« 武蔵から彦三に引っ越したビストロ「エリタージュ」は、元は大阪天満橋にあったフレンチ | トップページ | 小松市向本折町「御料理 いち川」はリーズナブルに楽しめる日本料理・料亭 »

2013/02/25

「YAMITUKI(ヤミツキ)カリー 神保町店」はタイの香りがするアジアンカレー

東京に出張に行ったときのランチネタである。

このときは、無性に口の中がカレーモードだったので、一緒に行った仲間を誘ってカレーを食べに出かけた。

Yamituki_0289

小松に帰ってきてからは、近辺に未開拓のカレーのお店がないため、なかなか行く機会がない。そのため東京に行ったときに、ついついカレーモードになってしまった。行ったのは、西神田にある「YAMITUKI(ヤミツキ)カリー 神保町店」。

都内に何店か展開しているアジアンカレーのお店である。

ココナッツミルクやパクチーなどのハーブ類、スパイスを使った、タイの香りがするカレーなのである。

メニューは「大地の恵みの野菜カリー」「合挽き肉と完熟トマトの焼きチーズカリー」「完熟トマトとほうれん草のチーズカリー」「牡蠣とほうれん草のこんがり焼きチーズカリー」「プリプリ海老とふわふわ卵のプリふわカリー」「5種のきのこと合挽き肉の森盛カリー」「とろけるトロ豚とキャベツのカリー」「とろ~りトロすじと豆富のカリー」「ゴロゴロ具だくさんチキンカリー」「完熟トマトとナスのチキンカリー」「チキンと卵のふわふわカリー」「Yamitukiキーマカリー」の12種類。

普段、カレー屋さんでは、あまり見かけないメニューばかりかもしれない?また、ネーミングもうまいかも?

辛さは、普通から激辛まで5段階。私はちょうど真ん中の倍辛を頼んだ。あと、ランチ(平日15時まで)は大盛(400g)、特盛(500g)も追加料金は取られない。男性にとってはうれしい。

あと、選べるランチセットというのがあって、平日のみだが、カリー+ライス+ランチサラダで700円で食べることが出来る。

基本、同じ内容なので、ランチセットから選んだほうがお得である。

Yamituki_0286

私は、「プリプリ海老とふわふわ卵のプリふわカリー(830円)」を頼んだ。具材は海老と卵。

Yamituki_0288

本当にタイカレーのような味と香りである。海老もプリプリでよかった。

Yamituki_0284

ランチには小さなサラダが付いてくる。

Yamituki_0287

こちらは一緒に行ったものが頼んだ「完熟トマトとほうれん草のチーズカリー(800円)」。こちらも美味しかったそうだ。

個人的には、好みのカレー店だった。

Yamituki(ヤミツキ)カリー 神保町店
東京都千代田区神田神保町1-56-3 岡田ビル
TEL 03-3295-5105
11:00~15:00
15:00~23:00
無休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 武蔵から彦三に引っ越したビストロ「エリタージュ」は、元は大阪天満橋にあったフレンチ | トップページ | 小松市向本折町「御料理 いち川」はリーズナブルに楽しめる日本料理・料亭 »

東京・横浜のグルメ(洋カテゴリー)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/56661757

この記事へのトラックバック一覧です: 「YAMITUKI(ヤミツキ)カリー 神保町店」はタイの香りがするアジアンカレー:

« 武蔵から彦三に引っ越したビストロ「エリタージュ」は、元は大阪天満橋にあったフレンチ | トップページ | 小松市向本折町「御料理 いち川」はリーズナブルに楽しめる日本料理・料亭 »