« 富山市の美術館博物館巡り「水墨美術館」「近代美術館」「科学博物館」と鱒の寿し「高田屋」 | トップページ | 富山のラーメンは富山ブラックだけではない!「らーめん楓」の「しおとんこつ」 »

2013/04/15

小松末広から城南(下牧)に移転リニューアルした「チーたこの店・お好み焼き ぴえろ」

元々、末広の市民病院の前で営業していた「ぴえろ」が、お店を大きくしてうどんの中佐中店の裏に移転。2012年12月25日にオープンした。中も明るくて広いお店だ。

001 

私もオープン後しばらくして行ってみたが、満席で2回ほどあきらめた経緯がある。再度3月終盤のお休みの日に家族で17時半ごろ行ってきたので書きたい。

お店の冠にも書かれているチーズ入りのたこ焼き「チーたこ」がウリのようだが、この日は夜に行ったので、ビールを飲みながら4人で色々な種類の粉物をシェアしながら楽しむことにした。

メニューを見渡すと、当然のことながら、たこ焼き、お好み焼き、焼きそばなどの定番メニューが多く出ていたが、メニュー表紙のお勧めに出ていた「ネギ山サーカス焼」と「てんこ盛りカーニバル」という変わったネーミングのメニューが気になったので、それをオーダーすることにした。

008

写真の見た目も、生ビールのつまみに良さそうだったからなのだが、両方とも味は濃い目で、確かにアルコールのおつまみとして食べるのが適しているかな?

009

「ネギ山サーカス焼(950円)」は、基本お好み焼きで、カリッと焼いた豚肉と、シャキッとしたネギ、とろ~りとしたチーズと、上に乗せられている半熟卵を崩しながら食べると、それらがからんで美味しかった。

010

「てんこ盛りカーニバル(980円)」のほうは、焼きそばベースに白髭ネギを胡麻油で絡めてあり、香ばしい香りと白髭ネギの食感&辛みが合わさって、こちらも美味しい。

ただ、「ネギ山サーカス焼」「てんこ盛りカーニバル」とも、味付けは濃く、つまみとしては良いが、これだけで食べると少し辛いかもしれない?

こちらは、私は食べなかったが「豚のしょうが焼き」。こちらも濃い目の味だったようだ。

007

あと、イカ玉(580円)。

011

普通の焼きそば(480円)を頼んで食べた。

私と妻はアルコールを2杯づつ飲んで、締めて5400円ほどであった。

関西、それに広島でも粉物のお店に色々行ったことがあるが、今回は少し変わったメニューばかり食べたので、残念ながら比較は難しい。だが品揃えも豊富でネーミングもユニーク。これからも期待のお店なのではないだろうか?

チーたこの店・お好み焼き ぴえろ
石川家k小松市下牧町207-1
TEL 0761-23-2005
11:00~22:00(L.O.21:30)
水曜休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 富山市の美術館博物館巡り「水墨美術館」「近代美術館」「科学博物館」と鱒の寿し「高田屋」 | トップページ | 富山のラーメンは富山ブラックだけではない!「らーめん楓」の「しおとんこつ」 »

石川グルメ(その他)」カテゴリの記事

石川グルメ(そば、麺類その他)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/57010267

この記事へのトラックバック一覧です: 小松末広から城南(下牧)に移転リニューアルした「チーたこの店・お好み焼き ぴえろ」:

« 富山市の美術館博物館巡り「水墨美術館」「近代美術館」「科学博物館」と鱒の寿し「高田屋」 | トップページ | 富山のラーメンは富山ブラックだけではない!「らーめん楓」の「しおとんこつ」 »