« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012/12/26

小松で今人気のパン屋さん。粟津温泉「metissage(メティサージュ)」矢崎町「ヨシタベーカリー」

あまりパン食をしない私だが、今日は小松の人気ベーカリーについて書きたい。

今日紹介する「メティサージュ」と「ヨシタベーカリー」は、小松市にあるベーカリーの中でも、Top3に入るのではないかというほどの人気のお店である。

Metissage_015

Metissage_016まず最初は粟津温泉にある「metissage(メティサージュ)」。メティサージュは、フランス語で「交流」とか「混ざる」という意味らしい。フランス出身のアンデルス・ゲイトウさんが奥さんの実家のある粟津の地で2008年にオープンさせた。

ここのお勧めは、フランスパンやクロワッサン。どちらも小麦にもこだわって作られている。

Metissage_017

この日は、少しデザートを買い求めに行ったが、デザート系もなかなか美味しかった。

Metissage_026

洋梨のタルト、ベルギーチョコのブラウニーなど色々。

とれびあ~ん(^^;;

metissage(メティサージュ)
石川県小松市粟津町ハ72-1
TEL 0761-65-2399
8:30~18:00
日曜休、祝日(不定)

お次は、木場潟近くにある「ヨシタベーカリー」。

025

天然酵母を生かしたパンが味わえるお店として、市内中心部にあったときから人気のお店であったが、こちらに移転してから、より人気が加速した感じがする。

022

ちなみに、店舗は創創点の村井君が作っているのだが、建屋の周りや外壁、それに店内にも緑がいっぱい。それにアンティークな家具や個性が光る雑貨に囲まれて、一見雑然としている感じもするが、落ち着いた空間となっていて、平台の上にただ単に置かれているパン類が瑞々しさを感じられるようになっている。

024

2階は、木場潟の遠望を愉しみながらくつろげるイートインもあり、全体としてセンスを感じるお店である。

ここは、ハード系のパンが中心の品揃えで、天然酵母から生まれる複雑なうまみを活かしたバケットや、ベーグル、ライ麦パンなどが人気だ。

029

私たちは、ハチミツの天然酵母パン、オリーブ入り、レーズン入り、たまごドーナツを買い求めた。

実は私は、そんなにパンのことを語れるほどの知識は持ち合わせていないし、どちらかといえばハード系のパンが苦手である。しかし、レーズン入りのライ麦パンを食べたが、噛みごたえのある生地の中にレーズンたっぷりでライ麦の味もしっかりして美味しかった。

ヨシタベーカリー
石川県小松市矢崎町ネ91-1
TEL 0761-48-7450
7:30~19:00
火曜休、水曜不定休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/12/25

新しくなった東京駅。駅ナカ「グランスタ・ダイニング」にある赤坂璃宮がプロデュースした「東京炒飯」

10月に新しくなった東京駅。オープン以来、人気のスポットになっている。

019

赤レンガ駅舎の復原については、駅舎を本来の姿に近い形態で復原する工事方式が取られており、外壁、尖塔、南北両ドームが再現されている。

022

また、一方では最新の免震技術も取り入れられている。

そんな東京駅だが、いま、駅の構内にデパ地下のような物販や飲食街を作る、いわゆる駅ナカが流行りである。

016

新しい東京駅にも、多くのお店が新しく入り、駅を利用する乗降客だけではなく、多くの観光・見学者で賑わっているのだ。

さて、この日、東京出張の折に東京駅を利用し、ついでにランチを済ませて目的地に行くこととした。

014

東京駅の駅ナカの飲食店街は「グランスタ・ダイニング」で、一昨年の12月にオープンした。お昼時は、各店舗行列が出来るのだが、あまり長く並ぶのが嫌いな私は、食べたいものと行列の長さを勘案して決めたお店が「東京炒飯」である。

ちょうど、お昼前だったが、3名が順番待ちで5分ほどで中に案内された。

007

ここは、赤坂の赤坂離宮の総料理長である譚氏プロデュースしたお店で、高級チャーハンの専門店。

009

当然、メニューの種類も基本チャーハンのみで、そんなには多くないのだが、最初に行ったときは、まずはシンプルなメニューから!ということで、離宮チャーハン(1,000円)を頼むことにした。

008

赤坂離宮の味の基本は広東料理。上品な味付けなのはわかっていたが、ほんとうに上品だった。だがパラパラ度はそれほどでもない。オープンキッチンの中では二人が一生懸命鍋を振るっているが、あまりに大量に作るからかな?

量は意外に多い。

010

チャーハンにはスープが付くが、私はスープを海老ワンタンスープに変更してもらった。プラス300円である。

011

プリンプリンの海老ワンタンが2個入っていたが、スープ自体の味は、チャーハンと同じく大人しい。

確か、羽田空港にも譚氏関係のお店があったが、今回と同じように、期待ほどではなかった記憶がある。プロデュースという関わりでは中途半端なのかな?

