« 記念すべき2222番目の記事は石川(金沢)・大阪・福岡の食文化と食の周辺に関しての一考察 | トップページ | 金沢市米泉「イタリア料理イケミ」は野菜と手打ちパスタ、それにドルチェにこだわりのお店 »

2013/03/27

世界が注目する金沢の街と建築「世界で最も美しい駅」「訪れたい美術・博物館」「世界で最も美しい公共図書館」「city.people.light アワード」

最近、金沢という街や、そこにある建築物が世界でも注目されている。

今日は、そんな金沢にある、近年、世界から評価され受賞した建築物などを紹介したいと思う。

Photo

まずは、先日、新聞を見ていたら、金沢駅が「世界で最も美しい駅」という賞のひとつに選ばれたという記事が出ていた。

Photo_2

アメリカン・エキスプレスの関連会社が発行する米国を代表する旅行雑誌「トラベル・レジャー」のウェブ版で、今回、金沢駅はロンドンのセント・パンクラス駅やトルコ・イスタンブールのシルケジ駅などと並んで、14選のうちの一つとして選ばれたようである。

Photo_3

ガラス張りの斬新なデザインで注目を集める「もてなしドーム」と。無機質なガラスとは違った木の優しさと鼓という伝統的なモチーフの「鼓門」。一見、相反するようなイメージが混在しているようなファサードになっていて、完成した当時は賛否両論があったのだが、現金なもので、今回「世界で最も美しい駅」に選ばれると、いまは賞賛の渦!(笑い)

Photo_4

まぁ、でも、賞に選ばれるのは地元の人間にとってはうれしいことである。

お次は、「世界で最も美しい公共図書館」ベスト25に選ばれている金沢海みらい図書館。

027

直方体の建築物で白色一色の外壁。そこに約6千個の丸窓を埋め込んみ自然の太陽光を取り入れているため内部も明るい。

029

確かに図書館としては斬新なデザインで受賞するのもわかる気がするし、人気の図書館となっている。設計はシーラカンスK&H。ちなみに、昨年放映されていた中田ヒデのレノボノートパソコンのCMの撮影がここでされている。

036

つぎは建築物ではないが、2011年の「city.people.light アワード」に、金沢市が日本初入賞(3位)している。

この賞は2002年にフィリップスによって創設され、LUCIと共同で運営されている。

065_2

金沢の歴史と文化を象徴する照明のシークエンスを創り出すという目的を持っている。四季折々、兼六園や金沢城、それに歴史的建造物や21世紀美術館・鈴木大拙館などの施設などがライトアップされている。

069

最後は、こちらは、いまや日本を代表する美術館となった金沢21世紀美術館。こちらは日本のJTBの調査だが「訪れたい美術・博物館」で世界10位にランクインしている。日本の美術館では、足立美術館(島根県)の7位が最高で、ランクインはこの2ヶ所だけ。

金沢21世紀美術館は、私のブログでも何度も書いたことがあるので、いまさら説明する必要はないと思う。

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 記念すべき2222番目の記事は石川(金沢)・大阪・福岡の食文化と食の周辺に関しての一考察 | トップページ | 金沢市米泉「イタリア料理イケミ」は野菜と手打ちパスタ、それにドルチェにこだわりのお店 »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/56881178

この記事へのトラックバック一覧です: 世界が注目する金沢の街と建築「世界で最も美しい駅」「訪れたい美術・博物館」「世界で最も美しい公共図書館」「city.people.light アワード」:

« 記念すべき2222番目の記事は石川(金沢)・大阪・福岡の食文化と食の周辺に関しての一考察 | トップページ | 金沢市米泉「イタリア料理イケミ」は野菜と手打ちパスタ、それにドルチェにこだわりのお店 »