« 小松「Cappuccino Cafe(カプチーノ カフェ)」に久しぶりに行ってきました | トップページ | 今回が2回目の紹介!小松市「TAPAS」は手打ちパスタを気軽に楽しめるイタリア料理店 »

2013/02/01

東京でも活きのいい魚介をリーズナブルに楽しめる「秋葉原漁港 快海」

久しぶりに秋葉原に宿泊する機会があった。

_0285夜、3人で会食する機会があったので、秋葉原駅の近くにあるお店「快海」に行ってみた。事前にWebで調べて行ったのだが、ホームページの印象からしたら、思ったより小さなお店であった。

予約を入れたときは、もう入り口近くの席しか空いていなかった。

ここは、魚屋出身が大将で、新鮮な活きのいい魚介を食べさせてくれるところである。やはり、新鮮な魚を食べないわけにはいかないだろう!

お店の方に、何がお勧めかを聞いたら、この日は「生本マグロの中トロ(980円)」と「氷見産の天然ぶり(780円)」だそうで、まずは、これらをオーダー。

_0286

_0291さすがお勧めの品である。ぶりも天然だけあって、脂も上品でとてもよかった。本マグロも、さすが築地に近いだけあって生のマグロの旨みを満喫できる。

生ビールの後、飲んだは焼酎である。量り売りでやってくれるので、飲んだだけ精算すればいい。こちらは「酒造歴60周年記念焼酎 安光物語」。紅さつま芋を白麹で醸した焼酎を6年貯蔵した古酒に黄金千貫芋をL型麹菌で醸した焼酎をブレンドした焼酎らしい。

_0293

寒サバの塩焼きは半身で680円。焼きたてで脂が乗ってホクホク!美味しかった。

_0289

こちらもお勧めの「生サバの刺身(735円)」。なかなか生のサバは食べる機会がないが、生のねっとりとした感じがあって、これまた美味しかった。

_0288

「春キャベツの浅漬け(420円)」は、さっぱりして口直しにいい。

_0290

キャベツのオイスター炒め(420円)も頼んでみた。シャキッとした食感もいい。

_0292

「いぶりがっこ(380円)」は、燻製の沢庵漬けで秋田地方の名物である。焼酎にあう。

_0294

「焼きしいたけ(525円)」は、旨みが凝縮されていている。

_0295

最後に頼んだ「九条ねぎのダシ巻き玉子(630円)」は、少し時間がかかったが、、出来立て熱々で美味しい。

他にも肉系のものもいくつか頼んだが、残念ながら写真はない。

新鮮な魚介を堪能して、一人3,000円で楽しめた。私の中では、なかなか評価の高いお店である。

秋葉原漁港 快海
東京都千代田区神田松永町17-5
アイザワビル1F
TEL 080-5415-4567
17:00~23:30(L.O.)
土日祝休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 小松「Cappuccino Cafe(カプチーノ カフェ)」に久しぶりに行ってきました | トップページ | 今回が2回目の紹介!小松市「TAPAS」は手打ちパスタを気軽に楽しめるイタリア料理店 »

東京・横浜のグルメ(和カテゴリー)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/56555641

この記事へのトラックバック一覧です: 東京でも活きのいい魚介をリーズナブルに楽しめる「秋葉原漁港 快海」:

« 小松「Cappuccino Cafe(カプチーノ カフェ)」に久しぶりに行ってきました | トップページ | 今回が2回目の紹介!小松市「TAPAS」は手打ちパスタを気軽に楽しめるイタリア料理店 »