東京炒飯
東京都千代田区丸の内1-9-1
JR東京駅改札内1Fノースコート
グランスタダイニング
TEL 03-3217-1886
7:00~22:30(L.O.22:00)
無休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/23

食堂で食べたランチ定食。小松市日末町「中新食堂」と片山津温泉「かどや食堂」

食堂で食べたランチタイムの定食について、2軒紹介したい。

大阪に住んでいた時は、平日は食堂系のお店で定食を食べることも多かったのだが、石川に戻ってきてから、意外に少なくなった気がする。

_0247

今日は、働く男の味方!ガッツリ食べられる食堂のランチ定食について書きたいと思う。まずは、小松空港から片山津インターに向かう道路沿いにある「中新食堂」。建屋は、トタン張りのバラックのような食堂である。お昼は、このあたりの工業団地に働く人で賑わう食堂だ。

_0245

ここで食べたのは、日替りのランチ。毎日メニューは変わるようだが、この日は、ねぎラーメンにご飯であった。

ねぎラーメンは単品では800円だが、ランチメニューの場合、ご飯が付いて700円とお得な値段であった。

_0246

最初、普通のねぎラーメンが来るのかな?と思っていたら、ご覧のように、唐辛子がたっぷりの辛味ラーメンであった。(^^;;

中新食堂
石川県小松市日末町マ-34-1
TEL 0761-24-5325

お次は、先ほどの中新食堂から、そのまま片山津温泉に向かってずっと走ると、片山津インターを過ぎてしばらくのところにある食堂「かどや食堂」である。

_0256

ここは平日でも意外といっては失礼だが、多くの客で賑わうのだ。定食類の設定が豊富でボリュームもたっぷり!働くお父さんの味方なのだ。

_0253

私が頼んだのは、こちらの日替りランチ。この日は、アジフライ、麻婆豆腐、マグロ刺身、小アジ南蛮。マカロニサラダ。

_0254

850円という値段で、これだけ多くの種類のおかずが付いてくるのはうれしい。

味的にも美味しいし、ご飯も多めの盛で満腹である。

かどや食堂
石川県加賀市伊切町ワ62
TEL 0761-74-4760
不定休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/12/22

今日はフランチャイズのラーメン店2題紹介「らあめん花月嵐」金沢西インター店「紺のれん」広島空港通り店

近年はラーメン店も、大手資本やそのフランチャイズ店が多くなってきた気がする。

今日は、そんなフランチャイズ展開しているラーメン店を二つ紹介したい。

_0232

まずは、金沢西インターの近くにある「らあめん花月嵐」である。

ここは、グロービートジャパン社が展開するフランチャイズ事業のお店で、全国に200店舗以上の店舗がある。ラーメン業界では大手にはいるだろう?

「らあめん花月嵐」以外にも「ニンニクげんこつラーメン」の冠がついたお店もあるようだ。ここのラーメンのウリは「嵐げんこつらあめん」という、豚骨の中でも旨み成分が多く含まれるといわれる「げんこつ」を使った濃厚なスープが特徴のラーメンである。

本当は、これを食べようと思ったのだが、最近はこってり系のとんこつは、あまり食べたくなくなってきた。(^^;;

_0230

_0231ということで頼んだのが、こちらの「黄金の味噌ラーメン(680円)」である。もともとは期間限定ラーメンだったのだが、その後グランドメニューとなった。

味噌味も濃厚ではあったが、太麺との相性もよく美味しく食べることが出来た。

らあめん花月嵐 金沢西インター店
石川県金沢市森戸2-211
TEL 076-269-4785
無休

お次は、広島に出張に行ったときにお昼に食べたお店を紹介したい。

0279

こちらもFCのお店で、お店の名前は「紺のれん」。アイビイケイという会社が運営していて全国に10数軒のお店を展開している。アイビイケイは他にもいくつかのラーメンのブランドを持っているが、私はこれまで知らなかった。

基本は醤油ラーメンだそうだが、味噌・塩・とんこつや担々麺など、一通りの味が揃っている。

私が頼んだのは、やはり基本の醤油味で、お昼のセットメニューの中から、ミニチャーハンとおかず一品がついて、好きなラーメン代+150円のセットを頼むことにした。

ただ最近は、フルのラーメンに半チャーハンでも胃には厳しくなってきたので、ハーフ醤油ラーメン(400円)にセットすることにした。

_0276

出されたのがこちら。おかずは鮭フライだった。

_0277

肝心のラーメンの味は、鶏がらベースで野菜で仕込んだあっさりとしたスープに中細の縮れ麺の相性はよかったが、無難な味と言えなくもない。

ただチャーシューはとても大きく食べ応えがある。

_0278

チャーハンのほうは、少し炒めすぎかな?

