11月は無休
1/1は全館休業

072

そして、ここからほど近い場所にある「高澤ろうそく店」に立ち寄る。

074

ここは、1892年創業の和ろうそくのお店で、私のブログでも昔紹介したことがある。

080

一階は店舗で、二階にはろうそくを生活の中で使う場の室礼を見せてくれる場となっている。

087

和ろうそくは植物ロウを主原料に、芯は和紙と灯芯を使った手作りのろうそくのことで、過去の内容も参考にして欲しい。

高澤ろうそく店
石川県七尾市一本杉町11
TEL 0767-53-0406
9:00~19:00
第3火曜休

途中「七尾美術館」に立ち寄る。

095

七尾市といえば、 国宝「松林図屏風」(東京国立博物館蔵)を描いた安土桃山時代に活躍した絵師、長谷川等伯の生誕地である。私も京都国立博物館の長谷川等伯展で、没後400年の特別展覧会を行列の中観たことがあるが、故郷が生んだ素晴らしい絵師だと思う。

092

「七尾美術館」でも年に1~2度は長谷川等伯の展示会が開かれるほか、そんな等伯の作品を大型ハイビジョンで鑑賞できたりもする。

いまは「現代美術展」が開催されている。

石川県七尾美術館
石川県七尾市小丸山台1丁目1
TEL 0767-53-1500
9:00~17:00
(入館は4時30分まで) 
月曜(祝日を除く)祝日の翌日休(土日を除く)
展示替え期間、年末年始休
※展覧会によっては会期中無休
 

102

そして能登島に移動。行くときに通った能登島大橋。

147

帰りに通った ツインブリッジのと。天気が良く気持ちがいい。

136

能登島での主目的は、こちらもリニューアルした「のとじま水族館」に久しぶりに行くこと。「のとじま水族館」は石川県唯一の水族館である。

108

2010年8月に日本海側最大規模のパノラマ大水槽が完成し、国内の水族館では4番目となるジンベエザメの飼育・展示が開始され、それに伴って館内がリニューアルされたが、昔の展示を比べると、新しい館内は明るくきれい。見易くなった。

123

イルカショーの場所は、前と変わらないので、設備的には少し見劣りするが、ショーは楽しめる内容だった。

132

これは、クラゲをライトアップして幻想的に見せる展示。

131

ペンギンも檻の外に出され、

127

アザラシも、流氷をイメージした遊び場「アザラシテーブル」で、外部に突き出た円柱水槽との間で自由気ままに遊び回る姿を見せてくれるなど、動物の自然な生態が見られる行動展示で有名となった北海道旭川市の旭山動物園を参考にしているようだ。

130

でも、能登島の海に面したロケーションは、この水族館のウリであり、天気のいい日は本当に気持ちがいい。

のとじま水族館
石川県七尾市能登島曲町15部40
TEL 0767-84-1271
12月29日~31日は休館
3月20日~11月30日9:00~17:00
12月1日~3月19日9:00~16:30
一般(高校生以上)1,800円
中学生以下(3歳以上)500円

最後の紹介は「石川県能登島ガラス美術館」。

142

ガラス芸術専門の美術館で、毛綱毅曠氏の設計。

144

世界各国の現代ガラス作家の作品を中心に、300点近くの作品を所蔵しており、主な所蔵品として、ダリとフランスのドーム社との共同制作による造形作品や、ピカソやジャン・コクトーなどの案をもとにヴェネチアのガラス工房で作られた造形作品などである。

今回は時間の関係で入らなかったが、こちらも昔紹介しているので、そちらも参考にして欲しい。

145

能登島ガラス美術館は小高い丘の上にあり、そこから見下ろせる場所にあるのが能登島ガラス工房である。

140

だれでもガラス工芸が体験できるので皆さんの体験してみてはいかがだろう?

石川県能登島ガラス美術館
石川県七尾市能登島向田町125-10
TEL 0767-84-1175
4月~11月9:00~17:00
12月~3月9:00~16:30
入館は閉館30分前まで
第3火曜(祝日の場合は翌日)
年末年始(12/29~1/1)休
8月中は無休
一般・高校生以上800円
中学生以下無料

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 石川県のギャラリーショップ,片山津「CALORE」橋立「Cullet」金沢「モノトヒト」 | トップページ | パン屋さん紹介シリーズは小松「ブーランジェリーカナエ」と金沢松村「こくう」 »

石川の美術館」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

能登島には野生のイルカの家族が9頭住んでいます。イルカのカップル2頭が毎年出産して9頭になりました。
野生イルカのウォッチングクルーズも癒されます。

投稿: 能登島Yasu | 2013/06/24 12:08

能登島Yasuさん
こんばんは。
コメントありがとうございます。
へぇ~、そうなんですか!?
イルかにとっても能登島は住みやすいところなんですね!?

投稿: あさぴー | 2013/06/24 19:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/57554708

この記事へのトラックバック一覧です: 能登半島の中核七尾市の見所紹介「能登食祭市場」「高澤ろうそく」「七尾美術館」「のとじま水族館」「石川県能登島ガラス美術館」:

« 石川県のギャラリーショップ,片山津「CALORE」橋立「Cullet」金沢「モノトヒト」 | トップページ | パン屋さん紹介シリーズは小松「ブーランジェリーカナエ」と金沢松村「こくう」 »