« 小松の気軽に入れる老舗ビストロ「ブニヤ・デ・モカ(Bougnat de Mocha)」 | トップページ | 小松の人気のパン屋「セルフィッシュカラー ビッケ(selfish color BIKKE)」と「コパン(Boulangerie)」 »

2013/03/18

加賀市大聖寺「竹の浦館」で加賀のかがやきメニュー「自家製へしこの陶板焼き御飯」

加賀市が展開するご当地グルメ「加賀のかがやき」については、これまでも何店か紹介したことがある。いまでは50点ほどがメニューを開発し各店で提供している。

002

003今日紹介するのは「竹の浦館」。この地域は昔「竹の浦」と呼ばれいたが、元々ここにあり廃校となった「瀬越小学校」を、地域活性化と文化交流の拠点として、平成14年からNPO法人「竹の浦夢創塾」がその運営に当たり「竹の浦館」として活用している。

ご覧のように木造2階建ての校舎は昔懐かしい!玄関脇には二宮金次郎の銅像もある。

004

内部も昔の教室の面影を色濃く残しており、地元の特産品や工芸品を売る売店などもある。

022

この建物の一角に、今日紹介する「竹の浦館」の食堂がある。

011

今回は、行く前から「自家製へしこの陶板焼き御飯」を食すのが目的だったが、メニューを見渡すと、ここでしか食べられないようなメニューもあって、結局、妻が「自家製へしこの陶板焼き御飯」を頼み、私は「豆乳味噌煮込みうどんセット」を頼むことにした。

014

「豆乳味噌煮込みうどん」がこちら。一見、たまご丼のよう?

豆乳が熱で固まったためにそう見える。味のほうは味噌の味がほんのり。豆乳の甘さも出ていてなかなか美味しい。ただ、もう少し辛味も好みで加えられるような配慮があったらうれしかった。

018

うどんは、煮込み用のものを使っているのか、弾力があってまずまず。

016_2

セットとなっている「こっさめし」は、見た目、真っ白でおいしそう!「こっぱめし」の「こっぱ」は枯れ松葉のことをいい、薪ではなく枯れ松葉を燃料にかまど炊きしたのが「こっさめし」なのだそうだ!?

020

妻のほうの、「自家製へしこの陶板焼き御飯」は、加賀のかがやきメニューに設定されているメニュー。福井名物の鯖の糠漬けを使い、地元のとろろ芋、それに貝柱や野菜をのせ陶板で焼いたものだ。

熱々で運ばれてくるので、そのまま中に隠れているへしことご飯などを手際よくかき混ぜる必要がある。へしこ自体が塩分をたっぷり含んでいるので、その塩味を全体に行き渡らせないとダメなのである。

私も4分の一くらい食べたが、とろろの粘りとへしこの塩味がいい塩梅に混ざり合い美味しかった。

妻のほうは、最後のおこげも期待していたが、思ったより出来ていなかった。残念。

竹の浦館
石川県加賀市大聖寺瀬越町イ-19-1
TEL 0761-73-8812
11:00~15:00
水曜休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 小松の気軽に入れる老舗ビストロ「ブニヤ・デ・モカ(Bougnat de Mocha)」 | トップページ | 小松の人気のパン屋「セルフィッシュカラー ビッケ(selfish color BIKKE)」と「コパン(Boulangerie)」 »

石川グルメ(うどん)」カテゴリの記事

石川グルメ(その他)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/56833143

この記事へのトラックバック一覧です: 加賀市大聖寺「竹の浦館」で加賀のかがやきメニュー「自家製へしこの陶板焼き御飯」:

« 小松の気軽に入れる老舗ビストロ「ブニヤ・デ・モカ(Bougnat de Mocha)」 | トップページ | 小松の人気のパン屋「セルフィッシュカラー ビッケ(selfish color BIKKE)」と「コパン(Boulangerie)」 »