本格仕立てらーめん処 紺のれん 空港通り店
広島市西区南観音7-12-30
TEL 082-293-6788
月~土11:00~25:00
日11:00~24:00
無休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/19

四季折々に表情を変える加賀三湖(木場潟・柴山潟)は市民の憩いの場

_0197加賀三湖は、小松市、加賀市に点在する今江潟、木場潟、柴山潟の三つの潟湖のことである。

そのうち、今江潟は干拓されてしまったが、残りの二つは周辺の整備も進み、観光やスポーツの場として、市民の憩いの場となっている。

_0252

木場潟は、私もこちらに戻ってきて、毎週のように朝のウオーキングで利用しているところである。

_0181 

白山を望む柴山潟は、季節によって表情を変え、訪れるものを和ませてくれる。

_0124

周囲はある程度の自然が保たれているので、四季折々の草花や木々の装い、渡り鳥の動きなども楽しめる。いつも歩いているだけで素敵な気持ちにしてくれる場所である。

_0250

また、木場潟は、国際大会も開かれる「カヌー競技場」としても、全国的に有名で、毎年、日本の主要な大会はじめ、世界大会なども開催されている。

_0175

そういった長年の努力が実り、美しい日本の歩きたくなるみち500選にも選ばれているのだ。

_0172

風のない日には、湖面の小波もなく、白山を遠望した絵画のような素晴らしい景色も楽しめる。

_0116

もう一つの柴山潟は、三分の二が干拓で埋め立てられている。ここからは温泉も湧き出していて、湖畔の出湯としての片山津温泉があり、多くの温泉旅館が湖畔沿いで営業している。

_0015

白山連峰の山並みから登る朝日に、周辺が朝焼けする景色はとても見ごたえがあった。

_0017

柴山潟も木場潟と同じように、白山を遠望できる。また、今年完成した「加賀片山津温泉 街湯」は、完成以来多くの人で賑わう施設となった。設計は建築家谷口吉生氏。

006

ここは、スタイリッシュな共同浴場としても全国的に注目されている施設である。私の一押しの共同浴場の一つである。

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/17

小松の「バラッズ(BALLADS)」は多彩なメニューで人気のダイニングで平日がお得です

ボーナス前は、財布の中身が寂しくなる季節である。

そんな時、外食をしようと思うと、金額が張るお店にはどうしても足が遠のく。

Ballads_001

今日紹介する小松市向本折町にあるダイニング「バラッズ(BALLADS)」は、平日に安く飲み食いできるプランがあり、懐に優しいお店である。

Ballads_009

あまり平日夜に外食することは少なくなったのだが、11月の月末、母親が外食をするというので、私たち夫婦も外食で済ますことにした。

ただ、ボーナス前ということもあって、なるべく安く済まそうと思いWebを探して見つけたのが「バラッズ」である。

事前に調べて、お得だろうと考えた平日の月~木限定の「3ドリンクバー(1,200円)」と「晩ご飯セット(+580円)」を頼むことにした。

Ballads_015「3ドリンクバー」は、お店のドリンクメニューの大ジョッキとボトルを除く飲み物を3杯頼むことが出来る。つまりどんな高いものでもokなのでとてもお得だ。たとえば、3杯で1,200円ということは一杯当たり400円だ。しかしこのコースでは本来なら一杯890円のシングルモルト10年、12年物も飲めるのだ。

私たちは貧乏根性丸出しで、内2杯は890円のものを頼んでしまった。(^^;;

ちなみに、私は竹鶴12年でハイボールをお願いした。リッチなハイボールである。

Ballads_003

こっちは、お通しと、最初に頼んだドリンクのハイネケン。

「晩ご飯セット」のほうは、食事メニューを一品頼み、+580円で「揚げ物+カルパッチョ+サラダ+スープ」が付いてくるセット。

揚げ物は、なんこつ・ごぼう・ポテト・オニオンの中から一人一品。カルパッチョはサーモン・マグロ・ホタテ・タコの中から一人一品をチョイス出来る。

Ballads_010

私たちは、揚げ物の中からは、ごぼうと、

Ballads_011

オニオンを。

Ballads_014

カルパッチョの中からは、サーモンと、

Ballads_013_2

マグロをチョイスした。

まぁ、味的には、あまり欲張ってはいけないかもしれない……?

Ballads_017

メインの食事メニューは、「アボガドとヤングコーンのピッツァ」と、

Ballads_018

「アサリとバイ貝のトマトソーススパゲッティ」を頼んだ。

Ballads_012

こちらは、セットに付いてくるサラダと、

Ballads_016

スープ。スープは味噌汁だった。器が味噌汁には合わない??

Ballads_020

あと、セット以外でタコの唐揚げを頼み、締めて6,500円ほどというコスパ。素晴らしい!平日以外で同じものを頼むと9,000円ぐらいにはなるのかな?

平日はとてもお得でお勧めの「バラッズ(BALLADS)」でした。

バラッズ(BALLADS)
石川県小松市向本折町午207-1
TEL 0761-24-5330
住所 石川県小松市向本折町午207-1
電話 0761-24-5330
18:00~26:00
金土~28:00
不定休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/16

私のブログも今日でちょうど8年が経過しました!これからもよろしくお願いします

早いもので、このブログも開始してから8年経ちました。

Wasyoku2006

最初は、グルメブログにしようと思って始めたわけではなかったのですが、ネタ的に、その手のものが多かったのでしょう?始めてからすぐに方向性が決まりました。

8年の間に福岡と大阪、そして石川と3度も転居しています。8年間の内容ですが、ブログの記事の数で内訳を見ますと、石川県のお店が全体の40%。大阪が20%。福岡が15%。大阪を除く関西が10%。その他が15%ほどとなっています。

