« 駅弁でもおなじみの郷土寿司2題。富山「鱒の寿し」と岡山「備前ばらずし」 | トップページ | 「九段下まるみ」は関西風のおでんと美味しい居酒屋メニューが楽しめる »

2012/12/08

日本一に輝いた小松うどんを製麺所直営の「めん塾(中石食品工業)」で食べる

最近、頻繁に取り上げる小松うどんの話題。やはり日本一に輝いたこともあるが、個人的にも小松のうどんが好きなのである。

_0252

今日紹介する「めん塾(中石食品工業)」は、昔紹介したことがあるが、小松にある製麺所が直営しているうどん店で、出来立てのうどんが食べられる、小松でも数少ないお店である。

_0251

讃岐うどんの本場、香川県では製麺所直営のお店は珍しくはないが、石川県ではあまりない形態である。

実は、中石食品は小松のスーパーなどではおなじみの製麺所で、ダシもあわせて作っているので、自宅で食べるときもお世話になっているのである。

もちろん、市内のうどん店でも中石食品の麺を使っているところも多いので、大げさに言えば、日本一に輝いた小松うどんを支えている製麺所と言っても過言ではないのかもしれない。

ということで、とある日のランチに行ってきたので書きたい。

昔行ったときは、お店の名前に「めん塾」という名前は付けられていなかった気がするが、中も少し当時とは変わっているかな?

_0249_2

_0250さて、私が食べたのは、こちらの「野菜天ぷらうどん(520円)」である。

うどんと天ぷらは別々に出される。天ぷらも揚げ立てでサクサクであった。品数も考えていたよりも多かった。

うどんは、慣れ親しんだ小松うどんそのもの。汁も美味しい。麺は、柔らかいのだが、途中で切れることなく、胃の中に消えていく。さすがである。

_0247_2

あと、おにぎり(150円)と、きんぴらごぼう(150円)も食べたが、お腹一杯になってしまった。

_0248_2

こちらは、一緒に行った人が頼んだ「牛肉うどん(600円)」である。ちなみに、前にも紹介したことがあるが、「肉うどん」こそが、「第2回全国ご当地うどんサミット」でうどん日本一に輝いたうどんである。

もっともっと小松うどんが全国的にも認知され、有名になってほしいと思う。

めん塾(中石食品工業)
石川県小松市日末町い78
TEL 0761-44-8484
月~金11:00~14:00
土日祝
11:00~15:00
無休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 駅弁でもおなじみの郷土寿司2題。富山「鱒の寿し」と岡山「備前ばらずし」 | トップページ | 「九段下まるみ」は関西風のおでんと美味しい居酒屋メニューが楽しめる »

石川グルメ(うどん)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/56077143

この記事へのトラックバック一覧です: 日本一に輝いた小松うどんを製麺所直営の「めん塾(中石食品工業)」で食べる:

« 駅弁でもおなじみの郷土寿司2題。富山「鱒の寿し」と岡山「備前ばらずし」 | トップページ | 「九段下まるみ」は関西風のおでんと美味しい居酒屋メニューが楽しめる »