« 今日はラーメンの話題2つ。片山津「にぃぽっぽ」と8番ラーメンの限定「トムヤムクンらーめん」 | トップページ | 白山市「北野食堂」は石川におけるメガ盛食堂の聖地かな? »

2013/06/24

東京築地場外市場の「てんぷら黒川」は江戸前の天ぷらをリーズナブルに楽しめる

東京に行くと、無性に天ぷらが食べたくなることがある。江戸前の天ぷらはやはり美味しいからだ。

もっとも年とともに天ぷらに対してそれほど欲求が強くなくなってきたが……。今日は、先日紹介した東京に行ったとき、お昼に食べに入った築地場外市場の「てんぷら黒川」について書きたい。

お店は場外にあり、店内もめちゃ狭く、10人強入ると一杯になる。

013

江戸前天ぷらは胡麻油でカラッと揚げるのが特徴。これは種に魚介が多いので臭みを取る意味もあったようだ。胡麻油ため風味もよく、胃もたれも少ないメリットがある。それに、ここは素材も築地市場が隣ということで、活きのいい魚介と新鮮な野菜類がすぐ手に入るという地の利を生かしているお店だ。

ランチは天丼がメインだが、品書きを見ると2,000円で昼の食事セットというのがあるではないか!?それも野菜の天ぷらにかき揚天丼が付いた「蘭」と、海老、魚介、野菜の天ぷらに、穴子天丼が付いた「雪」の2種類も。

そこで我々二人は、その2種類を注文してシェアすることにした。

天ぷらにはやはりビール!お昼だったが欲求は抑えられなかった。(^^;;

江戸前の天ぷらは一般的には天つゆで食べることが多いが、ここは天つゆで食べるのではなく4種類の塩で食べる。抹茶塩、カレー塩と岩塩ともう一種類(非常にキメが細かい塩)で、お好みに応じて食べる。

ただ個人的には、どの塩をつけたほうが美味しいかアドバイスしてくれるほうがうれしい。

014

さて、まず出されたのは、才巻き海老と絹さや。サクッとした食感。やはり天ぷらは揚げ立てに限る!

油もきちんと切られている。それに一品ごとに半紙を取り替えてくれるのもうれしい。(テーブル席だったから?)

017

こちらは生麩。

018

そのあと舞茸、新玉ねぎが2個ずつ。稚鮎、卵の黄身は1個ずつ。卵の黄身は一口でぱくりと食べないと中の黄身が飛び出してくる。注意が必要だ。

021

このあとは、〆の天丼。こちらは「穴子天丼」。穴子は大きく切られた身ではなく天バラのようである。

023

「かき揚天丼」はホタテ、海老、イカ、アスパラなど。かき揚も美味しかった。

丼は握り鮨2貫ほどの量しか入っていなかったので、男性には物足りないかもしれない。もっとも天ぷらなので、食べ終わったときは満腹感が十分あったが、夕方に小腹が空いてきて、あとでラーメンを食べる羽目になってしまった。この内容は後日書きたい。

024

味噌汁は海老の頭が入ったもので、海老のみその旨みが溶け出していた。

2,000円で美味しい天ぷらが食べられるので、こちら「黒川」はおすすめのお店である。

てんぷら黒川
東京都中央区築地6-21-8
TEL 03-3544-1988
9:00~14:00 (L.O.13:45)
17:00~21:00 (L.O.20:00)
日祝休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 今日はラーメンの話題2つ。片山津「にぃぽっぽ」と8番ラーメンの限定「トムヤムクンらーめん」 | トップページ | 白山市「北野食堂」は石川におけるメガ盛食堂の聖地かな? »

東京・横浜のグルメ(和カテゴリー)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/57483503

この記事へのトラックバック一覧です: 東京築地場外市場の「てんぷら黒川」は江戸前の天ぷらをリーズナブルに楽しめる:

« 今日はラーメンの話題2つ。片山津「にぃぽっぽ」と8番ラーメンの限定「トムヤムクンらーめん」 | トップページ | 白山市「北野食堂」は石川におけるメガ盛食堂の聖地かな? »