記事の数は2200件で、飲食店の数で言えば、グルメ以外のネタや2回以上紹介しているお店もあるので、約1500軒(一部品物も)ほどになると思います。

これまで、行ったところについては基本的には書くようにしていますが、あまりひどいお店については、書いていません。

特に私の評価で大きな比重を占めるのはサービス面です。これは値段に見合ったサービスという視点もありますが、接客の温かみ・ホスピタリティを重要視しています。この点は値段の高い安いによって違いが少ないと思うからです。そこが悪いところについては、お勧めできないからです。

もちろん、私のブログの中でも、少し辛口で書いているお店もありますが、その場合は基本的には、指摘の点を改善してもらえば、もっと気分よく楽しく美味しく食べられると思うから書いているのだと理解していただければ幸いです。

生意気なことを書いていますが、なるべく公平な視点で書こうと思っております。何分、一個人として食べに行ったときに感じたりしたことを書いているわけで、どうしても主観は排除できません。その点はお許し願います。

自分でも、よくこれだけ行ったなぁ?というのが実感ですが、これまで新規開拓でなるべく新しいお店を紹介しようとやってきましたが、さすがに、そればかりだと辛いところがあります。これからは、再訪するお店も多くなると思いますので、もう少し気楽に気軽に書いていきたいと考えています。

これからも、どうか愛読のほうよろしくお願いします。

皆様におかれましては、これから益々寒さが増していきますので、お体には十分お気をつけてください。

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012/12/14

白山市美川「山長寿司」は美川漁港に近く新鮮ネタの寿司が食べられます「美川県一丼」

11月下旬、この時期としては最高の天気に恵まれた休日。

_0252

いつものとおり木場潟をウオーキングの後、美川温泉ほんだに行き、その足でランチを食べて帰ることにした。

001

行ったのは。調べておいた、同じ美川にある「山長寿司」という寿司屋である。

004

日曜日は市場が休みなので、お昼にランチをやっている寿司屋自体が、このあたりは少ないと思うが、ここは美川漁港からも近く、冬季でも天気さえ良ければ船が漁に出るそうで、休日でも新鮮なネタを楽しむことが出来るのだ。

寿司屋も夜行けば、値段的にも高くつくが、お昼はランチ用のメニューがあればリーズナブルに食べることが出来る。「山長寿司」にもランチメニューの設定があることを確認の上、行くことにした。

ランチメニューはAが「美川県一丼(1800円) 」、Bが「すし盛(1,200円)」、Cは「まかない丼(700円) 」、Dが「おまかせ握り(2,600円)」。

私たちは「美川県一丼」と「まかない丼」を頼み、妻と二人でシェアすることにした。

基本的には両方とも海鮮丼で、ちょっと変わった名前の「美川県一丼」は、美川が白山市として合併する前に使っていた「美川が県一の町」と、歌手の美川憲一とをかけたネーミングとして、お店のウリの海鮮丼につけているのだ。

007

ネタは、海老、サーモン、玉子、マグロ、中トロ、〆サバ、コハダ、ヒラメ、白子、イクラ、カニ、ホタテ、イカ、生タコの14種類も入っている。まさに海の宝石箱である。

006

「美川県一丼」には、サラダと茶碗蒸し。

008

わかめとアラが入った味噌汁。

010

最後には、金沢大野の醤油アイスも出された。

009

「まかない丼」のほうは、切り落としを使った海鮮丼で、高級食材はさすがに入っていないが、妻はこれで十分だと言っていた。

「まかない丼」のほうには味噌汁と醤油アイスのみ付いてくる。

ご主人に伺うと、6月に食べられる「しらす丼」も名物らしい。その時期になったら、また行ってみたい気がする。

山長寿司
石川県白山市美川本吉町丑60-1
TEL 076-278-3265
11:00~14:00、17:00~22:00
火曜休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012/12/13

ラーメン激戦区神田神保町「麺屋33(めんやさんじゅうさん)」のつけ麺は濃厚塩味で旨い!

さて、久しぶりに東京のラーメンネタである。

福岡や大阪に住んでいたときは、ラーメンは週一は食べた気がするが、石川に戻ってきてからは、あまり行かなくなった気がする。

そこで、東京に行った折に、久しぶりに食べてみることにした。神田神保町あたりは大学もあり学生が多い街である。そんなところにはラーメン店が多いのもだが、この界隈は本当に多く、10m行かない間にラーメン店が点在している。

「ラーメン二郎」「けいすけ」「可以」「スープ」「用心棒」「おかじ」など。

33_0248

今回、どこに行こうか迷ったが、とりあえず、食べログで評価の高く、かつそんなに混んでなさそうな「麺屋33」に行くことにした。

店前の券売機で何にするか考えていると、店前に出されていた看板に「人気No.1」と書かれていた「特製つけ麺の塩味」にすることにした。1,000円といい値付けである。

その時に、麺の量を普通盛(200g)か中盛(300g)か大盛(400g=追加料金要?)かどれにするか聞かれたので、中盛を頼んだ。

33_0247

数分待って出されたのが、こちらである。中盛にしたがだいぶ量が多そうである。(^^;;

33_0245

つけ汁はドロッとしていて濃厚そう。お店によると「国産豚骨をベースに、丸鶏、鶏の各部位、羅臼昆布、魚介、たっぷり野菜を長時間煮込み、ガツンとした旨味のあるスープに仕上げている」そうである。それに、柚子も入れられている。魚介は海老系が主なのかな?

