« 小松ドーム近くの「ボブハウス」はホットドッグが有名!でも他のメニューも豊富 | トップページ | 「ラーメン寶龍 小松インター店」も色々メニューの幅が広がりました »

2013/01/18

小松市にある「日本料理 ふじ田」は感性あふれる料理を堪能できる

001今日紹介する「日本料理 ふじ田」は、昔、ランチについて紹介したことがあるが、今回は夜の料理について書きたい。

お店は独立した平屋の立派な造りで、高級な趣。否が応でも期待が膨らむ。

コースは一番安いコースで6,300円となっている。

前回紹介したランチのときも、品数もたくさんあり、上品な中にも深みのある味わいの料理であった。元々が小松の名店「つづら」で修業された方だけに、納得のお店だったと思う。

今回は初めての夜の訪問。昨年末の平日の寒い日に、忘年会で利用したときのものだ。

夜は会席のコース料理が主体で、税込6,300円からとなっている。私たちは、その6,300円のコースをお願いした。

002

まずは先付けの「ホタテ貝柱のバター炒め」。のっけから油を使った料理とは、少し驚いたが、いい塩梅の味でした。ここは陶芸家、北村隆氏の器が多い。

004

「本真薯(しんじょ)」はダシ共々上品な味で、さすが日本料理のお店である。

005

お造りはマグロ(中トロ)、ヒラメ、甘海老。この中では、特にヒラメが美味しかった。

006

蒸し物は、ひき肉がはいったまんじゅうに、甘辛の餡をかけてある。熱々の餡がまんじゅう自体の旨みを引き出している。

009

焼物は「ブリの照焼」。小ぶりだが脂ものっていて美味しかった。

010

自家製カラスミも、粒が下の上で感じられるほど。

011

酢の物は「香箱ガニ」。こちらも小ぶりの量であったが、内子の質が良かった。

013

揚げものの天ぷらは、才巻海老、舞茸、しし唐。才巻海老はもちろん、お頭もガブリ!カラッと揚がって美味しい。

015

最後のご飯ものは「牡蠣御飯」。上品な味付け。

016

_0279デザートはフルーツで、ラ・フランスとイチゴ。

こちらはお酒も地元の蔵を中心に置いてあり、値段も良心的だった。左は古々酒で一合2,000円の酒である。こちらのお店では一番高い酒?であった。

このときは、熟年メンバーだったために量的にもちょうど良かったし、味のほうもさすがの腕前。満足できる内容だったと思う。

日本料理 ふじ田
小松市小寺町乙53-1
TEL 0761-46-5088
11:30~14:00
17:30~22:00
水曜休(祝日の場合は営業)

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 小松ドーム近くの「ボブハウス」はホットドッグが有名!でも他のメニューも豊富 | トップページ | 「ラーメン寶龍 小松インター店」も色々メニューの幅が広がりました »

石川グルメ(和食・割烹)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/56378720

この記事へのトラックバック一覧です: 小松市にある「日本料理 ふじ田」は感性あふれる料理を堪能できる:

« 小松ドーム近くの「ボブハウス」はホットドッグが有名!でも他のメニューも豊富 | トップページ | 「ラーメン寶龍 小松インター店」も色々メニューの幅が広がりました »