« 昨日は寒い日でしたが、かほく市にある安藤忠雄氏設計「石川県西田幾多郎記念哲学館」と「直源醤油」訪問 | トップページ | 東京九段下の魚介がウリの大衆割烹「味さと」でお勧め料理を満喫 »

2013/02/11

小松市に昨年秋にオープンした蕎麦店「そば処松晶」は3つの地域の蕎麦を楽しめる

小松の市街には、本格的な蕎麦屋さんが、あまりない。

ご存知の通り、小松は「うどん」の街である。そのため、蕎麦のみでの営業には勇気がいるのではないだろうか?私のブログでも、小松で蕎麦の専門店として紹介したお店は一つもない。

011

さて、そんな、ある意味「蕎麦専門店不毛?の地」の小松に、期待の蕎麦専門店が昨年秋に出来たので、今回、初めて行ってみた。

001

004場所は、東京ストア幸町店の近くで、JRの高架のそば。住まい兼用のお店を新しく作っている。

新築らしく、外観や内装もきれい。天井も高くて明るく開放的なお店である。

こちらでは、蕎麦を福井、長野、北海道の3つの地域から取り寄せている。ただ、お店の人に3つの蕎麦の特徴をお聞きしたが、明確にはわからないそうである。

002

お品書きは、冷たい蕎麦が、「もりそば」と「おろしそば」。温かい蕎麦は「あつもり」のみであり、あとは、かき揚が付くか付かないか程度のものでシンプル。蕎麦専門店らしい構成とも言える。

私は、「おろしそば」を注文してみた。蕎麦は「おろしそば」の本場、福井産をチョイスした。

005

こちらのお店の「おろしそば」は白つゆが掛けられており、ご覧のように見た目も上品。しかし、しっかりとしたダシであり、つなぎを使わない十割蕎麦の風味を引き立ててくれている。蕎麦自体は福井の「おろしそば」のように色は濃くはない。

そして、もう一方の主役である薬味の大根おろしも、辛味がしっかりあり負けていないのである。

006

妻のほうは、温かい蕎麦の「あつもり」のかき揚付きを頼んだ。蕎麦は長野産。少し色が付いているが、どちらかといえば更科に近いのかな?

007

かき揚は、もちろん揚げ立て。つゆにつけずにそのまま食べても美味しい。

008

最後に、そば湯を頼んで飲んだが、白つゆで割って飲むと、いい味が出て美味しかった。

蕎麦専門店なのだが、夜のメニューが少なく、東京などでの「蕎麦屋で一杯」という使い方がしにくい気もしたが、夜の客の入りはどうだろうか?

何れにせよ、小松で希少な蕎麦専門店なので、頑張ってもらいたいお店である。

そば処 松晶
石川県小松市八幡町111 
TEL 0761-27-1294
11:00~蕎麦が無くなるまで
木曜休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 昨日は寒い日でしたが、かほく市にある安藤忠雄氏設計「石川県西田幾多郎記念哲学館」と「直源醤油」訪問 | トップページ | 東京九段下の魚介がウリの大衆割烹「味さと」でお勧め料理を満喫 »

石川グルメ(そば、麺類その他)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/56638351

この記事へのトラックバック一覧です: 小松市に昨年秋にオープンした蕎麦店「そば処松晶」は3つの地域の蕎麦を楽しめる:

« 昨日は寒い日でしたが、かほく市にある安藤忠雄氏設計「石川県西田幾多郎記念哲学館」と「直源醤油」訪問 | トップページ | 東京九段下の魚介がウリの大衆割烹「味さと」でお勧め料理を満喫 »