33_0246

麺はもっちりとした太麺で、つけ汁によく絡み、噛み応え、食べ応えもある。黄色い色なので、タマゴがつなぎに多く入っているのだろう?

ただ中盛だと、つけ汁が最後はなくなり、かつ、つけ汁が冷めてしまし、スープ割りのときもつけ汁そのものが少なくなって味的にも薄くなってしまう。この点が、私がつけ麺をあまり好まない理由の一つでもある。

具は、「特製」ということで、ようは主要なトッピングの具が全部入っているということのようだ!?つけ汁の中には昆布玉子(珍しく昆布で味付けしたゆで卵)、ふんわりつくね、豚と鶏の2種類のチャーシュー、メンマなどが入っていて、麺の上には小松菜、もやし、海苔。

鶏肉が苦手な私は、特製にしないほうが良かったみたい。(^^;;

麺屋33(めんやさんじゅうさん)
東京都千代田区神田神保町1-44 竹本ビル1F
TEL 03-3259-5135
月~金11:00~14:30
17:00~0:00(スープ終了まで)
土日祝11:00~14:30
17:00~21:00(スープ終了まで)
無休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/11

「小松駅前焼鳥 浪漫亭」は新しく出来た気軽にリーズナブルに飲み食いできるお店

_0249小松駅前商店街も、最近は人通りも少なく、夜ともなると寂しい。

やっているお店もあまりないので、余計、人通りがなくなるのだろう?

そんな小松駅前にも、久しぶりに新店がオープンした。その名も「小松駅前焼鳥 浪漫亭」である。

_0245お店の名前の通り、焼鳥がメインなので、私の苦手なジャンル。そのため行こうか迷っていたが、とある水曜日、またまた飲もうということになり、街をブラブラするも、意外に水曜日が休みのところが多く、結局たどり着いたのが、こちらのお店である。

一応、「焼鳥」がメインだが、串カツやその他の料理もあるので、私はそちらの方を頼むことにした。

まずは、ハイボールを一杯。(ちょっとピントがあっていませんが)

_0246

そして、軽く「たこわさ」を頼み、

_0247

大根とじゃこのサラダはさっぱりとした梅のドレッシング。

_0248

串カツは、この6本セットで680円とお得な値段設定である。肉系が少なくて私にとっては良かった。なす、赤ウインナー、トマトチーズ、海老、玉ねぎなど。

他のメンバーは、焼き鳥も頼んでいたが、写真は撮らなかった。

串カツを3セット。アルコールも3杯ずつ。紹介したほかにも数品頼んで締めて5,700円ほどであった。とてもリーズナブルで気軽に日常使いできるお店で、小松駅前の立地と相まって、人気のお店となるかもしれない。

小松駅前焼鳥 浪漫亭
石川県小松市土居原町191
TEL 0761-23-2088

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/10

「九段下まるみ」は関西風のおでんと美味しい居酒屋メニューが楽しめる

東京はさすがに色々なお店がある。

002

003_2今日紹介するのは、外から見たら居酒屋とは思えない「九段下まるみ」というお店である。

一見、喫茶店のような趣きである。中に入っても、喫茶店のような感じではあるが、まぁ、そんなことはどうでもいい。美味しいものを食べさせてもらえるのであれば。

帰って調べると、創業昭和37年という古くからあるお店らしく、年配のご夫婦?ともう一人で切り盛りしている。ただ、創業昭和37年ということは二代目?

こちらのお店はおでんと焼き鳥や居酒屋メニューも多く揃えている。刺身もウリになっているようだ。

まぁ、石川で新鮮で魚介類を堪能している身としては、東京で生の魚をそんなに食べたいとは思わないが、とりあえず、ウリのおでん、焼き鳥、刺身をオーダーすることにした。

004

まずはお通しで焼酎お湯割りを一杯!

005

おでんは、関西風の澄んだダシで、上品な味付けで美味しかった。これは盛り合わせで1,080円。単品で頼むよりお得なのかな?と思ったけど、メニューを見たら、単品の値段も180円のものが6品だがら、そうでもなかった。(^^;;

008

刺身も盛り合わせは小皿(1,600円)で頼んだ。たこ、しめ鯖、コハダ、サンマ、イカ、シャコ、マグロ赤貝の8種類が盛られていた。

012

焼き鳥の盛り合わせ(840円)は、鶏肉が苦手なのでよくわからないが、砂肝、皮、レバー、つくねなどかな?

