« 小松の「料亭 一浪」で旬の食材をふんだんに使った会席料理を堪能 | トップページ | 富山市の美術館博物館巡り「水墨美術館」「近代美術館」「科学博物館」と鱒の寿し「高田屋」 »

2013/04/13

小松市の桜の名所「木場潟」「千恵子桜」「う川古代桜」「芦城公園」「小松城跡」

今日は、ここ2~3日の悪天候がウソのようないい天気だった。

_0319

恒例の木場潟ウォーキングに行ってきて、午後から小松にある桜の名所を何ヶ所か巡ってきた。

_0321

_0320木場潟も先週末の時点で、すでに満開状態であったが、ここ数日間は寒い日が続いたためか、この日もチラホラ花びらも散ってはいたが、まだ満開に近く十分に楽しむことが出来た。

幸い春らしい気温となり、多くの人がウォーキングやジョギングを楽しんでいた。

そして、午後から向かったのは小松市松岡町にある「千恵子桜」である。

003

途中、十二ヶ滝に立ち寄り、滝の向こう側にある桜と一緒に写真を写す。

目的地の「千恵子桜」は、主要道からだいぶ入ったところで、私もこのあたりまで来たのは始めてである。

015

個人宅の脇に大きな枝垂桜が一本。見事な桜だが、残念ながら今日の時点では花びらもだいぶ散っていて、少し寂しい感じもした。

010

今年小松で開催された「全国さくらシンポジウムin小松」に合わせて設置されていた案内板によると、「千恵子桜」は、1953年にここからブラジルに嫁がれた千恵子さんに思いを馳せて従兄弟が自宅裏に植えた桜ということである。つまり樹齢60年ということ。

013

ちなみに、平成20年に石川県で初めて、全国樹木医会の健康優良樹に選ばれた桜だということも書かれていた。

そして向かったのは、鵜川町。

019

旧北陸鉄道小松線鵜川遊泉寺駅跡に残る大きな桜「う川古代桜」を見に行った。

ここの桜はソメイヨシノで6本並んで咲いている。ちょうど今が満開だった。樹齢80年を超えていて、こんなに古い桜の木は石川県内でも珍しいそうである。

027

菜の花の黄色と、空の青、桜の花のピンクのコントラストもいい。

030

あと、小松で花見客が一番多いのは、芦城公園だろう?

033

最高の天気の土曜日ということで、ブルーシートを敷いて花見をする人。場所取りをする人などで賑わっていた。

桜の花はだいぶ散り始めていて、見頃は明日一杯かな?

最後は、小松高校のグランドにある、小松城の天守閣跡に続く桜並木。

040

石垣と桜を同時に写せるポイントがなかったので、天守閣跡をメインに写したが、奥のほうに桜並木がある。

今年に桜は意外に長い間楽しめてよかったかも?皆さん!明日も天気が良さそうなので、出かけてみてはいかがだろう!?

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 小松の「料亭 一浪」で旬の食材をふんだんに使った会席料理を堪能 | トップページ | 富山市の美術館博物館巡り「水墨美術館」「近代美術館」「科学博物館」と鱒の寿し「高田屋」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/57164239

この記事へのトラックバック一覧です: 小松市の桜の名所「木場潟」「千恵子桜」「う川古代桜」「芦城公園」「小松城跡」:

« 小松の「料亭 一浪」で旬の食材をふんだんに使った会席料理を堪能 | トップページ | 富山市の美術館博物館巡り「水墨美術館」「近代美術館」「科学博物館」と鱒の寿し「高田屋」 »