« 金沢片町「森しげ」は素材にこだわりの鮨を食べさせてくれる粋なお店でした | トップページ | 金沢十間町「TORRADO(トラド)」は古い民家をリノベーションしたパスタとガレットのお店 »

2012/12/04

巨大な生け簀がある富山市「銀鱗 いけす割烹店」は新鮮な魚介を使った料理が食べられる

富山も石川と同じく、日本海の新鮮な魚介を素材にした郷土料理が色々ある土地である。

011

富山に用事があり行った折に、ランチをどこで食べようかと車で移動中に偶然見つけたお店「銀鱗 いけす割烹店」を紹介したいと思う。

012

偶然見つけたお店の場合、失敗した!と思うこともままあるのだが、結論を書けば、ここは大正解であった。

002

003店内には、大きな生け簀があり、その周りに席が並んでいる。福岡市大名にある「稚加榮」を思い出した。とても大きなお店で、テーブル席もゆったりと食べることが出来た。椅子の背もたれも巨大!(笑い)マッキントッシュの椅子を使っているなんて、この手のお店では珍しい。

もっとも、魚というものは新鮮だからいいというものでもなく、種類や大きさによって、〆てから美味しく食べられる時間が変わってくる。

さて、何を食べようかと品書きを見渡すと、ランチメニューには、この手のお店の定番系のものから、富山県らしい朴葉味噌を使ったものなど色々あった。

その中から私が選んだのは、こちらの「特選ずわい蟹入り海鮮釜飯(1,570円)」である。11月限定メニューらしい。

007

釜めしは注文されてから、ご覧のように一つ一つ釜で米から炊きあがるので、出てくるまで40分ほどかかった。

009

もっとも、その価値は十分ある美味しさだったので、食べ終わった後は機嫌が直ってしまった。

具材は、ずわい蟹の身、あさり、ホタテ貝柱、しいたけ、ニンジン、薄揚げ、三つ葉。炊き加減は絶妙だが、おこげは出来ていなかった。

008

妻のほうは「黒字釜飯(1,260円)」を頼んでいたが、これは、「黒字決算を願う釜飯」という、ちょっと珍しい釜飯で、富山名産のイカの黒作りを混ぜ込んで炊きあげてある。

こちらも一口食べたが、なかなか美味しい釜飯に仕上がっていた。

010

ちなみに、お吸い物は別料金である。

005

母親と娘は、こちらの「飛騨牛朴葉膳(2,100円)」を頼んだ。

006

お造り・牛朴葉焼・小鉢がついている。お造りは、ブリ、甘海老、鯛、イカ、サワラ。

二人の評価も、肉が柔らかくて美味しかったそうである。

飛び込みで入った割には正解で、4人とも満足することは珍しいかな?

銀鱗(ぎんりん)いけす割烹店
富山市布瀬本町4-8
TEL 076-424-7156
11:30~22:00(L.O.21:00)
不定休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 金沢片町「森しげ」は素材にこだわりの鮨を食べさせてくれる粋なお店でした | トップページ | 金沢十間町「TORRADO(トラド)」は古い民家をリノベーションしたパスタとガレットのお店 »

富山・福井のグルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/56100598

この記事へのトラックバック一覧です: 巨大な生け簀がある富山市「銀鱗 いけす割烹店」は新鮮な魚介を使った料理が食べられる:

« 金沢片町「森しげ」は素材にこだわりの鮨を食べさせてくれる粋なお店でした | トップページ | 金沢十間町「TORRADO(トラド)」は古い民家をリノベーションしたパスタとガレットのお店 »