014

あと、頼んだのは、こちらも名物料理らしい、自家製コロッケ(600円)。まん丸のゲンコツコロッケが2個。揚げ立てホクホクのコロッケでとてもよかった。

011_2

こちらは、穴子の炙り焼き(840円)で、こちらも身が柔らかくて、甘めのタレとの相性も抜群。おいしい。

009

最後の締めは、こちらのチャーハン(840円)!居酒屋のチャーハンと侮るなかれ!本格的な中華の味であった。

015

この日は2人で行って、もう一人が相当飲んだので締めて一万円強かかってしまった。でも、満足度は高いお店でした。

九段下まるみ
東京都千代田区九段北1-10-3
九段ベストビル1F
TEL 03-3264-4607
11:30~13:30
17:00~23:00
土日祝休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/08

日本一に輝いた小松うどんを製麺所直営の「めん塾(中石食品工業)」で食べる

最近、頻繁に取り上げる小松うどんの話題。やはり日本一に輝いたこともあるが、個人的にも小松のうどんが好きなのである。

_0252

今日紹介する「めん塾(中石食品工業)」は、昔紹介したことがあるが、小松にある製麺所が直営しているうどん店で、出来立てのうどんが食べられる、小松でも数少ないお店である。

_0251

讃岐うどんの本場、香川県では製麺所直営のお店は珍しくはないが、石川県ではあまりない形態である。

実は、中石食品は小松のスーパーなどではおなじみの製麺所で、ダシもあわせて作っているので、自宅で食べるときもお世話になっているのである。

もちろん、市内のうどん店でも中石食品の麺を使っているところも多いので、大げさに言えば、日本一に輝いた小松うどんを支えている製麺所と言っても過言ではないのかもしれない。

ということで、とある日のランチに行ってきたので書きたい。

昔行ったときは、お店の名前に「めん塾」という名前は付けられていなかった気がするが、中も少し当時とは変わっているかな?

_0249_2

_0250さて、私が食べたのは、こちらの「野菜天ぷらうどん(520円)」である。

うどんと天ぷらは別々に出される。天ぷらも揚げ立てでサクサクであった。品数も考えていたよりも多かった。

うどんは、慣れ親しんだ小松うどんそのもの。汁も美味しい。麺は、柔らかいのだが、途中で切れることなく、胃の中に消えていく。さすがである。

_0247_2

あと、おにぎり(150円)と、きんぴらごぼう(150円)も食べたが、お腹一杯になってしまった。

_0248_2

こちらは、一緒に行った人が頼んだ「牛肉うどん(600円)」である。ちなみに、前にも紹介したことがあるが、「肉うどん」こそが、「第2回全国ご当地うどんサミット」でうどん日本一に輝いたうどんである。

もっともっと小松うどんが全国的にも認知され、有名になってほしいと思う。

めん塾(中石食品工業)
石川県小松市日末町い78
TEL 0761-44-8484
月~金11:00~14:00
土日祝
11:00~15:00
無休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/07

駅弁でもおなじみの郷土寿司2題。富山「鱒の寿し」と岡山「備前ばらずし」

小松に戻ってきてから、仕事で新幹線を使う機会が少なくなったので、あまり駅弁を買う機会がなくなった。

サンダーバードは時々乗るのだが、昼間の移動がないので、意外に駅弁を食べることがないのである。ということで、今日は久しぶりの駅弁、というか駅弁でもよく食べられる郷土寿司の話題について書きたい。

まずは、岡山駅にある吾妻寿司で買い求めた「備前ばらずし」。

_0009

岡山といえば、ばらずしは「祭すし」というネーミングで、桃の形をした容器に入れられたものが有名であるが、基本は「ちらし寿し」と思ってもいいが、厳密に言うと違うようである。

_0010

詳しくは私のブログでも過去に書いたことがあるので、そちらを参考にして欲しい。酢の塩梅もよく、ネタもたくさん乗せられていて美味しい。

015お次は、富山の名物で全国的にも駅弁ランキングでは上位にランキングされる「ますのすし」である。

「ますのすし」と書くと駅弁で有名な「源」の商品を思い浮かべるが、今日は今井商店の「鱒の寿し」である。

せっかく富山に行くので、いつも食べることが出来る商品より、地元でなければ買えないお店にしようということだ。

本当は、Webで調べていた人気のお店のを買いたかったのだが、2時にはもう売り切れていたのである。

ということで、富山市内を走っていると、至るところに「鱒の寿し」を作っているお店があるではないか!?

014

そのうちの一軒である今井商店に入ることにした。中に入ると、お店の人が、写真の機械で木製の曲物(わっぱ)の入れ物に寿しを詰めて、上下に青竹をあてゴムで締めているところであった。いかにも手作りの「鱒の寿し」ではないか。

0254

買い求めたのがこちら。一段のもので1,300円である。

中を開けると熊笹の香りがほんのりと。6等分で切り分けたのがこちら。

_0257

シャリも鱒も薄味の上品な味で、酢の塩梅もちょうどよく押し加減もgood!。家族にも大人気。色々食べた後だったがペロリと平らげてしまった。

やっぱり名物は地元に行って買うに限る??

