« 食堂で食べたランチ定食。小松市日末町「中新食堂」と片山津温泉「かどや食堂」 | トップページ | 小松で今人気のパン屋さん。粟津温泉「metissage(メティサージュ)」矢崎町「ヨシタベーカリー」 »

2012/12/25

新しくなった東京駅。駅ナカ「グランスタ・ダイニング」にある赤坂璃宮がプロデュースした「東京炒飯」

10月に新しくなった東京駅。オープン以来、人気のスポットになっている。

019

赤レンガ駅舎の復原については、駅舎を本来の姿に近い形態で復原する工事方式が取られており、外壁、尖塔、南北両ドームが再現されている。

022

また、一方では最新の免震技術も取り入れられている。

そんな東京駅だが、いま、駅の構内にデパ地下のような物販や飲食街を作る、いわゆる駅ナカが流行りである。

016

新しい東京駅にも、多くのお店が新しく入り、駅を利用する乗降客だけではなく、多くの観光・見学者で賑わっているのだ。

さて、この日、東京出張の折に東京駅を利用し、ついでにランチを済ませて目的地に行くこととした。

014

東京駅の駅ナカの飲食店街は「グランスタ・ダイニング」で、一昨年の12月にオープンした。お昼時は、各店舗行列が出来るのだが、あまり長く並ぶのが嫌いな私は、食べたいものと行列の長さを勘案して決めたお店が「東京炒飯」である。

ちょうど、お昼前だったが、3名が順番待ちで5分ほどで中に案内された。

007

ここは、赤坂の赤坂離宮の総料理長である譚氏プロデュースしたお店で、高級チャーハンの専門店。

009

当然、メニューの種類も基本チャーハンのみで、そんなには多くないのだが、最初に行ったときは、まずはシンプルなメニューから!ということで、離宮チャーハン(1,000円)を頼むことにした。

008

赤坂離宮の味の基本は広東料理。上品な味付けなのはわかっていたが、ほんとうに上品だった。だがパラパラ度はそれほどでもない。オープンキッチンの中では二人が一生懸命鍋を振るっているが、あまりに大量に作るからかな?

量は意外に多い。

010

チャーハンにはスープが付くが、私はスープを海老ワンタンスープに変更してもらった。プラス300円である。

011

プリンプリンの海老ワンタンが2個入っていたが、スープ自体の味は、チャーハンと同じく大人しい。

確か、羽田空港にも譚氏関係のお店があったが、今回と同じように、期待ほどではなかった記憶がある。プロデュースという関わりでは中途半端なのかな?

東京炒飯
東京都千代田区丸の内1-9-1
JR東京駅改札内1Fノースコート
グランスタダイニング
TEL 03-3217-1886
7:00~22:30(L.O.22:00)
無休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 食堂で食べたランチ定食。小松市日末町「中新食堂」と片山津温泉「かどや食堂」 | トップページ | 小松で今人気のパン屋さん。粟津温泉「metissage(メティサージュ)」矢崎町「ヨシタベーカリー」 »

東京・横浜のグルメ(和カテゴリー)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/56252021

この記事へのトラックバック一覧です: 新しくなった東京駅。駅ナカ「グランスタ・ダイニング」にある赤坂璃宮がプロデュースした「東京炒飯」:

« 食堂で食べたランチ定食。小松市日末町「中新食堂」と片山津温泉「かどや食堂」 | トップページ | 小松で今人気のパン屋さん。粟津温泉「metissage(メティサージュ)」矢崎町「ヨシタベーカリー」 »