今井商店
富山市石倉町1-30
TEL 076-421-2319
8:00~16:00
火曜休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/12/05

金沢十間町「TORRADO(トラド)」は古い民家をリノベーションしたパスタとガレットのお店

小松在住の私は、金沢の街には、メイン通りや観光地以外は、それほど行く機会がない。

昔は、妻の仕事の関係で、郊外あたりのお店も紹介したことがあったが、5月に戻ってきてからは、お店の紹介が中心地あたりのお店ばかりになっている。

014

今日紹介する「TORRADO(トラド)」も、近江町市場や金沢城にもほど近いが、普段はあまり通らない道沿いにあるため、これまで知らずにいた。(ちなみに妻は昔行ったことがあるようだ)

十間町は、寛永以前からの古い町名ということで、当初の戸数が十軒であったことからこの名がついた。いまでも古い街並みが残る町で、ここ「TORRADO(トラド)」も、そんな古い民家をリノベーションしている。

019

店の前は、壁が黒色で統一されており、シックモダンな感じ。中に入ると、元の家の骨組みを残しながら、お金をかけずにリノベーションしている。

一応、カフェ・ダイニング・バーを兼ねているようで、ランチメニューはパスタ、グリーンカレー、オムライスの3種類が設定されていた。

私たちは、この日はパスタランチを頼むことにした。

018

まずは、小さなサラダが出される。

メインのパスタは7種類の中からチョイスすることが出来、私はこちらの「ベーコンと水牛モッツァレラチーズのトマトソース」を頼んだ。

020

トマトソースたっぷりで、モチモチの麺と、こちらもモチッとした水牛モッツァレラチーズの相性もいい感じであった。

021

妻は「若鶏と源助大根の和風ソース」を頼んだが、本当に和風の味付けで、こちらもスープたっぷりだったので、和風ラーメンのような味というのが、妻の評価であった。

022

パスタセットは1,050円で、あとはパンと、

023

飲み物も付いてくる。

今回は紹介しなかったが、金沢では珍しいガレットも食べられるということなので、皆さんも一度行ってみてはいかが?

石川県金沢市十間町1-2
TEL 076-263-3169
ランチ11:30~15:00
カフェ15:00~18:00
ディナー18:00~23:00 (L.O.22:30)
日曜休(その他不定休あり)

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/04

巨大な生け簀がある富山市「銀鱗 いけす割烹店」は新鮮な魚介を使った料理が食べられる

富山も石川と同じく、日本海の新鮮な魚介を素材にした郷土料理が色々ある土地である。

011

富山に用事があり行った折に、ランチをどこで食べようかと車で移動中に偶然見つけたお店「銀鱗 いけす割烹店」を紹介したいと思う。

012

偶然見つけたお店の場合、失敗した!と思うこともままあるのだが、結論を書けば、ここは大正解であった。

002

003店内には、大きな生け簀があり、その周りに席が並んでいる。福岡市大名にある「稚加榮」を思い出した。とても大きなお店で、テーブル席もゆったりと食べることが出来た。椅子の背もたれも巨大!(笑い)マッキントッシュの椅子を使っているなんて、この手のお店では珍しい。

もっとも、魚というものは新鮮だからいいというものでもなく、種類や大きさによって、〆てから美味しく食べられる時間が変わってくる。

さて、何を食べようかと品書きを見渡すと、ランチメニューには、この手のお店の定番系のものから、富山県らしい朴葉味噌を使ったものなど色々あった。

その中から私が選んだのは、こちらの「特選ずわい蟹入り海鮮釜飯(1,570円)」である。11月限定メニューらしい。

007

釜めしは注文されてから、ご覧のように一つ一つ釜で米から炊きあがるので、出てくるまで40分ほどかかった。

009

もっとも、その価値は十分ある美味しさだったので、食べ終わった後は機嫌が直ってしまった。

具材は、ずわい蟹の身、あさり、ホタテ貝柱、しいたけ、ニンジン、薄揚げ、三つ葉。炊き加減は絶妙だが、おこげは出来ていなかった。

008

妻のほうは「黒字釜飯(1,260円)」を頼んでいたが、これは、「黒字決算を願う釜飯」という、ちょっと珍しい釜飯で、富山名産のイカの黒作りを混ぜ込んで炊きあげてある。

こちらも一口食べたが、なかなか美味しい釜飯に仕上がっていた。

010

ちなみに、お吸い物は別料金である。

005

母親と娘は、こちらの「飛騨牛朴葉膳(2,100円)」を頼んだ。

006

お造り・牛朴葉焼・小鉢がついている。お造りは、ブリ、甘海老、鯛、イカ、サワラ。

二人の評価も、肉が柔らかくて美味しかったそうである。

飛び込みで入った割には正解で、4人とも満足することは珍しいかな?

銀鱗(ぎんりん)いけす割烹店
富山市布瀬本町4-8
TEL 076-424-7156
11:30~22:00(L.O.21:00)
不定休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/02

金沢片町「森しげ」は素材にこだわりの鮨を食べさせてくれる粋なお店でした

113金沢は全国的に鮨・寿司の美味しい街と知られている。

私のブログでも、過去に色々な名店を紹介してきたが、まだまだ多くの美味しいお鮨屋さんがあるだろう?

今日は、新規開拓ということで、片町伝馬通り、玉寿司のとなりに5年前に出来た鮨店「森しげ」を紹介したい。

「森しげ」のご主人は、元々、大阪のホテル日航で働いていて、金沢のホテル日航金沢開業にともない移り住み、そのまま金沢で独立された方である。

116その関係で、「森しげ」の客は県外のお客も多いそうで、この日も東京からわざわざ食べに来る人が、飛行機に乗り遅れたという連絡が入っていた。

奥さまも和歌山と、関西出身。お聞きすると、雪以外はとても住みやすい街だそうである。うれしいではないか。

114さて、11月のとある土曜日に予約を入れ行ってきたが、入り口は鮨屋とは気が付かない造りで、中も明るくネタケースもなく、清潔感溢れる造りとなっている。

いつもの通り、お任せでお願いしたが、まずは生ビールとお通しの「子持ち昆布」。

115

お造りは厚く切られたヒラメが最初に出される。身が厚くて歯ごたえもよく美味しい。

ネタは下ごしらえが入念にされ、ペーパーで包まれた状態で冷蔵庫に保管されている。食べる分だけその場で切られて出される。見ていても仕事が丁寧である。

117

タコは半生で、内部はほぼ生の状態で出される。一つのタコで食感の違いを楽しめる。

119

この後、香箱ガニが出される。好きな内子もたっぷりあってうれしい。

120

上品な〆鯖を間に挟んで握りに移る。

基本は醤油を一切付けない鮨で私の好きなタイプ。ただ、ほとんどは、煮切りをネタにつけてくれるもので、もう少し変化があっても良かったかな?もっとも、季節やネタの種類によっても変わるだろうが?

121

まず、最初は、のっけから「のどぐろの昆布締め」。普通に食べても美味しいが、昆布締めでさらに旨みが増している。ただ、本来ののどぐろ自体の旨みはわかりにくくなっているかもしれないが?

122

甘海老は、卵とワタを乗せて。

123

マグロのトロ。脂が乗って美味しい。

124

コハダ。〆の塩梅もいい。

125

ウニ。

126

この後、茶碗蒸しが出され、箸休め。

127

イカはあら塩でさっぱりと。

128

ヅケは、少量の生姜を乗せて。

129

筋子。いくらではなく筋子である。

130

アジは、おぼろ昆布を漬けたものを乗せて食べる。これもいい食べ方である。

131

穴子は煮ツメで。

132

133玉子は山芋と甘海老をすり込んでいるという手のこんだものである。甘くてスフレのような食感で美味しかった。

最後はかんぴょう巻。こちらも漬け込んであり、わさびがきいて美味しかった。

さて、日本酒は4種類ほど飲んで、締めて29,400円と自分の予想よりは少し高かったが、同じクラスのお店と比べても満足度については遜色ないだろう?

森しげ
石川県金沢市片町2-21-17
犀川TOPビル1F
TEL 076-287-0503
18:00~23:00
日曜休,祝日は不定休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/01

小松のバー2題。おなじみ「エスメラルダ」と久しぶりの「ニライカナイ」

さて、恒例のバーの紹介である。今回は小松の2軒のバー「エスメラルダ」と「ニライカナイ」。

まずは、私のブログで毎度おなじみの「小松駅前の「エスメラルダ」である。

_0231

小松では唯一のオーセンティックバーとして、オープン以来7年以上も、地元の人だけではなく、県外からの、この手のバーにもなじみのある人たちからも評価されているお店だ。

_0232今日紹介するのは、ちょっと前になるが、9月末あたりに行ったときに、作ってもらった旬のフルーツを使ったカクテルである。

「大分産カボスのロングカクテル」は、カボスの爽やかな酸味を生かしたカクテル。

019

こちらはシャンパン好きの妻が頼んだ「石川産メロンとシャンパンのカクテル」。シャンパンの爽快感のメロンの上品な甘さがマッチしたカクテルであった。

_0233

「因島産レモンのカクテル」はすっきりとした飲み口で、これまた美味しいカクテルであった。

いつ来ても新しいカクテルを楽しめるので、毎回楽しめるのがうれしい。

バー・エスメラルダ (Bar Esmeralda)
石川県小松市土居原町339-1
TEL 0761-23-1283
月・水~土18:00~27:00
日祝18:00~25:00
火曜休

お次は、本当に久しぶりに行った、ニライカナイである。3年半ぶりかな?この前紹介した、おでん「えびすや」に行った後の二次会で行ってきた。

_0258

小松市中央通り商店街にあるが、夜は、人通りも少なく寂しい気がする。

_0255

0256前に行ったときからは、若干、内装も変わっているようだが、雰囲気は一緒で、落ち着いた空間で静かに仲間とグラスを傾けるにはいいお店である。

私は、ジントニックを、他の二人は「I.W. Harper」をロックと水割りで飲んだ。

オーナーの釣川さんも元気でやっていたので、うれしいし、いつまでも頑張ってお店を続けて欲しい気がする。

ニライカナイ
小松市三日市町30-1
TEL 0761-23-6815
平日/19:00~26:00
日曜/19:00~24:00
水曜休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »